FC2ブログ

『楠田實日記』を読む

八つ橋さまコメント

三島と総理の会話

楠田實って佐藤栄作首相の秘書官だった方の日記に、
作家三島由紀夫と佐藤首相の会話が載っていたので引用します。

三島「今の皇室は羹にこりてなますを吹いている。小泉信三氏のやり方は皇室からディグニティをなくした。バイニング夫人の起用然り。美智子さんを押し付けたの然り」。

総理「山岡鉄舟みたいな人が必要だね」。

三島「確かにそうです。いまの皇太子も、万事お付きの人の顔色を見てやっている。こんなことでは困る」。

総理「浩宮はいいよ」。

三島「しっかりした教育掛りをつけなければ」。

1967年7月24日(月) 『楠田實日記』(中央公論社刊)より

三島由紀夫の明仁皇太子批判に対して「浩宮はいいよ」と返答する佐藤首相。
このときまだ7歳ですよ、浩宮殿下は。
昔の保守政治家はすべて見抜いていたんですね!


教えて下さってありがとうございます。

おお、読んでみなきゃ!と思って鎌倉市の図書館から借りたら厚さがちょっと昔の広辞苑並みにあったので記事にするのが遅くなりました。

楠田實氏は1924年(大正13年)生まれ。早稲田大学卒業後、産経新聞社に入り、政治部で三木武吉、河野一郎の担当を経て佐藤栄作の番記者となりました。67年から佐藤総理の主席秘書官となりました。1972年の佐藤内閣総辞職で首席秘書官を止め、その後国際交流基金幹事、国際交流基金日米センター所長を歴任されました。2003年に亡くなられています。

個性の強い佐藤総理の下で働き結構苦労されたことが日記から伝わってきます。

件のページは58~59ページにあります。
1967年(昭和42年)
7月24日(月)
総理、夕刻上野着(一八時一〇分)。迎えに行く。官邸へ来り、三島由紀夫氏とその母堂と夕食。寛子夫人から言われ、これに参加。本野、田中両君と東大の衞藤瀋吉氏と「賀寿老」で飯を食うことになっていたが、両君にこれを任せ、三島氏の話を聞く。
話は自然と三島氏の自衛隊体験談から。三島氏「青年に執銃体験をさせる必要がある。民兵を作っていくべきだ。防衛庁が民間人に射撃訓練を禁止したのはいただけない。総理の力でこれを撤回させてください。日本は自分の力で守らなければならない。守る力があることを青年に自覚させる必要がある。初めは純然たる民間の力で兵を養い、一定期間がきたら、政府の所管にするようにする。自衛隊も防衛大学校を出た一尉クラスは期待が持てる。しかし天皇をもっと前面にだし、勲記や勲章は天皇の手で渡されるようにしてほしい。今の皇室は羹にこりてなますを吹いている。小泉信三氏のやり方は皇室からディグニティをなくした。バイニング夫人の起用然り。美智子さんを押し付けたの然り」。総理「山岡鉄舟みたいな人が必要だね」。三島「確かにそうです。いまの皇太子も、万事お付きの人の顔色を見てやっている。こんなことでは困る」。総理「浩宮はいいよ」三島「しっかりした教育掛りをつけなければ」。三島氏は石原慎太郎氏よりも大人だという感じ。終わって三島氏、母堂を伴い「賀寿老」へ。衛藤、本野、田中君と合流。三島氏と本野君は学習院で同級生だったとのことで、話が大変弾み、十一時半頃まで。


佐藤総理が浩宮はいいと言ってますね。

正田美智子とお見合いをした経験がある三島が「美智子さま」「美智子妃殿下」「皇太子妃殿下」ではなく「美智子さん」と呼んでいるのもちょっと気になる。

あとこれとは別に浩宮さまに触れられていることはこちら

70ページ
同年の8月12日にこのように書かれています。
8月12日(土)
総理ご夫妻は千ヶ滝の皇太子ご夫妻を訪問。浩宮様も僕にちゃんと挨拶された。美智子様のしつけがよいのだろう。
午後、散髪する。
夜、佐藤番を連れてのみに行く。


浩宮さまが総理の秘書官にも挨拶されています。
楠田さん、ミテコさまじゃなくて浜尾侍従のしつけがいいのです。

昭和42年ですと浩宮さま6歳ですね。

あと明仁皇太子について書かれている日がこちら

635ページの1971年8月26日です。
前半が長いので明仁皇太子について書かれている箇所のみ引用します。

8月26日(木)
夜、梅棹忠夫、京極純一、山崎正和氏、木村俊夫さんと飯。梅棹さんと京極さんはこれが初対面。梅棹さんの話「この前、皇太子殿下にご進講に行った。皇太子殿下の植物学に対する造詣はたいしたもの。立派に東大、京大教授が務まる。帝としてはどうか知らないが、学者としては一流だ」。この話は意外だった。皇太子はあまり優れた人ではないという説もあるから、梅棹説は一つの波紋を起こす可能性がある。しかし、こういう見方もやはり梅棹さんならではのこと。


梅棹さんて誰?と思って調べたら日本における生態学者でもあり、文化人類学のパイオニアでもある学者さんで、当時京都大学の教授をされていました。

自分の好きなこと&興味が持てることには熱心に勉強するが、興味がないことは勉強しないと私は考えてます。

というか政界にいる人から「皇太子はあまり優れた人ではない」と囁かれていた明仁皇太子って相当アホとして有名だったんだな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本当でしょうか?

>皇太子殿下の植物学に対する造詣はたいしたもの。
>立派に東大、京大教授が務まる。

あの、、、これは、誠でしょうか・・・・・・・?
ブルーギルを御堀に放した明仁爺さんのことですよね!?
俄かには信じ難いのですが・・・
高校止まり、ですし。

故佐藤栄作首相

佐藤首相は眉目秀麗でしたが行動はのちの田中角栄などと比べると
地味でした。がどうでもいいことはサッサと譲るがここ一番という時は梃子でも譲らぬ強さ、ある意味冷たさを持っていました。アメリカにも逆らい最後まで台湾の国連追い出し中国承認、一つの中国に反対を貫きました。当時随分左側に叩かれましたが私はノーベル平和賞に相応しい人だと思っています。大国のエゴにウンザリしていた小国スウェーデンが彼のある意味義を貫いた姿に感激したのだと思います。人使いと人事の名手でしたね。人を見る目のある人でした。
戦後最長の任期を誇ったこの方も間もなくご自分の兄の孫に抜かれるでしょう。戦後の昭和の代表的な首相と平成の代表的な首相、できれば憲法改正を成し遂げてその中で女性女系天皇を認めることを憲法に明記して欲しいものです。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR