FC2ブログ

皇室の素晴らしいニュース 後編 高円宮家絢子さま 納采の儀

33388df0a3b6e0589d5bb798a40ea930.png
04f73b4651eaa3d0aed7e7d329edd469.png


ea0bf6430a4b6845e1d7cecf36802bd2.png


絢子さま「謹んでお受けいたします」 「納采の儀」で守谷慧さんとご婚約
8/12(日) 10:38配信  産経新聞
高円宮家の三女、絢子(あやこ)さまと、日本郵船勤務の守谷慧(けい)さん(32)との結納にあたる「納采(のうさい)の儀」が12日、赤坂御用地(東京・元赤坂)の高円宮邸で執り行われた。これにより、ご婚約が正式に決まる。今後は9月に結婚式の期日を伝える「告期(こっき)の儀」などを経て、10月29日、明治神宮(東京都渋谷区)で結婚式が行われる。

儀式は午前10時から、絢子さまの父で、平成14年に薨去(こうきょ)した高円宮さまの肖像画が飾られた宮邸の応接室で行われた。

守谷さんの使者を務める親族の元国立国際医療研究センター病院長、近藤達也さん(76)が、久子さまと絢子さまに対し、「守谷慧は結婚を約するために、絢子女王殿下に納采を行いたく存じます。なにとぞ幾久しくお納め下さいますようにお願い申し上げます」と口上を述べた。続いて納采の品として鮮鯛(せんたい)の代料(だいりょう)としての現金、清酒、洋服地の目録を絢子さまに手渡した。

水色のワンピースに身を包んだ絢子さまは「謹んでお受けいたします」と応じられた。

儀式は約2分で終了した。絢子さまは宮内庁を通じ「滞りなく納采の儀を終えられましたことをうれしく思います」と感想を示された。守谷さんも「本日めでたく納采の儀が行われましたことをありがたく存じております。賜りました御縁に感謝しつつ日々を過ごしてまいりたいと存じます」と喜びをかみしめた。

結婚式までの間、皇籍離脱される女性皇族に贈る一時金を決める「皇室経済会議」が開催されるほか、絢子さまが皇居の宮中三殿で皇室を離れることを先祖に報告する儀式、天皇、皇后両陛下にお別れのあいさつをされる「朝見(ちょうけん)の儀」が行われる。
10月29日の結婚式当日は、絢子さまを迎える守谷さん側の使者が宮邸を訪れる「入第(じゅだい)の儀」の後、式に臨まれる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000511-san-soci

納采の儀おめでとうございます!!!

いやー、ご親戚の守谷家の使者を務められた方もしっかりした肩書の方ですね。

守谷家の使者と務められた近藤氏は国立国際医療センター院長をされていた元医師で、現在は独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)理事長をされています。
医師インタビュー企画 Vol.3 近藤達也
https://career.m3.com/contents/epistle/tatsuyakondo

高円宮邸の応接室に飾られた高円宮さまの肖像画を見ると涙が出ちゃうぜ。

「一生懸命お勉強するから目を開けて!!」と病室で高円宮さまに泣きながら訴えられた時絢子さまはまだ小学生でした。

絢子さまの立派に成長された姿を皇霊殿に祀られている高円宮さまも御覧になってさぞやお喜びでしょう。

そして宮内庁から公開された写真も素敵!!

こちらはハンガリー大使夫妻主催の夕食会で撮影された絢子さまと守谷さん
(大使夫妻主催というのが国際親善に努められている高円宮家らしいですね)
827342b3a73765c9a0cd854386287192.png

(あ、そう言えばハンガリーと言えば醜悪な結婚騒動をしてるどっかの宮家が“結婚前の最後の親子旅行”という題目で行ってましたね。ハンガリー駐日大使、皮肉がきいてるぜ!)

こちらの明治神宮で撮影された写真
なんとカメラマンがお母上の久子さまなんですよ!!

eac83698c21ad08213d69a932c35c5de.png

いいですねー
親からも国民からも祝福される結婚って!!


それにしても守谷さんを絢子さまの相手に選ばれた久子さまはさすがの一言です。
今の日本じゃ中々こんな立派な若者はいませんよ。

元々は久子さまと守谷さんのお母様が親しい関係だった。

ある方に教えられましたが、

イタリアの貴族にとって最上の結婚相手とは親の友人の子どもです

親の友人だからどういう相手かよく知ってるし、価値観も合う。
親同士仲が良いから親戚付き合いも苦労はしない。

上流階級の結婚とはこうやって決まっていくのです

結婚式披露宴がとっても楽しみです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

貴族の教育

こんにちわ。その「ある方」です。
その話は、数年前、テレビのBS放送で視たのです。

あるイタリア貴族(30代男性)がインタビューに答えて、

「数年で消える恋愛感情で、生涯の伴侶を選ぶことには賛成しない。
親同士が友人であれば、育った環境も似ているし、
配偶者がよき友人になる」

この男性と夫人は、7~8才くらいの娘に大輪のバラの香りをかがせ、
「どんな気持ちがする?言葉で表してごらん」
お嬢さん「よく晴れた日に、森を散歩しているみたいな気持ち」
親の素養で、日々情操教育。
近々、ヴィスコンティ家の令嬢が身内に嫁いでくると言っておられた。

モドローネ公爵ヴィスコンティ家。
映画監督ルキノ・ヴィスコンティは、この家の出で身位は伯爵。
「山猫」「ベニスに死す」「ルートヴィヒ」あたりを観ると、付け焼き刃は絶対に通用しないと痛感します。

絢子女王、ご夫君とヨーロッパへ行かれたら、ハイソな方々にさぞや祝福されることでしょう。

お写真を見て

久子さまが撮られたお写真を見て、思わずため息が出てしまいました。
いや、なんてノーブル!エレガント!これが上流ってもんでしょ!
(どこぞの宮家に関してはイヤーーーなため息しか出ませんが)
安心感がありますね。お二人とも、人柄のよさが伝わってきますし。

No title

絢子さま、おめでとうございます。
どの画像も、それぞれ皆様自然で良い表情をなさっていらっしゃいますね。
特に絢子さまの笑顔が素敵です。
昭和の陛下に寄り添っておられた良子皇后陛下の、穏やかな笑顔を思い出させます。
久子さま、ヘカテー様、良いお写真をありがとうございました。

フォトフレームに入れて飾りたい

久子様の撮られた写真、素敵ですね。

見てると幸せをおすそ分けしていただいてる気分になります。

フォトフレームに入れて飾っておきたいくらい。

皇居内の売店で売ってくれないかな~、絶対買うのにな~なんて図々しいこと思っちゃったりします。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR