FC2ブログ

一般の登山客の迷惑になると遠慮される皇太子殿下、「とりあえず登ればいいのよ!」とハリボテの宮家

悠仁さま、槍ヶ岳登山の波紋と紀子さまの教育成果アピール
9/7(金) 16:00配信  NEWSポストセブン
9月6日、秋篠宮家の長男・悠仁さまが12才の誕生日を迎えられた。現在、お茶の水女子大学附属小学校の6年生で、来年4月には中学生だ。
悠仁さまは小学校最後の夏休みを、忙しく過ごされた。7月30日には戦傷病者史料館「しょうけい館」(東京都千代田区)をご両親とともに見学されたのを皮切りに、8月2日から4日までは、槍ヶ岳(長野県)登山のため、紀子さまと北アルプスを訪れた。8月8日には新宿区で行われた「『沖縄地上戦と女子学生』語り継ぐ集い式典」に出席され、その2日後の10日には、広島を訪問し、やはり紀子さまとともに、平和記念公園で礼拝をされた。さらに、19日から20日には河口湖を紀子さまと訪れている。
振り返ると、都内の行事以外はすべて紀子さまだけが付き添っていることがわかる。
「そうした夏休みの計画はすべて紀子さまが主導して実行されているそうです。戦争関連の訪問が目立つのも、今から見識を深めるべきだという紀子さまのご意向でしょう」(皇室ジャーナリスト)
大きな波紋を呼んだのが、槍ヶ岳での登山だった。槍ヶ岳は登山愛好家の中で屈指の人気を誇る名峰だが、“穂先”と呼ばれる山頂付近は非常に急峻で、まさに断崖絶壁。鎖を頼りに、カタカタと揺れる鉄ばしごをよじ登らなければならない。もちろん、手が離れれば命の保証はない。
「小学6年生の体力があれば登れないことはありません。ただ、充分に周囲がサポートしたとしても、大切なお体である悠仁さまが挑戦しなければならないことなのか」(宮内庁関係者)

◆帝王学にふさわしいものか…
現在の皇族で「登山」といえば、皇太子さまの代名詞だ。
「皇太子さまは日本山岳会の会員で、日本百名山の半数近くを登られた経験があるという、かなりの健脚です。この8月末から東京都美術館で開催されている日本山岳写真協会展にも皇太子さまの作品が飾られています。来年、即位されてからはご多忙で登山どころではないでしょうから、これが最後の出展となるでしょう」(皇室記者)
それほど山を愛する皇太子さまだが、今夏、悠仁さまが登られた槍ヶ岳は未踏だという。
「もちろん皇太子さまの登山経験と技術があれば、槍ヶ岳は簡単に登攀できます。しかし、皇太子さまはかつて周囲に“槍ヶ岳は細い道が多く、自分が登ると警備の都合上、他の登山客を待たせたり、危険な目に遭わせるかもしれないので、私は登りません”とおっしゃっていたそうです」(前出・宮内庁関係者)
皇太子さまのその心配は、はからずも的中した。8月上旬という登山のハイシーズン、悠仁さまと紀子さまを含む20名ほどの“登山隊”が動くことで、細い山道で他の登山客は当然、足止めされた。
「紀子さまとしては、悠仁さまの挑戦する心を育み、さらには“皇太子さまもなされていないことが、悠仁さまにはできる”とアピールしたかったのかもしれません。それは紀子さまの教育成果のアピールでもあります。しかし、周囲の迷惑を顧みない行動は、悠仁さまの帝王学にふさわしいものなのか。
さらに言えば、頂上近くの山小屋から下山された当日の夕方、東京の秋篠宮邸を小室圭さんが訪問しました。もし天候が急変でもして下山が遅れれば、母の紀子さまがいないところで小室圭さんを迎え入れるおつもりだったのでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)
※女性セブン2018年9月20日号




ちなみ『女性自身』の記事によるとですな
https://article.auone.jp/detail/1/2/2/99_2_r_20180831_1535663541602429

筑波附属小の6年生は標高2,580mの八ヶ岳へ登頂するから坊やを標高3,180mの槍ヶ岳を登らせたということです。

坊や一行が登っている間は登山者が一時通行止めで、例によって例の如くSPを使って一般人に写真を撮らせない

槍ヶ岳に登ったら名門校の筑波附属中学に行けると言うなら受験生は皆槍ヶ岳に登るわ!!

まあ確かに槍ヶ岳を登ったらしいのですが、実態はこうです
DlsN8ONU8AE_dx5.jpg

DlsN8r_VAAEc-Xh.jpg

ヘリで下山!!

このヘリコプターチャーター費と20人の“登山隊”の人件費ってどこから出てるなかなー?

民間の山岳ヘリコプターって1時間飛ばすと50~80万円かかるぞ~

まあケチで有名なキーコさまなら自分と坊やだけヘリで、宮務官や皇宮警察官は「自分で下りてきな!金がもったいない」だろうけどね(笑)

不思議なのはヘリを使ってまでやった槍ヶ岳登山の映像や写真を坊やの誕生日に公開しなかったこと

スキー場で寝転んでる写真を公開したことを考えればこれって変です。

坊やの表情がマジでヤバかったとかそんな理由ですかね?

あと「宮内庁関係者」の話で出てる皇太子殿下の話って一般の方のブログに出ていた話です

本当に今のマスコミって取材しねーなーと呆れるぜ。

ヘカテーは『皇太子殿下の登られた百の名山ガイド 歩いてみたい日本の名山』という本を持っています。

2004年に西東社から出た本です。

この本に皇太子殿下の登山で皇太子殿下の随行員を務めたりと実際に皇太子殿下に接した人たちの体験談が収録されています。

1982年に苗場山を登られた際に案内された高波菊男さん(遊仙閣経営者)の体験談「心から自然を愛されているお方」からちょっと引用してみましょう

>小赤沢コースの九合目で浩宮さま(当時)をお迎えしましたが、明るく気さくに話しかけていただきました。私の名前を「さん」づけされたのにはビックリしました。10㎏はあったかと思う中型のザックを軽々と背負っておられたのがとても印象に残っています。足どりは軽快で、ペースが遅れ気味になる方を気づかっておられました。もともと登山者の少ない山なので、ほかの登山者にはほとんど会いませんでしたが、赤湯から登ってきた年配の女性登山者のパーティには声を掛けられていたようです。>
>苗場山の山頂では、時折ガスが巻いて全体が見渡せませんでしたが、高層湿原の広大さと静けさに感激されていました。
>殿下が登られる山は道がきれいになるとよく聞かれますが、それは行政サイドが勝手にやっているだけのことだと思います。ここ苗場山では、下見に来られた侍従の方に、「ぬかるみがひどく、倒木もどけないといけない」という話をしたところ、「あるがままにしておいてください。人工的なことを嫌われますから」という答えが返ってきました。「ああ、ほんとうに自然を愛されている方なのだなあ」と、身近に感じました。


この本を読むと山道で通りかかった一般の登山客とも本当に親しく殿下はお話しをされています。
外国からの登山客とも英語で会話をされています。
本当に気さくで明るい方なのだなーと感じます。

自然のままの山を愛され一般の登山客に遠慮される皇太子殿下

「いいんだよ、槍ヶ岳に登れればいいんだよ。下山はヘリ使えばいいんだよ」とハリボテだらけの宮家


どちらが天皇として相応しいかまともな人なら分かります




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いい面の皮の女性自身

女性自身、わざわざ「皇太子さまも登られたことがない」って書いたんですよね。
そうしたら、なぜ皇太子さまは登られないかがすぐにネットで出た。
多分、女性セブンはそういうの見たんじゃないかな。
それを「関係者」の話として語らせる(よくやる手法)。
そして後半「だから、キコサマには任せられないので皇太子ご夫妻に預けよう」という迷惑な話に続いていきます。

あと、スキーの写真。
あれは一応「隠し撮り」で公式なものではありません。
撮影スタッフを連れて行ったのに「公式」なものは出せなかったんです。
なので「カコサマがホテルの部屋に引きこもったせい」ということにしました。

女性セブン立ち読みしました

7日の金曜日にファミリーマートに立ち寄り、女性セブンを立ち読みしました。槍ヶ岳の登山の部分を読み、「!!」となりました。“鎖を片手に不安定な梯子を登る”ですよ?『万が一』の事があったら、どうするつもりですか?紀子さん。

行きも帰りも

どうやr、往復ヘリコプター。だって。

皇太子様はご自身、SP、国民の立場をご理解し行動されています。その姿は昭和天皇を彷彿とさせますね。
ご自身が動かれることで莫大な税金がかかるため、公務の見直しを図りたいというご発言には感服いたしました。

かたや秋篠宮家はどうでしょうか?
税金の垂れ流しももちろんですが、これだけ世論を巻き込んでいる眞子様のご婚約問題…なぜ秋篠宮様は取り下げることをされないのでしょうか?
そして悠仁様の槍ヶ岳問題。私はヘリを使うことよりも、皇位継承権をお待ちの悠仁様やSPの方々を危険にさらしたことに理解ができません。皇太子様を見てみなさい!と思います。
悠仁様は紀子様の心を満たすための道具ではありません。

早朝の皇室。

土曜日曜の早朝に、15分の皇室番組があります。
私は毎週、録画だけしておき、内容確認して消去するか視聴するか決めます。
日曜早朝のほうは9/8と言う日からも「悠仁さま12才」特集なのですが、12年間の総集編が12分(15分番組とは言え、CMあるため正味12分)だと、
「時間が余る」
んですね。
後半は「皇室の皆さま」報告でした。
敬宮さまの時は、もうびっちり「お誕生から12才まで」。
悠仁親王って、最後の長回し動画が満1才だったと記憶してます。
あとは年々歳々公開される情報は減り、切り張り動画や、当日の天候を考えるとおかしい記念写真など。
いつまでこんな茶番劇をするつもりなんでしょうかね。
悠仁親王がどんな文字を書くのか、どんなことが好きなのか、
毎年毎年、虫取り、ホムセンの新品タグつき野菜苗の栽培、あり得ない田んぼ作り…。
長姉の彼氏のことが話題になっていますけど、あれは、
「お似合い」
ですよ。
あんな宮家になぜ「 33億円 」も拠出しなければならないのでしょうね。

浩宮皇太子殿下ご一家しかいない

直系ではなく傍流で、ボンクラだろうがちょっと足りなかろうが、ズルイ事ばかりして育てられた子どもが天皇になれるなら、もう天皇なんていらない。
特別な人でもなんでもない、ただの子供。それもやや劣る子供。思慮の浅い両親が次男皇族というだけで、当然のように税金を自分たちの遊びや楽するための教育に使い放題なら、そんな人たち日本にいらない。公務?それ本当に日本のためになっているの?なくてもいい様な事いっぱいしていない?数さえ多ければその中身は問わないなんて、秋篠宮家そのものです。
浩宮皇太子殿下が子供のころは、皇室は不自由でお辛かろうと思っていたが、それこそが天皇になる皇太子の今をおつくりになった帝王学だったんですね。
悠仁とは、比べるべくもないです。浩宮皇太子殿下の子供のころとは、まるで次元が違う、ただの努力できない子供です。
ズルしても良い学校に入れたい、みんなに認められたい、承認欲求の塊の両親に育てられたそこらへんに沢山いる子供です。クニャクニャ動いて、締まりのない顔、学校は、裏口入学どころか特別枠をつくらせて、努力する事なく入学。そんな子供が天皇?頭がおかしいんじゃないの?
それに、浩宮皇太子殿下に次いで継承権第2位は、当主の秋篠宮だよ。キーコさん、ショーライのテンノーは、悠仁より旦那が先なんだから、旦那のアル中をなんとかして教育したら如何?旦那に横目で指示だししか出来ないのに、ボンクラな子供に帝王学なんて教えられるわけがないですよ。キーコさん自身が俗物だからね。
秋篠宮も悠仁も、忍び難きを忍ぶ精神なんて、持ちようがなく育っているし、そもそも素養もない。こんな子供に今更どんな教育をしても無駄です。3つ子の魂100までもです。
浩宮様や敬宮様のように、耐えて忍びお強くなった方々とは素養も違うし、根本が違いすぎます。そもそも秋篠宮一家が全員、耐え忍び国と国民を想うなんて事は、知らないし出来ない性分です。
キーコさんは、雅子妃殿下のように外交官になるべく努力をして実現する忍耐力も能力もないから、キーコさん自身が努力して成し遂げた事は何もなく、出来た事は自分の性別をつかって秋篠宮をおとした事だけ、結婚してからは姑の顔色を窺い、ろくでもない子供をポコポコ産んだだけ。産んでからも、努力が嫌いでズルする事ばかり考えて、国民より卑しい皇族卑になってしまった。
何でも、自分自分で自分の使えるお金の額・自分が住む家・自分の身分・自分の事ばかりで自分が第一の秋篠宮家。新天皇が、五穀豊穣を願う国の一大行事の大嘗祭を天皇の私的宗教行事と言い放つバカな秋篠宮は、立皇嗣の行事は何もやらなくていいと言ってみなさいよ。
自分の事にはお金使いたいのですね。
本当に秋篠宮は、救いようにないバカだ。天皇が国のために祈るのは、天皇の大切な仕事です。それをただの宗教行事と思っているところが、帝王学を受けていない、根本的に天皇は国の象徴の意味を皇族でありながら、バカだから理解していない、天皇家をただの自分たちの私物だと思っているんですね。ただの相続争いみたいに考えているんでしょうね。大昔のまま、国民は自分の領民だから年貢を納めるのは当たり前という考えが、秋篠宮の頭から絶対に抜けないのです。だから、兄宮を天皇になるお方として、崇められないのです。嫉妬と羨望で秋篠宮の頭は、おかしくなっています。兄宮のする事はすべて邪魔したいし、文句をつけて悪く言いたいのですね。まかり間違って、悠仁が天皇になったら、もう大嘗祭はやらなくていいね。自分と自分の子は別なんて思っていたら、大間違いですよ。
浩宮皇太子殿下は、秋篠宮をかばい続けているけれど、普通の人だったら、こんな弟いらないよね。浩宮様が大切に大切に思っている国民と皇室を弟一家は破壊しつくすからね。
ずっと天皇の在り方と象徴の在り方を考え続けている浩宮皇太子殿下。
全てを呑み込み、国と国民をご自分の事より先に思う浩宮皇太子殿下。
秋篠宮と違いすぎて笑いも出ません。
浩宮皇太子殿下の血を濃く受け継いでいる直系の敬宮様が、天皇になれないなら、いづれ皇室はただのわがままな人たちが天皇一家として、大手を振るってお金寄こせと言いながら、何の努力もしないで飲んだり食ったり服を作ったり、国の祭事も知らないし、ただの家族の行事だと思っているバカが筆頭で、そんな皇室いらない。与えられていると思い込んでいる公務と称するものを何の想いもなく、ただこなしていく心のない秋篠宮一家。
八百万の神が、秋篠宮家のふるまいと皇統を汚す悠仁にお怒りになって、日本全土に天変地異が起こっていますよね。そんな秋篠宮家が天皇一家になったら、日本はどんな事になってしまうのか、考えただけでも恐ろしいです。被害を被るのは国民です。天変地異は、政治家だろうが、金持ちだろうが関係なく降り注ぎます。
神の怒りを鎮められるのは、今や浩宮皇太子殿下と敬宮様しかいらっしゃいません。
男だ女だと言って、直系をあなどってはいけません。
血とはそういうものです。
敬宮様の気品、風格どれをとっても浩宮様そのものです。悠仁は秋篠宮そのもので、浮ついた出来の悪さもそっくりです。敬宮様の真面目で一途で思慮深い知力と知性が雅子妃殿下にそっくりなように、悠仁はいづれ、見栄っ張りなキーコさんの努力が嫌いでズルばかりする片鱗もでてくるでしようね。楽な方へ楽な方へと行く人は、忍耐力もなく努力もできないのです。阿斗の子供は阿斗です。

No title

セブンを立読みしました。
穿った見方をすればセブンもどちら側につくか決めかねている様子では。それmでに秋篠家に対して金くれなきゃよく書かないよというジャブなのかもしれませんが。

ただ、UUを東宮家に預けるというのはあながち悪いことではないのかもしれません。

UUの障害が本当であれば小6とはいえ知能は小1レベルでしょう。そうなれば今後の人格を形成するにはこれからが大事な時期です。皇位継承問題は置いておいて、大事な時期に人格篤実である皇太子一家から常に感謝を持つこと。皇族として人を慈しむ心を教育を受けることは無駄ではありません。

事実、浜尾侍従に育てられた皇太子殿下は天皇としての品格を備えていますが、次男坊のていたらくを見ると浜尾侍従で本当に良かったと思います。

No title

母親と会話したとはありますが、長男を連れているのを目撃したとは書いてありませんよね。
私の読解力に問題があるのでしょうか。
母親だけが出向いて長男を連れて行ったことにしているような気がするのですが。
表情が見るに耐えなくても、角度次第で隠せるし、後ろ姿の写真ぐらい撮れると思いますけど。登山をするどころか、 その場に本当はいなかったので写真もないのかと…。

わざわざ登ったふりをするために人員やヘリを動かすわけはないと思いますが、あの一家ならなんでもアリかと考えてしまいます。

信憑性のある長男目撃情報を、何方かご覧になりましたか?
会社員女性による情報が《女性自身》に書かれていますけど、この方は実在の方ですか。いらっしゃるなら名乗りをあげて欲しいです。この方意外からの情報はありますか。ないのなら不自然に感じます。
画像がなくてもスキーの直滑降がすべれることになっていますしね。

No title

皇太子さまが周りに迷惑をかけるからと
登頂を断念したことと同じように、
敬宮さまが、「お腹が痛くて食べれないので
【給食を作ってくれる人に悪い】から
学校に行きたくない」に感動しました。

飽食の時代で食べ物を粗末にする私たちは
敬宮さまから学ばせていただきました。

マスコミは、東宮一家を叩くのは止めて、
東宮ご一家のこのような国民が学ばせて貰える美談を
もっと報道して欲しい!
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR