FC2ブログ

列外派星くず日記

―令和の天皇ご一家を愛する者たちが集うブログ―

Entries

守谷ご夫妻の晩餐会 皇太子殿下のお祝いのお言葉にウルウル






絢子さまのピンクのイブニングドレスは守谷さんのお母様が高円宮家に贈られたもの

絢子さま素敵!!

そして皇太子ご夫妻も本当に嬉しそう!!

(物を知らない下郎下女どもよ、主賓だから最後に登場されたのだよ)

雅子さまはワインレッドのドレスです。

皇太子殿下のお言葉が本当に思いやりがあって涙がウルウル来るぜ

ふと思ったんだけど守谷ご夫妻がこのタイミングでご結婚を決められたのって皇太子ご夫妻に晩餐会に出席して欲しかったからじゃないかなーと思った。

両陛下になられたら晩餐会に出席できない。

絢子さまは三女だから宮家の当主になられる可能性は低い。

そうなると高円宮家に対してとんでもないことをしてきた秋篠宮家がコーシデンカとしてお祝いのお言葉を述べることになる。

最悪だな

それにしても守谷さんご夫妻にとって気の毒なのは散々高円宮家に対してとんでもない事をしてきた秋篠さんち夫婦が同じテーブルに座っていること

まあ映像を見る限り守谷さんご夫妻はほとんど皇太子ご夫妻とのみお話しされているようです。

まったく秋篠宮家はどの面下げて高円宮家の晩餐会に来たのかなーと思ったら

TBSニュースを見ると


マスコミのカメラの前でホテルニューオータニに入っていく秋篠さんち三人組の様子は・・・

眞子丼→顔が引きつってる
秋篠さんち夫婦→葬式の参列者


「高円宮家ってお優しいなー」と思う所は眞子丼の隣の席を公務員夫人にしてあげたことです。

よかったじゃん幼い頃から慕ったネーヤの隣で!!

まあ前回の典子さまのご結婚では秋篠さんちの成人組は海外にバックレたが、
(眞子丼を「高貴高齢者を支えたいから公務に専念☆」と典子さまと同じようにしたら典子さまは出雲大社の千家家に嫁ぐ為の花嫁修業をされていたと発覚して「ヘーカを支える」という設定を捨てて聞いたこともない英国の大学へ留学したのだ)

今回は出席です

いやー針の筵だよなー(ニヤニヤ)

「うちはショーライノテンノーが二人もいるんだから金と人を寄越せ」と他の宮家の予算を分捕り、
久子さまと承子さまのフェイクニュースを懇意のマスコミに書かせた
「同じ土俵には立たない」と黙って耐えてきたのが高円宮家だった

悪事ばっかり重ねてきた秋篠宮家の因果応報であるマコムロ問題
前代未聞の結婚延期
今まで黙認してきた国民も堪忍袋の緒が切れて秋篠さんちに怒りの声が上がった。

無様な秋篠宮家の醜態にうんざりしていた国民を喜ばせた守谷ご夫妻の結婚

「高円宮家の何て鮮やかな切り返し!!」

とヘカテーは言いたいですな

スポンサーサイト



Comment

絢子さま嬉しそう 

皇太子殿下がチェロのエピソードやオール学習院、遠泳助手の事を話すたび、絢子さまが嬉しそうに頷いていたのが印象的でした。
さらに、皇太子殿下から守谷さんのお祖父様とのエピソードが出て、改めて、皇族のお姫様が嫁ぐお家とはこういうものよね!!と強く思いました。
本当に素敵な結婚披露の晩餐会でしたね。
絢子さま、守谷さん、おめでとうございます!!
  • posted by 通りすがり 
  • URL 
  • 2018.10/30 23:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

すばらしい高円宮家 

ご幼少の頃から、父である高円宮殿下と母の久子妃殿下から、天皇陛下と皇太子殿下をお支えする事が、皇族の務めと厳しくも温かいご教育を受けてお育ちになった、高円宮家の女王殿下方。御三方とも、どこか久子妃殿下に似て凛々しく美しい佇まいです。
父母の教えとは、大人になってかくも如実に現れるものなのだと感心いたしました。
皇室を陰に日向にお支えするのが、宮家の一生のお勤めと心得ていらっしゃるのが、その女王殿下方の引き締まった表情やお言葉や行動に全て現れています。
迷いも躊躇もなく、国民の祝福をお受けになるお相手とともに、生涯皇室を支える気概がひしひしと伝わってきます。
これはもう、亡き高円宮殿下と久子妃殿下の偉業としか言えません。日々日常的に、天皇陛下と皇太子殿下をお支えになり、国民のために生きると言う教えを女王殿下に教育なされた結果ですね。
付け焼刃ではなく、生まれてからずっとそう生きてきた方々ならではの重みがあります。皇族としての教育がいかに大切かがわかります。
また、その教育を受け止めて自らのお考えにまで、昇華させる事のできる資質も加わり、さすが皇族です。
将来、秋篠宮と悠仁くんに皇統が移ったら、その重圧でお二方とも潰れてしまうと思います。さらに紀子さんとお嬢さんたちは、自由な教育とやらの成果で、ご自分たちがつぶれていくのはご自由ですが、皇室までも潰しかねません。
秋篠宮はその資質から、浩宮皇太子殿下のような不自由さや重圧に耐えられるご気性ではないし、紀子さんそっくりな悠仁くんとお嬢さんたちも、ご両親が権威や待遇や金銭にひかれて皇統を継ぎたがったとしても、ご一家の誰一人として皇族としての気概も天皇家を守る気質ももっていらっしゃいません。
お写真ひとつでも、それが表れています。宮家の家長である秋篠宮ではなく、子供である悠仁くんを前へ前へと出しています。秋篠宮を差し置いて、子供をアピールするために全面に出して、それをおかしい事だとも思わない、序列や順位を間違っているご一家です。だから、浩宮皇太子ご一家に失礼な事を言ったり、序列を乱しても平気で厚顔無恥な態度をおとりになれるのです。
外面と内面を使い分けて、日常的に人を出し抜く事ばかり考えて、外へ出たときだけ皇室を支えるふりをしても、メッキはすぐにはがれるのです。
本当に皇室をお支えになるおつもりなら、まず序列を守れますし、高円宮家のように常にご自分たちの役割と立場を御考えになり、心の底から皇室のための行動をとれるはずです。秋篠宮家は、皇室のための前にご自分たちのために発言したり行動したりしますよね。
お立場が上位の浩宮皇太子殿下や雅子妃殿下に無礼な発言をしたり、立場をわきまえない行動をとるのは、皇室をないがしろにし、ご自分たちのルールで動いていると言う事です。
いつも自分自分で、皇室も国民も無視できるのです。ご自分たちだけが偉くて、皇族としての矜持も自負心もなく、あるのは自己顕示欲だけ。
立場だけを追い求めて、そこに就いても中身が伴っていなければ、破滅するだけです。
天皇どころか皇太子としての、厳しさや不自由さに耐えられない人が、その立場に立った時には誰かの言いなりになって、その指図通りに行動するしかないです。いわゆるお飾りですね。
そんな人たちが、皇統を継ぐのは皇室を敬愛する人間として、見るに堪えません。
秋篠宮が、皇室は自分の家族の問題と思っているとしたら大馬鹿ものです。
皇族としてお生まれになったら、もう普通の家庭ではないのです。浩宮皇太子殿下をよくご覧になれば、分かるはずです。ご自分である前に皇太子であり、極限と思われるほど自我を制御され、責務を最優先に行動されていらっしゃいます。
これこそが、日本の皇太子殿下です。惜しみない努力と自己研鑽、それがお出来になる資質。
このどれをとっても、秋篠宮と悠仁くんには、無理だと思います。そこに居ればいいだけではないのです。
言われた公務と仕事だけをすれば、後は自由なんて事はないのです。
皇太子は、常に皇太子であり職業ではないのです。
存在そのものが皇太子であり、ONもOFもなく表も裏もないのです。それが、資質であり帝王学を体現できる皇太子殿下なのです。それを窮屈だ不自由だと思ったり言ったりしないのが、帝王学の成果です。
王道を生きるのが、当たり前の事であり、卑怯な事や手を抜ぬく事や楽な道へ行く事は、寧ろ苦痛なのが帝王です。卑怯な事やズルばかりする卑しい生き方の天皇や皇太子など、存在してはいけないのです。
天皇は象徴となった時から、政治家や商人とは別の次元の人間なのです。だからこそ恐れ多く尊いのです。
諸外国の王族とは状況も、国における立場も違います。
君主ではないのです。日本国の天皇は、他の国では存在しえない稀有な貴い存在なのです。
王道を生き、姑息な事はしない、人の心を思いやる浩宮皇太子殿下から敬宮様に強く受け継がれた資質だと思います。父である浩宮皇太子殿下の生き方を見つめ、自分の事以上に雅子妃殿下を思いやり、努力家であり生き物を大切に愛し、いずれご自分の事以上に国民を思いやる日が、来ることでしよう。
自分の事しか見えない、さる傍流の宮家の方々には、どれ一つとしても無い王道たる資質。生まれながらにその資質を兼ね備え、さらに天皇としての在り方を常に考えていらっしゃる浩宮皇太子殿下と資質を全て受け継がれている敬宮様。支流を間違った傍流に流すと川は決壊して、水があふれ出し川の原型をとどめなくなり歪となります。
歪になった流れは、もう自然には元にもどる事はできずに、川としてのその役目は終わります。





  • posted by かたつむり 
  • URL 
  • 2018.10/31 04:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

結婚式で喜んでくれる人が多い人は 

ヘカテーさま、ステキなブログありがとうございます。
いや、本当にさわやかな「王室・皇室の結婚式の手本」と言える素晴らしい結婚式でした。
これを行いきった高円宮家のみなさま、三笠宮さま、百合子さまの志の高さにこれぞ皇族と言えるような美しさを感じました。

また皇太子さまが本当に嬉しそうなのにそこをほどよく抑えていらっしゃるのも微笑ましいし何よりスピーチではあんな優しいお言葉ばかり。雅子さまも本当に嬉しそうで守谷ご夫妻のご結婚を心よりお祝いしているのがわかり私まで幸せになりました。

なのであの夫妻とその娘が見事な対比で惨めでしたね。ここまで残酷な対比がされてしまい「かわいそうだがこれが世の中だから。自業自得だからなぁ」としみじみ思ってしまいました。

公務員夫人もまあ見事に公務員夫人らしくなってしまい、結局は血統がどれほどあれど人格を超えることはない、というのを実感してしまいました。
彼女も早く実の両親のアレさに気がついて真っ当な長兄に学んでいればよかったんでしょうけどね・・・
あまりにも見劣りがしてちょっとかわいそうです。でも自業自得。

しかし参加された皆さんが一部を除いて本当に晴れやかで嬉しそうな顔を見て本当に絢子さんは皇族として誇り高く、自分に厳しく生きてきたんだなと実感します。
結婚式で喜んでくれる人が多いのは自分が他者の喜びを一緒に喜べる人だけです。
相手の幸せを本当に良かったと喜べる相手と付き合うのは自分自身がその素質がなければいけませんから。

またご新郎の守谷さんも皇太子ご夫妻には緊張はあっても満面の笑みでどれだけ高円宮家とのお付き合いが深いかわかりますね。
安倍やら秋篠さんちにはいい感じな胡乱げな顔で「素直すぎるがいいぞ!信頼できるぞ!!」と笑ってしまいました。

本当に心が洗われるような素晴らしい華燭の典でしたね。
  • posted by もこ 
  • URL 
  • 2018.10/31 13:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

眞子さまの衣装 

婚約内定会見のものと同じに見えるのですが気のせいですよね。
  • posted by ときめきを思い出したボルドー 
  • URL 
  • 2018.11/01 16:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

こんにちは。ヘカテーさん。
皇太子様は本当に学習院がお好きでいらっしゃるし、愛子様も絢子様もオール学習院で一緒にお会いできることが嬉しくていらっしゃるのね。

人脈って大切です。鯰さんちはそんなことお考えにならないのでしょうけど、東京のアッパーミドルの家庭ってあちこちで繋がっています。
キーコさんは閨閥とか家柄とか縁のないお育ちだから仕方内けれども、学習院に後足で砂をかけた鯰さんち。どうなさるのかな~。

そうそう。坊やの卒業記念に、マスコミもマイクを向けたらどうかしら。
愛子様みたいにご両親の許可を頂いてからお話されるかな?
それとも、アワアワアワだったらどうしませう(笑)。
  • posted by まい 
  • URL 
  • 2018.11/05 15:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
東宮応援派のハマコー改め新天皇応援派のハマコー
新天皇皇后両陛下並びに敬宮殿下を愛する鎌倉市民だにゃー
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

コメントする際には絶対にメールアドレスを記入しないで下さい!!

最新記事