FC2ブログ

列外派星くず日記

―令和の天皇ご一家を愛する者たちが集うブログ―

Entries

ヘカ父のアシストによって解読成功!!

もう皆さまお忘れだと思いますが・・・

かなーり前に雅子さまの曾祖父山屋他人海軍大将の書を記事にしたことがあります。

yamaya_2018112519380996c.jpg

達筆過ぎて何て読むのか分からん!!とずっと放置してましたが、

漢文を大学時代専攻していたヘカ父(国語教師)に聞いてみたところ・・・

「えーっと、六文字目から下は“花”“謝”“蝶”“連”“稀”だなー」

とヘカ父は解読した。

それでググったら発見!!

『事に得ず』
花開蝶枝滿
(花開けば蝶枝に満つ)
花謝蝶還稀
(花謝すれば蝶還稀なり)
惟有舊巣燕
(惟旧巣の燕有り)
主人貧亦歸
(主人貧しきも亦帰る)



どういう意味やねんというと

「花が開くとこれを慕って蝶が枝に集まるが、花が散ってしまうと蝶がくることもまれである。ただ去年の燕が古巣を忘れず、主人(自分)が貧乏であるにもかかわらず、今年もまた帰ってきてくれたことは、実にうれしいことだ」公益財団法人関西詩吟文化協会HP

親父スゲーじゃん!!

まさしく「おそろしい子!!」だよ!

というか詩の内容が海の王子登場以降の秋篠さんちみたいだなー(笑)

まあ燕なんて帰って来ないけどな

あともう一個のこれはまだ解読作業中です。
yamaya2_20181126000330018.jpg
スポンサーサイト



Comment

はじめまして。 

はじめて書きこみさせていただきます、
皇太子ご一家が大好きな者で、ずっと以前よりこのブログを拝見しております。

解読作業中とおっしゃる掛け軸について、お役に立てるかも知れないと思い、しゃしゃり出てきた次第です。

これは右から左に読んで

「随處多五雲」

ではないでしょうか?
「處」は「処」の旧字体です。
『随所に五雲多し』とでも読むのでしょうか…。

当方、くずし字は読めますけど、解釈のほうはイマイチなので偉そうなこと書いて間違っていても申し訳なく、くずし字を読むまでにとどめておきます。

ちなみに「五雲」は『縁起の良い雲』、『天子の乗り物』なのだそうです。お茶会の席でもこの字が掛け軸で飾ってあるのを見たことがあります。

管理人様、今後とも応援しております。
お身体にお気をつけて頑張ってください。

蛇足ながら、意外と”去年のツバメ”は小室クンのことかも知れませんよ。
”(コーシになれなくなって)主人が貧乏にも関わらず、今年もまた帰ってきてくれた(軒先を借りに)。”
…「ツバメ」には確か「ジゴロ」という意味もございましたので、ふと、そのように感じた次第でございます。
  • posted by めんたい子 
  • URL 
  • 2018.11/26 14:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

素晴らしい!! 

ヘカテーさんのお父様は国語の先生だったのですね。
よくぞ解読してくださった…

このような素敵な書を秋篠宮家と一緒にしちゃだめっすよー^^;
儚いけれどもツバメが帰ってくるという小さな幸せってのがいいですよね。

もう一つの書も楽しみにしております❢
  • posted by 南 
  • URL 
  • 2018.11/29 12:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

再びコメントさせてください。 

南さまのコメントを拝見して、ハッと我に返りまたコメントさせていただきます。
(^-^;
ステキな書なのに私も秋篠宮にからめてしまい…反省です。

  • posted by めんたい子 
  • URL 
  • 2018.11/30 22:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
東宮応援派のハマコー改め新天皇応援派のハマコー
新天皇皇后両陛下並びに敬宮殿下を愛する鎌倉市民だにゃー
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

コメントする際には絶対にメールアドレスを記入しないで下さい!!

最新記事