香淳皇后の素敵なエピソード

射手座さまから教えていただいた良子さまの素敵なエピソードを紹介します。

テレビで香淳皇后のご学友の話を聞いた記憶もあります。
その上品な老婦人は、初等科時代、香淳皇后(良子女王)のおみ足をギュウッと踏んでしまったそうです。良子女王が皇太子妃の有力候補となられたのは9才。つまり未来の皇后の足を踏んづけたわけで、そのご学友、真っ青になり口も利けなかったとか。そうしたら良子女王、ご学友の足をチョイと踏み、
「おあいこ」
そうおっしゃってニコッとされたそうです。


73160e8d9b621492e40172a93bca8902.png


射手座さまありがとうございました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あれま。

「ご学友に」ではなく「ご学友の」足を
でした。すいません。
女性週刊誌は「美智子さまは香淳皇后以下、宮妃や高級女官に苛められている」と、散々書いてました。ネットもなく、週刊誌全盛の時代でした。と言うか「美しい悲劇のヒロイン美智子さま」で、発行部数を伸ばしたんです。
香淳皇后は一切反論されませんでした。同じ土俵におりてゆかなかったのです。
むしろ昭和天皇のほうがご立腹だったんではないかしら。

お願いがあります。
ヘカテー様のせっかくの文章がスマホでは蛍光グリーンで見えづらいのです(ー ー;)老眼が始まっているからかもしれないのですが。できましたら、青とか赤とか濃い色にしていただけないでしょうか。身勝手なお願いで申し訳ありません。

射手座さま、ガトーショコラさま

コメントありがとうございます。

>香淳皇后は一切反論されませんでした。同じ土俵におりてゆかなかったのです。

そして、その次の皇后はオフィシャルHPにマスコミ反論コーナーを作りましたとさ。こんな皇室いやだー。

>青とか赤とか濃い色にしていただけないでしょうか。

できる範囲で変えてみます。ご指摘ありがとうございました。

No title

色々と過去の記事も読ませて頂きましたが
例えば着袴の儀
紀宮さまと愛子さまを比べて
管理人は紀宮さまの髪が酷いと。
御髪は不浄のものとし触らないのが習わし。
紀宮さまの方が正しい。

紀子さまの七五三のおはしょりが長いと言いますが
この良子さまも長い。他にも帯やら色々・・・
綺麗な着付けとは言えませんね。
庶民とは違うからこれで良いとおっしゃるのでしょうか・・・

No title

To あなち


どう見たって、着袴の時のサーヤの髪の毛ボサボサだよ。

…………あぁ、そうだったんだ!

髪の毛は不浄だから、美智子さまは髪を触らないのね。だから何十年も同じ髪型なのね。
紀子さんも同じ髪型なのね。

あれ? だったら髪を、おすべらかしにする必要は無くなりますけど?



おはしょり?
どう見たって、紀子(いとこ)さんの着付けはグシャグシャだよ。
紀子さんが七五三で着た着物は、紀子さんのために用意された着物ではなく、思いっきり寸法違いで、柄を出してあげる配慮もない着付け。

良子女王の着物は正式。
おはしょり厚ぼったく見えるけど皺が出てないからね。
肩上げも良子女王に合わせているよ。
帯も上等なのがモノクロでも分かる。


あなち、チマチョゴリを着なさい!

昔の着物

ゴキ妃と良子さまと比べられ、いてもたってもいられなくなりw書き込みます。
昨日まで旅行に行っていて、過去の話題なのかもしれませんがお許しください。
良子さまのご幼少のころは家では裾を長くして、外ではしごきで短くしていたのです。
その名残りは七五三のしごき、花嫁の抱え帯です。
そのころでも庶民は今のようにお端よりや腰上げをしていました。

あの宮妃の7歳の着物は子供らしくない柄、普通は四つ身の着物なのに本身(大人のサイズ)を肩上げ腰上げしたもののようです。

普通は(少女まで着させるには)本裁ち四つ身に縫うべきなのですが(大人のサイズに切断して子供用のサイズに縫う)
13歳ころからは洗い張りをして七九寸に縫い直すのです。
こんなに手間をかけるのですから良い生地でないとだめでしょうね。
このお写真は七九寸のお着物ですね。

あなち殿、モップ さま、松風さま

コメントありがとうございます。

>御髪は不浄のものとし触らないのが習わし。 紀宮さまの方が正しい。

記事を読んでからにしてください。良子さまのお嬢様は髪の毛セットされています。
http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-250.html

>おはしょり厚ぼったく見えるけど皺が出てないからね。 肩上げも良子女王に合わせているよ。 帯も上等なのがモノクロでも分かる。

反論ありがとうございます。筆頭宮妃の成人式の着物をアンチはカラーでは出しません。安物であることが速攻ばれるからです。

>良子さまのご幼少のころは家では裾を長くして、外ではしごきで短くしていたのです。
その名残りは七五三のしごき、花嫁の抱え帯です。

御着物に詳しいですね。ヘカテ―じゃ、ここまで理路整然とした反論はできません。ありがとうございます。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR