FC2ブログ

列外派星くず日記

―令和の天皇ご一家を愛する者たちが集うブログ―

Entries

ベルギー大使が語るベルギー王室と皇太子ご夫妻の友情物語

本日は皇太子妃として最後の誕生日を迎えられる雅子さまのお誕生日です。

来年の12月9日は地久節ですぞ、皆さま!!

さて、ヘカテーは図書館から『文藝春秋 2002年1月号』を借りてきました。

掲載されていた記事に皇太子ご夫妻とベルギー王室の友情物語が書いてあったので紹介します。

執筆者は兵藤長雄前ベルギー大使(当時東京経済大学教授)

1999年、兵藤氏は外交官人生最後の勤務地ベルギー王国で大使をされていました。

1999年はフィリップ王太子とマチルド王太子妃のご成婚にベルギー中が沸いていました。

日本の皇室からは皇太子ご夫妻がお見えになることが決定。

皇太子ご夫妻は御婚礼の12月4日を挟んで4日間ブラッセル(原文ママ)の日本大使公邸に宿泊されることになりました。

大使館の職員の中には雅子さまと同期の職員もおり、皆で張り切って作業を薦めました。

御婚礼には世界中の王族が招かれましたが、アジアからは日本の皇室とネパールの王太子殿下が招かれました。

世界中のVIPが集まる中で我が国の皇太子ご夫妻はベルギー王室から破格の扱いを受けました。

まず特別機でベルギーのブラッセル空港にご到着された際には、なんと結婚式前日という多忙の中でフィリップ王太子とマチルド王太子妃が特別機までお出迎えされたのです!!

しかも天候は暴風雨という悪条件です!!



これは極めて異例のことでベルギーのテレビや新聞でも大きく取り上げられました。

結婚式の翌日にはフィリップ王太子の父上であるアルベール2世とパオラ王妃がアルデンヌ山中の離宮に皇太子ご夫妻のみを特別に招待して下さったのです

何この特別待遇!!

ベルギー王室から特別待遇を受ける日本の皇太子ご夫妻はベルギー国民からも注目されました。

「我が国の王室からこれほどまでの特別扱いを受けている日本の皇太子ご夫妻とはどんな方々なのか」

皇太子ご夫妻は英語、フランス語で流暢に会話をされました。

雅子さまの鮮やかなファッションはベストテンの一つとして各紙に大きな写真入りで紹介されました。

実は、雅子さまは結婚式前日まで和服で出席されるかスーツでご出席されるか迷われました。

日本を代表するならば和装の方が良いのですが、当日は真冬の零下の寒さで、しかも会場となる教会は正門が開け放たれて暖房も臨時のもので震えるような寒さでした。

お風邪を召されたら大変ということでスーツが選ばれました。

ロイヤルブルーのスーツですね
tumblr_lxg12rltLG1qfna0vo1_500.jpg
belguim_wedding_201812092240189ca.jpg
結婚式後のベルギー王室の方々と招待された王室の方々の集合写真に注目してください。
皇太子御夫妻だけが非白人なのです。
というのも通常、欧州の王族の結婚式の場合は欧州の王族しかこういう集合写真に入れません。
しかし皇太子殿下はフィリップ王太子と昭和の時代から熱い友情を交わした親友ということで特別に入れてもらえたのです。
すごいぞ、皇太子ご夫妻!!

実はこのスーツを選ばれたのにはエピソードがあります。

当初、深紅のスーツをお召しになる予定でした。

式場となる教会へ行かれる前に、テレビで映し出されていた教会の映像を御覧になって、

式場に深紅の絨毯が敷き詰められていることに気付かれました。

雅子さまは即座に鮮やかなロイヤルブルーのスーツに変更されました。

このご判断により深紅の絨毯に、黒のモーニング姿の皇太子殿下、雅子さまのロイヤルブルーのスーツという一際冴えた印象を与えました。

これには兵藤大使も臨機応変な雅子さまのご判断に感服!!

こういう気配りが出来るところが雅子さまのすごい所の一つです。

結婚式翌日、兵藤大使がデュルビュイ村というアルデンヌ地方の美しい山村を皇太子ご夫妻を非公式に案内しました。

この時、前日の結婚式のテレビ中継で皇太子ご夫妻を拝見したデュルビュイ村の村民総出で皇太子ご夫妻を歓迎しました。

皇太子ご夫妻も気取ったりせず、気さくに歓迎を受けられました。

村長さんに村を案内されている間に皇太子殿下らしいエピソードがありました。

村の市場を案内されている時のことです。

露店でリキュールを売っていたおじいちゃんが歓迎の印に一杯献上したいと杯を差し出しました。

すると皇太子殿下はすっと受け取られ一気に飲み干されました。

この時は兵藤大使も村長さんも一瞬青くなりましたが、

後に村長さんは兵藤さんに「村人の善意を信じて下さった殿下に感動した」と話しました。

皇太子ご夫妻にはこの他にも心温まるエピソードがあります。

ベルギー・日本協会と商工会議所が皇太子ご夫妻歓迎レセプションを開催した際のことです。

皇太子殿下にはささやかなプレゼント、和服姿の雅子さまには花束が贈られました。

答礼に立たれた皇太子殿下はフランス語とフラマン語でお言葉を述べられたのです。

これには会場のベルギー人感激!

ベルギーはフランス語系とオランダ語系の二つの民族で成り立っており、言葉の問題は大変デリケートな問題です。

ベルギーの王族や政治家の公式なスピーチは必ず二つの言語を半分ずつ行います。

ですが、日本人である皇太子殿下にそれを追求することは大変です。

兵藤さんは皇太子殿下に「英語で話されればよろしいかと思います」と事前に打ち合わせしていましたが、

皇太子殿下は公邸のフラマン語系職員に頼んでフラマン語の特訓を受けていらっしゃいました

レセプションの前に何度も何度もテープに吹き込んで練習されていたことが後日明らかになりました

殿下が突然フラマン語で語られた際にはその場にいた日本人も驚き感激しました。

会場内には鳴りやまない拍手が響きました

もう一つのエピソードは皇太子ご夫妻が宿泊されている大使公邸の周囲を警備している地元警察官を窓際でご覧になった殿下は

「極寒の深夜ではさぞ寒いだろうから警備の人を減らすようにベルギー側に依頼して欲しい」と仰いました。

ベルギー側は殿下のお心遣いに感激し更に警備に万全を期したいと張り切りました。

兵藤大使と皇太子ご夫妻は初対面ではありません。

雅子さまとはお父上小和田恒さんがソ連の日本大使館に着任した際に、その下で通訳を兵藤さんが務めていました。

雅子さまは当時1歳半でした。

雅子さまがハーバード大学在学中にはクリスマス休暇で学寮が閉鎖されている間、ワシントンで行使をしていた兵藤さんのお宅に宿泊され、兵頭さんの奥さまのお手伝いをする大変気の利くお方でした。

皇太子殿下とはオックスフォード大学留学中、アメリカに立ち寄られた際にいくつかの場所を案内し、お食事に同席する機会もありました。

皇太子殿下のベルギー滞在は大成功でした。

しかしその後帰国された雅子さまの流産で兵藤さんは

「スケジュールが多忙で無理をさせてしまったからではないか・・・」と責任を感じられました。

(岩井のアホたれは兵藤さんの爪の垢を煎じて100万回飲め!!)

ベルギー王室の方々も心配され、国王やフィリップ王太子ご夫妻が兵藤さんと会うたびに雅子さまのご様子について質問されました。

2001年12月1日に敬宮さまという待望のお子様をご出産されたニュースにベルギーに住む兵藤さんも大変喜んだことは言うまでもありません。

ベルギー王室では2001年10月25日にフィリップ王太子ご夫妻の間にエリザベート王女と言う第一子が誕生されています。

エリザベート王女誕生にベルギー国民は沸き、お祝いの記帳に沢山の国民が訪れました(これも敬宮さまと同じ)

エリザベートチョコレートが作られたり、エリザベート王女公園までもが作られました。

ブラッセルでは空軍楽団によるエリザベート王女に捧げる音楽行進が行われました。

ベルギー王室では1991年に憲法が改正されて直系長子継承なのでエリザベート王女が次の次の時代の国王になることが決定済みです。

現在では父君即位により、ベルギー王室初の女性王太子となられました。

ゆくゆくはベルギー王室初の女王陛下に2001年生まれの王女様がなるのです。


兵藤さんはこの手記の最後にこのように記されています

私が両殿下をベルギーでお迎えして感じたことを一つ最後に付記したい。、既述のとおり、皇太子御夫妻のベルギー御訪問は所期の目的を十二分に果たされた。印象的だったのは、新聞やテレビでの御動静の報道が日本の皇室を世界で最も長い歴史を持ち、日本の伝統を象徴するものして扱い、独特の日本文化も併せて紹介することも多かったことである。このご訪問には明らかに日本固有の明確な国としての顔があった。これは首相や閣僚とは異なる皇室による親善外交の大きな利点である。
加えて、皇太子御夫妻はヨーロッパの社交界の舞台でも、優れたコミュニケーターであり、外交官であることも立証された。御帰国後、私はブラッセルの多くの人々からこのような賛辞を聞いた。皇太子御夫妻はわが国親善外交の貴重な財産だ。実はこのベルギー御訪問が両殿下の御成婚後初めてのヨーロッパへのご旅行だったことはいささか驚きであった。それだけに、これからは両殿下にも大いに海外にお出向きいただき、親善外交の一翼を積極的に担っていただきたいと思う。今回の慶事に際し、この僭越な期待と共に、重ねて「心からのおめでとう」を申上げたい。



雅子さまの外国訪問をされた回数って本当に皇太子妃時代は少なかった。
「そんなに海外に行きたかったのか」とバカな宮内庁の人間は言ったが、
外交官だった雅子さまにとって皇室外交とは「国内公務に励んだご褒美」や「男の子を産んだご褒美」なんていうレベルの低いものではない。
1週間にも満たないベルギー御訪問で分かる通り日本というアジアの国を紹介する切っ掛けを作ったのだ。
ヘカテーの留学経験がある同級生は「海外ってまだまだ日本のことを分かってないよ」と言っていた。
ヘカテーの同級生が留学したのって21世紀に入ってからだからな
それでも日本のことを分かってないんだぞ!
欧米、というか欧州から見れば日本はアジアの国でまだまだ偏見はある。
お忙しい中でフラマン語で答礼のお言葉を練習してお話しされた皇太子殿下
皇太子御夫妻は日本と海外の国々の友好というものを真剣に考えていらっしゃる
だからこそ海外の国々も歓迎してくれるのだ。
今年ご訪問されたフランスを思い出して欲しい。
VIPとは言えアジアの国に対してあれだけの歓迎をしてくれるって本当に少ないぞ

こういうことが出来るから招待されるのだ

「観光で来たんですよね。え、違うの!?」と大臣から言われるのはその程度の能力しかないからだ。

天皇皇后になっても海外へ行幸啓可能という前例は高貴高齢者コンビが作ったからドンドン外国訪問していただきたいと思います
スポンサーサイト



Comment

良い記事のご紹介をありがとうございます。 

皇太子ご夫妻の、海外と友好関係を築こうという努力とさりげないお気遣いに、改めて感服いたしました。
皇太子ご夫妻がどんどん海外に行かれていれば、日本のイメージはもっと上がっていたかもしれないのに…と本当に悔しくなります。
雅子様を閉じ込めたことは日本の国益を損ねたとしか言いようがありません。
雅子様の代わりに海外に“派遣”されたのが、あのキコさんとかマコさんですもんね…それプラス長年にわたる美智子さんの破壊的(?)行動力が、日本女性、ひいては日本のイメージを大幅に損ねたと言っても過言ではないでしょう。
  • posted by 光の日々 
  • URL 
  • 2018.12/10 00:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

もったいないです 

素敵な記事をありがとうございました。
初めて聞いたエピソードばかりでした。
そして皇太子ご夫妻の存在が日本人として誇らしく感じます。

お二人がご成婚した際に、こんなに美しくて語学堪能でチャーミングな方が皇太子妃になることを非常に嬉しく思いました。
同時に早く皇室外交でご活躍いただき、世界中に雅子さまを自慢したい!と心より思っておりました。
そう考えると下の方のコメントの通り、平成の時代の雅子さまの境遇は日本にとって大損害でありました。

即位されてからの両殿下のご活躍を楽しみにしております!
  • posted by 馬猫 
  • URL 
  • 2018.12/10 10:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

素敵なお話をありがとうございます 

岩井克己による朝日新聞の心ないスクープと「自分たちは悪くない」と言わんがための批判、誹謗中傷によってこんな素敵なエピソードが埋もれてしまったかと思うと残念でなりません。

>実はこのベルギー御訪問が両殿下の御成婚後初めてのヨーロッパへのご旅行だったことはいささか驚きであった。

多くの国民は、皇太子ご夫妻にいわゆる「皇室外交」を期待していたのに。
そのことに触れられたオーストラリア、ニュージーランドご訪問前の雅子さまの会見も捻じ曲げて伝えられました。
本当に平成のマスコミは罪深いと思います。
  • posted by まる 
  • URL 
  • 2018.12/10 12:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

地久節と言えば3月6日 良子さまの誕生日
国民は見て子さまには一度も地久節とは言わなかった。
ずっと見て子さまの誕生日と言われていたw
  • posted by 魚茶 
  • URL 
  • 2018.12/10 18:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

心無い雅子様への批判に悲しい思いをしておりましたが、たまたまこちらのブログを見つけ、拝見してとても感動いたしました。
学生の頃から悪い噂の絶えなかった次男ご夫妻に比べ、皇太子ご夫妻は素晴らしいエピソードばかりなのになぜ報道されないのか、悲しく思います。
これからもどうぞ皇太子ご夫妻、次年度からは天皇陛下、皇后陛下の素敵なお話をお教えください。

  • posted by 匿名希望 
  • URL 
  • 2018.12/10 23:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

ああ、東宮御夫妻は本当に御立派な御方々だ。
此の方々が日本国の顔。


この時のロイヤルブルーも馬鹿共の格好のネタにされてるね。
やっぱ、現代の本当の朝敵共は実情を良く調べもせずに
文句や、屁理屈で言い掛かっているということが良く解る話だわ。
  • posted by たしか猫の文字を付けていたワシです。 
  • URL 
  • 2018.12/11 05:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

おめでたいだけでは・・・・・ 

雅子様愛子さまのお誕生日本当におめでとうございます。

フィリップ国王はもともとシャイなご性格とも言われており、
それがマチルド妃との結婚で朗らかな様子になったと聞きました。

皇太子さまもご誠実で控えめな所がフィリップ国王と馬が合い親交を深めていらした。 おなじように雅子様とのご結婚で明るい柔らかい雰囲気が国民にも伝わるようになりました。

皇太子さまの御著書の「テムズとともに」イギリス留学中ヨーロッパの王侯貴族との交流は両親(今上天皇夫婦)のおかげと書いてありました。
確かにそのおかげもあったに違いませんが、やはり何度も御一緒できたのは皇太子さまの真面目な所が皆様に好感をもたれたのでしょう。
ヘカテーさんの過去の記事にもエリザベス女王と親密な様子が書かれていしますし、あのエジンバラ公さえも皇太子様を褒めました。
中曽根総理向けの社交辞令も多少あったのかもしれませんが、全く思っていないと出てこない言葉です。
それほど皇太子様は好青年とうつっていたのでしょう。

今上夫婦は皇太子時代も含めて海外訪問を散々してきました。
タイやベルギー王室との親密さをマスコミを使ってアピールしてきました。
でも英国王室との交流は皇太子様以上にあるようには感じられません。あったらとっくにマスコミ利用で週刊誌に掲載されてるはずです。


それと秋篠宮一家に関しても、しばしば海外訪問が多い割にはタイ王室以外は全くヨーロッパの王族との交流がきかれません。
マスコミ利用の上手い一家ならば、意気揚々と週刊誌に王室との交流が掲載されるはずなのに。

久子さまの方がヨーロッパの王室と深い関係を持たれている。

でも来年になるとどうなるのでしょう。
秋篠宮が皇弟として皇太子さまが行っている海外からの要人と懇談を持つ機会が増えるのでは。

紀子さんは嬉しくて仕方がないでしょう。でも秋篠宮は英語はどうにか話せても知的な事は言えるのでしょうか?
日本語でもボソボソで解りにくいのに。。。。。

そしてあの坊やに愛子さまと同じように英語で会話なんてできるのでしょうか???

御めでたい事の裏に不安があります。




  • posted by ホルン 
  • URL 
  • 2018.12/11 08:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
東宮応援派のハマコー改め新天皇応援派のハマコー
新天皇皇后両陛下並びに敬宮殿下を愛する鎌倉市民だにゃー
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

コメントする際には絶対にメールアドレスを記入しないで下さい!!

最新記事