FC2ブログ

列外派星くず日記

―令和の天皇ご一家を愛する者たちが集うブログ―

Entries

明るく迎える新元号「令和」









新元号「令和」は万葉集が出典 「梅花の歌」序文の現代語訳は?
4/2(火) 14:10配信  HUFFPOST 日本版
新元号が「令和」に決まった。出典は、日本最古の歌集「万葉集」の「梅花の歌三十二首の序文」。ど
んな文章なのか。角川ソフィア文庫の「新版 万葉集(現代語訳付き)」によると、原文はこうだ。

天平二年の正月の十三日に、師老の宅に萃まりて、宴会を申ぶ。

時に、初春の令月にして、気淑く風和ぐ。梅は鏡前の粉を披く、蘭は珮後の香を薫す。しかのみにあらず、曙の嶺に雲移り、松は羅を掛けて蓋を傾く、夕の岫に霧結び、鳥はうすものに封ぢらえて林に迷ふ。庭には舞ふ新蝶あり、空には帰る故雁あり。

ここに、天を蓋にし地を坐にし、膝を促け觴を飛ばす。言を一室の裏に忘れ、衿を煙霞の外に開く。淡然自ら放し、快然自ら足る。もし翰苑にあらずは、何をもちてか情を述べむ。詩に落梅の篇を紀す、古今それ何ぞ異ならむ。よろしく園梅を賦して、いささかに短詠を成すべし。

「新版 万葉集 一 現代語訳付き (角川ソフィア文庫) 」

天平2年(730年)の正月の13日、歌人で武人の大伴旅人(おおとものたびと)の太宰府にある邸宅で開かれた梅花の宴の様子を綴ったものだ。

「令」と「和」の文字が入った一文は、「初春の佳き月で、空気は清く澄みわたり、風はやわらかくそよいでいる」という意味。季節が春に向かおうとしているのどかで麗らかな様子が描かれている。

「新明解」(三省堂)で「令」を引くと、「きまり」や「おきて」以外に「よい」という意味がある。「和」には「おだやか」「のどか」のほかに「調子を合わせる」「日本(式)の」という意味がある。

<現代語訳はこちら>

天平2年の正月の13日、師老(大伴旅人・おおとものたびと)の邸宅(太宰府)に集まって宴会を行った。

折しも、初春の佳き月で、空気は清く澄みわたり、風はやわらかくそよいでいる。梅は佳人の鏡前の白粉のように咲いているし、蘭は貴人の飾り袋の香にように匂っている。そればかりか、明け方の山の峰には雲が行き来して、松は雲の薄絹をまとって蓋をさしかけたようであり、夕方の山洞には霧が湧き起こり、鳥は霧の帳に閉じこめられながら林に飛び交っている。庭には春に生まれた蝶がひらひら舞い、空には秋に来た雁が帰って行く。

そこで一同、天を屋根とし、地を座席とし、膝を近づけて盃をめぐらせる。一座の者みな恍惚として言を忘れ、雲霞の彼方に向かって、胸襟を開く。心は淡々としてただ自在、思いは快然としてただ満ち足りている。

ああ文筆によるのでなければ、どうしてこの心を述べ尽くすことができよう。漢詩にも落梅の作がある。昔も今も何の違いがあろうぞ。さあ、この園梅を題として、しばし倭の歌を詠むがよい。
「新版 万葉集 一 現代語訳付き (角川ソフィア文庫) 」
安倍晋三首相は、新元号「令和」に込めた意味について「悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく、厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込めた」と語っている。
中村 かさね (Kasane Nakamura)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00010003-huffpost-soci
 
カ行なんじゃないかなーと思ってましたが、

ラ行でした。

「れいわ」という女の子の名前のような優しい響きの元号となりましたね。

令和の原典を読むと非常に爽やかなイメージですね。

昭和からヘーセーは偉大なる昭和天皇の崩御で始まりました。

ある列外派読者さまから
「昭和天皇崩御の記帳を終えて銀座を歩いていたら自粛ムードでネオンがすっかり消えていた。『平成は暗い・・・』と思った」
と教えられました。

それに比べると令和は国民から明るく迎えられていますね。

ヘカテーが実質的に初めて迎える元号の移り変わりになります。

ヘカテーは昭和生まれですが、物心ついた時にはヘーセーになっていました。

昭和天皇から帝王学を受け、
誡太子の書を座右の書とし、
世界トップレベルの知性を持つ雅子さまをお妃に選ばれた皇太子殿下

令和の和という漢字がが昭和の和と一緒という事がちょっと嬉しい。

国民から祝福されて誕生した令和

身を切るような寒さのヘーセーを過ごされた皇太子ご一家

新天皇に即位され、新皇后に立后され、そして敬宮さまは皇孫から皇女となられる。
スポンサーサイト



Comment

 

はじめまして。いつも楽しく読ませてもらっています!

私は個人的に英和を予想しておりましたが
令和で良かったと思います。
響きも意味も柔らかく力強いです。
たった一瞬ですがこういう瞬間でも
日本人が1つになる瞬間が大好きです。
良き時代になりますよう
折々に人は願うものですが
実際は厳しいでしょう。
しかし次代にはそれが可能だと思わせるようなオーラがあります。
とりわけ雅子さまには常に笑顔でいて欲しいです。
時代は変わります。
性別や決まりからではなく
この方に是非という相応しい形で
皇室が続いていって欲しいものです。
  • posted by あ 
  • URL 
  • 2019.04/03 11:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

安倍首相は新元号の出典を中国古典から日本古典へと、これまでの伝統を変えたのですから、ぜひ皇位継承の男系伝統も、皇位継承を安定させ継承資格者をふやす「直系長子」へ変えてほしいですね。
芸人旧皇族竹田恒泰氏も万葉集出典について、「新しい伝統になることでしょう」なんて言っていますから、「直系長子」も新しい伝統になりえますね。
  • posted by 匿名希望 
  • URL 
  • 2019.04/03 12:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

新元号を目にした時はドキッとしたパワー溢れる印象でした。
とてもキラキラした波動が伝わってくるようです。

「レイワ」=「イワレビト」と言う説も聞こえています。
http://www.historyjp.com/article.asp?kiji=66
5月1日が待ち遠しいですね。

  • posted by さら 
  • URL 
  • 2019.04/03 14:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

4月1日は朝から発表される時間を待ち、それぞれ9人の有識者が記者たちに囲まれながら官邸の4階へ上がって行く姿を見るにつれ、さぁ!愈々だなとドキドキしながらテレビの画面を追い、粛々と順序立てて事が進んで行く様は関係者の緊張感と厳粛さが伝わって参りました。
令和と菅官房長官が読み上げられた瞬間は、先ず感じた事は意外性と奈良時代の万葉集32選の序文ということで、優しさが伝わりホッとしたのを覚えています。
令和の和は徳仁皇太子殿下が尊敬してやまなかった祖父、昭和天皇の昭和の和が同じであったことから強い結び付きを感じて、昭和天皇の大きさが令和天皇として重ね合わさって行くのではないかと嬉しくもありました。
冷静でかつ慎重で私の部分は決して表に出すことの無い、父君平成天皇との違いと言うか重さの違いが人格者たる所以なのだろうと思います。
日本中が新元号の発表のその瞬間を各地で取材している映像を見て、去り行く平成の記憶は国民にとり大災害の連続、景気の低下、地下鉄サリン事件という大事件、災害の復興も儘ならぬ被災者の苦しみが今だ続き、大変な30年であり暗い記憶がのし掛かっています。
眞子、小室問題が解決しないまま今日まで持ち越されている状況、皇室の安定は何時になるやらその不透明さが国民の怒りとなって、おめでたい新天皇ご即位に水をさすことだけは止めてもらいたい。
この件に関して秋篠宮からは説明責任があるにも関わらず何の会見もせず、皇嗣とやら訳のわからないものに莫大な資金(3倍)が秋篠宮に提供されてしまう些か不満であります。
  • posted by つばきちゃん 
  • URL 
  • 2019.04/03 15:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

新元号が発表されて慶祝ムード満載ですね。

「令和」初日、新潟でも、慶祝行事が行われます。

村上では、5月1日におしゃぎり巡行するそうです。

5月1日夜は、30分位だけど阿賀野川で慶祝花火を上げるので
交通規制有り、見学桟敷はないけど見てね!の回覧板も来ました。



そして新潟で行われる国民文化祭開会式を今から楽しみにしています。
  • posted by いのぶた 
  • URL 
  • 2019.04/03 15:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

新元号の発表とともに女性天皇が真剣に議論されていた過去がニュースになっていますね
また議論が再熱して敬宮様を天皇として擁立する流れができることを願っています
  • posted by かなこ 
  • URL 
  • 2019.04/03 18:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

30年前、小渕さんが新元号「平成」を発表した際、世間の反応は
「え?へーせー?」「何かダサくね?」「うーん・・・」という反応が多かった。
一方、「令和」は日本中がパーティーピーポー状態のお祝いムード。
  • posted by どらやき 
  • URL 
  • 2019.04/03 19:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

明るい御代替わり 

ヘカテー様、ブログの更新ありがとうございます。
「令和」という文字を見た時、凛として涼やかで、なおかつ柔和な皇太子殿下にふさわしいと思いました。
また、「初春令月(初春の、何をするにも良い月)」というのも、立春を過ぎた2月23日がお誕生日の殿下にぴったりだと思ったのでした。
昭和から平成への移り変わりは、天皇陛下崩御という哀しみの中でした。歌舞音曲が控えられ、お昼のバラエティ番組も自粛となるくらいだったので、今回明るい雰囲気の中で御代替わりを迎えられることが本当に嬉しいです。
  • posted by rose 
  • URL 
  • 2019.04/03 21:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

皇太子様にぴったり 

あまり期待しないでテレビを見ていたのですが(「安」が入っていなければいい)、意外に響きがきれいで、「安」もないのでまず安心。
安長だの安明なんかだったら生涯元号は使わないと決心していたんですけどね。

いろいろ説明をされると、とても良い元号だとわかりました。角川の漢和辞典によると、令月とは陰暦2月のこと、皇太子さまのお誕生月ではありませんか。令と言う文字が上についたら、令嬢、令名のように良いという意味です。

徳仁陛下の御代が、梅の花のように清らかで文化の薫り高いものであってほしい、いやきっとそうなるはずと信じています。

内政、外交ともに全く実績のない安倍総理ですが、たった一つの功績として認めてやってもいいかなと思います。(これを花道に引退すれば?と言いたい)

私事ですが、今日行ったスポーツジムの壁に早速「令和」の文字が張り出されていて、嬉しくなりました。みんな嬉しいんじゃありませんか、ヘーセーとお別れするのが。

  • posted by 九重 
  • URL 
  • 2019.04/03 23:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

いつも拝見してます
令和はいい元号ですよね
画数が新旧字体どっちも13の吉数でよい元号だと思います
ちなみに平成は新字体が11で吉数ですが旧字体が12で
凶数でしかも三才の配置も悪いです
だからなのか災害多くて経済も悪いんでしょうねw
皇太子両殿下の即位と新しい元号が楽しみです
  • posted by あなぐま 
  • URL 
  • 2019.04/04 01:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

令和 美しい元号 

ヘカテー様も書いて下さっていますが、私は2014年6月1日の日本ダービーを思いだしました。
皇太子殿下が行啓なさったダービーです。
優勝馬は、ワンアンドオンリー
横山典弘騎手
前田オーナー
皆様が二月二十三日生まれ。
唯一無二という馬の誕生日も同じ。
そして優勝の記念写真を撮る時に掲げられた大段幕には
愛 の文字が。

来年からは二月二十三日が
天皇誕生日です。梅の香の漂う令月ですね。

  • posted by 梅が枝餅LOVE 
  • URL 
  • 2019.04/04 07:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

五月から 元号は令和 うれしいな 

「琴光喜 星がついたよ うれしいな」を本歌取り(!?)してみました。(笑)

「令和」と聞いた瞬間、「れ」で始まる元号というのは予想外で、一瞬「えっ?」と思いましたけれども。「令」という字からすぐに思い浮かぶのは、「命令」とか「法令」などの単語ですので、その違和感でしょうけれど、漢字は奥が深い。「よい、りっぱな」という意味があるのですね。

報道によれば6つ、案があったのですね。「令和」以外はケチのつけようがない、などとケチをつけた東大教授がいるそうですが、、、


広至: コーシ。音が悪い。これだけはないわあ。
久化: 全然ピンと来ませんね。
万和、万保: バンワというより、マンワ、マンポウと読んでしまいそう。
英弘: ありがちな人名。この名前の人、知ってる。


というわけで、「平成」が最初から「平成」ありきだったらしいように、最初から「令和」ありきだったような気がしてきました。最初の違和感が少し落ち着いたら、「昭和」の「和」が入ってるし、令月、梅、2月生まれの新帝にふさわしい、いい元号じゃないの。

「れいわ」の018を足したり引いたりで和暦-西暦も変換しやすいし、平成との変換も簡単でうれしい。平成31年度の「平成3」を「令和」に変換したら令和1年度だし。平成を令和で上書きするの、楽しい。さっそく5月からの書類の元号を変換しました。「令和元年度」と記載された書類が回って来るようになりました。

出典が「万葉集」というのも、聞いた一瞬は違和感がありましたが。。。(「日本書紀」とかだと思ってました。) 「万葉集」、我々日本人の祖先は千年以上も前から、名前も残らない「一般庶民」がお腹の足しにもならない和歌を詠んでいたわけです。江戸時代は庶民の文化が花開いた時代ですが、「一般庶民」が文化の担い手、というところが外国にはあまりないすごいところらしく、それを説明すると外国の学者は黙ってしまうらしいですよ。確かに、大政治家、大学者というのは少ない気がしますが、庶民の力は相当なレベルの日本だったでしょうか。

天皇が代わって災害が起こらなくなるわけではないけれど、徳のある天皇の御世が始まる、みんなでいい時代にしたいものです。
  • posted by 梅花藻 
  • URL 
  • 2019.04/04 16:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

新たな令和 

2019年(平成)4月1日午前11時40分、新しい元号「令和」が発表され、歓喜の渦に包まれました。天皇退位で元号が決まるのは「一世一元」を取り入れ(1868年)、「元号法」(1979年)施行されて初めてとなります。ここに触れている通り、万葉集「梅花の歌32首」の序文、更に遡ると後漢の科学者・張衡(ちょう・こん)の漢詩「帰田賦」に由来します。

「初春の令月」、「和らぎ」から良き御代になるよう名付けたのでしょう。徳仁新天皇陛下(呼んでも良いでしょう)の誕生月にも合います。

それに伴い政権を牛耳った安陪首相ら一同は退陣(信子妃の兄上も含めて)、上皇「上皇后」、「皇嗣」御一家は勇退していただきます。

これからは新天皇・新皇后・敬宮皇女を中心に皇室変革、再生、向上、皇室典範改正、世の中を再建していただきます。
  • posted by 文車 
  • URL 
  • 2019.04/04 19:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

令和 

ヘカテーさま
「令和」を最初聞いた時はピンと来なかったのですが、本当に柔らかな優しい響きが皇太子殿下とピッタリあってますね。

最近は「愛子さまを天皇に」の声も日々大きくなり、ヤフコメなどでは東宮アンチ御一行さまが暴れまくっております。
「サボりの母親に似て学校にもまともに行かない愛子が天皇になんかなれるはずがない!」と相変わらず叩きまくっております。

運動会と学園祭の後に代休を挟んで数日休まれたのを「また不登校が再燃か?」と叩き、正月の行事明けに体調を崩されたのも欠席とも書かれてないのに「愛子はまたサボり!」と叩いた。

大体愛子さまは悠仁さまとは違い、中学から生徒会執行部に在籍。
運動会や文化祭は運営側。
お勉強もしつつ昨年は2年生だったから多分執行部の中心。
無事終わったらお疲れも出ようと言うもの。

悠仁さまは罰則付き報道規制が敷かれてるから、休んだのどうのと報道されないからってだけで絶対休んでるでしょ(1日も欠席は無いって報道はしてたけど、子供がそれって返って不自然)

大体マスコミは登下校まで当番制で張り付き行事にまで入り込んで隠し撮りまでして、わずか幼稚園児の頃から苦しめて傷つけて「学校休んだくせに!」も無いもんだと思います。
誰のせいでまともに学校行けない状況になってんだ?と怒りに震えます。
皇太子殿下と雅子さまと同じ親の立場として幼い愛子さまをあんな目に合わせて連中は本当に許せない。

悠仁さまについては将来の天皇なら愛子さま以上に成長詳らかにしなさいよ!って感じです。
美智子皇后が皇室会議に残るようですし不安もありますが、令和が時期天皇皇后両陛下と愛子さまにとって幸せな御世になりますように。。。と心から願ってやみません。

ヘカテーさまもお体ご自愛くださいますよう。。。
  • posted by 凛 
  • URL 
  • 2019.04/04 21:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

きっとミテコ様の頭の中では
「令和は何だかなじめませんね」
「このまま平成の方がよかったです」
という声を期待したのでしょうが、街頭インタビューでは新元号で何もかも変わる感じとか突き抜ける感じがするとポジティブに捉える声ばかりだったのでさぞかし悔しがっているでしょうね・
  • posted by 匿名希望 
  • URL 
  • 2019.04/06 16:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

ある俳優さんの微笑ましい出来事 

私のわりと好きな俳優さんの、なんとも微笑ましいエピソードがありました。

その俳優さんは、新年号が発表された後のある日、服を買いに行き、領収書を貰いました。
その日の日付に、お店の人は
『令和元年〇月〇日』
と、間違えて書いてしまったそうです。
後からきちんと書き直したそうですが、その店員さんの中では、きっともう新しい年号にアップデートされているのでしょうね。

穏やかで明るいエピソードに思えました。
  • posted by のりだー 
  • URL 
  • 2019.04/06 19:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

万葉集より。 

万葉集に、私の大好きな歌があります。

「ちちははが 頭かきなで 幸(さ)くあれと
  かけしけとばぜ(言葉ぞ 関東訛) 忘れかねつる」

お国なまりのある、温かな歌です。

令和のもとが万葉集と聞いて、この歌を思い出し、
敬宮愛子内親王を必死に守り育てる皇太子ご夫妻が
脳裏に浮かびました。
万葉集でよかった。
  • posted by 射手座 
  • URL 
  • 2019.04/07 19:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
東宮応援派のハマコー改め新天皇応援派のハマコー
新天皇皇后両陛下並びに敬宮殿下を愛する鎌倉市民だにゃー
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

コメントする際には絶対にメールアドレスを記入しないで下さい!!

最新記事