FC2ブログ

列外派星くず日記

―令和の天皇ご一家を愛する者たちが集うブログ―

Entries

ヘカテーからの私事のご報告

その1 
ヘカテー父手術が成功し、無事退院しました。もう復職してます。
皆様ご心配おかけしました。また温かいおことばありがとうございました。

その2
嫌な予感がしてましたが・・・
やっぱり11月10日仕事が入ってたのでパレード見に行けません!!
もしパレードを見に行く予定がある方は後日ヘカテーに
「現場はこんなんやったで」と教えて下さいませ
スポンサーサイト



Comment

お父上さま無事退院おめでとうございます。 

ヘカテーさま
お父上さま無事退院おめでとうございます。
既に仕事復帰されたようで本当によかったですね。
先ずは一安心です。
10月22日「即位礼正殿の儀」の日にお祝いの記帳やら、お父上さまの入院、ご自分のお仕事と慌ただしい日々を過ごされていて、お疲れも溜まっていた事でしょう。

9月9日、台風15号に始まり10月は19号、21号と特に千葉県、長野県、福島県への被害は大変なものがありました。
日照不足の心配と農作物の被害、家に住める状態ではない方々も多く、被災された皆様は如何お過ごしかと気になりながら、連休には各地からボランティアの人たちが後片付けに駆けつけて、お年を召された方が有難いと涙ぐむ姿にこちらも、ついもらい泣きしてしまいました。

世の中は助け合いの精神、昔は「向こう三軒両隣」という言葉がありましたが、現在のようにスマホや、ネットもない時代は主婦たちの「井戸端会議」が情報を持ち寄り、良くも悪くも何かあれば皆が助け合った古き良き時代でもありました。

その代わり個人情報もある意味筒抜けで、それでも笑い合って大勢の子供たちを育てる為に、一所懸命人々はたくましく生きていました。

ボランティア活動している方を見ていて、私の親世代の精神力の強さに改めて思いを馳せ、支え合う精神こそが大切であると実感します。

今上陛下は即位礼正殿の儀で高御座からお言葉を述べられましたが「国民に寄り添いながら…」とそのお気持ちこそが国民統合の象徴としての務めなのではないでしょうか?

陛下の笑顔は何よりもお優しい、眼差しが穏やかで人を安心させるお力をお持ちですね!
雅子皇后陛下の作らない自然体な笑顔に人々は癒されます。
令和の時代は老い先短い命上皇、上皇后はさて置き、問題は秋篠宮夫婦なのです。

産経新聞の記者にそれとなく、自分も祝ってもらいたい旨を話されたようですが、短くとも天皇に就いて悠仁くんに譲りたい気持ちの表れか?と解釈されかねないとの記事を読んで驚愕しました。

即位礼正殿の儀で世界の王族、首脳陣クラス185カ国以上の方々がお祝いに参列された光景を目の当たりにして、儀式の最中に心が揺れ動いていたのでしょうか。
自分も天皇の立場に立って見たい、世界からお祝いを受けたいと。
この文を読んでいるうちに、世界の誰が秋篠宮を相手にするでしょうか?
見るからにおバカ丸出し、肌色悪く情けない風貌、気持ちの悪い表情、生きているのか死んでいるのか心棒がなくて、つっかえ棒取ったらよろけ出しそうな異様な姿は、参列した皆様は人格者であ天皇の弟とは思えない不思議な感覚に襲われたのではと思いました。

ダンマパダ「法句経」一日一話の中から
★「勝つ人は一人もいない」勝利者が勝ち取るものは敵意である。
★敗れた人は苦しんで萎縮する。
★心穏やかな人は勝敗を捨てて安らかに過ごす。
(この部分は今上陛下、雅子皇后陛下に当てはまります。何事も心穏やかに)

私の好きな一節なのですが、敵意剥き出しの人はとことん相手を攻撃して来ます。
「勝つ人は一人もいない」勝利者ではないですが敵意剥き出しは、秋篠宮夫婦と重なり、欲望が欲望を生み際限がなく人間として最低の行為です。
人を貶めるためには何でもする、恐ろしい事にそれが皇室の中で実際に行われているということです。

次はどんな一手を振りかざすのか、身の程知らずの無能なさ故の怖さはそこにあります。
今回の読売新聞社主催第69回小、中作文コンクール1901点の中の悠仁くん必筆されたとする作文は佳作と発表されていますが、秋篠信者以外国民の誰一人大人の誰かが書いたものと認知しています。

ブータン私的旅行で記者の質問に既に質問される内容は分かっている筈ですから、答えも復習したのでしょう、それでも日本とブータンの違いを質問されとる「草や木とか同じ、あとは分かんない」中学生がこの返答にはびっくりしました。
今の子供は成長が早いのでまるで幼稚園児か、2〜3歳ぐらいの答えです。
昆虫大好き少年とのことですが、「トンボと私」のタイトルのように昆虫好きなら昆虫に関わる答えも出てきそうなもの。

この子が書いた作文が1901点中の佳作を取ったとは考えにくいですね!
紀子弟、舟さんが書き上げたのですかね!
それと呆れたのは、一応皇族なのですからそのようなところへ応募すべきではありません。

紀子はやはり皇族には成り切れないのと、人生の大半が「大嘘」で固めた虚飾まみれの卑しさがまたしても露呈してしまった。
どんなに足掻いても、雅子皇后陛下、愛子さまには太刀打ちできないことへの相当な焦りなのでしょう。
しかし、国民を舐め過ぎています。
紀子がもがけばもがくほど、ただただ哀れさだけが伝わってきます。

ヘカテーさま
このコーナーでこのようなコメントするべき内容ではないことをお許し下さいませ。
ついでのことでコメントを重ねてしまいました。詫び申し上げます
  • posted by つばきちゃん 
  • URL 
  • 2019.11/06 01:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

良かったです 

ヘカテー様、お父様が退院されたそうで本当に良かったですね。これからもどうかお元気でお過ごしなさいますように。
さてパレードの件仕事で行けないそうで残念です。
実は私、先週の火曜日にパレードの下見にコースを
全部歩いて見ました。
二重橋から赤坂御用地にむかって歩いたのですが、
途中国会議事堂のところを左折してしまって迷いながら2時間以上かけてやっと青山一丁目に辿りつきました。(地図の読めない女なんです)
東京に45年以上住んでいて初めて赤坂御用地の場所を知ったのですが、本当に広くて森のようでした。
歩いている途中で私と同じように二重橋から歩いて
パレードの下見に来たと警官に話している初老の男性の前を通り過ぎ、私も同じですと心の中で叫んでいました。
当日は青山一丁目あたりはかなり混みそうですが
最後の地点でお迎えしたいなと思っています。
上手く見れなくても雰囲気だけはお伝えしたいと思います。
  • posted by 風花 
  • URL 
  • 2019.11/06 03:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

御父様のご快復お喜び申し上げます。これからも寒くなって参りますが、どうかご自愛なさってください。
  • posted by べるる 
  • URL 
  • 2019.11/06 11:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

お父様のご回復、おめでとうございます 

ヘカテー様
お父様の手術がご成功とのこと、おめでとうございます。
病気というものは、回復するまでに時間も気力もかかりますし、手術跡が後々まで残ることもございますが、なにはともあれ、一安心ですね。
また、ご看病にお仕事にヘカテー様ご自身の体調不良にと、色々難しい中での更新、ありがとうございます。
一つ一つ、着実に資料を集め考察されるヘカテー様のこと、一つ一つ、着実に解決されていかれると思います。
どうぞ、ご自愛くださいませ。
  • posted by 野うさぎ 
  • URL 
  • 2019.11/06 11:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

おめでとうございます 

ご無事に手術が成功したとのことで安心しました。
寒い季節となりますが、引き続きお大事に。
  • posted by 望ちゃん 
  • URL 
  • 2019.11/06 19:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

お疲れさまです。 

ご無事に退院されましておめでとうございます。

ヘカテー様も、お仕事、お父様の病院通い、さらにブログの更新など、お疲れさまでした。

お身体大事になさってくださいね。
  • posted by CHI-BA 
  • URL 
  • 2019.11/06 21:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

ほっと致しました。 

心配しておりました。
ほっと致しました。
お父様、ヘカテー様、寒くなります。くれぐれもご自愛くださいませ。
いつもこのブログに助けられております。
  • posted by ド田舎の婆 
  • URL 
  • 2019.11/07 09:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

すごい列です 

パレード参列にきましたが、とにかくすごい人人人❤️
  • posted by チビ猫 
  • URL 
  • 2019.11/10 13:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

皇后様もティアラ👸もピッカピッカ 

行ってきました。感激です。
報道されているよりもはるかに多い方々が来ていたと思います。
荷物チェックを通過した人数が公式の人数になっている気がします。
お昼頃から並んでいましたが、赤坂見附から青山まですごい人人人❤️、各ブースの上限になると次のブースに誘導されます。皆さん穏やかに並んでいました。でも、次第に
「自分は、パレード通過までに間に合うか」と不安を感じてきました。それほど人が多かったのです。
前から3列めでしたが、車列は赤坂御用地側の道路の中央を通過されたので植え込み越しに皇后さまの斜め後ろ姿を拝見できました。わずかですが、それはそれは、キラキラオーラで眩しかったです。
そして、一同帰りかけましたが、後で調べると、そのすぐ後に秋篠宮さんが通過したようですが、前列の人ですら気がつかなかったようでした。
  • posted by チビ猫 
  • URL 
  • 2019.11/11 10:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

私も行けなかったけれど 

私も親類へお見舞いに行く父の付き添いで、お祝いに行けませんでした。
ただ、そのため東京駅を通ったので、11月の日曜日の割に混雑していて、今日はただの日曜日ではないのだと感じました。

10日に延期になった時、大学時代の友人と「行こう」と約束していたので、友人は一人でも決行してくれました。
両陛下を拝見したいというより(見えないんじゃないかと思っていたので)、取材に引っかかってやろうと思っていたのです。
普段からその確率の高い友人は、この日も一社から聞かれたそうです。
友人は「いじめに耐えてよくお元気になってくださった」と、ニコニコと大きな声で答えたそうです。
それを聞いた周囲の方から拍手が来たり、「マスコミがいじめの中心だもの」と言う方もいたそうです。
記者はそそくさと去り、「(どうせ使われない、でも)スッとしましたねー」と皆さんで笑い合ったそうです。

友人も私もツイッターをやっていないので、こちらで紹介させていただきました。
  • posted by 黒豆 
  • URL 
  • 2019.11/12 12:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
東宮応援派のハマコー改め新天皇応援派のハマコー
新天皇皇后両陛下並びに敬宮殿下を愛する鎌倉市民だにゃー
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

コメントする際には絶対にメールアドレスを記入しないで下さい!!

最新記事