FC2ブログ

列外派星くず日記

―令和の天皇ご一家を愛する者たちが集うブログ―

Entries

三島曰く「海外の王室と縁があったら日本の貴族制度は残っていたかもしれない」

何やかんや言って『Ray of water』をほぼ毎日聞いてるヘカテーです。

前天皇の御学友だった藤島泰輔の『上流夫人』を読んでたら68ページから69ページに面白い事が書いてあった。

日本の上流社会は国際性がない。
欧州の王室は国際結婚が多くてヨーロッパ中の王室はほとんど親戚関係にある。
オーストリアのハプスブルク家がその中心。

藤島泰輔の師匠的な存在である三島は藤島泰輔にこのように言った。

「日本の貴族制度が、かくも早く崩壊したというのは、鎖国が長すぎたということに関係がある。もし、二、三百年前から鎖国がなければ、国際的交流が多くて、あるいは日本の皇室とオーストリアの皇室と縁組があったかもしれない。そうしたら、貴族の国際性というのができて、イギリスの貴族のようにブルジョア化して残ったかもしれない」

明仁皇太子は昭和28年にエリザベス女王の戴冠式に出席した際に席次が下から数えた方が早くて、しかもエリザベス女王との接見も無かったことにムカついたと藤島ら学友に話した。
(ジョージ6世の戴冠式に出席された秩父宮ご夫妻の時の席次はトップでした)

その際に学友の一人が「殿下もヨーロッパの王室と縁続きならそんなひどい目に遭わなくてすむのに」と言い出した。
で明仁皇太子も含めて「それだったらどこがいいかな?」と話した結果「やっぱハプスブルク家だよね~」となった。
明仁皇太子がエリザベス女王戴冠式で見たハプスブルク家の女性に関する感想は
「あの人たちアゴが張ってるから嫌~。俺アゴが張ってる女なんて嫌ーい」

まあ近親結婚繰り返しまくった結果ハプスブルク家ってアゴがすごく張ってるんですよ。
肖像画を見ると一目瞭然
(今はそうじゃありません)

さてさてヘカテーはこの動画を見てびっくりしたぜ


1995年のギリシャ王室のパウロス元王太子の結婚式のニュース映像です。

何で驚いたのかと言いますとエリザベス女王がいらっしゃるから

英国王室のトップであるエリザベス女王は他国の冠婚葬祭には出席しません。
(世界の王室の中で一番権威がある英国王室の国王は下の立場である他国の王室の冠婚葬祭にわざわざ行かないと考えているから)

ギリシャ王室はエディンバラ公の実家です。
(ギリシャの王子様だった)

なのでギリシャ国王の子息の洗礼の際には代父母をエリザベス女王とエディンバラ公がされている。
(ほかの国では代父母をしていません)

ギリシャ王室というのはなかなか凄くて

スペイン王室のソフィア前王妃はスペイン国王の娘
(大学時代のフェリペ国王はパウロス王太子と従兄弟同士なので寮で同じ部屋だった)

コンスタンティノス2世の妃であるアンナ=マリア王妃はデンマーク王室出身でお姉さまはマルグレーテ女王

アンナ=マリア王妃の母はスウェーデン国王の娘

ちなみにギリシャ王室自体デンマークの王子が初代なのです。

もっと調べるとドイツ皇室、ロシア皇室、ルーマニア王室とも血縁関係があります。

ただコンスタンティノス2世の子どもの世代になると王族や爵位のある貴族との結婚はされてませんね。

パウロス王太子が選んだ相手はアメリカの億万長者の娘で、持参金として300億円近くのお金を持って嫁ぎました。
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

現在の英王室はドイツ人ですよ。国籍は英国ですけど。
ヨーロッパは「統一ヨーロッパ王族」というべきものがありイギリス王室もその一員です。各国の王室が婚姻で結びついたのはごくごく初期のころで、この時点では「国際結婚」ではなく「各国で王族をやる一族中での婚姻」になって数百年以上経っています。エリザベス女王夫妻の結婚がまさにそれです。
実は簡単な話で、居住地や民族や宗教ではなく「階層」「階級」で動いているのです。外国人が王様でも普通なのです。
ヨーロッパ、とくに英社会が階級社会といわれる所以です。

ただ、「特権階級同士が結婚すれば戦争は防げる」と言われていたにも関わわらず、二度の世界大戦を防止できず未曽有の死者を出しました。そのため、ヨーロッパの王族は今に至るまで各国の社会から正直「お荷物」で「役に立たない存在」とみられています。(もちろん日本のワイドショーではそんなことをあからさまには言えませんが)
その信頼回復(というか自分たちの階層維持)のために戦後、部分的に一般人と結婚したり、質素さをアピールしています。

ダイアナさん離婚の遠因は、地元勢力(ダイアナさん)と統一ヨーロッパ代表の王室との確執とも言われています。(日本でこの話が紹介されたことはありませんが、英文の記事には時々載っています)

藤島さん三島さんはつい数年前まで英国と日本が戦い、ついこの間まで占領されていたことは重々承知のはずなのに、このような話が出ること自体非常に妙に思います。
特権階級然で浮世離れした二人ではありますが、それにしても何か不自然に思います。

長文失礼しました。
  • posted by 歴史学的には因果関係が違う 
  • URL 
  • 2020.01/12 08:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

繋がってますよ。 

イギリスのヴィクトリア女王の子女はヨーロッパ各国の王家・その支族と婚姻してますよ。

★長女ヴィクトリア ドイツ皇帝の妃
★長男アルバート のちのエドワード7世
★次女アリス ヘッセン大公妃 血友病キャリア 四女がロシア王室に嫁ぎ、血友病をもたらします
★次男アルフレッド ザクセン=コーブルグ=ゴータ公、エジンバラ公爵
★三女ヘレナ デンマーク王室の支族ホルシュタイン公妃
★四女ルイーズ アーガイル公爵夫人
★三男アーサー コーノート公爵
★四男レオポルド オールバニ公爵 血友病発病
★五女ベアトリクス バッテンベルク公妃 血友病キャリア
長女も血友病キャリア、スペイン王室に嫁ぎ血友病をもたらす

当時皇太子だった今上と雅子皇后が出席したトンガ王国戴冠式。ヨーロッパ代表はハプスブルク家の三大公でしたね。
  • posted by 射手座 
  • URL 
  • 2020.01/12 14:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

アナスタシア 

昔、ロマノフ王家の生き残りのアナスタシアだと言い張る女性がいて、
その真偽が問題になっていました。
ロマノフ王家の人々らしき遺体が見つかり、その時にエジンバラ公やロマノフの血を引く人々のDNAが調べられて、御遺体はロマノフ王家の皆様のものと分かりました。アナスタシアを騙っていたのはポーランド系アメリカ人女性だったとか。他にもロマノフ王家の者だと言う人達がいましたが詐欺師でした。
エジンバラ公はギリシャ王家のご出身で、ロマノフ王家の血やらデンマーク王家スウェーデン王家等の一族のご出身のようです。ヨーロッパの王家の絆は強いようです。
DNA鑑定をあっさりさせる所が日本とまるで違いますね。

秋篠宮さんのDNA鑑定をよろしくお願いします。
  • posted by ド田舎の婆 
  • URL 
  • 2020.01/13 23:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
東宮応援派のハマコー改め新天皇応援派のハマコー
新天皇皇后両陛下並びに敬宮殿下を愛する鎌倉市民だにゃー
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp

コメントする際には絶対にメールアドレスを記入しないで下さい!!

最新記事