fc2ブログ

列外派星くず日記

―令和の天皇ご一家を愛する者たちが集う皇室ブログ―

Entries

3日と置かず東宮御所に行ってた正田冨美

ヘーセーの間ずっとマスコミやクソホシュやネット右翼どもは

「正田家は皇室に遠慮して娘とほとんど会えなかったし、東宮御所に行くこともほとんどなかった。それに比べて小和田家は!」

と叩いてきた。

このブログでは何度も何度も

「正田家は遠慮なんてしてねえ!!それどころか娘が皇太子妃になっておいしい思いばっかりしてきた!!」

と指摘してきた。

以前手に入れてた雑誌記事を紹介しましょう

『週刊現代 昭和35年3月13日号』に掲載された

「皇孫ご誕生と正田家の一年」


浩宮さま誕生の際の様子
(以下記事引用)
午後三時五十二分。妃殿下はようやく分娩室に移られた。ご出産見届け役の瓜生宮内庁次長をはじめ、鈴木東宮大夫、黒木東宮侍従、牧野女官長、お母さんの正田冨美さんらが固唾をのむ。
(引用終わり)

はい、皇后陛下が敬宮さまをご出産された時に
「両陛下よりも先に病室に行くとは!!」
と批判した奴らは謝罪すべきですな


よみうり報知写真館には宮内庁病院に入る正田冨美の写真があるから見てね。

それ以外にも
(引用始め)
冨美さんが特に心を痛めたのは、美智子妃のつわりがひどかった昨年の夏から秋にかけてである。美智子妃が東宮御所に滞在していた故もあるが、冨美さんも例年軽井沢に避暑に行くのをとり止めて、三日にあけず御所に通ったという。皇太子が日光などへ一人で旅行された時などは「淋しいようだから、遊びに来てくれるように」とご自身で正田家に電話をかけて来たこともあるという。
(引用終わり)

昭和の皇太子時代これだけやりたい放題してたのに、ヘーセーになったら嫁である雅子皇太子妃殿下と御実家をマスコミに批判させたのだ。

まさにダブスタ

「正田英三郎さんはクラブやバーといった所へもご成婚後は行けなくなった」

と言う輩もいたが

正田英三郎の兄である大阪大学学長の正田建次郎は上京すると気軽にバーに行ってたし、正田一族で学術的な本を出した人は友人にまるめこまれて「ミッチー」というバーに行って、その後バーのママはお客に「うちの店に正田さんの御親戚がよく見えます」と言いふらした。

『週刊現代』は“バー”と書いてますが、これ現在のホステスがいる“クラブ”のことです。

元々正田英三郎という人はあんまりクラブに行かないタイプだったから行かなかっただけです。
(カミさんの正田冨美っておっかない人だったし)

ちなみにこの記事では正田家の遠縁の経済評論家三鬼陽之助がこのように語ってます。
(引用始め)
「正田家も、もっと日常の生活を固くならずに、やわらかくすべきでしょうね。せっかく皇室に平民の息吹をふきこんだわけですから。お父さんの正田氏ももっと図々しく、こんな日にはバーにでもいって女の子たちからお祝いを言ってもらってもいいですよ。大体粉というものは柔らかいものですからね。周囲の人も宮内庁も、あまりつつかぬようにしてほしいですね
(引用終わり)

どんだけ甘やかされてんのー!!!

IKKOさんの様に「どんだけ~」と叫びたいわ

小和田家の親戚がこんなことを言ったらどれほど叩かれたか!!

さらにすごい人がいる

正田冨美の親友でお見合いの会の「竹山パーティー」を主催している竹山謙三郎の妻千代子
(引用始め)
「皇室には二千年の歴史を背景とする慣習が色々とある事でしょうが、時代の流れからも、妃殿下がお育ちになった正田家の英国式教育、あるいは妃殿下がもうすでに計画されている教育方式を是非とも実現させてあげたいと、かげななら思っております。それが結果的には、新しい日本の新しい皇室のためになることではないでしょうか」
(引用終わり)

どんだけ~

小和田優美子さんの友人がこんなことを言ったらどれだけ叩かれるか!!!

昭和天皇は長男夫婦がどういう性格なのかをよくよくご存知だったので、浜尾侍従を皇孫の養育係にしました。

そして「天皇の名代」という形で外国訪問を多くさせ、日本国内の公務も多くさせた。

浩宮さまを長男夫婦と少しでも離す為である。

そしてご自分も積極的に浩宮さまの教育に関わりました。

昭和の皇太子夫妻が自分の手で育てたのが秋篠さんと現地方公務員夫人

「日本の皇室の為になる」と正田家の取り巻きが語った昭和の皇太子夫妻の育児が、見るも無残なまでに皇室というものを破壊した。

ヘカテーが今のホシュどもが大嫌いな理由の一つはこれだ

ヘーセー育ちで昭和の記憶なんて無いヘカテーが昔の雑誌や書籍を読み漁って事実を見極めようとしているが、

昭和をよくよく知っている奴らがそれを無視して平成の皇太子ご一家をバッシングしてきた。

私は全ての悪事を記録する女神ヘカテーの名を借りてこのブログを書いている。

お前らの悪事はよーく覚えておくからな!!

*コメントされる際には絶対にメールアドレスをコメント欄に入れないで下さい!!全員に閲覧できるようになりますので絶対に入れないで下さい!!*
スポンサーサイト



Comment

二代続いて平民からの皇后誕生に資質の違いが見える 

昭和の皇太子、正田美智子のご成婚時パレードをテレビを通してその生中継を見ていた一人ですが、この辺の記憶は定かではないのですが、二重橋を渡る前、後でしたか正田家一家が一列に並んでお見送りされていて、母親の正田富美さんの暗いお顔が特に印象に残っています。

ご成婚前から正田家には朝日新聞の佐伯晋という記者が出入りしていて、正田家の様子、その記者に宛てた正田美智子が皇室に嫁ぐ前の心境を綴った手紙などが公開されていました。
佐伯晋記者のことはよく覚えています。
マスコミによる印象操作はここから始まっていました。

正田美智子については、日清製粉のご令嬢、聖心女子大学を優秀な成績で卒業、卒業式は総代を務めた美しき才女である(才女でも無く、総代は生徒会長だったから、後に知ることになる)という国民には触れ込みで、その後皇太子妃になり平民から初の皇太子妃ということで日本国中「ミッチーブーム」でお若い方は美智子妃の服装を似たような物を着用したり、頭はカチュウシヤをして同じような格好して、銀座を闊歩していましたよ!
老舗デパートにはカチュウシヤが店頭に並び、多くの女性が品定めをする姿をよく見かけました。
当時、私は銀座にとある証券会社に勤めていましたので、その姿は滑稽と言ったら皆さんに失礼かも知れませんが、窓越しに見えるその姿は皆さんが同じような格好でしたから異様に写っていたのです。

戦後、12〜14年頃(昭和32~34年)、復興にはまだまだ時間を要したのですが、平和な時代の到来でその時代の若い人たちは戦前、戦争という子供時代を物の無い時代を過ごして来られたいましたから、何か羽を広げたようなご成婚はおめでたい一色でしたね!

その当時、私も正田家に纏わる出自やミテコのその後は知る由もなく、素直におめでたさを喜んでいたのです。
かといって美智子ファンでもなくミッチーブームに乗ったこともなく、皇室は昭和天皇、香淳皇后を見て育ってきましたから、雲の上の存在であり続けていたのです。

今、あの当時を振り返ると情報源は新聞、週刊誌、家庭誌で、皇室の記事を目にすることはあまり無く、昭和天皇の崩御、世は平成時代になり礼宮、紀子の結婚、あまり興味もなく時を過ごしていたところ、徳仁皇太子のお妃候補として小和田雅子さんがマスコミに追いかけられる姿を映像を通して観ているうちに、皇太子妃にはこの方しかいない、是非ともこの方がなって欲しいとの願望が強くなり、雅子さんに惹きつけられていく自分がありました。

正直、後に分かったことなのですが、正田家のように全面に表に出る事のない小和田家は、家柄が凄いことも何故伏せられていたのか、正田家の家柄はどうやらでっち上げて良家である事の触れ込みでしたので、やはり出自の良い方は本当の意味でひけらかす事のない謙虚さをお持ちなのだと、同じ二代続いて平民からの皇后誕生は前天皇と今上陛下の人間性、資質の違いがお妃選びにも如実に表れていますね!

ヘカテーさまが仰っていますように、私も同様なことを考えていることが、何度かありました。
これが正田家でなく小和田家が言ったなら、行動したなら何を言われるかわからないな!ということを。

正田家、小和田家の歴史は紛れもない事実、隠しようがありません。
過去において、歴史の中に存在しない人をルーツとした正田家、歴然として史実に残る小和田家では正田家はどう足掻いても史実を消せる物ではないのです。

ミッチーブームに沸いた時代は確かに存在した、しかし資質に伴わない人を皇室に入れたことへの罪は拭えません。
皇室を混乱の渦に巻き込んだのは前天皇、前皇后にありますから。
悲しいかなお二人はその自覚さえ持っていないでしょうね?
  • posted by つばきちゃん 
  • URL 
  • 2020.03/10 18:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

ミテコ上皇はパフォーマ―‼️ 

当時の平成天皇両陛下はいつも笑顔で国民に寄り添ってますよ~皆の幸せを祈ってますよ~という顔も今となればドコ吹く風か⁉️全て偽りのパフォーマンスだったのねぇ~フリだけ上手い特に上皇ミテコ‼️服装もサングラスも昭和の皇后から見れば注意したい事がヤマほどあったのだろう‼️だから外国に行く時、頭を下げるミテコにだけ顔を背け無視をして素通りしタラップに歩き出した‼️無視される原因がミテコ側にあったのだ‼️何も知らない世間は「あら~美智子さん皇后に頭を下げているのに無視されて可哀想‼️」と人々は見ていたし姑にイビられて同情するわあの週刊誌の記事でミテコは悲劇のヒロインになってしまった‼️ヘ―セ―になり皇后になりアテクシの天下と言わんばかりに辣腕振るいご立派な豪邸を立てた‼️目障りな木立をバッサリと切り倒して‼️気持ち良かったでしょうねぇ‼️顔の人相も年々悪くなり変貌し今は以前の面影も消え‼️夜叉‼️般若‼️鬼‼️等の罵詈雑言‼️ホントに見れば見るほど世にも恐怖な顔だ‼️
まだ上皇の方が穏やかで仏様のような柔和な顔だちだ‼️
内面の違いが顔に如実に出るもんなんだなあと、つくづく上皇夫妻の顔を見ては考えさせられる‼️まさしく人間の顔とは心の索引だ‼️という有名な格言が有るくらいだから‼️ゴサイカ無効にしてください‼️国民に真実寄り添っている姿勢が見たいです‼️
  • posted by コムロコロナ‼️ 
  • URL 
  • 2020.03/11 01:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

美智子と紀子に買われたヤツの記事か?
  • posted by 匿名希望 
  • URL 
  • 2020.03/11 09:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

もう こんな話は止めなさい 

このところ(上皇となってから)
個の類いの記事が出てます
もう 止めてください
誰も喜んでないてすよ
正田家と小和田家の対比とか…
信用してしまう人がいるんで困るんです
信憑性もないのに
  • posted by 野田 光江 
  • URL 
  • 2020.03/11 12:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

何が困るの? 

>このところ(上皇となってから)
>個の類いの記事が出てます

どの類?記事?
嘘で正田家と小和田家を対比していたのは平成の30年ですよ。
そしていまだに「正田家は身を慎んでいた」とか書いていますよ。
矢部万紀子とか渡辺みどりとか。
それは嘘だよって言われて誰が困るの?何が困るの?
証拠写真まであるのに「信憑性がない」とか言う人は現実を見たくないだけなんじゃ。
  • posted by まる 
  • URL 
  • 2020.03/12 07:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

敢えて物申します 

野田光江さんへ
私はこうした反論コメントするのは嫌いなたちですが、貴女にお薦めしたいヘカテーさまの過去記事をお読みになる事を心よりお勧めします。

多分週刊誌、女性誌、ネット記事等に惑わされたまま今日に来ていると思いますが、昭和前半に生まれた私でさえ、元東宮家に対する謂れのない酷いバッシングの嵐には異様でおかしいと感じていた一人です。

何故ヘカテーさまの過去記事をお薦めする理由ですが、仕事を持ちながら休日にはゆかりのある地へ徹底した取材、国立図書館、公文書館、県立、私立図書館、資料館等を利用されて過去記事を調査に基づいて調べ上げたものをブログに挙げているのです。

自称皇室ウォッチャーなる人、自称ジャーナリスト、元東宮家を卑劣にも批判して活字印刷し出版した数人の自称評論家なる方々よりも、遥かに勉強されこの方々以上に事実に基づいた情報は豊富なのです。
時々、他の皇室ブログを目にすることはありますが、ヘカテーさまの情報より乏しいです。
キツいことを言うようですが、世間の情報に惑わされる事なくご自分で真実とは何かを調べて見て下さい。
  • posted by つばきちゃん 
  • URL 
  • 2020.03/13 14:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

ミテコさんはもうよろしい 

世間は武漢肺炎で戦々恐々というのに、ミテコさんはお忍びでチョコチョコお出掛けのようですね。お忍びといっても、交通規制したり、警護がゾロゾロいたり、宮内庁の公式記録に無いだけで、仰々しい事この上無い。明仁上皇の健康が心配だから、引っ越しは嫌だ嫌だと言いながら、自ら武漢肺炎ウイルスを皇居に引き込む行動ですね。既に老人特有の徘徊状態と見るべき。早く高輪の血税高級老人ホームに引っ越して、日がな一日、大昔の誤成婚パレード映像でも見て、やがて来るお迎えの日を待つのがよろしい。
  • posted by 同い年 
  • URL 
  • 2020.03/13 22:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

明らかな嘘 

私が一番記憶に残っているのは、昭和の皇太子一家が日清製粉の研究所を訪れた時の様子。テレビカメラの前で一家全員で白衣を着て視察され、その時美智子さんのお父さんがご一緒におられました。当時私は小学生だったので何とも思わなかったですけど、今考えたらあれ、一私企業が皇室を利用したと考える人がいてもおかしくないですよね。どんな名目で訪問したのかは知りませんが、実家企業の宣伝になった事は間違いないですし、ライバル企業は良くは思わなかったでしょう。

令和の皇后陛下のお父様は事務次官から駐米大使にならなかった事が全てだと思います。ポストとしては格下の国連大使だった。当時日本は常任理事国入りを画策していた事もあって重要なポストだったとはいえ、結果としてご自分の出世は犠牲になった。

皇室に嫁いだ娘とご実家の家族が何回会おうが、そんな事は我々国民には大した問題ではない。問題なのは、結婚によって実家を利する事があってはならないという事。
正田家は皇室と疎遠であった、という明らかな嘘は、平成生まれの若い方が言えばネットの嘘に毒されたのかとまだ見過ごせなくもないが、昭和を知る人が言えば、それには明らかに何らかの意図が隠されているのだと思う。
  • posted by ワトソン 
  • URL 
  • 2020.03/15 00:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

困るのは前皇后だよね。
どんなに意地悪したか、世間に広がればいい。
  • posted by 北門 
  • URL 
  • 2020.03/15 08:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

渡辺みどり? 

検索したら、おそろしい程の婆様。皿婆と同年代?

親疎の程は判らねど、何が・・、どんな動機で皿婆を
、此処まで何時までもアゲアゲ^_^するのだろう。

大方は虚栄心の為せる業・・。まさかでは在るが、
【性欲は灰に成るまで・・】 の派生形 ?

之は、本家皿婆についても同様。あの歳のあの
御面体でも、人前に出て目立ちたがる・・。目立っ
て如何なりたいのか見当も着かない(^_^;)

原始人様 

(※個人の考えで、皇族の方には好き嫌い、支持・不支持に関わらず全て敬称を付けています)
渡邊みどり女史は、美智子さまと同世代ということと、日テレのディレクターとしてご成婚パレード中継にに携わって以来、美智子さまへの取材がライフワーク化している方です。また、皇后雅子さまが皇室に入られてからの数年は、「雅子さまは素晴らしい!」賞賛されていたのです(あくまでも美智子さまと絡めての賞賛でしたけれど…)。皇后さまが体調を崩し始められた頃から急に冷たくなった印象があります。「美智子さまは満身創痍で公務をされているのに…」といった批判が目立つようになってからは、女史の著書も買わなくなりました。
ただ、渡邊女史がプロデューサーだった頃の日テレは定期的に皇室特番を放送してくれていたので、そこは感謝しています。今後、地上波で皇室特番をどんどん放送してくれるTV局が出てこないかなぁと思います。
  • posted by rose 
  • URL 
  • 2020.04/10 19:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

応援してます。 

日清製粉の会社視察。当時の週刊誌に正田ふみこさんと美智子さんのツーショットが載ってました。ばーさんこんな歳になっても娘んとこ来るんだ。全く。出しゃばってくんじゃないよー。社員の方が迷惑でしょ。娘も皇族なんだから、埼玉くんだりまで来なくていい。もっと為になる会社視察すれば良いんじゃない。一家で来るな。と思ってました。私も若かった。
  • posted by ななこ 
  • URL 
  • 2020.06/23 20:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
東宮応援派のハマコー改め新天皇応援派のハマコー
新天皇皇后両陛下並びに敬宮殿下を愛する鎌倉市民だにゃー
写真は悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp
弁えずにジャンジャン発言します

コメントする際には絶対にメールアドレスを記入しないで下さい!!

最新記事

月別アーカイブ