江頭豊氏にまつわる悪質なデマ

アンチが雅子さまのおじいさまの江頭豊氏を侮辱しているので

ここで一つアンチの言うことが如何に事実と異なるかお伝えします。

主張1 写真家のユージン・スミスの娘をレイプさせたのは江頭

ユージン・スミスは水俣病に関わった写真家。
アンチが主張するユージン・スミスの娘は実の娘ではなく

ユージン・スミス(1978年10月15日没)
娘(1999年に14歳、1985年産まれか?)

ユージン・スミスの死後再婚した妻が産んだ娘であって、実の娘ではない

主張2 江頭豊が「腐った魚を食ったから病気になった」と発言した


1959年(昭和34年)7月21日から熊本大学細川教授は猫の食事に酢酸向上排水を一日20グラムをかけて食べさせる実験を始めた。10月7日に猫に水俣病が発病した。

東京工業大学清浦教授と東邦大学戸木田教授は熊大の有機水銀説に猛烈な反論を開始する。

1959年(昭和34年)11月11日に東邦大学戸木田教授は通産省に論文を提出した。その論文の冒頭に

「発病した子供たちは市場にもっていは売れないような腐敗しかかった魚類を食べさせたから発病したと漁夫の中には自ら著者(戸木田教授)に対して証言した患者もあった」

と述べた。

これに基づいてチッソ水俣支社・東平総務部長がスウェーデンのジャーナ リストに「端的にいうなら彼らは海に浮かんだ死んだ魚を食べたんですよ。 …まるで動物ででもあるかのようにね。58年以後の病気の原因が、死んだ 魚を食ったためなのか、水銀のためか解らんのですよ」と答えた。

(水俣病の原因がチッソにあると政府が正式見解を発表したのが1968年(昭和43年)9月)

1964年(昭和39年) 10月、江頭、生え抜きの吉岡喜一に代わり社長に就任(56歳)

そもそも言ったという証拠がない上に、例え発言していても当時は学者が「腐った魚」を食べたという見解を発表している以上問題にはならない

主張3 ユージン・スミスがやくざに殴られ、それが原因で死んだ

ウィキペディアに

江頭が会長だった1972年1月、千葉県のチッソ五井工場に交渉にやってきた患者や新聞記者たち約20名が暴力団員に襲われた。著名なカメラマンであるユージン・スミスはこのときに脊椎を折られ、片目失明の重傷を負っている。その件について、彼が謝罪することは決してなかった。



と書かれています。

真実はこうです。

1971年(昭和46年)7月、江頭豊はチッソ社長を退任し、会長に就任した

1972年(昭和47年)1月7日、千葉県市原市にあるチッソ石油化学五井工場に川本輝夫チッソ水俣病患者連盟の委員長は支援者10人とともに出向いた。
約束の午前11時に行くが、門を開けてくれない。応対した会社役員は「来るのは5人以内だと聞いていたのに話が違う」と鉄柵越しに言い引き上げてしまった。2時間近く待たされたため、守衛室に入れてもらった。まもなく3時という時刻だった。200人近くの従業員が守衛室を現れ取り囲んだ。責任者の号令のもと、あっという間に川本らに襲い掛かり、構内から排除した。

やくざではなく、従業員です。

敷地内に入っていたんで、チッソの従業員と小競り合いになったからだった。


その場にいた写真家のユージン・スミスや同行記者たちも殴る蹴るの暴行を受けた。
同行していた妻のアイリーンによると、ユージンは口の中を切り、体のあちこちにあざができていた。頭を打ったせいで、激しい頭痛と視力低下の後遺症が残った。

じゃあ、ユージン・スミスはそれで亡くなったのかというと、

1977年12月、脳溢血で倒れる。翌年奇跡的に回復し、セミナーを行うまでになったが、1978年10月15日にアメリカ、アリゾナ州のツーソンの食料雑貨店(サークルK、猫のエサを買いに来ていた)で致命的な発作を起こし死去。


病気で亡くなっています。

主張4 昭和天皇は小和田雅子をチッソのことで嫌っていた

昭和天皇がそう言ったというソースなし

さらに昭和天皇は1931(昭和06)、1949(昭和24)に水俣視察生産奨励している
日本窒素肥料株式会社水俣工場にも行っている。

主張5 江頭豊は患者に頭を下げたことがない

株主総会
1970年11月28日
江頭社長に告発の会会員(株を購入したため株主総会に出席)がこのように発言している

おれが家(え)に来た時はなんてゆうたかあ。三回も頭を下げたあ、忘れたんかあーっ!

(『月刊地域闘争』71年1月号)

患者の家で頭を下げている


<参考資料>
後藤孝典著 『沈黙と爆発 ドキュメント「水俣病事件」』 集英社 1995年5月発行
「熊本県民医連の水俣病闘争の歴史」編集委員会編 『水俣病 ともに生きた人びと』  大月書店  1997年9月
池見哲司著 『水俣病闘争の軌跡 黒旗の下に』 緑風出版 1996年9月
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

wikipediaが正しいとは限らない

僭越ながらユージン・スミスについて追加させて頂きます。

>このときに脊椎を折られ、片目失明の重傷を負っている。

ユージン・スミスは第二次大戦に従軍し、そこで日本軍の攻撃を受けました。
その時砲弾の破片を受け背中と左手、かまえていたカメラが吹き飛び彼の顔面を打ちくだきました。

五井工場事件の後、
『ユージンは、少なくともちゃんと立ち上がれたし、その日、そのまま入院するようなことはなかった』(ユージン・スミス 山口由美著)
しかも歩いて帰ってきたユージンをアシスタントは迎えています。
脊椎を折られて歩いて帰れるものでしょうか?

視力ですが、暴行によって、過去に被弾したかけらがずれて視神経を圧迫しました。
後に視力が低下し、ユージンは失明を恐れたが徐々に回復しています。
しかし晩年カメラのピントを合わせることができなかったということです。

余談ですが、五井工場事件には週刊朝日が同行しています。

満点星さま

コメントありがとうございます。

>余談ですが、五井工場事件には週刊朝日が同行しています。

ユージン・スミス氏のことをもっと深く調査します。あー、週刊朝日ですか。川嶋家秋篠宮家とべったりな朝日新聞社ですね。

江頭豊氏について

私が読む限り、反雅子派はユージンスミス氏の死の原因を江頭氏のせいになどしていないようですよ。あなたさまのおっしゃることは何か、多少おおげさなきがします。

スミレンコフさま

コメントありがとうございます

> 私が読む限り、反雅子派はユージンスミス氏の死の原因を江頭氏のせいになどしていないようですよ。あなたさまのおっしゃることは何か、多少おおげさなきがします。

このサイトをご覧ください。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4444/surf18.html

「ユージン・スミス氏が患者とともに五井工場に抗議に訪れた際暴力集団に襲撃されている。
その時の暴行が元でユージン・スミス氏は片目を失明し後遺症が元で6年後に亡くなっている。」

No title

> 江頭が会長だった1972年1月、千葉県のチッソ五井工場に交渉にやってきた患者や新聞記者たち約20名が暴力団員に襲われた。著名なカメラマンであるユージン・スミスはこのときに脊椎を折られ、片目失明の重傷を負っている。その件について、彼が謝罪することは決してなかった。

今はこの部分は下記のように修正されています。

>1972年1月、千葉県五井にあるチッソの工場を訪問した際に、交渉に来た患者や新聞記者たち約20名が会社側の雇った右翼に取り囲まれ、暴行を受ける事件が発生する。スミスもカメラを壊された上、脊椎を折られ片目失明の重傷を負う[2]。

お前昭和天皇に結婚反対された時の記者会見知ってるのか?奨励って水俣病が問題になる前だろ?
腐った魚食べたからって水俣病にはならないだろ。江頭が暴言吐いてる証拠も残ってるの知らないのか?何を根拠に言っているんだ?

どう足掻いたって事実は変えられない。
諦めろ、大和田家の回し者め。在日か?

水俣病はまだ終わってない!
少しは被害者の気持ち推し量れ。
まぁこんな記事書く貴方には困難なことでしょうね。

ほとほと愛想尽きる馬鹿。

東宮アンチ。
昭和天皇が最初にご不例になったのはいつか、知っているのか。
開腹したらもう手遅れ、バイパス手術でその場しのぎをして、それからはもう半病人であられたんだよ。
その時、小和田雅子さんは浩宮さんと、知り合ったか知り合わなかったか。水俣病こじつけは、おまえ達バカが雅子妃を叩き潰してエタキコを担ぎ上げたいから、無理矢理に持ち出している。
水俣の人達は迷惑がり、皇太子ご夫妻に恐縮している。市長のコメントがある。
東宮アンチの馬鹿、昭和天皇の反対を出してきなよ。なんておっしゃったか。
あんたらが馬鹿で無礼だから、秋篠組はますます他の皇族や旧皇族華族から嫌われまくりだよ。それでなくても、ピンクのバケツで墓参の一家だもんね。ハハハ。

No title

2016・4・23神戸新聞コラム正平調に岡大教授が昨年東京地裁で一つの訴訟を起こした。ある食中毒事件について、食品衛生法に基づく健康調査を国などに求めている。当然の対応が取られず、数十人か数百人だったはずの被害者が数万人規模になった。科学者として教授が行政の責任を問うこの事件は、世界的に知られるメチル水銀中毒症『水俣病」のことだ。~中略~1956年5月1日、地元保健所に原因不明の疾病が報告された。これが水俣病の公式確認といわれる。{はっきり行政の責任を問う}と書かれている。



















はじめまして

この事件について調べておりここにたどり着きました。

わたしもデマな箇所が多いと思います。
もっとも江頭豊という人間が必ずしも良いとは言い切れませんがww

1970年、ユージン・スミスは52歳の時、30歳年下の美緒子さんと結婚されました。
そのため、その2年後に起こるこの事件の際、「娘さんが14才」ということはありえませんね。

ちなみに今から10年前、美緒子さんは傷害と恐喝未遂の疑いで逮捕され、現在は、反原発を掲げる市民団体の代表をしています。
ここら辺も掘り下げるとかなりおもしろいこですよ。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR