熊本県から届いたご結婚おめでとうございます。

1993年1月20日 
熊本日日新聞朝刊


皇太子さまと小和田雅子さんの正式ご婚約で県内各地から祝福の声

皇太子さまと小和田雅子さんご結婚の“障害”の一つとされたという水俣病問題。
宮内庁に説明に出向いたこともある福島譲二知事は、「誤解が解けて結ばれ、心からお喜び申し上げます」と話している。
同知事によると、労相当時の平成元年秋、故寺本広作元知事が訪ねてきて、「宮中では雅子さんの祖父=江頭豊さん(84)=がチッソの社長だったことが支障になっているとうかがっている。誤解を解いてほしい」と相談を持ち掛けられた。
そこで、福島知事が宮内庁に「小和田さんの祖父は水俣病発生とは無関係です」と説明に行ったという。
知事は「今ごろ、寺本さんもきっと喜んでおられることと思う」と感慨深げに振り返っている。
一方、江頭元社長は昭和四十三年九月の水俣病公害認定直後、社長としては初めて認定患者や遺族宅を訪問。おわびの言葉を述べた。
自らも認定患者で、両親も死後認定された浜元二徳さん(56)=水俣市袋=は、「『長い間、大変ご迷惑をかけました』と江頭社長が頭を下げたことを思い出す」と当時のもようを話した。
江頭社長は、浜元さんの両親の仏壇に線香を上げた後、強くなった雨脚が弱まるのを浜元さん宅で待ったという。「非常に低姿勢で丁寧なあいさつだったとの印象が残っている」という浜元さん。「雅子さんは孫の代なので水俣病と直接結
び付ける気持ちはない」とも話した。


熊本県知事が宮内庁に「小和田さんの祖父は水俣病発生とは無関係です」と説明に行った

江頭元社長は昭和四十三年九月の水俣病公害認定直後、社長としては初めて認定患者や遺族宅を訪問。おわびの言葉を述べた。

認定患者の方が「雅子さんは孫の代なので水俣病と直接結び付ける気持ちはない」とも話した。



これでもまだゴチャゴチャ言うのかね?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たしか婚約が決まった時に皇太子さまがチッソの問題について触れられた記憶があります。
その際、江頭さんがチッソ関係者ということで慎重論もあったが、公害発生時の社長ではないので問題はないということになった、とおっしゃっていたと思います。
おめでたい場であえて触れられたところが皇太子さまの誠実さなのだと思います。

だからなおさら、これみよがしに水俣に出かけていく両陛下と不勉強なくせに適当な事を書く渡辺みどりには腹が立ちます。

戦争関係のことについてもそうですが、こういう問題を自分を飾るアクセサリーのように扱うのはやめて欲しいと心から思います。

No title

>婚約が決まった時に皇太子さまがチッソの問題について触れられた

>その際、江頭さんがチッソ関係者ということで慎重論もあったが、公害発生時の社長ではないので問題はないということになった、とおっしゃっていたと思います

私も「小和田雅子さんの祖父、江頭豊氏はチッソの社長だったが、創業者ではないので、問題は無い。」という内容を東宮殿下がおっしゃったのを覚えています。

宮内庁長官? 侍従? 誰が発言したのか記憶ありませんが、同じようなことを発言していますし、新聞記事にもなっています。


江頭豊氏を批判するのなら、美智子さまの妹君が嫁いでいる昭和電工も批判すべきです。

No title

その江頭氏のエピソード 知りませんでした。
知らない人 多いんじゃないでしょうか?

そういう事実があるならば 私個人としては すでに両陛下や秋篠宮両殿下が水俣を訪問されておられるのですから 謝罪という形ではなく皇太子両殿下にも水俣を訪れて頂きたいなと思います。

水俣の方たちにとってどれだけ慰めになるかと思いました。




まるさま、美貴もなか さま、李さま

コメントありがとうございます。

>だからなおさら、これみよがしに水俣に出かけていく両陛下と不勉強なくせに適当な事を書く渡辺みどりには腹が立ちます。

自分は昭和電工には行かないのに、嫁の唯一の短所(本当は短所ではない)をいじる陰湿さ。まったく器が小さい。

>私も「小和田雅子さんの祖父、江頭豊氏はチッソの社長だったが、創業者ではないので、問題は無い。」という内容を東宮殿下がおっしゃったのを覚えています。

残念ながら「チッソの問題もありましたので」と仰いましたが、「創業者だから問題なし」とは皇太子殿下は仰っていません。

>そういう事実があるならば 私個人としては すでに両陛下や秋篠宮両殿下が水俣を訪問されておられるのですから 謝罪という形ではなく皇太子両殿下にも水俣を訪れて頂きたいなと思います。

それをさせたくない連中がいるのです。本来公務は自分の主張で決めちゃいけないということもあります。

記憶違いでしたか。すみません。

ヘカテーさん
>残念ながら「チッソの問題もありましたので」と仰いましたが、「創業者だから問題なし」とは皇太子殿下は仰っていません。



私の記憶違いでしたか。すみません。

では、宮内庁だかの関係者だったのだろうか?
「社長だったが、創業者一族ではないので、問題は無い。」という文言が、頭の隅に残っているので。

それとは別に。
江頭豊氏は銀行マンで、その手腕を買われてチッソの社長に就任したのは事実ですよね。
(江頭豊氏が就職する時代は、当然のように身元調査が行われ、裕福であるたけでなく、身元のしっかりとした家庭の子弟でないと、銀行には就職できませんでした。)

当時、
「チッソを倒産させたら日本経済も傾くから倒産させられない。しかし被害者への賠償もせねばならない。」というジレンマの中での、チッソ社長への就任ですから、江頭豊氏はかなりの手腕があったからこそ、それへの期待があっての社長就任だと考えられます。

つまり、
優秀なだけでなく、裕福で身元のしっかりとした家庭の息子が銀行へ就職し、銀行でも有能さと手腕を認められ、国の経済と水俣病患者の行く末をも左右するチッソの社長に就任した江頭豊.....
という事が言えます。

しかし、
それを理解できないだけでなく、トンデモ理論で叩きまくるアンチ。
アンチの言いぐさって、反日教育を受けた某国人みたいですよね。







美貴もなかさま

コメントありがとうございます。

>優秀なだけでなく、裕福で身元のしっかりとした家庭の息子が銀行へ就職し、銀行でも有能さと手腕を認められ、国の経済と水俣病患者の行く末をも左右するチッソの社長に就任した江頭豊.....
という事が言えます。

江頭さんのことを考えるとよくチッソ社長就任の話を受け入れてくれたと思います。それくらい大変です。立派な方を叩いて何が楽しいんでしょうね。

軽く扱うな!

偶然、このサイトにたどり着き、この記事を読んだ者です。名前にも書きましたが、私は熊本県在住であり、水俣病には興味があり、資料・文献などをひと通りは読んでいます。その上で、あなたに一言、強く言いたい。
あなたが、東宮一家のことが大好きで、そのアンチの考えを持つ人を嫌っているのは、イヤというほど伝わります。ですが、水俣病のことを軽く扱うのは止めて欲しいと思いました。

水俣病には、とても根深い問題があります。
発生当時人口約4万人の地方の街に、加害者・被害者が混在し、その家族、親せき、友人、子どもたち、様々な人の思いが複雑に絡み合っています。それに利害関係も加わります。水俣市の歳入のうち、チッソからの納税が約4割を占めていた時期もありました。と言えば、どれだけのものか少しは想像できますか?また、被害者は水俣だけではありません。鹿児島、長崎にもいます。それだけ広範囲で多くの人の人生を奪い、狂わせた公害病なのです。
例えれば、原発、沖縄の基地問題等にも近いものがあるかと思います。ようは、本当はチッソに否定的な考えを持っていても、立場上ではチッソに肯定的な意見・行動をする人、そういった人たちが存在するのは事実なのです。

その宮内庁にまで出向き、無関係と言ったという、福島譲二知事ですが、彼は熊本の生まれではありますが、育ちは東京。官僚から政界に行き、細川氏の後任として推薦され知事になった人物。地元の熊本よりずっと中央を向いていたような印象があります。そして最後は、知事の任期中に愛人と腹上死でした。といえば、どんな政治家だったか、伝わりますか。
認定患者同士においても、皆が同じ気持ち・考えではないのです。
毎年5月1日は水俣病の慰霊祭が行われますが、そんな場においても意見の異なる者が同じ気持ちで慰霊はできないと、今でも別れて慰霊祭を行っている状態なのです。

ここで、あなたが例に出した数人が「問題ない」と言っているだけで、だからゴチャゴチャ言うなという、そんな受け止め方は非常に不愉快に感じました。

私は東宮大好きでも、大嫌いでもないですが。
ただ、チッソの水銀流しが始まった時は、江頭氏はチッソとは関係ありませんでした。これ事実。しかし、もっと早く水銀のたれ流しが止まっていれば、被害がここまで拡大されなかっただろうと言われています。チッソは真摯に対応していたとは言い難い、これは事実です。そして、その期間に、江頭氏は経営責任者でした。これも事実。
雅子さまの祖父である、江頭氏は、遠い田舎にいて時々会うおじいちゃんではないのです、結婚前まで同居でしたよね。これらの事実は、日本人なら誰でもショックを受けるのではないでしょうか。

熊本県民ですが さまへ

わざわざお読みいただきありがとうございます。

水俣病なら私も神奈川県内の可能な限りすべての範囲で本を鎌倉市内の図書館を通じて借りて読みました。

チッソに対して否定的なご意見があってもおかしくはありません。

それだけの大きな公害でした。

仰る通り、江頭氏に対しても否定的な人がいるでしょう。

しかし、だからと言って雅子さまを叩く棍棒にされることに私は納得できません。

>雅子さまの祖父である、江頭氏は、遠い田舎にいて時々会うおじいちゃんではないのです、結婚前まで同居でしたよね。これらの事実は、日本人なら誰でもショックを受けるのではないでしょうか。

この一文を読む限り、私はあなたのことをアンチ雅子ではないかと疑います。

なぜ、祖父が公害企業に関係していると言って雅子さまを否定するのですか?

私は日本人ですが、「だから何?何で雅子さまを叩く理由になるの?」とあなたに聞きたいです。

熊本県民ですが様へ

チッソの工場長が水俣市長に就任したほど、チッソと水俣病はズブズブだったんだよね。

チッソは戦前でも国策企業のような扱いを受けるほど重要な企業だった。
だからこそ戦前も戦後も、昭和天皇が視察された。

チッソが即時倒産したら、水俣市&その周辺だけじゃなく、国の化学産業発展にも大きなダメージが来るのが分かっていたからこそ、さらには被害者への補償金を支払えなくなるからこそ、チッソは操業を続けざるをえなかった。

そこに関係したのが、チッソとは全く関係の無い、チッソ創立家とも全く関係の無い、銀行家の江頭豊氏だった。

いろんな利害関係が絡んでいるから、被災者でも派閥ができてしまって別れて慰霊祭が営まれているのは知っている。

だって家族の中に加害者(チッソ社員)と被害者(患者)がいるんだからね。
加害者だけ、被害者だけで区別できないのが現実だから。

本物の患者には聞くに耐えられない現実を敢えて書かせてもらうけど、水俣病患者だとウソを言って賠償金せしめた人もいる、というのも現実。

でもさ、「水俣病を軽く扱うな!」と言うのなら、新潟水俣病に目を向けない連中に「そっちを隠したいために熊本をダシに使うな!」と言うべきだよ。
新潟水俣病は昭和電工が加害会社で、その昭和電工に嫁いでいるのが美智子皇后の実妹がスルーされているんだよね。

天皇皇后両陛下は、「公務の不公平は良くない。」など言って、あっちに行くなら、こっちにも行くという感じで公務をしている。
そういう「公務の不公平は良くない。」と言うのなら、天皇皇后両陛下は水俣病患者を慰問するなら、第二水俣病つまり新潟水俣病患者も慰問するべき。でも慰問してないよね?

なんで? どうして熊本には慰問しに行くのに、新潟には行かないんだ? 美智子皇后の実妹が昭和電工に嫁いでいるかでは? とか思えてくるんだよね。

でもさ、もし新潟水俣病から目を逸らすために、チッソ水俣病患者だけを殊更にクローズアップして慰問してるのなら、チッソ水俣病患者って軽く扱われているだけじゃなく、目眩ましにも利用されてるって事になるんじゃないかな?

でも「熊本県民ですが」様は、そういうのは無視している。
よって「熊本県民ですが」様はアンチだと認定する。




全く関係ないのに頭を下げた江頭豊。 今でもスルーの昭和電工(美智子皇后の実妹が嫁入りした)

江頭元社長は昭和四十三年九月の水俣病公害認定直後、

社長としては初めて認定患者や遺族宅を訪問。

おわびの言葉を述べた。

自らも認定患者で、両親も死後認定された浜元二徳さん(56)=水俣市袋=は、
「『長い間、大変ご迷惑をかけました』と江頭社長が頭を下げたことを思い出す」
と当時のもようを話した。

江頭社長は、浜元さんの両親の仏壇に線香を上げた後、強くなった雨脚が弱まるのを浜元さん宅で待ったという。

「非常に低姿勢で丁寧なあいさつだったとの印象が残っている」という浜元さん。





銀行から出向して雇われ社長にすぎなかったとはいえ、チッソの行く末(いかに賠償金を払えるようにするか。いかに従業員達にも給料を払えるようにするか。)を考えて、被害者に謝罪したのは立派すぎる!

本当なら「俺、関係ないもんね。なんで俺が謝らんとアカンの?」と言ってもいいほどの状況。

被害者宅に謝罪しに行っても被害者の怒りが解けなければ、江頭豊は大雨だろうが大雪だろうが早々に追い出されたはず。

でも雨が止むまで被害者宅にいたということは、いかに江頭豊が誠実に謝罪して、それが被害者の心に届いたということ。

立派じゃん、江頭豊さん!

で? 昭和電工の社長は被害者に謝罪したの?

全く関係のない江頭豊さんは謝罪した。

昭和電工の社長は謝罪・・・したのかな?

そういえば昭和電工に嫁いだのは美智子さまの実妹なんだってね!




イタイイタイ病

私が子供の時分は、変な言い方ですが「公害最盛期」でした。
その当時、熊本での被害は「水俣病」、新潟では「イタイイタイ病」と呼ばれていました。
それが、いつまにか新潟の方を「第二水俣病」「新潟水俣病」とか言うようになりましたけど、こんな風に地名に地名を被せた病名って他にあるのでしょうか。

新潟で起きたことは消せないからと、わざわざ「水俣」を被せて「チッソ」を印象付けしようと画策した結果では?

江頭氏はきわめて優れた方

いったい誰が、この厳しく困難な仕事を引き受けることができたでしょうか?

江頭氏以外にはいなかったのです。

一身に責任を負い命を削り最善を尽くされたと思います。

批判する人よ、ではどうしろというのか?

雅子さまのお祖父様、誤解による批判にさらされ、どれほどお辛かったことでしょうか・・・




去年の歌会始めで天皇が水俣の歌を詠みました。

絶句・・・

この人は血が通った人間なのか?

あまりに酷い仕打ちに胸がつぶれそうでした。

新潟水俣病といえば美智子さんの実妹

最近、NHKなどが精力的に新潟水俣病について特集を組んでいますね。私も時間が許す限りそれらの番組を見ていますが、患者の認定が非常に厳しくて賠償金をもらえない人々、偏見を恐れて家族にも病状を正直に話せない人など、今でも苦しむ人々は大勢いるとのことです。
何より驚いたのが、「国が患者を広く認めようとしないのは、加害企業である昭和電工が賠償金を際限なく負担すると企業が破産してしまうため」という言い分がまかり通っている点でした。「現皇后の実妹の嫁ぎ先であり、現皇后と親戚関係にある企業だから守ってやりましょう」という判断が働いているということなんでしょうか。そして、現皇后の実妹が関わっている企業だからこそ、大っぴらに被害を訴えることができずに色々な圧力や偏見をかけられてきた人々が多かったのでは?という疑いも当然生じてきます。

以前は熊本水俣病ばかりがクローズアップされ新潟の方はほとんど報道されてこなかったことを考えると、ここ最近の報道姿勢はかなり前進したと思っています。しかし、美智子さんやその妹さんの名前が出るようになるまでは至らないのではないかという不安があります。昔からマスコミを牛耳って、自分に都合の良い報道をさせてきた美智子さんですからね。

お出かけや慰霊や祈りが大好きな美智子さんですが、美智子さんはいつの日か阿賀野川の辺りを訪れることがあるのでしょうか?
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR