山屋家は下級武士ですけど何か?本家は家老ですけど?

ライブラリーさまコメントより

もっと勉強しましょう
たしか、山屋家の本家は南部藩に仕える家老ではなかったかな。

雅子さまの母方の先祖の山屋家は分家なので石高は低く抑えられてますが、御本家の山屋家はかなり上級の武士だったはずです。

昔は、本家と分家の区別をしっかりさせないと、もめ事になるため、大家ほど、分家の石高は抑えられてます。

そして、代々、山屋家の墓所は藩主の南部氏と同じ菩提寺にありますよ。山屋他人の墓所もそこにあり、石碑が建っています。

江戸時代を通じて最下級という書き方は、工藤美代子の嫌がらせであって、おそらく本人も分家であることを知った上で書いており、本家の山屋家は上層武士だと言うことをわざと書かないんでしょう。

昨今の週刊誌ってそういうものですよ。


日本の歴史を知らない人がいるようですが、明治維新と言うのは、下級の武士が身分制度をひっくり返した革命です。

だから、明治維新の立役者は、みんな下級武士やその下の足軽、あるいは百姓も結構います。

信子さまの大祖父の大久保利通もそれこそ「最下級の武士」ですし、伊藤博文はもちろん、山縣有朋なんてほとんど百姓ですよ。

「坂の上の雲」の秋山真之は、同じ海軍ですから、当然山屋とも関わりがあったそうですが、秋山家は伊予松山藩のやはりとても石高の低い武家の出身です。

維新後、活躍する人は皆そうなんですよ。

明治以降、むしろ、上級の武士の方が時代についてゆけず、絶えた家が多いことも良く知られています。


美智子さんのご先祖は、全くのお百姓で、来歴なんて本当は良くわからないはずだと、研究者の友人はよくいいますよ。

江戸時代に名字帯刀を許された、とありますが、それまでは名字が無いわけですから、調べるのは困難ですよ。
正田家についてのほとんどは眉唾だと思っています。

人の悪口を書くのなら、もうちょっと勉強してから書きましょうね。



ライブラリーさま、分かりやすいご説明をありがとうございました。
勉強になりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山屋他人を批判するのは、昭和天皇を批判するということ。

アンチが誹謗中傷する山屋家。
その山屋の人間である山屋他人は昭和天皇の御用掛でした。

山 屋 他 人 は 昭 和 天 皇 の 御 用 掛 で し た。
昭和天皇の御用掛だった山屋他人の娘、寿々子は、四ッ谷雙葉の小学校三年生の時に父親と一緒に、海軍の水交社で天覧相撲を見学したことがあり、その時に座った席が昭和天皇のすぐ側だった。

つまり、山屋他人を批判する人間は、山屋他人を御用掛とした昭和天皇をも批判していることになります。

ちなみに山屋他人は、大日本帝国軍において海軍屈指の戦術家として有名な海軍大将であり、東郷平八郎の参謀でした。

その山屋寿々子と江頭豊との結婚媒酌人は百武三郎(海軍大将)で、この結婚式から10日後、昭和天皇の侍従長に任命されました。

つまり、山屋他人と江頭豊を批判するということは、つまりは昭和天皇をも批判するということになります。


日本にとって害悪になるのはアンチのほうです。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR