fc2ブログ

列外派星くず日記

―令和の天皇ご一家を愛する者たちが集う皇室ブログ―

Entries

今上陛下御田植えにちなみ昭和の皇室の田植え風景




今上陛下2回目のお田植えでございます。

さて昭和天皇が戦後始められたお田植えにちなみこんな写真をご紹介します。

高松宮妃喜久子さまが傘寿を迎えられたことに記念して出版された『菊に華あり』

「高松宮妃傘寿記念刊行委員会」が編集し、平成6年8月に主婦の友社から出版された本ですが、非売品です。

ヤフオクで落札したのか、スーパー源氏等のネット古本屋で買ったのか覚えてません(笑)

プライベート写真が豊富に掲載されているので、ぜひ皆様にも読んで欲しい一冊です。
県立の図書館とかならあるかも(ちなみに神奈川県にはない)

高松宮御夫妻の仲の良さ、昭和の皇室の皇族方の仲の良さが写真から伝わってきます。
(「子供がいないから高松宮御夫妻は不仲」と書いたミテコ教皇室ジャーナリストの河原爺はあの世で詫びてろ)

喜久子さまの明るい笑顔を拝見すると絶対に悪い事をするお方ではないと写真から伝わってきますよ

上記本の238ページに掲載されている写真がこちら
両妃殿下お田植え
説明文
「志願して、秩父宮妃殿下とともに皇居内の水田で田植えをなさる。(昭和34年6月)」

両妃殿下共に戦中戦後の食糧難の時代には宮邸や別邸で畑仕事をされていました。

両妃殿下の後ろに立つ昭和天皇の笑顔が実に良い

そして田植えの位置の目安になる縄を持ってるのは入江侍従長(当時は侍従)ですね

令和は昭和に戻ったんだなーとしみじみ思います。

あと何故か最近TBSがYOUTUBEのチャンネルに昔の皇室の動画をアップしてるのでヘーセー初のお田植えもアップされていました。



今上陛下の方が年上なのに若々しいね

*コメントされる際には絶対にメールアドレスをコメント欄に入れないで下さい!!全員に閲覧できるようになりますので絶対に入れないで下さい!!*
スポンサーサイト



Comment

余談が長くなりまして…… 

今日はこのような時間帯ですのに、なかなか寝付かれず、本を読んだり、ワイヤー編み込みで作るペンダントの創作のためのアイデアをデザイン画にしてみたり、寝付かれない時は無理に寝ない方が良いようで、ヘカテーさまのブログアップされておりましたので深夜にも関わらずコメントをさせて戴きました。

いつも思うことですが、今上陛下の若々しいお姿に魅了されます。
流石に白髪混じりではありますが、お肌やお姿全体もお若いのは元々若がたちなのでしょう。
皇后になられた雅子さまも、即位した当時の平成のお二人よりもより遥かにお若く見えます。
皇女愛子さまの為にも、いつまでもお元気でいて欲しいものです。


世間では、お子さんがお生まれになられた年齢にもよるようで、私も当時の時代でしたら晩婚でしたから、長男が入学した年は私がクラスの父兄の中でも一番年長者でした。
子供がまだ小さいために歳をとっていられないのが現実、老け込んではいられないのです。

両陛下も愛子さまがお生まれになられたお歳は陛下が41歳、皇后陛下は38歳の高齢出産でしたから、同じように老け込んではいられないのでしょう。
お若く見えることはいいことです。

5月26日お田植えされ、一株一株慈しむように心を込められるお姿が伝わって来ます。

コロナ禍、日本も愈々ワクチン接種も各地で始まりました。
大都市は人口も多い上、申し込み者が殺到しているようですが、大規模接種が出来るよう東京ドームや、大きな会場を検討していると聞きます。
医療従事者の皆さまには暫くご苦労が続きますが、感謝の念を抱かずにはいられません。

☆余談になりますが、皇位継承問題有識者審議委員の皆さんについて一言。
本当にその通りなので、皇位継承問題有識者や政府、マスコミ、一部の学者、ジャーナリストたちに言いたいのです。

一部抜粋
「女系天皇」 天皇系譜の源流 工藤 隆著

はじめの項より一部抜粋
天皇について論じるのはとても難しい。
明治以降の近代国家日本は西欧近代合理主義を積極的に移入して形成された「近代化された表層」と、縄文、弥生時代以来の、自然との共生と節度ある欲望とする「アニミズム系文化の基層」とから成り立っている。
結論から言えば、その両者とも視野に入れない限り天皇存在の本質は把握できない。
しかし、天皇を論じる現代の研究者・評論家のほとんどは、その思考世界の主要部分を「近代化された表層」の側の知性・教養だけで構築しているので、天皇存在の本源である「アニミズム系文化の基層」に対する視点を欠いた分析になってしまっている。
ということは、西欧的合理主義による「近代化された表層」の知性による天皇制論は、どれほど緻密な分析がなされたとしても、天皇存在が秘める「アニミズム系文化の基層」に発する反(あるいは非)合理主義的な本質・価値にまで届くことはできない。

中略
政府主導で「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(2016年10月17日初会合)が発足したが、この有識者たちの中に、日本古代史、日本古代文学の専門家は一人もいなかった。
また、御厨貴には、編書の「天皇退位 何が論じられたのか」には、平成の天皇の退位問題をめぐる45名もの論者の論考・発言が採録されているが、この中にも日本古代史、日本古代文学の専門家は一人もいなかった。
つまり、現代の天皇論者は、明治の天皇制の範型を成すが古代天皇制がスタートした天武天皇・持統天皇政権についての歴史学的知識に関心を示さないばかりか、またそれ以前の縄文・弥生古墳時代にまで遡る「アニミズム系文化の基層」と天皇存在との密接な関係に対する視点も欠落した状態で天皇制を論じている。
一部のみ引用終わり

以前、私が読破した故人田中卓(元皇学院大学学長、専門は日本古代史、日本歴史学者)著「愛子さまが将来の天皇ではいけませんか 女性皇太子の誕生」 

田中先生も天皇を論じる学者たちは、日本古代史を学ばずして男系男子を論ずるには勉強不足、日本古代史を勉強すれば男系男子に限るとは言えないはずだ、日本古代史を勉強しろと説いています。
 
こうして色々古代歴史書などボツボツと読んでいるのですが、難しく解釈しにくい面もありますが、皇位継承問題有識者、政治家、学者、マスコミ、ジャーナリストのいい加減さがよく分かります。
一端の勉強した「振り」だけで中身は何もない、金になりさえすれば間違っていても活字にまでもするまた、論じたり、天皇を敬う気持ちのかけらも見えない、レベルの低さ、底辺の人間たちが大手を振って論じている、世の中の変貌は余りにも情けなさ過ぎて、羞恥心も持たない哀れな人たち。

真っ当な書物に触れてみると、平成の天皇が如何にくだらない人間かその人物像が浮かび上がってきます。
マスコミに持て囃され、平成の皇室改革(エセ)だのといい気になり、伝統を悉く破壊、ご先祖の天皇の源流は何なのか一切勉強もせず、天皇として30年間ミテコに引っ張り回された天皇としての資質が見られない。
元々皇太子時代から勉強、努力の研鑽は不得手、天皇としての知識を得るための知力もなく、スライド式に天皇になったに過ぎないと最近ではそう思うようになった。
平成は地獄の時代、政治経済、大事故、大事件、かたや皇室の予算は何倍かに膨れ上がり、ミテコの天下の時代であった。
平成の天皇はすっかり影が薄くなり、ミテコの旦那状態だった。
今上陛下の記者会見時幾度となく出る言葉「研鑽を積み重ね」は、平成の天皇からはあまり聞こえて来なかった。
天皇とて人間、何よりも天皇としての自覚は何よりも一番大切なこと。
疎かなことでは務まらない。

今、平成の時代は一体何だったのか、国民の中にも気付き始めている。
いいことでなないでしょうか?

平成の天皇がしっかりさえしていれば、秋篠宮一家のような一般国民よりも低レベルな人間たちは生まれなかったはずですから。

  • posted by つばきちゃん 
  • URL 
  • 2021.05/27 04:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

癒やされました 

お久しぶりです。
天皇陛下の笑顔と、ひと苗ひと苗確かめるようにお田植えをなさるお姿にとてもホッとするものを感じました。
今上天皇陛下と皇后陛下には嘘が無いんですよね。
本当に令和の時代が早く来て良かったです。(^ー^)
  • posted by まりあ 
  • URL 
  • 2021.05/27 10:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

初めまして!いつも大変興味深く拝見させて頂いております。私の大好きな写真が掲載されていたので嬉しくてコメントさせて頂きました!私も、菊に華ありを持っているのですが、昭和の皇族方の仲の良さが沢山伝わる写真や喜久子さまの素敵な笑顔が沢山拝見出来る写真もあり、素晴らしい本ですね!機会があれば皆様にも拝見して頂きたい位です!日頃思う事ですが、喜久子さまや寬仁親王が今も御存命であれば必ずや、小室さんと眞子さんの縁談など早い段階で阻止して下さったであろうに…と思ってしまうのです(;_;)
  • posted by 喜久子さま大好き 
  • URL 
  • 2021.05/27 17:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ヘカテー様
懐かしいお写真を掲載してくださりありがとうございます。
秩父宮妃殿下と高松宮妃殿下は田植えをなさったのですね。
昭和天皇が楽しそうに御笑いになられて、入江侍従長も笑顔で、とても良いお写真ですね。
昭和の時代は皇族方は皆様仲良しでいらっしゃいました。意見の相違や感情の行き違いはあっても、アテクシ様のように自分だけ大事ということはなかったと思います。

ハトバス事件のような、何かあったらどうするんだ!と怒りながらも、後ろ向いてお腹抱えて笑ってしまうような事もあり、皆様本物の高貴さがありました。
天皇陛下と皇后陛下、敬宮殿下にあるその高貴な所がだーれかさん達は気に入らない。
でも、こうして、
天皇陛下の御田植えのお姿が毎年拝見出来て、平成はむかしの事になって行きますね。
  • posted by 匿名で 
  • URL 
  • 2021.05/28 20:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
東宮応援派のハマコー改め新天皇応援派のハマコー
新天皇皇后両陛下並びに敬宮殿下を愛する鎌倉市民だにゃー
写真は悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp
弁えずにジャンジャン発言します

コメントする際には絶対にメールアドレスを記入しないで下さい!!

最新記事

月別アーカイブ