適応障害ってどんな病気? Ⅲ

サキ>適応障害の人って具体的にどんなふうに辛いのかな?

トバモリー>こんな感じだよ。
①抑うつ気分を伴うもの、②不安を伴うもの、③不安と抑うつ気分の混合を伴うもの、④行為の障害を伴うもの⑤情緒と行為の混合した障害を伴うもの などがある。

サキ>結構辛いね。

トバモリー>友納さんの『雅子妃の明日』によると何かに襲われる怖い夢を見たり、立つこともままならないことが症状としてあったみたいだね。もっと早く宮内庁や東宮のスタッフが動いていればもっと早く治っていたかもしれない。適応障害はメンタル系の病気では軽い方だけど、甘く見ると自殺という最悪のケースも考えられるからね。

サキ>どうやって治療するのかな?

トバモリー>基本的には3つの原則を中心に行う。
①ストレッサーの軽減
ストレスの原因から物理的に離れることだよ。例えば休職したり、部署を変更したりね。また、薬物療法も効果がある。抗うつ薬を飲むとストレスの感受性を下げてくれる。

②個人的脆弱性の克服と耐性の強化
ストレスに負けないようにストレス対処能力を変えていくことだ。心理療法で自分の考えの癖を知り、ストレスコントロールできるようになることが目標。

③ストレス反応の制御
ストレスが原因になって生じる症状を取り除いていくこと。身体的な症状なら薬を用いて症状の緩和をしていく。眠れないなら睡眠薬といった感じにね。

適応障害を治すというのはただ「症状が楽になりました」ではなく、適応障害を克服して新しい自分になることだよ。次に同じストレスが来てもその時は違う器の大きさになっているから耐えられるし、乗り越えられる。そうなった時が「適応障害が完治した」時だよ。

実際の治療法は薬の投与と心理療法。薬は今苦しい症状を和らげる効果がある。そして心理療法はこれからを生きていくための力を高めるために行うことだよ。

サキ>でも薬物療法って怖い。副作用が怖いもの。

トバモリー>副作用というものはどんな分野の薬でも発生するよ。みんな安心だと思っている漢方だってある。もし、気になるようだったらドクターに言えば、別の薬に変えたりしてくれる。最近は昔に比べてかなり副作用が出にくいよく効く薬も出てきたから少しは安心していいと思うよ。ただ、絶対やってはいけないのが、勝手な判断による断薬や減薬。これは命に関わるから、絶対にやってはいけないことだ。薬と相性が合えば、10日位で抑うつなどの症状に効果がわかることもあるよ。ただ、ゆっくり効果が出てくるものもあるから自己判断はしないようにね。

サキ>心理療法は何があるの。

トバモリー>雅子さまの主治医は大野裕先生でしょ。大野先生は認知療法のエキスパートだよ。著書の『「うつ」をなおす』はうつ病を知る名著だよ。

「うつ」を治す (PHP新書)「うつ」を治す (PHP新書)
(2000/04)
大野 裕

商品詳細を見る


認知療法とは一言でいえば、自分の考え方のクセを知って、ストレスを減らすような考え方や行動に気づくことができるようにすることだよ。「認知」とはものの考え方や受け取り方と言う意味。
真面目すぎたり、頑張りすぎる人間はつい「言葉で自分を追い込む」、「白か黒か極端な考え」をしやすい。そういった考え方からしなやかな考え方や柔軟な考え方にすることが目的だよ。

サキ>他にはどういう療法があるの?


トバモリー>雅子さまがおこなっていらっしゃると言われているのはアニマルセラピー。乗馬が効果的だったみたいだよ。
「自分がいなければこの子は死んでしまう」という自分を頼りにする存在が自分を精神的に支えてくれる。それに運動も容体が安定してきたらすることを勧める先生もいる。体力をつければそれだけストレスに強くなるし、運動で得られる達成感も精神的にいい働きをする。友達や家族との親交を深めることも効果的だ。

サキ>あれ?それってバッシングされていることだよね。

トバモリー>そう、治療の一環だと知れば好意的に感じるだろう。「ああ、雅子さまはよくなろうと頑張っているんだ」ってね。でも怠けていると言われてしまえば、それすら出来なくなる。「病人はじっと部屋の中で寝てろ」というのはまったくメンタル系の病気のことを理解していないから言えることだよ。

サキ>でも、友納さんが雅子さまは着実に良くなっていると取材していて分かると言っているね。

トバモリー>ストレスの源が考えを改めてくれれば話は早いんだけどね。
ここだけの話だけど、雅子さまはもうけっこう良くなっているらしいよ。でもそれを邪魔するだれかがいる。そいつらが、変わらない限り雅子さまは自由に羽ばたけない。
外交官としてのやりがいのある生活を捨てて、皇室に入った方だよ。殿下を愛していたことはもちろんだけど、日本を愛していたから皇太子妃になってくださった。このことに感謝しなければいけないよ。

最後に一言
雅子さまが国を愛したように、国も雅子さまを愛してほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR