皇太子ご一家を歓迎したい!



2008年1月25日に長野県小布施町をご訪問された時の映像です。

撮影した方は外国人デビッド・ヒルトンさん

e9dcf16c61554c7caf51c0dd72b522dc.png

雪はそれほど積もっていないようですね。

多くの人が両殿下のお姿を一目見ようと駆けつけています。

7df4eb64bbbe13b51384a1523b7a4b51.png

両殿下を乗せた車が通ると歓声が

c7e8a1fcaf3e251412ae0dec4c7dce05.png

声はするけど人が映らないから

「大きい声の人がいるけど人は少ないのかな」

と思ったら大勢の人がいました。

ちなみに皇太子ご夫妻は我が地元の鎌倉にいらしています。

6e899ca2e55f626ced03306a35c37db9.png


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがたいことです

 私ではなくて、芦屋に住んでいる姉一家の話ですけど、姉一家は皇太子殿下と雅子妃殿下を直接お迎えしたことがあるんですよ。
阪神大震災の後、芦屋の南部のシーサイドタウンに、お二人がヘリコプターで慰問に来られたんです。
当時は道路も鉄路も絶たれていましたからね。姉一家は感激していました。その時写した写真をもらい、今でも大切に持っています。雅子妃はまだお若くてかわいい感じに写っています。今も本当におきれいだと思います。
また、(時期は少し違いますが)美智子妃殿下も芦屋の市役所のあたりに慰問に来られました。友人が美智子妃と握手して感激していました。私はアンチ美智子妃ではありませんので、本当に良かったと思います。
 阪神大震災の後は、本当に大変でしたが、皇室の方々が来てくださるのはありがたいことで、本当に励みになりました。

雅子様と神社のご縁

鎌倉の大仏前での写真をみて思い出しましたが、雅子さまの大祖父(山屋他人の妻の父)は、明治時代、鎌倉の鶴岡八幡宮の宮司でいらしたんですよ。
江戸時代までは、たしか富山藩の藩士でした。

ヘカテー様の地元だそうですね、ご存知でしたか?


また、山屋他人は、故郷岩手を代表する由緒ある神社、盛岡八幡宮に、「盛岡鎮守」と揮ごうした大きな石碑が残されています。

神社入り口の赤い大鳥居と並んで建っており、盛岡八幡宮のシンボル的な石碑です。

日本人なら誰でも知っていて、有名な観光地でもある鶴岡八幡宮、そして、「ちゃぐちゃぐ馬っ子」の盛岡八幡宮、どちらも雅子様のご先祖と深いご縁があります。
しかし、こうしたことを週刊誌は絶対に書きません。


以前から、雅子さまは帰国子女で、神道への理解がないとか、嫌っているとか書かれるたびに、こうしたご先祖の存在を考えると、そんなことないと思うけどな・・・、と不思議に思っていました。


美智子さんのように、両親や祖父母、兄弟妹のほとんどが洗礼を受けているクリスチャンだということを考えると、むしろ、雅子さまの方がよほど「保守的」です。


こうした視点からも、ここ10年ほどのマスコミ報道がいかに恣意的なものか、いかに意図的に捏造され、世論誘導を図っているかがうかがえる気がします。




2008年といえば

今から6年前ですね。
今もご闘病中の雅子様ですが、この頃は今ほど回復なさっていなかったと思います。それでも地元の人の大歓迎に懸命に答えていらっしゃいます。
痛々しいほどの努力。頭が下がります。

ところで、両陛下は頻繁にあちこち出歩いておられますが、地元民の大歓迎ぶりの映像、写真、見ませんね。
近く、豪雪で被害にあった埼玉の農家を慰問なさるそうですが、地元の皆様はさぞ大感激でしょうね。熱狂的歓迎ぶりを是非拝見したいですわ(棒)

ヘカテーさんが、めげずに頑張ってくださっているので安心しています。
またコメントでは、わたしの知らないことをたくさん皆様から教えていただいてます。

雅子様、阪神大震災の式典で涙ぐまれたり、公務で一般人と接している時のカッコつけない自然さにこの方の心根の良さを感じます。

それを、「皇族なのに、ああいう場所で涙を流すとは不謹慎だ!」とか、自然さを「振る舞いがなっていない!」とか、おかしな主張です。
それのどこが皇族らしくないんでしょう?

キチンと国民に寄り添ってるじゃないですか!

色々お辛いことや、反発もあるでしょうが、わかっている人達も多いはず。公務なんて量より質です。

何で行かれたのかと

覚えてないのでググりました。
冬季国体の開会式でした。
6年前だからもっと体調に波のある頃でしたでしょう。
無事お迎え出来て、すさまじいほどの歓迎ぶりですね。
栗の名産地で栗の銘菓がたくさんあります。ご賞味されたかな。

ググって驚いたのが「国体開会式に無事出席された」、これだけのニュースに対しアンチブログがぞろぞろ。
何でも車の中から雅子妃があかんべーしたとか。
無事に行かれたらドタ出と叩く、行けなければドタキャンともっと叩く。
「ここは(頑丈だけが取り柄の)秋篠夫妻が行くべき」と言ってますが。

でもねえ、あちらの夫婦でこんなに人が集まって絶叫のような大歓迎の声が挙がるでしょうか。
私が見逃しているのでしょうか。
キコさまや美し過ぎるカコさまがお成りの時は、門前には何時間も前から一目見ようと人が集まっているのでしょうね。
ヘカテーさま、今度はそういう画像が見てみたいです。ぜひ探してください。

花さま、カキフライさま、九重さま、みかさま、びっ栗さま

コメントありがとうございます。

>阪神大震災の後は、本当に大変でしたが、皇室の方々が来てくださるのはありがたいことで、本当に励みになりました。

素敵なエピソードをありがとうございます。

>以前から、雅子さまは帰国子女で、神道への理解がないとか、嫌っているとか書かれるたびに、こうしたご先祖の存在を考えると、そんなことないと思うけどな・・・、と不思議に思っていました。

貴重な情報をありがとうございます。記事にして紹介させていただきます。

>ところで、両陛下は頻繁にあちこち出歩いておられますが、地元民の大歓迎ぶりの映像、写真、見ませんね。

結構YOUTUBEに上がっています。
これなんかどうですか?
http://www.youtube.com/watch?v=ctOJYvn5cno

>色々お辛いことや、反発もあるでしょうが、わかっている人達も多いはず。公務なんて量より質です。

それがわからないバカが日本の偉い人なのだから情けない

>キコさまや美し過ぎるカコさまがお成りの時は、門前には何時間も前から一目見ようと人が集まっているのでしょうね

秋篠信者には誠に言いにくいのですが、ブログなどに「秋篠宮さまが来たんだよと私が知人や親せきに言ったら『誰よ、それ』と言われた」と書く人がよく見られます。

姉は雅子妃と握手

ヘカテーさま、先日芦屋の姉が阪神大震災の後、皇太子殿下雅子妃殿下を直接お迎えした話を書きましたが、あれから改めて当時の記録を取り出して読んでみると、雅子妃と握手したことが書かれていました。また、お出迎えでなくてお見送りでした。
二十年近く前の話だったので、細かいことは忘れていました。
なので当時の記録(震災の時のことは書き留めてあります)を書かせてください。

「二月二十六日(1995)このたびの地震で亡くなられた方々の合同慰霊祭が県立芦屋南高校体育館で行われた。慰霊祭には皇太子さまと雅子様が出席された。お二人は慰霊祭が終わった後、ヘリコプターで伊丹の大阪空港へ向かわれるのだが、なんどそのヘリコプターが離陸するのは、緑町の姉のマンションから見えるテニスコート。両殿下が来られるずいぶん前から、機動隊などが警備をしはじめ、物々しい雰囲気に。近所の住民たちが並んで一時間ほど待っていると慰霊祭に出席されたお二人の乗ったバスが到着。しかし、慰霊祭の後だったので、歓声をあげる者もなく、皆、静かに拍手してお迎えしたそうだ。(お迎えと言っても、その後すぐに帰られるのだが)バスからヘリコプターまでの何メートルかをお二人は歩かれたのだが、その際、姉は雅子妃と握手することができたのであった。その後、皆でヘリコプターが出発するまで見ていたのだが、それは大きな自衛隊のヘリコプターで風圧で吹き飛ばされそうだったらしい。」写真が二枚あって、お見せできないのが残念です。ご夫妻の後ろのSPがひじょうに怖い顔していますが雅子妃の笑顔がすてきです。バックに大勢の市民が見守っている様子も入っています。

皆さん寒い中、一時間もお待ちしていたようですね。姉が大喜びしていたのは握手できたからだったのだと思いだしました。
美智子妃殿下が一月三十一日に芦屋市役所前(精道小学校体育館前でここが避難所になっていました)を通られて友人が握手したことも記録していますが、ここではやめときますね。
芦屋市民には、本当にありがたいことでした。嬉しかったですよ。

九重さまとダブり

承認制になって反映にタイムラグがあるため、他の方のコメントと内容がかぶってしまいました。

小布施に行かれたことは忘れてましたが、ググってみて、雅子妃が列車の中で焼肉弁当を全部平らげたと、アンチが悪口言ってたことを思い出しました。
本当に東宮アンチの食べ物ネタ、浅ましいです。卵を2つも食べたとか、メロンジュースがなんちゃらとか。どんな貧しい食生活をしてるのでしょう。

両陛下は流石にまだ御威光がありますね。
でも失礼ながら東宮家の歓迎の方が凄まじい。
雅子妃がたまにしかお出でになれない。それが逆に希少価値になって、毎日のように徘…お出ましになられる両陛下より「拝見できてうれしい」感が強いのかもしれません。

これに愛子さまが加わったら、もうみんな悶絶状態。
何なのでしょう、この圧倒的な特別感。

マスコミやネットでは圧倒的に人気のあるはずの、秋篠家のお出ましの時との違い。
なぜネットばかりに書き込んでないで、お出迎えに行かないのでしょうか。
「キコさまぁーっ、ヒサヒトさまーっっっ」と声をかけないのでしょう。
あの子がヒサヒトという名前だと忘れてる人も多いです。
半蔵門通過の時も、キコさんは手を振りたくても手を振る相手がいなくて窓を開けられない。
数人で「キコさまぁっ」と声を挙げればニュースでは声を拾うのに。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR