東北の人々の両陛下へのまなざし

匿名の方よりコメントを戴きました。

No title

長野で大きな地震。怪我をした方達、倒壊した家、避難所に身を寄せる方達。もう、なんていうか、ニュースを見ていたら堪らなくなって、そして射手座様のコメントを読んで泣いてしまいました。

私、岩手の者です。内陸なので津波には遭いませんでした。沿岸に住む親戚友人も幸い無事でした。でもあれだけの人が亡くなって、まだ行方不明の人が沢山いて、色々なことがあって、自分の中ではあれから何もかも変わってしまいました。

被災地を慰問したDVD、いらないです。意味が分かりません。

自分にとっては、お台所やこちらのブログで拝見する、黙々とご自分達のなすべきことをしていらっしゃる皇太子様、雅子様、愛子様、そして各宮家の皆様(今上夫婦、秋篠一家除く)のお姿、エピソードが何よりの励みです。

取り散らかした文章ですみません。


コメントありがとうございます。

DVDとは「天皇皇后両陛下の被災地お見舞い-国民に心を寄せて-」DVD59分ですね。

37dce032a1ddbbf9825440d4a8fe7599.png


http://www.kikuyou.or.jp/dvd.html

あの日は神奈川県も大きく揺れました。

大した被害ではありませんでしたが、停電のため

家の前の道路は信号機までが止まりました。

テレビは映りませんし、ネットもダメでしたから情報が分からない。

その日はたまたま妹が秋田県へ行っていましたが、連絡が取れず消息不明

それでも3月11日の時点ではここまで最悪な状態だと想像すらしていませんでした。

幸い翌日には妹と連絡が取れたのでほっとしました。

でも地震の被害を知ったのも翌日でした。

まさかあの揺れがこれほどの被害を与えていたことに愕然としました。

日本の歴史が変わりました。

被災地ではない私の家の近くのお店では乾電池が無くなりました。

ロウソクも仏壇用の小指位の細いものすら店頭から消えました。

ドラックストアやコンビニが営業時間にも関わらず商品が入ってこないために臨時休業していました。

ガソリンスタンドも開いていません。

新聞では被災地の家を無くした方のために東北以外の地域の人たちが家の間借りを募集していました。

首都圏ですらこうでしたから皇族だって状況は分かっていたはずです。

にも関わらず両陛下はすぐにお見舞いに行きたいと言いました。

そしてすぐに実行しました。

次男一家も同じようにすぐに行動しました。

でも、皇太子ご一家は落ち着いてからお見舞いにいらっしゃたことを叩かれた。

行けば迷惑になることくらい分かったはずです。

自己満足で行動されても困ります。

阪神大震災の時に、喜久子さまか勢津子さまか定かではありませんが

「私が行っても役に立たない」と自分のそれまでの経験で培った人脈を利用して医者や看護師を現地へ派遣しました。

行くことも大事ですが、それは一時のこと。

皇族が来れば被災者は励まされますが、同時に貴重な物資や費用が使われていることも忘れていけないと私は思います。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己中心

美智子皇后は精神的に成長されなかった、この事が残念です。自分の感情のみで動き、客観的な判断ができない。ご自分の行動がどのような結果を引き起こすかのイマジネーションが不足しています。あのような被災地に訪問して私の姿をみれば励まされるだろうと思う独りよがり。訪問されようが、されまいが、被災者は生きるためにがんばるんです。

常々、あちこちの訪問に莫大な費用をかけるより、例えば美智子基金でも設けて、震災孤児の教育費にあてるとかのほうがよっぽどありがたいと思うのですが。音楽がお好きならば、被災地の皆様に定期的に無料コンサートのプレゼントをするとか、、、ご自分だけ楽しむのじゃなくて。

美智子皇后は家族一同憧れの方だったので、ワンパターンの行動が残念でなりません。

慈愛の押し売り

平成の象徴夫婦については、今や日本の恥の象徴としか思えませんわ。

例えば、身近な人が病や事故で倒れて、そこにお見舞いに行ったとして、
「お見舞いに行った私の姿、写真集」を作ったら、どうでしょうかね?

狂ったナルシストと思われ、友達なんか誰もいなくなるよ。
タレントだって、自分のボランティア行為のDVD化なんかしないよね。
しかし、平成の天皇・皇后なら許される。

さらに、気分悪いのは、
「国の安寧を祈る祭祀王」であることをウリにしてた時期があるくせに、
日本に起きた天変地異に対して「申し訳ない」っていう気持ちが感じられないんだよね。

「慈愛の押し売り」を許してしまっている「偏向報道マスゴミ」や、
「そんなマスコミしかもてない、日本という国」を含め、恥ずかしいっす!

出版元の「財団法人菊葉文化協会」は、平成5年に発足後、
はじめは「桂離宮」のパンフレット作りなど、まあ、日本文化に役に立つかな?
ということをしていたのが、
平成16年あたりから、象徴夫婦の「図に乗った行い」の後押しをし出した気がします。
http://www.kikuyou.or.jp/ayumi.html

この頃、菊葉文化協会の理事長が、「富田メモ」で有名な富田朝彦元宮内庁長官から、藤森昭一になり、
その後、ノーパンしゃぶしゃぶでお馴染みの湯浅利夫になってます。

「平成流」の「サポート体制」が見えるようで気持ち悪いでござんす。

この二人、本当に頭悪いんじゃないかと思ってしまいます。

自分達が何をしないといけないか、どうあるべきか、何が重要か、などの判断力や理解力、なさすぎませんか?!

先の祭祀にパラオもそうですが、ピントがずれてあきれます。
ご年齢から祭祀を減らすのは仕方ありませんが、何故体力のいる海外へ? 理由と行動に一貫性がありません。
それに宮内庁なり、誰もアドヴァイスしないんでしょうか?

それとも、自分達の顔を見ればみんな励まされるとか、国際情勢にも良い影響を与えられるとでも?
だったら勘違いな自惚れですよ。

このところ在日系野党が不穏な画策を練って、天皇の権威をやたらオーバーに国民にアピールしてますよね。 何か裏がありそう・・・
国民は要注意ですね。

でも、バカは利用しやすいのかしらん?


No title

こんばんは
いつも楽しく拝読しています。

被災地慰問については台所でも書かせていただきましたが、ここでも再び書かせていただきます。

あの当時 「両陛下は、こんなにも沢山いっぱい慰問したんだよ!」 と褒めまくった記事が出ました (43日間に避難所11箇所、3300人を見舞いし、460分お話されて…とかいう記事です)
で、ガネ婆は計算しました。


43は、まやかし数字
   現地への見学回数は7回(7週連続・全行程日帰り)

11カ所を訪問
   7日で11カ所なら、1日につき1カ所で、多くても2カ所

3300人を見舞う
   11カ所だから、1カ所に約300人

460分の会話
   11カ所だから、1カ所では40分以上45分未満

1カ所に300人として、切りよく45分の会話としても、1人あたり1分も話せない。
………となれば、ある程度まとめた人数への話しかけとなるから、

100人単位を3グループとすれば、1グループで15分おしゃべり
30人単位を10グループとすれば、1グループで4分半おしゃべり
10人単位を30グループとすれば、1グループで1分半おしゃべり

どれだけピカピカに磨き上げられた床の綺麗な避難所でも、それだけの人数と話すとなれば、それぞれ動く時間が要るから、おしゃべりタイムは実質もっと短くなる。

なんだかな~ って感じだわ。




そして。
被災地に駆り出された警官、消防隊員、自衛隊員ですが。
この人達は完全無俸給で被災地まで来ているわけではありません (「うわ~ タダで助けてくれた! 救助費の請求書ないよ! 日本ってええ国やなぁ~♪」 なんて喜んでいる場合ではありません)

この人達が被災地派遣されるについて、少額ですが、ちゃ~~んと、そういう名目で支給されて俸給にプラスされています。もちろん所得税も取られますが。

つまり、警官、消防隊員、自衛隊員への俸給は予め決められている。
でも、災害派遣に行けば、そのぶん出さねばならない。
でも、そのための予算は考えられていない。
ではどうする?
その予算を捻出するために、特別会計だか何かを計上して手当を捻り出すのですが、それはつまり国民の血税から出ているのです。

あの未曾有の大災害において無料でヘリが飛んだりジープが動いたり重機が動いているわけではなく、無料に見えるけど実際は血税を使って動かしているのです。

それを理解していれば (今までも数多くの被災が起こっていますし、そういう事に関する御進講を受けて知っているはずですから) 「自分が自衛隊の車とかで現地に行くよりも、先ずは、自分の体重と同じ重さの支援物資を運んでほしい!」 と考えるものでは?  と、いつも私は思うのです。


ヘカテーさま
>皇族が来れば被災者は励まされますが、同時に貴重な物資や費用が使われていることも忘れていけないと私は思います。

確かに 「両陛下の励ましはプライスレス」 と感じる被災者もいるでしょう。
でも、私も 「大名行列しながら出す言葉よりも、ミルクを、食糧を、医者を、医薬品を、オシメを、暖かい毛布を、そっちを届けるのを優先してくれ!」 と思います。

ものすごく勉強になりました。すぐにでも被災地に赴いて励ますことが美徳と思いこんでいる人々への警鐘ですね。そりゃ、メディアにもとりあげられるし、目立つから慰問した気になりますが、される側はそれどころではなかったりする、こんな当たり前のことに気づかせてくださり、ありがとうございます。
もしかしたら、天皇陛下の手術後、次男夫婦がいち早く見舞おうとしたのを「順序が違うのでは」とあえて憎まれ役を買ったのも、本当は陛下がまだ自分の見苦しい姿をみられたくないのではと思いやったからなのではないかと想像しました。皇后や殿下たちなら夫婦、実の親子だから見られてもいいけど、嫁になんて普通の神経なら嫌ですもんね。



シリーズ化されるかも

v-136 3.11慰問DVD

v-137 ○○土砂災害慰問DVD(○○には被災地の土地名が入る)

v-138 ○○戦没地慰霊訪問DVD 国内編・海外編(○○には戦争激戦地名が入る)

v-139 ○○訪問DVD 国内編・海外編(○○には二人が旅行した地名が入る。 1都市につきDVD1枚で編集)

v-140 宮中三殿での祭祀DVD(平成になってカメラが入り録画することを許されて宮中祭祀を完全録画。 さまざまな祭祀を、1つにつき1枚のDVDに完全録画)

v-141 式年遷宮における祭祀DVD(平成になってカメラが入り録画することを許されて、式年遷宮における儀式の全てを完全録画。さまざまな儀式を、1つにつき1枚のDVDに完全録画)

v-142 皇后美智子の装いDVD(東宮妃時代から皇后になられてからお召しになった全ての衣裳を完全録画。国内外の女性すべての手本になる衣裳)



そのようなDVDがシリーズ化されて発売されたとしても、不思議に思うことはあるまい。

田舎婆 さま、さくらの記章さま、みかさま、ガーネット さま

コメントありがとうございます。

>常々、あちこちの訪問に莫大な費用をかけるより、例えば美智子基金でも設けて、震災孤児の教育費にあてるとかのほうがよっぽどありがたいと思うのですが。

良子さまならご自分の絵をサザビーズに出品してその収益金を被災地へ送ったりするでしょうね。(ヤフオクじゃないよ(笑))もしくは「ケチケチしないであなたたちも売れるものは出しなさい」とチャリティーバザーを開いたりとか。

>タレントだって、自分のボランティア行為のDVD化なんかしないよね。

そうやって考えると日本の象徴夫妻がやっていることって反感買って当然ですよね。信じられない!

>ご年齢から祭祀を減らすのは仕方ありませんが、何故体力のいる海外へ? 理由と行動に一貫性がありません。

答えは簡単、「パラオって行ったことなんだよね~。海がきれいとか言うからさぁー、死ぬ前に行かなくっちゃね」と軽ーい気持ちで考えたのでしょう。


ガーネットさま、ガトーショコラさま、塔レコード さま、

コメントありがとうございます。

>で、ガネ婆は計算しました。

ガーネットさま、すごい!着眼点が違う!記事にして紹介させていただきます。

>もしかしたら、天皇陛下の手術後、次男夫婦がいち早く見舞おうとしたのを「順序が違うのでは」とあえて憎まれ役を買ったのも、本当は陛下がまだ自分の見苦しい姿をみられたくないのではと思いやったからなのではないかと想像しました。

昭和天皇の時はその弟の宮妃の方(勢津子さま、喜久子さま、百合子さま)はすぐにでもお見舞いに飛んでいきたいけれど、我慢して落ち着いてから行ったんですよね。やっぱ、昭和は違うわ。

>そのようなDVDがシリーズ化されて発売されたとしても、不思議に思うことはあるまい

デアゴスティーニから出てきそう。毎週発売、第一巻は980円とかで。

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR