fc2ブログ

列外派星くず日記

―令和の天皇ご一家を愛する者たちが集う皇室ブログ―

Entries

「正田家と疎遠だった」と令和四年になっても嘘を付く

『女性自身2022年11月1日号』が大嘘垂れ流しているのでその嘘を暴いてやろう

記事タイトル 【初公開】美智子さま「どうしたら絶望しないで生きていけるのか」知人に語られていた皇后の苦悩

ミテコさまの知人Aという人物がミテコさまと正田家について話すという内容なのですが、間違いが大ありです。

【引用始め】
《わたくしは歴史のなかで皇后が家族を引きずってこなかったという唯一の例です》(Aさんが伺った美智子さまのお言葉、以下同)

「美智子さまは“皇室の歴史はお嫁さんの歴史”だとおっしゃっていました。たとえば平安時代の藤原氏は娘を天皇の妃にすることで権勢を誇っていました。皇后となってもその実家と密接な関係にあった、ということです。

だからこそ美智子さまとご実家の正田家は、“皇后と実家”を切り離さなければならないという意識を強くお持ちだったそうです。

《父も母も、『私たちが唯一やってあげられることは皇室のまわりにいないことだ』と言っていました》
美智子さまはそうおっしゃっていました」

【引用終わり】

はい大嘘です

全く正田家との繋がりは切れてません

以前取り上げましたが、『週刊現代 昭和35年3月13日号』に掲載された記事「皇孫ご誕生と正田家の一年」によると昭和天皇と香淳皇后よりも早く正田冨美が宮内庁病院へ行って出産を見届けてます。
(ニュース映像も残ってます)


平成の皇太子妃が出産された際に「両陛下よりも実母が先に病室に行くとは!!」と男系男子カルトや秋篠信者は小和田家と令和の皇后陛下を叩きましたが、何のことはない昭和の皇太子妃も同様でした。

また『週刊現代』の上記記事にはこのように報道している。
【引用始め】
冨美さんが特に心を痛めたのは、美智子妃のつわりがひどかった昨年の夏から秋にかけてである。美智子妃が東宮御所に滞在していた故もあるが、冨美さんも例年軽井沢に避暑に行くのをとり止めて、三日にあけず御所に通ったという。皇太子が日光などへ一人で旅行された時などは「淋しいようだから、遊びに来てくれるように」とご自身で正田家に電話をかけて来たこともあるという。
【引用終わり】

平民の正田冨美が東宮御所へほぼ日参し、明仁皇太子もそれを求めていた。
昭和天皇と香淳皇后がそれを許していたから出来た事だ。

これ以外にも『文春オンライン2019年2月24日』に掲載された元宮内庁職員の家入建次郎氏のインタビュー記事「元宮内庁職員が語る「明るい東宮御所時代」と「天皇陛下に差し上げた“ぬるめ”のお茶」」にも正田家との繋がりが切れてない事が分かる。
https://bunshun.jp/articles/-/10641

家入氏のインタビューを引用してみよう。
【引用始め】
――皇太子ご夫妻は、地方行啓などで東宮御所を不在にされていることも多かったと思います。

家入 妃殿下のお母様である正田富美子さまをはじめ、秩父宮さま、高松宮さま、三笠宮さまが「お慰め」に東宮御所へいらして、一緒にお過ごしになっていた時期もありました。

【引用終わり】

孫の面倒を見る為に東宮御所に通っているではないか

オランダのハーグに住まわれていた小和田ご夫妻にオランダ静養の際に皇太子ご一家が久しぶりの再会をされたらマスコミや男系男子カルト並びに秋篠信者はヒステリックに叩いた。それに比べたら昭和の皇太子夫妻はなんて生ぬるい生活を送っていたのだろうか!
このような妄言は「久しぶりに両親と過ごしなさい」というオランダ王室の好意を否定している。
実に腹立たしい。

正田冨美自身も曽野綾子との対談記事でこのように語っている。
【引用始め】
「両殿下や宮様方のお誕生日にはお招きいただきお祝いに上がります。両殿下がこちらにおいでくださるのはごくまれですが、そのようなときは、東京にいる者はみんな集まります。孫まで入れますから、大変なさわぎになって」
『女性自身皇室SPECIAL増刊』に再録
【引用終わり】

これ以外にも正田冨美はマスコミのインタビューを受けてそれが記事になっている。
国立国会図書館のOPAC↓
https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/search?keyword=%E6%AD%A3%E7%94%B0%E5%86%A8%E7%BE%8E&searchCode=SIMPLE
小和田優美子さんが皇后陛下について語ったのはたった一回だけだった。

また父親の正田英三郎も正田邸で週刊新潮のインタビューに答え、『週刊新潮 昭和57年9月2日号』「美智子妃のご実家 正田家の「栄光のなかの孤独」」というタイトルで記事が掲載されている。
この記事内での正田英三郎の証言によると以下の通り

・正月や両陛下のお誕生日に宮中に招かれている
・外国の大使館と付き合うようになったし、大使主催のパーティーによく呼ばれるようになった
・宮内庁長官をはじめ、いい方が側近にいるから安心している
・美智子の具合が悪い時には一緒に葉山の御用邸でのんびり過ごした
・夏には軽井沢で自由に皇太子一家と会っていた
・日清製粉のテニスコートに皇太子一家を招いて一緒にテニスをした


娘が皇太子妃なった事でこれだけ得をしているのだ。

娘が皇太子妃になった事で駐米大使になれなかった小和田氏とは大違いだ(外務次官の最終的なポストは駐米大使。しかし皇太子妃の実父が駐米大使だと日米関係で問題が起こった時にややこしくなるからとワンランク下の国連大使になられた)。

明仁皇太子夫妻が伊勢神宮&神武天皇陵参拝を終えて原宿駅に到着した時には正田夫妻が出迎えているし、昭和37年の明仁皇太子夫妻の東南アジア訪問の際にも空港で見送っている。

f485baa69bf5893fcdc623fe4fa88edb.png


またこのように皇族の集まりにも出席している。
過去記事 ある晴れた日に親戚一同が集まって
皇太子夫妻訪米記念


浩宮さまの加冠の儀にも招かれている。


正田夫妻と明仁皇太子一家
16662741260.jpeg
正田家
3bec63f3f09ef9c0b51657ae14b11aee_20161014221948069.png



『文藝春秋 2009年5月号』に掲載された奥野修司著「新証言 母富美子さんと密会のとき」正田家の元使用人の証言は以下の通り
・美智子さまは正田富美さんが入院してから足しげくお見舞いした
「ご家族の中でいちばん多く見舞われたのは美智子さまかもしれません。美智子さまは時間が許すかぎり、本当によく見舞いに来られました。」
・昭和の皇太子夫妻はよくお忍びで正田家へ来ていた
「両殿下はお忍びでよく正田家にお見えになりました。皆さんが思っている以上に来られています。そのたびに私は、『手伝いに来てくれ』と呼ばれるのです。私の役目は侍従とか女官の相手をすることでした。お母さまは、お二人が見えられると、ほんとうにうれしそうなお顔をされていましたね。(中略)就寝時間があるのか、食事をすませると、お子様だけ先にお帰しになり、そのあと。両殿下はゆっくりとすごされました」
・電話もしょっちゅうしてた
美智子妃と富美子さんは思うように電話もできなかったといわれたが、婚約発表の直後、正田家にひかれた東宮仮御所との直通電話が、ご成婚後は富美子さんの部屋に移され、その後も使われていたという。(中略)
・東宮御所にも行っていた
電話だけではすまないときは、その足で東宮仮御所に向かった。お忍びも、皇太子夫妻が正田家を訪れるとなれば警察官を動員しなければならないが、富美子さんなら警護も必要ないから東宮も気がらくだったのだろう。
「仮御所には正田家の車で行っていました。あの頃はBMWだったかな。その前はオペルでした。仮御所へはお一人でいかれることが多いのですが、ときどき英三郎さんと一緒のときもありました」
・軽井沢が一番の楽しみ
「ご夫妻は千ヶ滝プリンスホテルにいましたから、南ヶ丘の正田家の別荘には簡単に来れます。」
・鎌倉にも別荘があった
「実は鎌倉に正田家の別荘がありましてね。それまでも両殿下が葉山に行かれたら。帰りには鎌倉の別荘に立ち寄られました。」

『正田英三郎小伝』171ページに掲載されている正田英三郎の傘寿を祝う会には明仁皇太子一家も出席している。
正田英三郎傘寿

どこが「皇室のまわりにいないこと」というのかね?


正田家にとって娘が皇太子妃になって得をした事がある。
閨閥だ。

それまでの正田家では相手にされないような家と閨閥を築いた。
昭和初期に、正田家は群馬県下でさえ納税額100位にも入っていなかった。
浜口雄幸首相の浜口家、昭和電工の安西家、クラレの大原家
ちなみに昭和電工が皇太子妃の実家に目を付けたのは同様の製品を作っているチッソが公害問題を起こしたのでその責任追及から逃れる目的があったからだ。

それ以外にも大使館やVIPが集まるパーティーに呼ばれるようになった。
1e644170.jpg



女性自身の記事はこれ以外にも嘘を付いている。
【引用始め】
1963年に美智子さまの“異常妊娠”が宮内庁から発表された。胞状奇胎という症状で、人工流産の処置がとられることとなった。
「精神的に非常に苦しんだ時期だったそうですが、美智子さまはそんなときでもご実家のお母さまにすら頼れなかったようです」

【引用終わり】

嘘を付くな

流産後、葉山御用邸で3か月間静養しましたが、その間父親の正田英三郎が付き添っていた。
内廷皇族の別荘である御用邸に平民が滞在したのだ。
平成の皇太子妃が1か月間実家の別荘で静養したら大バッシングされた事に比べたら何と優遇されているのだろうか
また、精神科医の神谷美恵子がカウンセラーとして付いた。
昭和天皇と香淳皇后の優しさだ。
翻って平成の皇太子妃はどうだったのかというと半年以上前から体の不調を訴えたのに全く取り合ってもらえず、今上陛下は人格否定発言をする羽目になった。これによってやっと精神科の専門医による診断を受けられるようになった。


『女性自身』の記事の嘘はまだある
【引用始め】
「ご自分を厳しく律して生きてこられた一方で、《これから皇室に嫁ぐ人には、わたくしのときよりはご実家と絆を持っていただきたい》と、思いやられていたことが印象的でした」
【引用終わり】

確かにお気に入りの次男の嫁は実家との交流があり、秋篠宮妃の実父OR実弟と名乗って講演会やら原稿を書いて稼がせていた。
しかし嫌っている跡取り息子の嫁と小和田家に対しては他人の口を借りて嫌味ばかり重ねてきた。


如何だろうか?
これでもまだ正田家は遠慮して疎遠だったと思うだろうか?


令和四年になっても相変わらず他人の口を借りて自分を良く見せようと必死になっている。
”美智子神社の神主”でミテコさま賛美し、香淳皇后秩父高松両妃殿下松平信子氏に「平民だからと虐めた」と汚名を着せ、令和の皇后陛下を皇太子妃時代貶めた渡辺みどりはこの間死んだけどな(絶対に許さん)

これが慈愛の皇后と言えるか?

思い返せば平成の東宮ご一家応援派がいくら事実を並べて説明しても聞く耳をもってもらえなかった。
一般人が書き込める2ちゃんねる、ヤフコメ、ガルちゃん、ニコニコ動画もひどかった。
(東宮バッシング時代のひどさは上記サイトを検索すると出てきます)
ヘカテーも耐えきれずに「そうじゃない。実際はこうだった」と書き込んだことがあったが、その時は狂人扱いされた。
一般人のヘカテーですら本当に悔しくてならなかったのだから令和の天皇ご一家や小和田家の方々はどれほど辛かっただろうか
しかし溺愛した初孫が起こしたマコムロ問題で一気に流れは変わった。
やっと話をまともに聞いてもらえるようになった。

平成の皇室はこのような時代だった
偽りを述べる者が愛国者とたたえられ

*コメントされる際には絶対にメールアドレスをコメントの「宛。」もしくは「メールアドレス」」に入れないで下さい!!全員に閲覧できるようになりますので絶対に入れないで下さい!!入れた場合コメントは削除します*
スポンサーサイト



Comment

嘘は何回つけば本当になる? 

ご苦労様です。そろそろ事実を知っている人が増えていますが、こうして整然と列挙されなければさらに通用するのが(意図的につくられた)噂。ご本人の頭の中ではとっくにこれで完結しているのでしょう。ただ大きな機会に確認を出さないと、当人もとりまきも不安で不満。
こんなことが大きく報道されるのは平和な社会だから???
  • posted by 米と麦 
  • URL 
  • 2022.10/20 23:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

「どうしたら絶望しないで生きていけるのか」→皇后陛下を絶望の淵に追いやったのはどなたですか?

「私は誰よりも忍耐強い」→高齢者あるあるの微熱や手のこわばり、些細な血栓程度でさも命の危機かのように大げさに騒ぎ立てているのはどなたですか?

皇太子妃時代から実家ベッタリ、新婚時と代替わり時に豪華な新築御所を建設、ド派手に着飾って国内外を漫遊したくせに、皇后になった途端、清貧・滅私奉公・慈愛キャラに大変身。

約60年かけて国民を洗脳し続けましたが、溺愛した初孫に盛大に足をすくわれましたね。
  • posted by こうちゃん 
  • URL 
  • 2022.10/21 02:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

本当に残念な方ですね 

今更「嘘吐いてましたゴメンナサイ」なんて言える筈がないので、今上御一家に対する謝罪など期待していませんが、この期に及んで嘘八百とは…どこまで晩節を汚す見苦しい生き物なのでしょう。
自分たちとは人間性・頭脳において遥かに優れる長男夫婦が跡取りで、普通の両親ならば誇らしく応援するでしょうに。やはり自分たちで育てていないから息子と思えない・その嫁は優秀過ぎて憎らしいということなのですね。小さい生き物です。自分たちで育てた子ども二人が皇族として出来損ないに育って、彼らは安心したでしょうね。抜かれることはないのですから。これ程の毒親が元国の象徴だったと思うと、本当に愕然とします。
両陛下が明日から沖縄を訪問しますね。また月いちのふくらはぎ速報を出して両陛下の話題を霞ませようと画策しているのでしょうか?
  • posted by 野萩 
  • URL 
  • 2022.10/21 12:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ヘカテー様
記事の更新ありがとうございます。また、理路整然とした記事内容に、お読みになられる方々はなるほどと膝を打つと思います。

美智子様の不思議な所は、これだけ証拠が有っても、
アテクシは親にも会えず、と言い続ける点です。

昔は愛のホットラインとして有名な直通電話、日清製粉ヘ家族連れだって行かれた映像、夏には軽井沢で礼宮と紀宮を保育園に入れて、テニスに、実家や友人との交流に明け暮れる映像などしっかりと流れていましたよ。
正田富美様はテレビや雑誌によく出ておられました。
ヘカテー様があげて下さるように写真もいっぱいあります。

何としても会えなかった事にしたいのは、もしかしたら病気……

  • posted by 匿名きぼう 
  • URL 
  • 2022.10/21 13:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

まだやるか 

帽子の婆さんが死んでやっとこの手の話もなくなるかと思っていたのにまだやるかって感じですね。
私が一番驚いたのは演奏会の写真。
え、横に座るの?と思いました。
これだけでもいかにけじめがなかったかわかりそうなものだと思うのですがねえ。
紀宮の授業参観に一緒に出かけていた写真もありましたよね。
  • posted by まる 
  • URL 
  • 2022.10/21 13:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

騙されないよ 

ヘカテーさま
詳しい解説さすがです。
ガセブンもミテコ自身もアゲアゲに必死ですが、もう騙されません。「過ぎたるは及ばざるが如し」やり過ぎました。サッサと引越し、高輪で静かにしていればいい物を、脚光を浴びないと死んでしまう病なのでしょうか?
ジャーナリストS原さんの動画(私は登録も会員にもなってません)当初は桜○良○の著書が画面にあったりで、どうなのかとマユツバでした。最近奥様も加わり「ミテコさんはサイコパス」発言にはビックリ、そこまで言って大丈夫かと心配になりました。それなりに調べ、勉強すればA宮は✖️となるのは自然の流れです。
伝統破壊しまくりの皿さま、雅子皇后に男児を産んでほしかったのでしょうか?運良く第一子で男児を産んだ皿さまはやりたい放題でした。雅子さまが男児を産んだら、自分と同じようにやりたい放題するはずと思い、意地悪のかぎりを尽くしご懐妊とならないよう邪魔したが正解と思います。
971庁はご懐妊を望んでいたでしょうが。
それにしてもミテコさま情報、お願いだからもうやめて!満腹すぎて吐きそうです。
  • posted by 古希婆+1 
  • URL 
  • 2022.10/21 13:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

もの言わぬ写真が語る 

うううーーーーーん、記事を拝読して眩暈が・・・。
昭和、平成、令和と生きて、美智子様のお伽話というか幻影機を見せられ映像が終わったあとのような気分。
少々吐き気をもよおして来るような思いがします。

大人(当時の上司)から「平民から初めて宮中へお嫁入りされた美智子様は、意地の悪い(香淳)皇后陛下からそれは虐められたのよ」とか「だからいま皇后陛下はあのように(認知症気味)なられて…」などいろいろ聞いて鵜呑みにして来たことを今更ながら後悔しております…。
それに、写真って重要ですね。
文字よりも実はもの言わぬ不都合な事実を後々検証出来るので。
小和田氏は外務次官まで上り詰めた官僚ですので、あらゆるスジから情報が入っていらして出過ぎず閑かに皇太子ご一家をサポートされていらしたことが昭和の皇太子妃ご実家の並べるとお写真は語りかけていますね・・・。
又いくら昭和といえど、紀宮さんのお洋服はダサく、美智子様のお洋服はきれい…。
そして改めて見ると、紀宮様。
オタの界隈では皇族で紀宮様が初めて《ウスイホン》を描き、展示会出品してたーという噂話も真実味を感じるオタ臭のお写真。
趣味とはいえ、何故年頃の天皇家のお嬢様のオタ臭を拭うことをお母上が気にかけて差し上げられなかったのだろうかとつくづく思いました。
  • posted by 湧く水の如し 
  • URL 
  • 2022.10/21 16:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

もうバレてますけど…。 

文月今日子さんの漫画に描かせてるじゃないですか?流産なさった時は父君の正田さんと毎日絵を描いてたとか、神谷美恵子さんがカウンセラーとして来ていたとか。
全部知ってますよ。

私も当時は「美智子様お可哀想だったんだ」を信じでこの漫画も買っちゃいましたもん。文月今日子さんなんでこんな漫画描いたかな〜。ファンだったのでがっかりしました。誰とは言わんけど、いきなりハンサムに描いてあって、えー?この人だれっていう人も居たしね(笑)

それに普通の人でも「私は忍耐強かった」なんて自分からは言わないのでは無いですか。
忍耐を強いられてきた、今上天皇皇后両陛下は一度もそんな言葉おっしゃいませんよ。
尊敬する昭和天皇陛下、香淳皇后陛下も。

普通に考えてもおかしいと思いませんか。

思わないから仰るのでしょうが。

それなら相当困った方か、もう認知症でいらっしゃいますか。

また国民のこういう声を聞くと、御用達雑誌に反論を書かせますか?

そんなことを昭和天皇皇后両陛下、今上天皇皇后両陛下は一度もなさいませんよ。

「三代の天皇と私」を書かれた梨本宮伊都子妃、最初はなんと意地悪な方だろうと思いました。

でも、今は稀少な「三代の天皇と私」を読んでおいて、本当に良かったと思います。

当時民間から入内なさるということはそのくらいの覚悟があって当然だと言うことはご存じだったでしょう。
勿論、時代の流れはあります。

でも、貴女様とご夫君は間違えられました。

今までに無かった天皇生前退位を行い、二重権威と間違えられそうな上皇上皇后と名乗られ、上皇旗まで作った。
今上天皇皇后両陛下を呼びつけ、必要のない御殿を建てた。

これがどんなに国民の反発を食らっているかわからない。

国民に寄り添うとは、全く縁のないご行為です。

歴史が後で証明するでしょう。
平成時代は女帝の時代であったと。
次代の息子夫婦を摂政にすることも出来たのにしなかったと。

私達は令和の時代を生きることが出来て、本当に幸せですが、真の令和にはまだなっておりません。

二重権威を使って贅沢をなさるのはやめてください。

国民はもう、気持ちがどんどん離れています。

貴女の女帝の時代は、もう終わったのです。

静かに引退されてください。
  • posted by まりあ 
  • URL 
  • 2022.10/22 11:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

アテクシをミンカ、コラァ! 

お誕生日特集、テレ朝の夕方のニュースでやってましたよ。うっかりチャンネルを合わせてしまったら、それこそ婚約時代から始まって、延々と昔の映像ばかり流し続けて、終わりが見えませんでした。

この年になっても「アテクシをミテミテ」なんだなあと、ある種の感慨すら覚えました。

でもね、もう誰も騙されませんことよ。
(ヤフコメの冷たいこと、冷たいこと)

DVD抱いてお舟にお乗りあそばせ(^^)/

  • posted by 通行人β 
  • URL 
  • 2022.10/22 16:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

 ヘカテー様、またスッキリと事実をまとめて下さってありがとうございます。本当にいつまで懲りずに嘘をつきつづけるのでしょう…。まあ誰と結婚しようが、自分の親と近しくして悪いことはまったくないのですが、この方は「わたくしは歴史の中で皇后が家族を引きずってこなかった唯一の例」とか、嫁に来たら実家のことは忘れろみたいな男尊女卑のヤカラが喜びそうなセリフをしれっと言っておきながら、実は実家と親密にしていて、しかも実家は皇室を利用しまくった、というとんでもなさ。
 昭和、平成ところっと騙されていたおのれにも腹が立ちます。香淳皇后のおおらかな笑顔も絵を描いていらっしゃる時などの真剣なお顔も好きだったのに、まあどんないい人でも嫁姑問題は大変なのかな…(身近でもいろいろあったもので)と思ってしまったのも今思えば本当に悔しいです。
 それにしても、まったくファクトチェックを行わずに、こんなでたらめを垂れ流すマスコミも最低だと思います。
  • posted by ミカン猫 
  • URL 
  • 2022.10/23 22:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

正田皿婆ミテコの嘘を暴いてくださりありがとうございます。
この人は善人面した極悪人ですよね。
物凄く質の悪い人間だと思います。
アゲアゲ記事を見るだけで虫酸が走り寒気がします。
本当に正田美智子の存在がこの上なく不快でたまりません。
  • posted by ヘカテー様 
  • URL 
  • 2022.10/24 18:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
東宮応援派のハマコー改め新天皇応援派のハマコー
新天皇皇后両陛下並びに敬宮殿下を愛する鎌倉市民だにゃー
写真は悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@yahoo.co.jp
弁えずにジャンジャン発言します

コメントする際には絶対にメールアドレスを記入しないで下さい!!

最新記事

月別アーカイブ