昭和天皇のちょっといい話―良子さまへの愛―

素敵なお話を戴いたのでご紹介します。

ガーネットさまコメント

昭和天皇、香淳皇后の名誉を守る!

昭和の皇太子妃は
「宮中の古くからの慣例を打破する1つとして、乳人を頼まずに、自分の母乳を与えた。 なんて素晴らしいんだ!」
と賛美されました。

でも昭和天皇は
「夜は乳人が与えたが、昼は良宮も乳を与えたよ」 と仰った。
(私は、これは昭和天皇が香淳皇后の名誉のために発言されたのでは? 平成の皇太子殿下が人格否定発言されたのと同じでは? と思っています) 

でも、この発言は大きく取り上げられず、非常に残念に思います(それほど、昭和の皇太子妃は無条件でageられまくっていた、と考えられます)

以前に読んだ歴史読本という雑誌に、侍従(?)が
「陛下が皇后さまと御所で散歩されて、皇后さまが後ろを歩かれていた時です。水たまりがありまして、陛下は後ろを振り向いて皇后さまに 『良宮、そこに水たまりがあるから気を付けてね』 と仰ったのです」
というエピソードを紹介していました。

昭和天皇のエピソードって自然体で、ほんわり暖かい気持ちになりますよね。


ガーネットさまのお話を伺うと「昭和天皇っていいご主人だったんだなぁ」としみじみ思います。
もう、涙が出そうなくらいいい話です。
べたべたしなくても愛情あふれる家庭だったことがわかります。
なんでこのご夫婦の跡取り息子がアレなのか不思議です。
良子さまが言い返さないことをいいことにやりたい放題言いたい放題していた昭和の皇太子夫妻にご夫婦ともに苦労されていたんですね。

満天星さまコメント

パリのエピソード

私の好きな昭和天皇のエピソードはご成婚前のパリのお土産屋さんでのことです。

「山本、このエッフェル塔の模型を飼ってお寄与」と命じ、続けて「あのー、良子さんに・・・それから秩父さんやみんなにネ」

まず香淳皇后なのねぇ、とほんわかした気持ちになりました。
昭和天皇のエピソードはいいものばかりですね。


お二人ともありがとうございました。

テニスコートの出会いなんかよりも素敵なエピソードをありがとうございます。
昭和天皇の結婚は勿論純粋な恋愛結婚ではありませんが、やっぱり良子さまが好きだったんですね。
良子さまもその点は幸せだったと思います。
良子さまが立派な女性だったから昭和天皇もより立派な天皇にだったのかもしれません




b7d80a9b745e948a2948e2a69df99477.png

201b6f39dee8c62a6f3380dddb57e128.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

照宮さまが誕生された時のお言葉もそうですが、昭和天皇は、あの時代の方にしては女性に対して非常にお優しいなと思います。
変な男女差別意識みたいなものもお持ちではないですよね。
(ああ、それなのにどうして・・・以下、略)

私は、御所で映画の上映会が開かれたとき、暗いからわからないと思われたのか、陛下が皇后さまのお手を探して握られていたというエピソードが好きです(#^.^#)
皇后さまのお手をなでなでなさってたとか(ポッ)
しかも、皇后さまは恥ずかしがって手を引こうとなさってたらしいです。

侍従さんたち、映画を見ずに何を見ていたんだか(笑)

美智子さまは本当に母乳で育てられたのでしょうか。

美智子さまは宮中改革の一つとして、乳人制度を廃止され、ご自分の母乳で子供を育てられたと報道されています。

でも今になって当時の写真などを見返すと、それは本当だったのだろうかと疑問に思います。

何故かと申しますと、皇太子徳仁親王videosや写真などを拝見しますと、浩宮徳仁親王が乳児なのに、母乳育児をされていると云う美智子さまは着物をキッチリとお召しなのです。

https://www.youtube.com/watch?v=J10AwTbAuns

生後五十日といえば、大人しい赤ちゃんでも、すぐに乳を欲しがる月齢です。

平民と東宮妃を同じに考えるものではありませんが、「一般家庭と同じように母乳で育てている。」と云うのが事実であれば、着物をキッチリお召しになりながらの育児は大変なのではないでしょうか。

ましてや母乳が滲み出れば、当時のことですので、重ねたガーゼなどを当てて着物に母乳シミができないようにされたと思いますが、そのような苦労をされたと云う報道は無いようですし。

昭和天皇のご名代としてアメリカ訪問が既に決定していたので、生後五十日前には断乳していたとなれば、キッチリお召しの着物姿は納得できるのですが.........。

母の愛

auxiliaさまが疑問を持たれるのも、もっともかと思います。
若い方の中には、乳人制度について誤解されている方も多いのでしょうね。

結論から言って、美智子さまは完全母乳育児ではありません。
母乳と粉ミルクの併用なのは、昭和のころから周知の事実です。
美智子さまが授乳できないときは、看護婦が哺乳瓶でミルクを飲ませていたのですよ。
それなのにいつの間にか、私の母乳以外一滴も飲ませてません!(キリッ に、なってしまいました。

そんなに、母乳育児にこだわりを持っていたなら、雅子様が敬宮様のために育児休暇を取りたいと望まれたときに、何故お許しにならなかったのでしょう。
不思議だと思われませんか?

妃と育児。

昭和天皇香淳皇后は、内親王方のことは6才(初等科入学)までお手元で育て、その後は御所と同じ敷地内の呉竹寮にお引っ越し。しかし、週に一度は一緒の時間をお過ごしになりました。
乳人は、まあ、ナニーのことです。
ちょっと問題なのは親王方。
「立派な軍人に~」と、3才にもならぬうち軍部に取り上げられ、ろくに会わせてももらえなかった。義宮は病弱でしたから、小児麻痺以降は除外されたかもしれません。そんな弟への嫉妬が今上の心の底にあるのか?と思ってます。
雅子妃が母乳を与えることを禁じられたのは、早く次の子供を妊娠させる為でしょう。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR