デザイナーに問いたい

844d0ee75e9405f5113650f40c3b2de4.jpg

Japanese Crown Prince Naruhito With Parents Prince Akihito and Princess Michiko In 1960
http://www.gettyimages.ca/detail/news-photo/crown-prince-akihito-with-wife-crown-princess-michiko-with-news-photo/140075432


海外のサイトで見つけた一枚

抱っこされているのは浩宮さま

はい抱っこしているママに注目

707e478c596c8fb3877bb19d62bc944e.png


なにその帽子

どう考えてもデパートじゃ売っていないものです。

それとも勢津子さまや喜久子さまに苛められてこんな帽子を被らされたのかしら

浩宮さまの抱っこの仕方がぎこちないような気がするのは私が意地悪なだけでしょうか
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

常陸宮さまが心配ですが、昭和天皇と良子さまの素敵なお話を教えていただけてほっこりしていました。

が、なにこれ(笑)

今一歳になる娘を育てているのですが、この抱っこありえませんよ。
身体をよじれさせて抱くなんて、お皇太子さまが苦しくなかったのか心配です…
ぷくぷくとした皇太子さまのお姿から、まだ抱っこされてじっとしている時期だと思われます。
はいはいなどするようになれば身をよじって降りたがったりしますから、こういう体勢もわからくないですが…ね……
赤ちゃんを抱えるにしては高いヒールを履いて階段を降りるから、しっかりと抱き抱えたかったのでしょう。落とさないようにとの配慮という点なら、別にケチはつけません。
ですが、このアテクシが産んだ男の子の顔はなにがなんでも見せねば!などと思っていたのかもしれませんね。

コサージュ

美智子さん、皇太子妃当時から、子どもたちと一緒に遊んでいるときも、胸元に大ぶりのコサージュやブローチ、長めのネックレスなんかをよく付けてました。

小さい子供を抱っこするのに、こうした装飾品は邪魔だし、針が付いているものは危ない、というのは母親の常識。

この写真でも、浩宮さまの顔にコサージュがあたってる。
赤ちゃんをだっこすると、自分の左胸のところに赤ちゃんの顔がくるのはあらかじめわかると思うんだけどね。

日常的に子育てしてると、無意識にこういう装飾品は避けるようになるのが普通でしょうに。

普段、あまり抱っこなんかしてなかったんじゃないかな?

別の写真で、紀宮にピアノを教えているようなシチュエーションで写真撮影されたものでも、やはり、胸に大きなコサージュ。
かなり不自然な感じだったので、とても印象に残ってます。

子供のことより、自分の見栄えが第一なんですよ、この方は昔から。

60年代の流行だけど~。

1960年代、欧米の映画女優のかぶりものは奇抜でしたよ~。
ロミー・シュナイダーとかシルバーナ・マンガーノとか。でも、それは映画の中での扮装やパーティーシーンでしたなあ。赤ちゃん抱いて、奇抜なファッションはないわ。
私が平成の皇后陛下に好意を持てなかった理由のひとつに、小さい我が子の相手をしているのにも関わらず、それらしくない奇抜な服装ばかりしていた、なんで?てな違和感があります。直径1メートルの帽子、あったよね。
あとは、単純に「こんなママ、授業参観に来てほしくないなあ」。皇太子殿下世代なもので。いや、いつの時代でも嫌だ。現代なら、子供は泣くよ。
それと、末っ子の一人娘のサーヤ(紀宮)、年頃になった彼女の服装の貧相さは語り草よ。

ベタベタ触らないで

>浩宮さまの抱っこの仕方がぎこちないような気がするのは私が意地悪なだけでしょうか

ぎこちないですねぇ。それと、動画でキャサリン妃がジョージ王子に巻き毛を崩されて前抱っこに変える俯いた瞬間、物凄く怖い顔してましたけど、ミテ子様もよだれの付いた手で触られたりオシャレを崩されるの嫌いなんじゃ?遠ざけているように見えますもん。

帽子は・・・ミテ子センス100%かと。デザイナーに罪は無い筈、賭けてもいい!w

大事なのは自分のことだけ

「預かれる宝うんたらかんたら」と詠んだ割には赤ちゃんの抱き方、変ですよね。
ヘカテ―様のおっしゃるとおりだと思います。
大事な大事な赤ちゃまなんだから、もっと胸にしっかり抱かなくては。
赤ちゃんが大事というより、赤ちゃんをだっこするアテクシを綺麗に撮ってね、というのがアテクシさまの気持ちでしょう。

それに、どうして腕にでっかいブレスレットしてるんでしょう。
赤ちゃんの足に当たって痛いんじゃありませんか。

パパはなんだか冷淡な顔してるし。

暖かい雰囲気がまったく感じられない嫌な写真です。

美智子さんの服や帽子が奇天烈なのはお約束だからいまさら驚きませんけど。

No title

ナニーは赤ちゃんの世話をする時、指輪やブレスレットなどのアクセサリーは勿論、腕時計すら付けない。理由は「そんなものを付けていたら、赤ちゃんの柔らかい皮膚を傷付ける恐れがあるから。」なのね。

美智子妃はブレスレットと指輪しているのね。それに何だか抱き慣れていないように見えるような。預かれる宝なら、もっと大事そうに大切そうに抱っこしてほしいな。

それにしても時代を感じる帽子だけど、屋内でも帽子かぶるのは皇族のマナーなの?
平安時代は、男性が人と会う時は烏帽子などかぶるのがマナーだったらしい。(伏せっていた柏木は夕霧に会うために、病床にいながらも烏帽子をかぶっていた。)

預かれる宝を抱きながら階段を下っているので慎重になっているんだろうけど、それでもなんだか母親の慈愛みたいなのは伝わってこないし、なんだか冷めてそうな顔してるのね。


No title

写真をみて思うこと。

このあんちゃん、自己陶酔型だね。自分で自分のことカッコイイと思ってるよ。
で、カッコイイと奉られるのが大好き。
それに値するだけの知性と努力はさほど感じられないのが残念(要するにチャラい印象)

で、隣のお嬢。
しおらしくうつむいているけど、絶対気が強い、目立ちたがりタイプだね。
しおらしいアテクシ、貞淑で清楚なアテクシに陶酔しているだけで、中味はそれほど清楚でも貞淑でもないと思うな。
だって、とっても目立つ衣裳をうれしそうに着ているし、子どもの抱き方も、うまくないというか、子どもが可愛いって思っている様子が感じられないんだもの。

お似合いの若夫婦ではあるけど。

写真は雄弁ですね。
さすが、ヘカテーさま。
良い写真を見つけていらっしゃる。

昔、頭の上には

今はやりのカップケーキを載せてるのかと思いましたわ。
でなければヤドカリですね。

あまりにも珍妙なファッションを見過ぎてアメフト選手風の肩パッドでないだけで安心してしまいました。
よく見たらアクセサリーをしっかりつけていてびっくり!

きっと撮影が終わったら女官に浩宮様を渡してしまうんでしょうね。

ありえない姿の美智子妃

いつも楽しく拝見させて頂いております。

美智子さんのありえない姿いっぱい残ってますよね。

私が最も「ありえへん!」と思ったのは、お台所で拝見

したのだったと思いますが、さーやとおままごとしてる

写真でした。

おままごとするのに、着物きて割烹着着てたんです

よ!?ありえない‼ おままごとの主役はさーやのはず

なのに、、、、

また、写真の抱っこの仕方ですが、抱っこされてる皇太子殿下の月齢がわかりませんが、もう首がすわってるのに横抱きなので、嫌がって体をねじってる可能性もあるのでは。赤ちゃんて、首がすわると縦抱きにした方が喜びますよね。どちらにしても普段子育てに関わってないから、変な抱き方しか出来ないというのは間違いないと思います。

視線の先

ハイヒールを履いて赤ちゃんを抱いて階段を下りているので俯いているのは分かる。でも足元に視線がいっていない。足元を見ているわけではない。
モデルばりの階段下りポーズで夫の隣で一歩引いて控えている風を装っているように見える。それか大事な親王様を抱いた神妙なワタクシというところかな。

撮影終わった途端に、さっと女官さんに預けたんだろうな。そんな感じ。

丼 大西様。

婦人の帽子は、室内でもかぶっていてOKです。
ただ、美智子様はお若い頃、スカーレット・オハラ並みの直径1メートルはありそうなんをかぶってらした。
室内では、隣の席の人、邪魔だったろなあ…。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR