「奥尻から何にも学んでないな、バーカ」と言った天皇

こんなコメントを戴きました。

ところで、 天皇が、「奥尻を見習って逃げればよかった云々」というコメントが、いつどこで、どういう言葉だったのか、正確に知りたいです。

私もちゃんと調べねばと思って調べました。

ありましたよ。

天皇陛下お誕生日に際し(平成23年)

(東日本大震災があって悲しかったわーと発言したのち)

歴史を振り返ると,我が国は,今回の地震津波災害とほぼ同じ犠牲者数を記録した明治29年の「三陸地震」を始めとし,これまでにも幾度となく地震や津波による災害を蒙こうむってきました。しかし,時の経過と共に,次第にその記憶や認識が薄れてきてしまっていたように思います。私が津波の恐ろしさに接したのは,平成5年「北海道南西沖地震」のお見舞いに皇后と共に奥尻島を訪れたときのことです。島は地震と津波で大きな被害を受けており,200人以上の死者,行方不明者が生じていました。少しの地形の違いでも,津波の高さは場所によりかなり違うこと,自動車で逃げようとした人が渋滞で助からず,歩いて高台に上がった人が助かった等と聞いたことが記憶に残っています。記録には津波の高さは青苗の市街地で10メートルを超えた所があると書かれていますから,もしこの度の被災地域の人が,奥尻島の津波災害の状況を更につまびらかに知っていたならば,一刻も早く避難することにもっと力を注ぎ,より多くの人が助かっていたのではないかと残念に思われてなりません。この度の津波災害においても,避難訓練と津波教育が十分行われていたところほど被害者が少なかったと聞き,施設面の充実と共に,今後も避難訓練と津波教育が十分に行われ,災害に当たり少しでも多くの人が危険から守られるよう願っています。

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokanso-h23e.html


これですね。

被災者や遺族の方が聞いたら怒るわ。

これに対してこんなコメントを戴きました。

記事にさせていただいた匿名さまのコメント
(過去記事 被災者の冷静な皇室へのまなざし

それから、天皇の「奥尻を見習って逃げればよかった云々」のコメント。それを知った時(自分はリアルでは聞いていません。後から知りました)。
みんなね、逃げたんです。必死で逃げたんですよ。そりゃあ油断していた人もいたかもしれない。第一波はそれほどじゃなかったから。でも逃げたんです。逃げたけど逃げ遅れた。逃げるより先に津波がきた。
水門を閉めるようとした地元消防団、、住民の誘導をしようとしてその場に残った駐在さん、寝たきりの家族や近所のお年寄りを置いていけなくて残った人達、取り残された人を助けようとして引き返した人達。
避難した先で津波にのまれた人達。
津波は、川を伝って海の見えない山沿いまできたんです。
それなのにどうしてあんな言葉を言えるのか。
慰めているのか、傷つけているのか。


この記事に寄せられた大漁旗さまコメント

友人の実家が気仙沼でした。

家の中に2.7メートルの水が入りました。
水が引いてから見に行くと車が2台家の中に入っていたそうです。
水に流され、炎を上げる気仙沼を見た友人はもう気仙沼は終わりだと思ったのです。

一家は避難所に入りました。
こちらから必要なものは送るから言って欲しいと連絡しましたが、一人当たりの場所はとても小さなスペースで物を置く場所は無く、寒さの対応としてダウンを一枚持ってきたから大丈夫と断られました。
それほど狭い中で数カ月暮らしていたのです。

家はボランティアの大工さんによって半年後にある程度修復されましたが、その段階では泊まることができないため避難所を出ることができませんでした。

その後もテレビでは復興が進んでいると報道があるけれど、あれは一部でほとんどは何もないということです。
一度生産が止まった海産物関係の工場などは流通ルートが途切れてしまい、相手側は新しい取引先を見つけており、再契約をしてもらえないそうです。
そのため生産を開始できても結局廃業するところが多いのです。

また心に負った傷は簡単には治りません。
阪神淡路大震災の傷を未だ抱えている人を知っています。
同じように311の傷は長く尾を引くと思います。


そんな大災害の時に陛下はビデオ撮影をする余裕があるのですね。
噛んだらやり直し、写りが悪いとやり直しをする為でしょうか。
「奥尻を見習って逃げればよかった」と言うのならば阪神淡路大震災の時に多くを学び311で活かせるようにするべきだったのではないでしょうか。


被災地のことを知っている方のコメントは非常に重い。

この現状を知ると如何に今上陛下の発言が軽いかがわかります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

皇后よ、あなたもか、、、

皇后陛下お誕生日に際し(平成23年)

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokaito-h23sk.html


>災害発生直後,一時味わった深い絶望感から,少しずつでも私を立ち直らせたものがあったとすれば,それはあの日以来,次第に誰の目にも見えて来た,人々の健気で沈着な振る舞いでした。

>非常時にあたり,あのように多くの日本人が,皆静かに現実を受けとめ,助け合い,譲り合いつつ,事態に対処したと知ったことは,
>私 に と り 何 に も 勝 る 慰 め と な り,気 持 ち の 支 え と な り ま し た。

>被災地の人々の気丈な姿も,私を勇気づけてくれました。

>3 月 の 2 0 日 頃 で し た か,朝6時のニュースに郵便屋さんが映っており,まばらに人が出ている道で,一人一人宛名の人を確かめては,言葉をかけ,手紙を配っていました。「自分が動き始めたことで,少しでも人々が安心してくれている。よい仕事についた。」と笑顔で話しており,
>こ の 時 ふ と,復 興 が 始 ま っ て い る,と 感 じ ま した。



被災者達が必死になって頑張っている姿って、慰めになるの? 支えになるの?

あの大惨事から10日も経ってないあの状況なのに、復興が始まっていると感じたの?

今上陛下と同じく、皇后の発言も軽いというのがわかります。

祭祀

今上夫婦はあれだけ祭祀をアピールするのですから、「私に徳が足りないせいでしょうか?」と恐懼しながらひたすら祈っていればいいんですよ、真面目な話。
今日の秋篠宮の会見でも思いましたが、口を開かせちゃ駄目です。
ろくなことを言いやしない。

>明石焼きさま
その発言、すごいですね!
世界は自分の為にある人の言葉ですね。復興に勇気づけてもらうのが自分かい!言い回しだけで十分伝わります、自己チューが。

点のも。人の痛みを全然理解しない、できない、しようとしない人であることがよく分かります。そしてなんて偉そうなんでしょう。
雷でも直撃してしまえ!同じことが言えるのか!逃げればよかったんですよ。建物の中に。なんで学んでなかったんでしょう?経験を共有しましょう?…言ってやりたい。

その時写すべきもの、発信すべきもの

非常時に自衛隊ヘリを使ってまで現地へ行っても、このご夫婦はきっと悲惨な場は見ていないのだと思います。

日本のマスコミは、本当の凄惨な状況は伝えない。
私も東京でヌクヌクしていた立場なので申し訳ないのですが、震災の写真を仕事で沢山見た友人は、怖ろしすぎて寝られなくなりました。現地でも、流れついた遺体を見ると、失神する人が沢山出る状況だったとも聞きました。

その状況をしっかり視察していたら、こんなお軽い発言はできないと思う。

周囲が気を遣って程度の良い場所を見せ、それに安住し、かつ慰問している「自分たち」をビデオや写真で撮らせる余裕があったんだもん。

ロバート・キャパなどの戦場カメラマンは、「悲惨な現実」を世界に発信するために、人を助ける前にシャッターを押すしかない。そういう自分達を責めたという。キャパも沢田も、戦場で弾に当たってついに命を落とした。

だけどさ、今上夫婦が、現場の人助けの手を休めさせ、撮影させ発信したのは「慰問している慈愛のワタシタチ」ですよ。流れついた遺体が山積みになっている被災地で、自分たちに向けてシャッター切らせてたなんて、気が狂っていると思う。

その後に、「逃げなかった人達が悪い」「訓練が足らなかった」と発言するなんて、酷薄を越えて、人間としての共感性が異常だと感じます。

「東電に感謝」

この発言も無かった事にされてるけど、福島県民は忘れていませんよ。

(珍)玉音

>そんな大災害の時に陛下はビデオ撮影をする余裕があるのですね。
>噛んだらやり直し、写りが悪いとやり直しをする為でしょうか。
 
私は茶皿は逃げたと思ったわ。
原発が爆発したものね
その後2chで茶皿、ゴキとωくんが京都に行ったとうわさになった。
新幹線、飛行機は外国人中心に凄い事になっていた。
車で京都に行ったとまで書かれていた。

・・・爺婆は最後まで国民と供にしろよ!と思った。

Re:(珍)玉音

>私は茶皿は逃げたと思ったわ。
>原発が爆発したものね
>その後2chで茶皿、ゴキとωくんが京都に行ったとうわさになった。
>新幹線、飛行機は外国人中心に凄い事になっていた。
>車で京都に行ったとまで書かれていた。


ビデオメッセージが生放送だったら、そんな話は出てこなかっただろうね。

でもビデオメッセージは録画だった。
なぜ録画にしたのか。
そこに居なかったからでは?

本当に「国民とともにありたい。」「苦楽をともにする。」と言うのであれば、被災地で被災者達と同じように避難所で寝泊まりしろとまでは言わないが、録画ではなく生放送でメッセージを送るべきだった。
ショックで滑舌が悪くなったとしても、リアルタイムで生の声でメッセージを送れば、「茶皿はωを連れて我先にと京都へ逃げた。」なんて噂は出て来なかっただろう。

阪神淡路大震災の時か?
NHKの男性アナが泣きながらアナウンスしていた。
見苦しいと言う視聴者もいたが、まともな心を持つ人間は「自分も同じように泣いている。悲しんでいる。」という共感を持ったはずだ。

雅子妃が阪神淡路大震災10年の追悼式で涙を流した。
みな、「雅子さまは自分と同じように忘れていないのだ。悲しんでいるのだ。」と思ったはずだ。




>2chで茶皿、ゴキとωくんが京都に行ったとうわさになった。

それはつまり「茶皿は国民とともに歩んでなどいない。」「茶皿は国民と苦楽をともにしていない。」と思われているんだよね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR