両陛下を嫌いになった理由

昭和天皇・香淳皇后の一番目のお子様をご存知でしょうか?

a0287992_3314588.jpg



Linda-Beech-seated-Princess-Higashikuni1.jpg


東久邇成子さま
結婚前は照宮成子さまでした。



今上陛下の一番上のお姉さまです。


学生時代は非常に優秀な女性で、

学習院の錚々たる女生徒たちも

「この方にはかなわない」

と敬意を払っていました。

9c441e7c46acdb470974f6bc9287e042.png



そして昭和天皇の側近たちも

「この方が男児だったら」

と残念に思ったほどです。

学業成績は極めて優秀、運動神経も抜群、性格もいいというまさにプリンセスの中のプリンセスでした。

こんな作文を残されています。

私はどういうめぐりあわせか高貴な家に生まれた。私は絶えず世間の注視の中にある。いつどこにおいても私は優れていなければならない。私は皇室を背負っている。私の言動は直ちに皇室にひびいてくる。どうして安閑としていられよう

皇族としての自覚を中等科5年生ですでにお持ちでした。

東久邇宮盛厚王に嫁がれました。

↓クリックすると大きくなります。
Higashikuni-no-miya_Wedding_1943.jpg


東久邇家は戦後の臣籍降下で平民となりました。

それまでお金というものを触ったことも見たこともない人たちが戦後の混乱期を生きていく。

内職をしたりと苦労されました。

そんな生活の中であっても、元皇族としての輝きを失わなかった稀有な女性でした。

美智子さまが皇室へ嫁がれる際には皇族方も大反対しました。

東久邇成子さまは賛成し、歓迎してくれた少数派の女性でした。

はっきり言って両陛下にとっては恩人のような人です。


東久邇成子さまに悲劇が訪れました。

まだ35歳の若さで末期がんだと分かったのです。

おそらく戦後の苦労があったからだと私は思います。

お腹の中を開けてみましたが、もはや手遅れという状態でした。

昭和天皇、香淳皇后の悲しみはどれほどのものだったのかわかりません。

香淳皇后はほぼ毎日宮内庁病院の成子さまの元へ通われました。

医師から手の施しようがないと告げられると香淳皇后は施療師というほとんどインチキのような輩まで連れてきました。

それくらい混乱していたのです。

両親の願いも空しく成子さまは亡くなられました。

まだ35歳の若さでした。

5人の子どもを残して逝かれました。

1961年(昭和36年)7月 23日のことでした。

成子さまが亡くなられた時、昭和天皇も香淳皇后も涙も流さずただ茫然とするだけでした。

涙も枯れ果てていたのです。

その時のニュース映像
[広告] VPS




大きな存在を失った悲しみ

その悲しみを少しでも癒すために那須の御用邸で静養されました。

まだ成子さまが亡くなられて25日目に昭和の皇太子夫妻がやってきました。

嘆き悲しむ両親を労わるためでしょうか?

いいえ、違います。

自分たちの不平不満を言うために来たのです。

実はその前から昭和の皇太子夫妻についてゴタゴタがありました。

入江日記にはその前からこのように書いてあります。

昭和36年8月11日
最近の奥のおかしな空気、東宮さまと妃殿下(現天皇、皇后)に対すること・・・・・・まったく弱ることばかり。下らなさに腹が立つが、そんな事話し合う


下らなさに腹が立つ。
入江侍従も「こんな時に何やっているんだ」という気持ちがあったのでしょう。

那須の御用邸でのことを入江日記にはこう記されています。

昭和36年8月16日(水)快晴
那須で東宮同妃から両陛下にいろいろのこの間からのことを十時すぎまで率直にお申し上げになったとのこと。お上はよく分かったと仰せになったが皇后さまは終始一言もお発しにならなかったとの事


亡くなってからまだ一か月も経っていない時に自分たちの不満を訴える。

これが慈愛の人ですか?

鬼の所業と言っても文句は言えません。

この時にはすでに浩宮さまが生まれていました。

逆縁になった悲しみを理解できないはずがありません。




そもそも今上陛下は小さい時から勉強もスポーツも「最下等ではない」というレベルでした。

つまり後ろから数えて2,3番目と言ったところです。

おまけに元々の性質が悪いのに努力しない性格でした。

いつも出来のいい成子さまと比べられて恨んでいた可能性があります。



そういう人ですから、出来のいい嫁に非道な仕打ちをしても私は不思議に思いません。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私はどうだったっけ。

私とヘカテー様とは親子ほども違うし、単純比較にならないが、昭和の終了時、ブログ主さんと同じくらいの年頃だったかな。

あたしゃ、両親から今上夫妻のいい話を聞いたことがないんです。
今上については「自分らの為の学校(学習院)、留年させると恨んで退学したんだぞ。なにひとつ取り柄のない人間でな」
美智子皇后については「姑に苛められた苛められたって、私に言わせればあんな我儘勝手な嫁はいない。着飾って、軽井沢で遊んでばかり。我慢する量は良子様のほうがずっと多いわよ」
その頃、香淳皇后のご学友をテレビで見て話を聞いた。とても優しい可愛い逸話。
今上夫妻と同世代の両親の言うことは事実かも~いじめられて、お可哀想な美智子様って、嘘かも~。女性週刊誌の定番でしたよ。香淳皇后を始めとする皇族方に、平民との理由でいじめられる、美しい美智子様!シリーズ。
この、同世代って侮れない。同じ時代の空気の流れを知っている。
それ以前に、なぜか私は「花子様きれい」と頑強に言い張ってました。6才か7才の子供が何を感じたやら。
しかし、今、思う。
ちっこかった私の目は正しい。華子様きれい。
それと、照宮さんの作文全文、感動的ですよ。

No title

こういう事しておいて、一方的に「苛められた」って良子様を意地悪姑にしてきたんだよね、慈愛様。
自分だって大概じゃん。
良子様は今でも意地悪姑だと思われてる。
「香淳皇后様の苛めなどありませんでした。」
って平成のうちに、良子様の名誉回復して欲しいわ。

この夫婦、周りの人間傷つけてばっか。

No title

e-237 神国ニッポン  e-237 と言われていますが、神道信者よりも仏教徒の方が多いし、神具店よりも仏具店の方が多いんですよね。

そんな e-237 日本人 e-237 ですが、
お宮参りに行きますし、七五三しますし、厄年になったり新車購入したりすれば御祓いしますし、受験とか試験とか困った時には神社に行って御守り買うし、寺にも願かけるし、除夜の鐘ついて数時間から数十時間後には初詣しますし、神前結婚したり教会で結婚した人が仏教葬になったりします。

ある意味かなり節操の無い宗教観を持つ日本人ですが、常識ある日本人は「せめて49日が済むまでは大人しくしていよう。私的な事をするのは控えよう。」と自分を厳しく律します。

自分には関係なくても、自分と関係する人が亡くなって49日が済むまでは遺族に配慮して、自分を厳しく律して、相手に無理難題ふっかけません。

つまり、49日が済まないのに私的な事をする人は、常識ある日本人から「あいつは49日も待てないドキュだ。」と非難されます。バカにされます。呆れられます。鬼畜認定されます。


昭和の皇太子夫婦はどうだったのか。

49日も済まない25日目に那須に凸して、自分たちの事を訴えた。
・・・・・・間違いなくドキュです。 あざーすっ!

もっとも皇室は神道なので49日ではなく50日です。
それでも「祭祀を大切にしている。」のなら、神道50日を知ってて当然なのに、25日目には凸した昭和の皇太子夫婦。
しかも自分たちにも赤ちゃんがいるのだから、逆さを見る悲痛は想像できるはず。
なのに、なのに・・・・・!


自分もヘカテーさんと同じで、このエピを読んで嫌いになり軽蔑するようになりました。






真の皇族

ヘカテーさま

いつも貴重な動画を紹介していただきありがとうございます。


東久邇成子さま

昭和天皇と香淳皇后が乳母車の成子さまを見つめる幸せなお姿。

戦後大変苦労されプラスチック加工の内職をして家計を助けた話。

新婚の明仁皇太子夫妻を自宅に招いてパーティーを開いた時、成子さまの一番末のお子さまが美智子さんの手を引っ張って大歓迎している写真。

さまざまなエピソードは感動するものばかりで、成子さまに本当の皇族の姿、大御心を感じます。

ほんとひどいですよね

私も、入江日記読んで、日付を見直して、げーってなりました。
美智子神話を信じていたものですから、なかなか洗脳は解けませんでしたが、決定的でした。
もうひとつのが、かつてヘカテーさまが記事になさいましたが、「私のことを平民だという以外に何が気に入らないのか」と入江さんに直接聞いたこと。
それも、嫁入って何年かたってますよね。
自分が平民だったてこと以外、何年か立派にやってきた、という自信。

このふてぶてしさなら、さればこそ、と思ったものでした。

気配りとか愛情に満ちたとか絶対ウソだと思いました。

しかし、亭主が悪いと結局はダメなんですね。
ましてや亭主は天皇ですから。

母の愛父の愛

昭和天皇ご夫妻がお子様をなくされたのは、この時が初めてではありません。
次女の久宮祐子(ひさのみや さちこ)様を、幼少期に亡くされています。
悲しみに打ちひしがれた良子様は、「さっちゃんと同じ大きさの人形」をご所望になり、片時も離さず身近に置かれていたそうです。

>医師から手の施しようがないと告げられると香淳皇后は施療師というほとんどインチキのような輩まで連れてきました。

医師団から、そのようなことをしても何の効果もないと進言された天皇陛下は、「親の気持ちが判らないのか!」と激昂されたそうです。
子を思う親の気持ちには、皇族も平民もありません。
一度ならず二度までも逆縁の不幸にあわれた両陛下を、お慰めするのが皇太子夫妻の役目だと思うのですが、そんな人たちではなかったのでしょう。

訂正いたします。
「親の気持ち」発言は、昭和天皇ではなく香淳皇后でした。
ヘカテーさま、ご指摘ありがとうございました。

私はどういうめぐりあわせか高貴な家に生まれた。私は絶えず世間の注視の中にある。いつどこにおいても私は優れていなければならない。私の言動は直ちに皇室にひびいてくる。どうして安閑としていられよう。

はい。全く持ってその通りで。皇族の御一人として生まれたことを嫌でも受け止められる思いが伝わります。

ここに照宮成子さまのこの思いの一文を載せ、どうよ、との考えがあるのならば、問います。

そっくりそのまま、今の東宮の皆様へ。

照宮成子さまは今で言うと愛子さまと、将来変わらぬお立場では?同じ様な思いや行動が、果たして出来ていらっしゃる?
雅子さま! 嫁ぎ先は日本で一番たいへんな所と承知でのことでは?

今上陛下御二人でごまかしてるようですが、ここに照宮成子さまの素晴らしいこのお話。
これは現東宮の皆様にそのまんま、どうよ?と聞きたいこと。
そして、blog主さま。あなたにもぜひ。
情報の公平な公開は?
お答えを

前田智徳選手の名セリフ

> 私はどういうめぐりあわせか高貴な家に生まれた。私は絶えず世間の注視の中にある。いつどこにおいても私は優れていなければならない。私の言動は直ちに皇室にひびいてくる。どうして安閑としていられよう。
>
> はい。全く持ってその通りで。皇族の御一人として生まれたことを嫌でも受け止められる思いが伝わります。
>
> ここに照宮成子さまのこの思いの一文を載せ、どうよ、との考えがあるのならば、問います。
>
> そっくりそのまま、今の東宮の皆様へ。
>
> 照宮成子さまは今で言うと愛子さまと、将来変わらぬお立場では?同じ様な思いや行動が、果たして出来ていらっしゃる?
> 雅子さま! 嫁ぎ先は日本で一番たいへんな所と承知でのことでは?
>
> 今上陛下御二人でごまかしてるようですが、ここに照宮成子さまの素晴らしいこのお話。
> これは現東宮の皆様にそのまんま、どうよ?と聞きたいこと。
> そして、blog主さま。あなたにもぜひ。
> 情報の公平な公開は?
> お答えを



前田智徳選手の名セリフをご存知でしょうか?

頑張ってくださいと言われた時に

「お前に言われんでもやっとるわ」

と言いました。


一日本人さま

敬宮さまは書道も水泳も音楽も外国語も一生懸命されている。
今も猛勉強されているとのこと。

頑張っていらっしゃいますよ。


(翻って全くそういう話もないのが、秋篠宮家の三人兄弟)

雅子さまの場合はそれまでのキャリアを捨てて皇室へ嫁がれた。

そこで待っていたのはレベルの低い平成四人組の嫌がらせ。

そして女の子は人間扱いされないという環境。

やっと授かった娘が不要な存在と見られた。

祖父母である両陛下が一番邪見に扱っています。

私は雅子さまだから我慢できたことだと思います。

それまで何の苦労もされず、嫁いでからも大事にされた美智子さまには耐えられなかったでしょう。

一日本人さま

私は前田選手の「お前に言われんでもやっとるわ」という言葉を贈ります。

Re: 母の愛父の愛

> 昭和天皇ご夫妻がお子様をなくされたのは、この時が初めてではありません。
> 次女の久宮祐子(ひさのみや さちこ)様を、幼少期に亡くされています。
> 悲しみに打ちひしがれた良子様は、「さっちゃんと同じ大きさの人形」をご所望になり、片時も離さず身近に置かれていたそうです。
>
> >医師から手の施しようがないと告げられると香淳皇后は施療師というほとんどインチキのような輩まで連れてきました。
>
> 医師団から、そのようなことをしても何の意味もないと進言された天皇陛下は、「親の気持ちが判らないのか!」と激高されたそうです。
>
> 子を思う親の気持ちには、皇族も平民もありません。
> 一度ならず二度までも逆縁の不幸にあわれた両陛下を、お慰めするのが皇太子夫妻の役目だと思うのですが、そんな人たちではなかったのでしょう。


森時さま

畏れながら、「親の気持ちがわからないのか!」は香淳皇后のお言葉です。

射手座さまが以前他ブログでご紹介下さった全文

「私はどういうめぐり合わせか高貴な家に生まれた。私は絶えず世間の注視の中にある。
いつどこにおいても私は優れていなければならない。
私は皇室を背負っている。
私の言動は直ちに皇室にひびいてくる。
どうして安閑としていられよう。高い木には風が当り易い。
それなのに高きにありながら多くの弱点を持つ自分を見るとき、この地位にある資格があるかどうか恐ろしくなる。自分の能力は誰よりも自分で一番よくわかっている。ともかく私は自分で自分を育て、築きあげていかなければならない。
この炭鉱の奥深くで、来る日も来る日も働き続け世間から忘れ去られ、そして人知れず死に行く運命をもった人々の前に立った時、護衛の警官やおおぜいのお伴をひきつれている自分の姿に、いたたまれぬ申し訳なさを感じた。」


しばしば最初のところだけしか引用されないけれども、私はこの後文の方が好きだ。
最初の部分は、いわば皇族である自分への強い誇りというか、自負心の表れ。
しかし後文は、そうした立場を背負う自分が、血の通った弱くもろい一人の人間にしか過ぎないことを理解し、皇族という幻想を人間が生きている現実に対しての畏れ

この方なら、昭和天皇が現人神から人間になられたときのさまざまな思いを正しく理解し、象徴天皇のありかたを深く理解されるだろう。

「おじいさまに言い付けてやる」「私を誰だと思っているの」ということばが出てくるはずはないし、そういうことばを吐く子どもを育てたりするはずがない。
また、「ショーライノテンノー」「人手が足りない金寄越せ」と連呼する精神からもっとも遠いだろう。

私も皇太子ご一家こそがこの全文に流れる精神をよく理解されていると思います。
ほんとに、「お前に言われたくない」でしょうし
日本人なら、一日本人さんのようなことばは出てこないです。

「一日本人」だの「一主婦」だのとわざわざ名乗る人ほど、それからは遠いというのが私の実感です。

No title

私はどういうめぐりあわせか高貴な家に生まれた。私は絶えず世間の注視の中にある。いつどこにおいても私は優れていなければならない。私は皇室を背負っている。私の言動は直ちに皇室にひびいてくる。どうして安閑としていられよう

これどこかの3バカ姉妹弟に聞かせたいですねw

No title

一日本人 2014-12-05(00:10) と名乗っているが、こいつは本物の日本人ではない。

どうよ、という言葉そっくりそのまま、あの次男一家にぶつけたいね。

あの次男坊は若いころ、黒サングラスかけて金ブレスレットつけていた。
当時その出で立ちを見た常識ある日本人は(チンピラみたいだな。次男とはいえ東宮家の息子なのに、あんな格好してる。東宮さまたちは、どう思っているんだろう? これも開かれた皇室なのか?)と眉眉を顰めた。
それこそ今なら某巨大掲示板あたりでドキュファッションpgrと言われるるだろうね。

その次男坊は大学生になって他校と合コンするようになった。
そうしたら、●●大との合コンに参加した次男が、そこに可愛い女子大生がいたから、次男坊が口説きまくった。でも、あまりにしつこいから女子大生が怖くなって逃げ出した、なんて話が、まことしやかに漏れ出した。

そのうちに、次男坊がアヤメと呼ばれる同窓生と良い仲になり、学内にある池周辺の茂みの中で、倉庫で、サークル旅行先の旅館部屋で、サークル旅行先の海岸で、ありとあらゆる場所で致していた、という話まで、まことしやかに聞こえてきた。

SPがいるから、そんな事できっこないって?
SPは次男坊へ向けられる危害を防ぐために存在しているのであって、子守役でも傅育官でもないから、危害を受けているのではなく快楽を貪っているのなら何も言わないし動かないよ。

そのうちアヤメと呼ばれる女と「結婚したい。結婚できなきゃ両親と縁を切る!」と言い出した。

次男とアヤメは所属サークル顧問に泥を塗って迷惑かけまくったと言われたけれど(そこまで好きで好きで仕方ないなら、まぁ結婚させてもいいんじゃない? バカ息子だけど次男で天皇になる子じゃないし。)と、眉を顰めながらも心ある日本人は見ていた。

でも、やっぱ次男坊はやってくれた。
そんな優しい日本人を呆れさせた、昭和天皇の喪中での婚約会見。
次男坊は会見で「喪中で」と発言していたよ。それでもバカが付くほど優しい日本人は(婚約だけでもしておきたいんだね。それほど好きで仕方ないんだね。)と思ったよ。

ところが、さらに呆れさせたのが、修士課程を修了してない在院中に、昭和天皇の喪が明けないうちに結婚しちまった。
昭和天皇の喪中だから結婚式を控えるカップルもいたのに、次男坊とアヤメは結婚した。

アンチは「喪は明けてたよ!」とファビョるけど、そもそも喪中の最中に即位礼をするか?
昭和天皇の喪に関する一連の行事が滞りなく終わって完全に喪が明けたからこそ、今の天皇が即位礼したんだよ。

でも即位礼の時、アヤメは宮卑だった。喪中に結婚したから宮妃になってた。

そんなアヤメは、何年かかったのか知らないけど、いつのまにか修士課程を修了してた。
公務で着てた服を着て、薄っぺらいバインダー1つで院に来て、適当にお喋りしただけで帰って行った、なんて話が、まことしやかに流れてたなぁ。

それでもバカが付くほど優しい日本人は黙ってた。

そのうち子供が生まれた。

いろいろ端折るけど、皇太子妃が病気になった時、あの次男坊とアヤメは、「お大事になさってほしい。」なんて見舞いの言葉まったく出さなかったよね。今も出てない。次男坊とアヤメから出てきた言葉は、「どうして病気になったのか分からない。」だった。
こんな冷酷な夫婦、見たことないよ。
これが、慈愛様が育てた息子? その息子が選んだ嫁? 驚愕だったね。

そして国会審議の最中に妊娠6週テロ。まさにωを生むマシーン。

長女はAO入試で、変顔男とアホ写真。公務に専念するかと思いきや、ワケわからん英国の大学へ留学して、講義中のではなく、お遊びタイムでの変顔写真を見せてくれた。

次女は次女で、どう考えても単位不足で留年決定を誤魔化すためとしか思えないのに、AO入試で2年遅れで大学入学決定して、それが爆上げ美談になるという、まるで豚女状態。

長男は特別枠で入園して、金正恩みたいに隠しながらも優秀児だと宣伝させる。

アヤメの実弟は、非番だった警官の手柄を、さも自分がしたように言ったり。

これほど日本人メンタリティを感じさせない次男一家も珍しいよ。なのに立派だの素晴らしいだの賛辞される。デンツーによる豚女ageみたいだよ。


どうよ、と言う台詞。
そのまんま次男一家に問いたいね。

一日本人さまへ

> これは現東宮の皆様にそのまんま、どうよ?と聞きたいこと。
> そして、blog主さま。あなたにもぜひ。
> 情報の公平な公開は?
> お答えを

あなたが書いていることは意味不明。

さっぱりわかりません。


ごくごく一部の人間たちに操作された無茶苦茶な東宮ご一家バッシング記事、そして今上夫婦や秋篠一家への気持ち悪いほどのage記事はまさにこの世の闇です。

いくつかの東宮ご一家応援サイトの管理人さまやコメントされる方々のおかげで、昭和から平成にかけての皇族の方々への誤解や嘘が次々明らかにされています。

新しい日が待ち遠しい。

どうか本当のことが伝わりますようにと願います。

四十九日どころか

桂宮さまのときは、たしかたった1週間の服喪も守らず、2日目かそこらにジョモとやらをされてコームに出られたのでは?
国会の招集や大臣の任命ではありませんよ。どこかの施設を訪問するという、延期しても差し支えないもの。
「あんたの息子の死なんて、その程度」とメンチ切ったようなものでしょ。
鯰は鯰で質問されたにも関わらず、桂宮さまのことはスルー

こりゃ相当、三笠系列には嫌われてるわ。
典子様と出雲大社の御曹司との婚約に、みんなあっと驚いた。
上流社会はネットワークがあって、密かに縁談をまとめているんだと思った。
さてさて、マコカコさん、どんな方を紹介していただけるかな。

No title

>はい。全く持ってその通りで。皇族の御一人として生まれたことを嫌でも受け止められる思いが伝わります。

一日本人、照宮様のこと、ほんとはよく知らないでしょ。
このコメント、照宮様への敬意が感じられない。
照宮様の作文を盾に東宮家を非難したいだけで、どうせどこぞのアンチ東宮のブログから理屈ごと持ってきただけだよね。

週刊誌とかの東宮家バッシングを鵜呑みにして、それに乗っかって叩いてるだけじゃん。そういうのを「思考停止」してるっていうんだよ。
論点すり替えして別の話に持って行って誤魔化してるのはそっち。

それよりあなたはどう思う?
我が子を亡くして間もない昭和様、香淳様の元に、慰めにではなく、自分達の事を訴えに静養先まで押しかけていった現天皇皇后の行動は。

あなたの意見は?どうよ?

それから、情報の公平な公開って言ってるけど、あなたのコメントを公開してるんだから、公平だと思うけど。
ここはへカテ―様のブログ。あなたがブログ運営について云々するのはお門違い。何様だ。
くだらない奴は相手しないだけよ。あなたもそうでしょ。



ヘカテ―様、出過ぎたことを書いてしまいました。
でもこういう「公平な、なんちゃらかんちゃら」というのに限って真逆な輩なので反論させていただきました。
これでヘカテ―様への攻撃が激しくなるのは申し訳ないので、アップしていただかなくても結構です。



いづれの御時やありけむ

私は、まさか平成の皇室がここまでキコちゃんに引っ掻き回されるとは思わなかったから、昭和の頃に本で読んだりテレビで視たりした皇室話の詳しいデータを残しておきませんでした。
「昭和○○年○月○日、○テレビ○○○、香淳皇后ご学友のお話。以下内容」
こんなふうに書いてたら、香淳皇后の名誉回復の証拠になったのに。
でも、香淳皇后は「最愛の人々」がたくさんおられた。その方々のことを考えるだけで「おなかいっぱい」でしたろう。
その、確かに何かで読んだ皇室の話のひとつ(射手座情けないぞアホ)。
照宮様の忘れ形見のお子さん方のおひとり。息子さんがインタビューに答えてた。
おばばさまにあたる香淳皇后が、週末になると子供達を御所に呼んで、美味しい手料理をご馳走して下さったこと。
「この部屋にあるものなら何でもあげますよ。言ってごらんなさい」
わざと、絶対くれなさそうな巨大な剥製だか置物だかを「あれ欲しい」と言ったら、数時間後、侍従達がエッサエッサと自宅に運んで来たので驚いた。
…そうです。
まだ小さいのに母を喪った孫達が可哀想で愛しくて、たまらなかったんでしょうね。香淳皇后は。

私が平成の両陛下を嫌いになった理由

もちろんブログ主さまの挙げた理由も酷いけど
そんな昔のことより、記憶に新しい6wのキコさんの妊娠発表
これは明らかに両陛下の差し金と思いました。

「世間では倫理違反になるけど、私たちは特別。それをやってくれる医者も探してある。あなたさえその気になれば皇位はそちらに流れ込む。地位も待遇も全く違ってくるのよ」と説得したに違いないと、馬鹿でも判る。

それが証拠に、妊娠中のキコさんへの気の使い方、生まれた時に「キコ妃のためにありがとう」とイミフの言葉。
そして何より露骨な程のωくんへの偏愛と、敬宮さまへの冷酷な言葉。

21世紀にもなって「価値のあるのは男児だけ。女の役目は男児を産むこと」と時計を逆回しした。
このままでは二度と皇室に嫁ぐ人はいない。
海外、特にキリスト教の王室でどう受け取られてるか。
皇室を救うどころか危機に追いやった。
どうしてこんな陛下を尊敬できますか?

鬼の目にも涙と言うけれども

へカテーさま

こんなにも。酷い事が…
私はニュースのトップなのだろう
と思いながら拝見しておりました
ん?池田内閣?昭和天皇がお好き
でいらした朝ドラのまっさんモデル
の子分さんね。オールスター?
なんだろう?成子さまのニュース
は?成子さんがとあっという間に
終わり巨人が出てきたよ。内閣も
野球選手もニコニコだね…
天皇皇后両陛下がお哀しみの中に
なんだろう。このニュースの順列
御用邸に。不平?考えるに。
鬼も泣くけど。鬼?うーん
理解できないです。

鯰の婚約会見で「初恋ですか?」
質問した記者「初恋でございます」
と答えた渦中の女。
それって限り無く喪中に近い時でしょう?て言うか?皇室が喪があけたとしても渦中実家から。ご延期を。
とか一旦白紙に戻して改めてとか。
思わ無いのか?と言うか。昭和天皇崩御直前に話進めてたでしょう?
下血されたと毎日報道があってハラハラしながらそのニュースを見てた時に「婚約しようよ」「初恋よ」
あぁ。孫だよね?自粛するって
感覚が無いのか?悼む気持ちが無いのか?喪があけたとしても悲しみが癒えない人もいる。あぁ。悲しく無かったのね…鯰渦中ローブデコルテ
布半分におって肩に掛けた?と思いました。何か頭にちらりと乗ってたけど。ティアラだったのか。と最近
気付きました。
皇太子さま雅子さま。笑顔が違う。ティアラもローブデコルテも
ヘアースタイルも。
大輪の花の様な雅子さま
雅子さまを思いやる皇太子さま
うーん。唸るほど格が違う。

千代田区民御長老がインタビューで
こんなにも喜ばしい事は無い。生きている間に2回もご成婚パレードを
見ました。この6/9と言う日を私は死ぬ迄忘れません!TVの視聴率だって80%近かった。辛口な母がいそいそと皇居に出向きハマナスの文庫を買い求め宝物にしています。皇太子と鯰は格が違うのよ!が口癖です

このようなかたこそ

読んでみて思ったのは成子さまのようなかたがもし男の子で現天皇陛下だったならば、今起きている日本の皇室問題のほとんどは起きていなかったかもしれないな、ということでした。

同時に成子さまの文章を読んで、雅子さまのお父さんがご成婚の時、嬉しそうどころか暗い顔をしていた理由もわかった気がしました。
当時、まだ皇室のことなんてわからない子供で、華やかな結婚式だなぁとしか思わなかった私でした。
が、花嫁の父親があまりに暗くて嫌そうだったことを不思議によく覚えていまして。
幼心になんでこのおじさんは花嫁さんの親なのに嫌そうな顔してるんだろう、と強く記憶に残りました。

しかし、高い木には風が強くあたる…そのことを案じておられたのでしょうね。
賢いかただったのでしょう。

最後に美智子さま、こんな仕打ちを姑にやったのならばそりゃ、姑のほうはいびりたくもなるでしょうね。
それでもいびらない方が不思議なくらい。
美智子さまは慈愛どころか自愛の人だということがよくわかるエピソードでした。
この人、自分のこと以外には何にも興味がないようだから恨まれるような酷いことをした自覚もなかったのかもしれませんね。

No title

なんだこのぶろぐは!朝鮮人の集まりか。
雅子の碌でなしは、もう周知の事実。
今さら、上げる奇特な奴がいるなんて、バカかボケにしかに見えない。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR