大迷惑だよ!雪の日の玉川突撃

読者の方よりこんなコメントをいただきました

香箱猫さま
昨冬も

東京には珍しいほどの大雪が降った日、黒田清子さんが関係するナンチャラを観に、両陛下は玉川大学までお出かけでした。
雪で車が渋滞したり立ち往生したりして、一人でも多くの交通整理の警官が欲しいところを多数の人手を奪いました。
それを非難調で報道するマスコミは有りませんでした。

雅子妃が敬宮さまの合宿に付き添った時、ホテル代がいくら、警備費がいくらと細かく計算し、〆が「行かないという選択肢もあったのですよ」と皇太子妃に向かって上から目線の言葉。
そももそ合宿に行き辛かった理由の虐めっ子は誰の関係者?

マスゴミのダブスタはひどすぎます
香箱猫さまが仰る雪の日のできごとはこれ↓

両陛下が鳥類図譜を鑑賞 黒田清子さんが案内

企画展「石に描かれた鳥たち―ジョン・グールドの鳥類図譜」を鑑賞される天皇、皇后両陛下=14日午前、東京都町田市の玉川大学教育博物館

2013/01/14 18:52 【共同通信】
520914a376347f753936be8ec95fb9ee.png

 

サーヤが絡んでいるんですよね。
嫁に行った娘といつまでべったりしているのか教えて欲しい。
まだ小学生の女の子に異常な母子とか書くなら、
成人式を2回迎えているいい年したおばさんとその母親こそ異常な母子でしょ。


たまさまコメント
土木事務所でご休憩

玉川大学・学園で学んだ人達は、母校を愛着をこめて「玉川の丘」と呼んでいます。この学校は、起伏に富んだ広い敷地に立っているため学内の道は坂道が多く、その一番奥に博物館があります。

ですので、「雪の中に両陛下が来て、しかし到着時間が遅れ、学内に積雪があった為に大変な状態であった」と聞いた時には驚きました。一国の象徴なのですから自重して欲しいと思いました。

帰路では、渋滞で急遽「青葉区の青葉土木事務所でご休憩」とのこと、ゾッとしました。安易な行動で事故にあったら、責任を問われるのは周囲なのだと思い至らないのでしょうか?

また、両親が娘との交流するのは、一般的に見れば良いことだと思いますが、これを皇太子ご夫妻と愛子様であった場合の報道流に言えば、
「娘の発表会に雪を押してでかけ、4時間遅れるとは公私のけじめがなさすぎる」「大雪の狂想曲、疲弊する警官達」「周囲には緊張感が漂い、大学関係者は、もう清子さんには来てほしくないと悲鳴を」となるのでしょう。

以下はその時の様子「大雪で両陛下の車が“4時間遅れ”」を産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130119/imp13011907010001-n2.htm
両陛下はその後、大学内の植物工場研究施設もご視察。その後、皇居に戻られたのだが、積雪のため、お住まいの皇居・御所へのお戻りが予定より約4時間遅れるアクシデントがあった。
 この日、両陛下が皇居を出発されてから、町田市では本格的に積雪が始まった。両陛下のお帰り時間には、予定の帰り道で一般の車が立ち往生するなどして渋滞が発生したため、両陛下の車は、予定より約40分遅れの午後2時すぎに大学を出発した。
 出発後も思うように車は進まず、両陛下は横浜市青葉区の青葉土木事務所で、約1時間半にわたってご休憩に。その間、宮内庁や警察側が、渋滞などを避けてお帰りになるルートを検討。大幅に変わったルートで、両陛下が皇居に戻られたときには午後7時ごろになっていた。
 宮内庁によると、両陛下が長い移動時間で体調を崩されるということはなかったが、山本信一郎次長は15日の定例会見で、「お疲れにはなっておられると思います」と話した。


>「お疲れにはなっておられると思います」と話した。
自業自得という言葉がこれほど似合うことはないでしょう。
なぜじっとするということができないのだろうか。
「我々が動いたらみんなの迷惑になるよね。今日のお出かけは中止にしよう」という配慮が一つも見えないよ!
で、やっぱり地元の人たちの負担になっていました。

図星さまコメント

地元の人は

ヘイカたちの玉川大雪中行軍で、地元の人は20分で済む帰途が2時間かかったらしいですよ。
皆「雪だけじゃないだろ?」って、タクシー乗り場やバス停で騒いでたって。


こうやって嫌われることがなぜわからないのだろうか。
息子もバカなら両親もバカなのだろうか
あっ、娘も親を止めないからバカの一人だ


皇太子殿下と雅子さまが本当に本当に大変なことが分かる事件でした。

一流大学を優秀な成績で卒業したエリートキャリアウーマンと海外の大学でも学んだ大学院を卒業した講師も務める夫婦

高卒夫と無名女子大卒業妻の夫妻
お情け卒業夫妻

あーあ、雅子さまが病気になるのも無理はありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

台風だってかまうもんかい!

数年前、関東地方に超大型台風がきた日のこと。
両陛下は物凄い風雨の中、横浜の老人施設に出かけました。

超大型台風の襲来は、事前にテレビ、新聞などで知らされていたので、この二人に良識の一片でもあれば、警備の大変さ、相手方の都合など考えて、訪問を中止するでしょう。
しかし、あえて出かけて、やったことはフラダンス。
もう脱力するしかありません。

少し前のことですが、警視庁の歴史で印象に残った出来事が100件ランキングされていましたが(古くは西南戦争から地下鉄サリン事件まで)、その中で皇太子ご成婚パレードというのが23位くらいにランクインしておりました。当然昭和の皇太子ご夫妻の馬車パレードと思いきや、平成のパレード。
このランキングは、警視庁職員の投票によると新聞に書いてあったので、ああ昭和の皇太子ご夫妻は警視庁の人に嫌われているんだと確信しました。

周囲の大変さに少しも思いをいたさず、自分のやりたい放題をゴリ押しするんだから、嫌われて当然だと思います。

突撃公務で40億円が浪費されている

昭和天皇のファンとしては、こんなに外出公務と言う名の「押しかけ行脚」をしている平成の天皇・皇后が、どれくらい予算を使っているのかな?と調べたくなりました。

宮内庁関係予算の推移
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/kunaicho/pdf/yosansuii-h24.pdf#search='宮内庁+予算+変遷'

昭和の時代には一貫して年間25億円に収まっていた「宮廷費」が、平成になってから60億円〜70億円程度に一気に増え、ずっとそのままです。

宮廷費は「皇室の公的ご活動等に必要な経費,皇室用財産の管理に必要な経費,皇居等の施設の整備に必要な経費など」ですから、「公務の費用が倍額以上になった」って言う事ですね。

「公務、公務、コウム」と宮内庁が連呼し、静かにしている雅子妃殿下を狂ったように叩くのには、倍額以上に増えた費用を減らしたくないのもあるんですね。

例えば、今話題の小学校の「35人学級」を「40人学級」に戻し、日本の教育水準を落として、倹約できる予算が年間86億円です。
このように未来への予算を削ろうとする財政破綻国の日本が、天皇・皇后が「紅葉狩り」だの「展覧会鑑賞」だので、30億円、40億円と使うのを見逃しているわけですよ!

「公務をしないのが税金泥蔵」ではなく、「無駄な公務こそ税金泥蔵」なんです!!!

これは超〜腹が立ちました。ぜひ記事アップお願いいたします。

御所で観てろって話

何度も行われてる(笑)自分たちの「ご一家写真展」などが最たるものだけど、御所でアルバム観れば済む事を外でやらせて、それを見に行く。
要するに、「見に行くアテクシたちを撮ってちょうだい。写真集とDVDをつくるのよ」なのでしょう。

昭和天皇ご夫妻は、絵画から歌手まで硬軟問わず、観たいものは御所に呼んでいたはずです。

ところで、その後、さーやが玉川大で研究員を続けているっている話は聞きませんね。

追記 実際は200億とか、もっと?

今日はおめでたい、雅子妃殿下のお誕生日。
なので、後の話題かなと思いますが、追記します。

先ほどの、
「突撃公務で、年間25億円に収まっていた「宮廷費」が、平成になってから60億円〜70億円程度に一気に増え、ずっとそのまま」
という件ですが。

これは。宮内庁側に計上されている予算です。両陛下が来るので、道を治す、建物を治す、県警が動員される、等等考えれば、浪費される税金の金額は、5倍10倍ではないかと思います。

年間200億円とか?もっと? 全国ピン刺し公務をやめれば、公立小学校の教育にでも、障害者支援にでも、それだけ予算が回せるという事ではありませんか。

嵐の中で出かけてフラダンスを踊っていると「清貧がお好き」とヨイショされ、「公務の見直し」というと狂ったように中傷される。宮内庁とタッグを組んだクズ週刊誌だらけのこの国は、不幸です。

No title

昭和天皇が皇太子になる前?、弟である秩父宮殿下が「(今でいう)キャンプをしよう」と持ちかけた時、「自分達が動くことで周りにどれだけの手間をかけると思っているのか。」と弟宮を叱責した。

昭和天皇ご存命の時に出版された本に上記の内容のことが書かれていました。(いま手元にないのでそのままの言葉ではないのですが)
昭和天皇は青年であった頃から、ご自分の立場と行動が周りに及ぼす影響を自覚しておられたということと、兄弟であってもこれだけ意識が違うということの逸話として紹介されていたと思います。

今の天皇皇后にはこういった意識が全く欠落しているのだと思います。
若い頃からちやほやされてきたからでしょうね。
昭和天皇とは真逆に、周りへの影響(警備、地元の負担等、極端に言うと迷惑)を物ともしないこと=行動力と勘違いしている(次男夫婦も)のだと思います。

皇太子様は昭和天皇、今上と両方の姿を見てこられた。
そして「公務の見直し」を発言された。
「人格否定発言」もありましたが、これまでの長きに渡る東宮家バッシングの根っこには、これが実は大きいのではないかと思います。天皇皇后、宮内庁、公務から発生する利権に絡む連中にとっては「公務の見直しをされては困る」から。
天皇皇后は、「天皇皇后」としてあちこち行きたいんだろうし、宮内庁は予算が増えるし、利権狙いの連中は言わずもがな。
今の天皇皇后、秋一家なんて、その周辺には都合がいいんでしょう。
だから、今に至るまで異常なまでに東宮ご一家をバッシングし続けているのだと思います。
(週刊誌に関しては、真のエリートである小和田家、雅子様に対する僻みと、マスコミにへらへら情報を流さないことからくる恨みだと思います)

でも皇太子様は「畏るべき無私」の方の精神を継いでいらっしゃる。
バッシングを受けながら、雅子様と共にご自分達の公務、在り方を冷静に見極めてきていると思うのです。そしてその地固めを着々としていらっしゃる。
そう考えると、実はバッシングされている振りをしているのでは?とも思うのです。
(そう思う一方で、そんな能天気なこと言ってる場合じゃない現状に腹立つ自分もいるんですが。)


書いているうちに訳の分からない文章になってしまいましたが、雅子様のお誕生に、そんな事を思ってしまいました。
そういえば、ベルギーのファビオラ元王妃の葬儀に皇后が参列するようですね。天皇を置いて、自分だけ行くんですね。なんか、変なの、と思うのは私だけでしょうかね?





プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR