皇室費合計金額が76億円!昭和の約2・6倍!

昭和天皇ファンさまからのコメント

突撃公務で40億円が浪費されている
昭和天皇のファンとしては、こんなに外出公務と言う名の「押しかけ行脚」をしている平成の天皇・皇后が、どれくらい予算を使っているのかな?と調べたくなりました。

宮内庁関係予算の推移
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/kunaicho/pdf/yosansuii-h24.pdf#search='宮内庁+予算+変遷'

昭和の時代には一貫して年間25億円に収まっていた「宮廷費」が、平成になってから60億円〜70億円程度に一気に増え、ずっとそのままです。

宮廷費は「皇室の公的ご活動等に必要な経費,皇室用財産の管理に必要な経費,皇居等の施設の整備に必要な経費など」ですから、「公務の費用が倍額以上になった」って言う事ですね。

「公務、公務、コウム」と宮内庁が連呼し、静かにしている雅子妃殿下を狂ったように叩くのには、倍額以上に増えた費用を減らしたくないのもあるんですね。

例えば、今話題の小学校の「35人学級」を「40人学級」に戻し、日本の教育水準を落として、倹約できる予算が年間86億円です。
このように未来への予算を削ろうとする財政破綻国の日本が、天皇・皇后が「紅葉狩り」だの「展覧会鑑賞」だので、30億円、40億円と使うのを見逃しているわけですよ!

「公務をしないのが税金泥棒」ではなく、「無駄な公務こそ税金泥棒」なんです!!!

これは超〜腹が立ちました。ぜひ記事アップお願いいたします。

追記 実際は200億とか、もっと?
今日はおめでたい、雅子妃殿下のお誕生日。
なので、後の話題かなと思いますが、追記します。

先ほどの、
「突撃公務で、年間25億円に収まっていた「宮廷費」が、平成になってから60億円〜70億円程度に一気に増え、ずっとそのまま」
という件ですが。

これは。宮内庁側に計上されている予算です。両陛下が来るので、道を治す、建物を治す、県警が動員される、等等考えれば、浪費される税金の金額は、5倍10倍ではないかと思います。

年間200億円とか?もっと? 全国ピン刺し公務をやめれば、公立小学校の教育にでも、障害者支援にでも、それだけ予算が回せるという事ではありませんか。

嵐の中で出かけてフラダンスを踊っていると「清貧がお好き」とヨイショされ、「公務の見直し」というと狂ったように中傷される。宮内庁とタッグを組んだクズ週刊誌だらけのこの国は、不幸です。



感想 うぎゃーの一言

平成13年の宮廷費 6,986,511,000円
昭和57年の宮廷費 2,505,106,000円

平成13年が約70億円
昭和59年が約25億円

平成13年の皇室費合計額 7,618,460,000円
昭和57年の皇室費合計額 2,888,694,000円

平成13年が約76億円
昭和57年が約29億円

「両陛下が来るので、道を治す、建物を治す、県警が動員される、等等考えれば、浪費される税金の金額は、5倍10倍ではないかと思います。 年間200億円とか?もっと? 全国ピン刺し公務をやめれば、公立小学校の教育にでも、障害者支援にでも、それだけ予算が回せるという事ではありませんか。 」

恐ろしい。
先日記事にした内容を考えると、昭和天皇ファンさまの仰る通り200億じゃすまないかもしれません。

公務公務と増やして良いことありましたっけ?

病人を叩く棍棒になっただけ。

そりゃその場では「皇族に会えてラッキー」ですが、よくよく考えたら税金が湯水のように使われているので「最悪です」

マスコミが後援しているイベントへの公務もありますから、マスコミにとっちゃ来てもらった方が得。

宮内庁は生え抜きではなく、いろんな省庁の役人が集まっていますから、自分の古巣が関わるイベントに皇族が来れば戻った時に出世に有利になります。

客寄せパンダになっていませんか?

イベントに参加したタレントみたいです。

薨去された桂宮さまは「自分が行けばその分会場のバリアフリーが進むから」という理由がありました。

そういうことなら外出公務もOKです。

しかし桂宮さまは両陛下のように毎日うろうろしていたわけではありません。

松本健一先生の本に「昭和天皇は平成の天皇よりも出歩いたりしなかった」と書いています。


関係ない話かもしれませんが、

HONDAの本田宗一郎さんは生前から社葬なんてするなと厳命されていました。

「社葬なんかすれば交通渋滞の原因になり、世間に迷惑がかかる
そんなことはクルマ屋として絶対にやってはならない」

これが世界のHONDAを作った人の晩年の口癖でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

25億だった昭和時代の皇室費が、今や60億や70億って・・・貨幣価値の変動を加味してもそれはないでしょうという増え方ですね。
改革の大なたをふるおうとした小泉元総理ですら、抵抗勢力がいて出来なかったと言っていましたからね。どれだけオイシイ利権があるのやら、どれだけ贅を尽くしていたのやら点皿秋夫妻。
とりわけヒットー宮卑さんは、うちには皇位継承券が2つもあるんだ、ゼニ寄越せとおっしゃる。十分贅沢してるじゃん。
いい加減に身の丈を知ってつましくしていただきたいものです。欲張り四人衆め(怒)

政府専用機

ベルギーのファビオラ元王妃のご葬儀、美智子さんはたぶん政府専用機で行くと思うのですが(違ったらすみません)、夫が言うには、政府専用機を使うと1億かかるよ、とのこと。

ちょっと調べてみると、お噂スレでもすでに書かれてますが、政府専用機は飛行機二機一組で飛ぶので、燃料代がざっと2倍かかるそうです。

政府専用機を使うのは、天皇、皇太子、総理大臣ぐらいだと思います。

皇太子ご夫妻も昨年、専用機でオランダに行っておられますし、他の外遊にもご利用なさっていると思われます。

総理もサミットなど外遊の際、使っています。

ただそれは、必ず行く意義のある目的、仕事に使われるのであって、今回の、皇后単独での葬儀に使うのは少々疑問です。

そもそも、慣例として、両陛下は葬儀には出ません。日本の皇族の葬儀にさえ出ません。
しかも、2代前の外国の王妃です。

他の女性皇族がファーストクラスで行くと150万ぐらいで済みます。

ケチなことを言うつもりはありませんが、東宮家に対してはやたらと金銭的に厳しいのに、今上夫妻にはあまりに甘くていい加減なので、腹立たしいです。

今回の葬儀への出席、美智子さんが行きたいから行くんでしょう。
そんな勝手な外出に、わずか2,3日で1億以上が使われるんですよ。全て税金です。

オランダ新国王の即位式へのご出席に、皇太子ご夫妻が政府専用機を使った際、お金がかかるとマスコミの批判がありました。

即位式への出席に皇太子夫妻が政府専用機を使う、これ以上の利用機会があるとは思えないのですが、それでも週刊誌はいちゃもんをつけてました。

今回は、マスコミは何で叩かないで逆に美談なんですかね?
呆れています。



それから、平成の皇室費の増大ですが、平成に入ってからずっとデフレで、物価は常に下がっており、失われた10年、20年と言われました。

つまり物価が下がっているわけですから、本来、費用は減少していてもおかしくないわけです。

だから皇室費も、昭和時代と比べて単純に2.6倍なのではなく、物価下落分もありますから、実質的にはもっと皇室費は増えていることになりますよ。





日本の国債の格付け下がる見込み

 欧州系格付け会社フィッチ・レーティングスは9日、日本国債の格付けの方向性を「ネガティブ(弱含み)」の対象にしたと発表した。格下げされる可能性が高まった。消費税再増税の延期で、日本政府が掲げる基礎的財政収支の改善目標の達成が難しくなったためとしている。
 フィッチは、名目国内総生産(GDP)に対する赤字比率を2015年度に半減させる目標に関し「達成がほぼ不可能になったと示唆される」と説明。20年度までの黒字化目標も「リスクが高まる」と指摘している。


消費税値上げをやめたのは、景気が悪すぎて、増税でさらに冷え込むことを畏れたから。
けれども、そんな悠長なことを言ってられないほど日本の現状は深刻なのだと、現実が突きつけられている。
減税すれば(あるいは増税しなければ)景気が良くなるなんて楽観論はもう通じないらしい。
それなのに、少子化が深刻化し、それが景気の先行きをいっそう危うくしている現状を前に、産まないのが悪いと非難するばかりの、無策、あるいは現実逃避感覚は、覆い隠しようもなくはびこっている。



コウムコウムとお題目を唱えて、宮廷費うなぎ登りを何とも思わず
前々王妃の葬儀に政府専用機を飛ばして皇后が出席しようとする現状
男子を産まないのは皇太子妃が悪いのだと追い詰めて、男子の居ない皇太子ご一家を間断無いバッシングにさらして恥じない
なるほど平成皇室は、格付けを下げられようとする日本国のまさに象徴のような、感覚の鈍さ、現実認識のあやうさというべきだろうか。

No title

>政府専用機は飛行機二機一組で飛ぶので、燃料代がざっと2倍かかるそうです。

日本は未だにジャンボ機です。
燃料費、諸費用を合わせると1億近い(以上かもしれない)費用が掛かるはずです。
コーゴーの気まぐれでこれだけの国費がかかるわけです。
バブルがはじけてヘーセーが始まったのに、湯水のように使うヘーセー両ヘーカです。

雅子さまのお召し物、ずっと使い回し、お労しい

産んで差別され産まなくて差別され

少しトピずれですが
麻生のまた考えなしの発言が海外でも物議を醸しています。
慌てて「産まない」ではなく「産めない」と訂正していますが
信子さまもこんな兄を持って恥ずかしいでしょうに

私が若い頃、女性の就職口はほとんどなかった。
「採用してもすぐ妊娠する。その間は無理は出来ない。長々産休を取る。子供が熱を出したとすぐ早退する。戦力にならない」と企業側の理論。ある意味正しいです。
では出産育児を女性の仕事と割り切ろうとしても、それ自体は収入どころか支出ばかり。夫が万一死んだらたちまち貧困のどん底。

労働人口が減って、慌てて「女性も働け」となった。
でも妊娠で甘えるな、普通に働けと、名誉男性の曽野綾子などが言っている。マタニティバッジをつけた女性への嫌がらせも。
保育園を作ろうとしたら「声がうるさい」と、その子たちのお世話になる予定の大人が文句を言う。

妊娠出産は命がけのしんどい作業なのに何の報酬もなく、具合が悪くなりゃ「甘えてる」、産めば「女は使い物にならん」と言われ、産まなきゃ「女の役目を果たしてない」と言われる。
皇室ではさらに、産んだ子が男児でないと意味が無いと叩かれる。

こんな日本なんて「もうどんどん人口が減って、滅びていいよ」という気になってしまいました。
悠くんのお妃、金目当てのピーナくらいしかいないでしょうね。

ふむふむ

「宮廷費」はいわゆる公的なことにかかる費用ですから、成年皇族の数を比較してみましょう。

昭和57年
天皇 皇后
皇太子 皇太子妃
浩宮
常陸宮 華子妃
勢津子妃
高松宮 喜久子妃
三笠宮 百合子妃 宜仁親王 憲仁親王 容子内親王
寛仁親王 信子妃

以上17名

平成13年
天皇 皇后 清子内親王
皇太子 皇太子妃
秋篠宮 紀子妃
常陸宮 華子妃
喜久子妃
三笠宮 百合子妃
寛仁親王 信子妃 彬子女王
桂宮
高円宮 久子妃

以上18名

漏れてたらご指摘くださいですが、人数的には変わりません。
彬子女王は平成13年の成人です。
まあ、どこぞの宮家みたいに未成年を「公務」として連れ回せば、当然宮廷費からの支出になるわけですが、一応成人した皇族限定で。
「皇位継承券」の話をすれば、三笠宮家は3枚お持ちでした。

なお、男尊女卑がまかり通る皇室では、内廷皇族男子の学費は宮廷費から支出されるそうです。
浩宮、礼宮の学費がこれにあたります。

平成になって、内廷皇族でもない悠仁親王の学費を宮廷費で賄っては?という話が持ち上がり、それを辞退したと美談になっていました。
内廷皇族でもないのに平然と半蔵門を通るあの一家の意図がどこにあったかはわかりません。

訂正

秋篠宮家に皇位継承券が2枚なら、三笠宮家は4枚でした。
お子様の数しか数えてませんでした。
謹んで訂正いたします。

No title

どこのブログだったか、本だったか忘れたが。


「両陛下が海外旅行する前には、

宮内庁職員が必ず奥さん同伴で、

事前視察つまり両陛下と同じコースで旅行をする。

職員でもない奥さんを同伴させるのは、

両陛下つまり夫婦そろって海外旅行するからだ。

その時に、

現地の日本大使館職員は、

嫌な気分になる。

なぜならば、

宮内庁職員とその奥さんが、

「あーしろ。こーしろ。」と、

大使館職員を顎でコキ使うからだ。

大使館職員にしてみれば、

両陛下に仕えるのは吝かではないが、

ただの宮内庁職員と、職員でもない奥さんにコキ使われるのは、

非常に腹立たしいのだ。」


というような事が書かれているのを読んだ事がある。

両陛下が海外旅行を控えれば、宮内庁職員も海外旅行しないだろう。

それと同じことは、国内旅行でも言えると思われる。

※ 旅行と書いたのは、皇后美智子が東宮妃の時に、皇太子明仁に、「地方を旅行するのは良いことだと思います。」と手紙に書いているので、訪問とか視察ではなく敢えて旅行と書く。 ※

天皇皇后が動けば動くほど、税金が湯水の如く使われていくと思って間違いないと思われる。

今回、皇后美智子は天皇を置いてまでして1人でベルギー旅行するという。

しかも弾丸ツアーなみの日程だ。

そしてそれを、「公務をする立派な皇后。元王妃との発掘秘話。膝の痛みに堪えて葬儀に参列。タイトな日程。御多忙のなか痺れや痛みを押してベルギー旅行。」等々というタイトルで賛美記事に仕立てて、いつものパターンで雅子妃をバッシングするのだろう。

はっきり言おう。

今の天皇皇后こそ税金泥棒であり、人の皮をかぶった人でなしだ。


バッシングの理由

これだけ水ぶくれに膨れ上がった予算があれば、その裏側には利権にタカる人々もいるでしょう。
冷静にして高潔な皇太子殿下と聡明な妃殿下が「改革改革」と叫ばずとも、
「無駄に出歩きたくない」
そうおっしゃれば、結果として改革になります。
さまざまな甘い汁に群がる連中は、秋篠宮を担ごうとした。しかし、あまりにもアホで、宮内庁すら匙を投げた。その息子は、論外。
猛烈な敬宮さんバッシングは、あの立派な姫様に「悪いイメージ」を植え付けようと必死なのでしょう。
「国民の皆様、不登校のアイコ!甘やかされたアイコ!アイコは駄目なんです!わかりますか?
キコさま!キコさま!キコさまマコさまカコさまを、よろしくお願いいたします!
働くキコさま!
皆様のキコさま!
国母はキコさま!
次期皇后にはキコ、キコ、キコをよろしくお願いいたします!」
敬宮さんを半殺しにすれば、雅子妃の回復が遅れ…ませんね。

ブログ主様。
この「お金」の問題は、繰り返し同じことをアップして下さいませ。データの出処付きで。お願いいたします。

まだまだ言うよ、天皇・皇后・宮内庁の浪費体質

例えばです、単なる例ですが、株式会社東芝は、関連会社合わせて社員数が23万人、それで2013年度末の純利益が508億円。営業利益(経費を引く前)は2900億円。

一方で、現在皇族は19名、それを補佐する宮内庁職員がなぜか1000人もいて、そして「皇室財産の管理や、皇室の公務の費用」で60億円越え、そこに宮内庁職員の経費を足して160億円越え。周辺経費を考えると、さらに何百億円と膨らんでいく。

なんかおかしいでしょう! 23万人が他社と争いながら厳しい労働をして、もうけるお金の、1/2とか、1/10とかの金額を、19名の皇族が(というか、ほとんど天皇・皇后だと思いますが)「公務」をして使っちゃうのは。

いや、公務の全てが無駄だとは思いません。皇室が人の心の拠り所にもなるし、なかなか注目されない福祉分野を宣伝するなどの効果もある。しかし、昭和時代の公務の量と経費が、充分で適量だったと思うのです。

例えばね、被災地慰問のDVD、制作費には1500万円くらいは軽くかかっていると思います。で、1500円で売ってその半分が利益として戻っても、DVDが2万枚売れないと赤字なんです。それって「オリコンチャートに入って、EXILEやももクロと競える」枚数じゃやないとダメってことなんすよ。これも浪費。被災地の人の心を傷つけて自己満して、かつ赤字を出す。こういう事の繰り返しです。

このような状況で、一番私が嫌になっていることは、天皇・皇后・おべんちゃら宮内庁の「何十億・何百億円の浪費」という現実があるにも関わらず、これをメディアが指摘することがない。
その一方で「雅子妃殿下のランチ代が高い」とか「ホテルのスイートルームに泊まり数万円かかって浪費」とか、子供だましのウソ理屈を皇室記者が言い立て、それをクズ週刊誌がバッシング記事として書き立て、多くのいい年した大人が騙されていることです。

つまり、日本の一般人は、クズ週刊誌や、利権屋の皇室記者に、ものすごく馬鹿にされてるんだと思う。
騙されないように気がつかなくちゃ!覚醒しなくちゃ!

ところで、最新の宮内庁関係予算の推移はこちらです。
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/kunaicho/pdf/yosansuii-h26.pdf#search='宮内庁+予算+変遷'
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR