広島慰問で見せた“ジアイ”

お噂スレで見つけた画像

AS20141212002533_comm.jpg


5593bfc84af4753f22a540dd1f9d7da6.png

朝日新聞の記事です。

両陛下、広島土砂災害の現場で黙礼 被災者らと懇談

島康彦、岡本玄

2014年12月3日21時41分

 天皇、皇后両陛下は3日、8月の広島豪雨災害で大きな被害が出た広島市の安佐南区八木地区を訪れ、被災現場を視察した。

 犠牲になった74人のうち、同地区では52人が死亡した。両陛下は救助にあたった広島市消防局長と現場を見て回り、殉職者が出たとの説明に、天皇陛下は「残念なことでしたね」とこたえた。お二人そろって土砂が流れ落ちた斜面に向けて2回頭を下げ、黙礼した。

 続いて、近くの公民館で被災者10人と懇談。天皇陛下は父と姉を亡くした中学3年生の木原莉子さん(14)を「寂しくなりますね」といたわった。


http://www.asahi.com/articles/ASGD15FKZGD1UTIL02M.html


見物している人たちが非常に危険な場所にいます。

上から瓦が落ちてくる可能性があります。

それについてこんな声が

121 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2014/12/13(土) 15:31:14.38 >>117
あらら・・・これは酷いね
屋根の瓦が崩れてるそばに国民を大勢座らせて、のんきに税金使って災害見物ですか
ほんと最低の天皇皇后だね

ギャグかと思うわこれ


これ昭和天皇なら「安全な場所に誘導しろ」と言いますよ。

まさか

ほら私たちが東京からわざわざ来たのよ!はい皆ありがたく見なさい!

なんて思っているんじゃ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

12月3日は平日の水曜日。

平日が休みの職業があることは知っている。
有給を使って平日に休めることも知っている。

リョウヘーカの後ろに座っている人達(被災者達)は、瓦が落ちてきそうな家のそばに座っている人達(被災者達)は、全員この時間に仕事をしていない職業なのだろうか。
仕事があるが休んで来たのだろうか。





>被災地近くの公民館で被災者と言葉を交わす天皇、皇后両陛下=3日午後3時27分、広島市安佐南区、杢田光撮影



この公民館に被災した女子中学生(3年)が来たが、彼女は12月3日の授業すべてを終えてから公民館に来たのだろうか。


広島ではなく関東地方にある某市立中学校の時間割だが、こうなっている。


5校時 13:30 ~ 14:20
6校時 14:30 ~ 15:20
清 掃 15:20 ~ 15:35
SHR     15:40 ~ 15:50

5校時 13:30 ~ 14:20
清 掃 14:20 ~ 14:35
SHR     14:40 ~ 14:50

【部活動】
夏時間  ~17:45
冬時間  ~17:15



写真に写っている女子中学生が、市立中なのか、市立中とは大きく変更する事ができる私立中なのかは分からない。

>佐東公民館に到着した天皇、皇后両陛下=3日午後3時9分、広島市安佐南区緑井、代表撮影

しかし彼女は、すでに3時9分には公民館にいたことになる。
最後まで授業は受けてきたのだろうか。
もし彼女が授業を早退して公民館に来たのであれば、両陛下は女子中学生に義務教育を受けさせなかった、女子中学生から義務教育を受ける権利を奪ったことになる。


両陛下よ、もう出歩くのは止めなさい。


お気の毒に

これ、海外の人が見たら「コラージュ?ギャグでしょ。」というレベル。
日本人でも絶句です。

リョーヘーカが地元にいらした時は、老人ホームの高齢者、幼稚園の子どもが駆り出されていました。

お年寄りの最前列は車椅子の方たちばかり。
又聞きですが、お体が不自由なかたは、「興味がない、行きたくない。」と言っていたとのこと。
職員さん達は、役所から言われたから必死で説得して連れてきたそうです。

子どもたちだってピンときませんよね・・・。

本当にファンの人は、「見に行ったけど”もう場所ないよ”と追い返された。」と話していました。
駆り出した人でいっぱいって、意味がないと思います(笑)

これは2次災害

屋根から瓦が落ちてこなかったとしても、被災者の皆様は冷たい地面に座らせられていたんですね。さぞかし寒かったと思います。
下らないパフォーマンスに使うお金があったら、その分を被災者支援にむけたら、有意義だったでしょうに。
昭和天皇や皇太子ご夫妻なら、絶対になさらなかったでしょう。

後ろに立っている広島市長も浮かない顔ですね。
被災者の方々にとっては2次災害と言っても過言ではないでしょう。

ギャラリー

この人達が、お出迎えやお見送りの人達だと言われれば、まだ納得できます。
でもそうではないですよね。それとも現場でお出迎えしたのか。
この半壊している建物が避難所なわけでもないですよね。

被災地の現場の視察(見学?)に、ギャラリーはいらない。見るからに安全な場所ではないんだから。
そしてこの人達がギャラリーではなくて被災者の人達だったら、外ではなく、わざわざ開けさせた避難所で待機してもらっていればよかったのではと思います。

宮内庁が下見して、現地関係者と打ち合わせもしているんだろうに、どうしてこうなるんだろ。
宮内庁が上から目線であれこれ指示してるから、宮内庁が馬鹿だってことかな。
天皇皇后の為の慰問じゃないのにね。

「平成と言う年号を代えた方が良いんじゃないか?」、と昔の人なら思うくらいに、自然災害が尽きません。大東亜戦争中の戦地や被災地の訪問は、両陛下の御希望がまずあるのでしょう。しかし偉大であった昭和天皇の後を継がれ、「さて我等は、如何に国民の心と支持を掴むべきか。」と絶えず憂え、ワーカホリックのように休まずお出ましになるのが、果たして国民の象徴として望ましいのでしょうか。「日本人たるもの、八十過ぎても、フルで働くのは当たり前。残業も進んでしましょう。」と、体言されていらっしゃる、確かに日本人スピリットの象徴ではいらっしゃるようですが……
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR