昭和と平成の行幸の違い

昭和天皇の行幸を調べれば調べるほど

昭和天皇への国民の熱い思いが伝わってきます。

迎える人数が桁違いです。

s1947.jpg


別にこの人たちは動員かけたわけではありません。

自然に集まった人たちです。

ウェルカム 天皇陛下―!!!!

という感じが伝わってきます。

どよめきが起こるほどの出迎えです。




さーて、その息子の今上陛下はと言うと

ひらぴょんさまコメント

リョーヘーカが地元にいらした時は、老人ホームの高齢者、幼稚園の子どもが駆り出されていました。

お年寄りの最前列は車椅子の方たちばかり。
又聞きですが、お体が不自由なかたは、「興味がない、行きたくない。」と言っていたとのこと。
職員さん達は、役所から言われたから必死で説得して連れてきたそうです。

子どもたちだってピンときませんよね・・・。

本当にファンの人は、「見に行ったけど”もう場所ないよ”と追い返された。」と話していました。

駆り出した人でいっぱいって、意味がないと思います(笑)


確かに出迎えの人を見るとなんか昭和よりも明らかに少ない。

だって昭和ってこれだもん。



YOUTUBEなんかに平成の両陛下を一般市民の人が出待ちしている様子がアップされていますが、

明らかに昭和に比べると少ない。

見ているとなんとなく心から出迎えている感じがしません。

写真を見ればわかりますが、

後ろの人は昭和天皇を見ることはできません。

点になっています。

この人たちは天皇を見に行ったのではなく、天皇を迎えるために行った。

「天皇陛下、来てくれてありがとう」

という気持ちを伝えたかったのです。

あれ、何かこのフレーズ聞いたことが・・・

あっ、カイザリンもとい敬宮さまが初めて伊勢神宮へ参拝するために伊勢神宮もよりの駅に着いた時だ。

元気なおばさんが

「愛子ちゃん、来てくれてありがとう」

と大きな声で言ってたわ。

あれに似ている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昭和天皇の姿も自然体

素敵な写真をありがとうございます。
やっぱり凄かったんだなー昭和の行幸。

しかも、撮影の仕方に不自然さが無いの。
多くの人達と昭和天皇を見せるために、天皇陛下の後ろから、広く自然に撮っている。そして、昭和天皇の態度も自然体。

平成の写真って、直前まで傘があったのに、直前にはずして雨の中で祈るポーズとか、皇后が一歩下がりながらも、原色衣装と山伏帽で目立つとか、いちいち臭くって芝居がかっていて嫌だ。
集まった群衆が少ないから、斜め横から撮って誤魔化すとかさー。
イギリス行って、日本人を動員して、しかも皇后が手にもった花を池に浮かべてみみせたババア少女趣味とか、ゲッーとなりました。

昭和天皇は「広き野をながれゆけども最上川海に入るまでにごらざりけり」とか、御歌も心洗われます。しかも、地元の学者さんに、「やっぱり下流になれば、多少は水は汚れる」と聞いて、考え込んだり。ほんと真面目な方だったんですよね。ファンにならずにはいられません!

昭和21年、那須。

終戦の翌年の夏、恒例の那須御用邸ご静養。
恒例の田代小学校校門前に整列する、田舎の子供ら。
昭和天皇は、黒塗りの車の窓を全開にして身を乗りだし、帽子を振って子供らに笑いかけたそうです。
「天皇陛下は人間になったんだ」
子供らヒソヒソ。
現人神なんてワケわからない役、一番お嫌だったのは陛下ご自身かと。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR