S・A・G・A 佐賀 なぜか昭和天皇を記事に

佐賀県の佐賀新聞が不思議な記事を書いています。

佐賀新聞には有明抄という読売新聞なら「編集後記」や朝日新聞なら「天声人語」みたいなコーナーがあります。

本日2014年の12月23日の今上陛下のお誕生日の有明抄はこんな内容です。


国民とともに

2014年12月23日 05時00分

少女は二つの位牌(いはい)を抱いていた。昭和天皇が「お父さん、お母さん?」と尋ねられると、「はい」と答えた。「どこで?」「父は満ソ国境で戦死しました。母は引き揚げ途中で病のために」◆昭和天皇は昭和24(1949)年5月、全国巡幸で県内を訪問された。最初の訪問先、基山町の因通寺が設けた児童養護施設「洗心寮」での逸話である。日本兵の遺骨収集などにも尽力した調寛雅(しらべかんが)住職(当時)の『天皇さまが泣いてござった』(教育社)に詳しい。こう続く◆「お寂しい?」と問われると、少女は言った。「いいえ、寂しいことはありません。…仏様の前でそっと名前を呼ぶと、お父さんもお母さんも私のそばにやってきて抱いてくれます」。陛下は少女の頭をなでながら「これからも立派に育っておくれよ」と励まされた。見ると、陛下の涙が畳に落ちていた…◆今秋、宮内庁は1万2千ページに及ぶ『昭和天皇実録』の内容を公表した。近現代史研究に大きな恩恵をもたらしそうだが、各地に残るこうしたエピソードにも心が動く◆皇室のあり方にはさまざまな考え方があるが、「国民とともに」の姿勢は国民の多くがうなずくところだろう。国事行為や皇室外交、それに積極的に被災地慰問などをされる今上天皇、皇后両陛下である。天皇誕生日。あらためてお二人のご健康を祈りたい。(善)

http://www.saga-s.co.jp/column/ariakesyou/138894

昭和天皇の涙の話は感動的ですが、

あれ?なんで今日に限って昭和天皇の話をトップに持ってきたんだろう

と不思議に思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>国事行為や皇室外交、それに積極的に被災地慰問などをされる今上天皇、皇后両陛下である。天皇誕生日。あらためてお二人のご健康を祈りたい。(善)

これをくっつけるために昭和天皇を持ちださないで欲しい。
昭和天皇への沖縄への気持ちを考えるたびに、軽い気持ちで訪問する平成の天皇、皇后や「東京はどこ?」とか抜かす何もわからない子供を連れてアピールする次男一家に腹が立つ。

まるさま

>これをくっつけるために昭和天皇を持ちださないで欲しい。

これをくっつけないと文章に出来ないほどの・・・今上夫妻なのをお察し下さい。
今の点王(脳みそが豆粒)を持ち上げるのには、無い頭を絞っても書けない。
そうだ!昭和天皇のエピソードで埋めよう

そうとしか思えません。

人柄の違いが歴然

>昭和天皇の涙の話は感動的ですが、

>あれ?なんで今日に限って昭和天皇の話をトップに持ってきたんだろう

と不思議に思いました。

小さな少女にも心から向き合う、お優しい昭和天皇、引き換え敬宮様を懐かない、話す程の交流がないと平気でのたまう今上の残酷さを、改めて国民に気づいて欲しい!!と、佐賀新聞の記者は思ったのではないかしらん。なんちゃって。

戦後まもなくの那須にて。

戦後まもなくの那須にて、毎年の如く田代小学校校門前の奉迎場に子供達は並んでおりました。
昭和天皇は、なんと、お車の窓を開け身を乗り出されて、満面の笑みで子供達に手を振って応えられたそうです。
子供達は「陛下は人間になったんだと」と訛って話してたのですが、現人神なんて嫌だ!と一番強く思われていたのは、陛下ご自身だったかも。
また、後続の黒塗り(皇族専用)自動車には大人の男性が乗っておられ、お顔も見えぬほど深く奉迎の人達に頭を下げておられたそうです。
当時、子供だった身内は誰だかわからなかった。
昭和天皇の弟宮としか考えられません。
ご病気の秩父宮だとしたら、おいたわしいです。早くに結核となり、何の社会貢献も出来ないのに最高の治療を受けているとはかなんでおられたから。
病気ですもの。仕方ないよ。軍事教練で無理されて、悪化したんだもの。宮様、お顔を上げてください。

後もうちょっとの辛抱

高久甲 様のコメント、うるっと来ました。
秩父宮様、昭和天皇や東宮家にも通じる、此方が自然に頭が下がるようなお心をお持ちでらしたんですね(;-;)
4G,異質過ぎ。悪目立ちする筈だわ~。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR