硫黄島の洞窟を裸足で歩いた高松宮殿下 

ライブラリーさまからコメントを戴きました

高松宮ご夫妻の御活動

たしか、高松宮様、喜久子様ご夫妻は、かつての南方の戦地(具体的地名は忘れましたが)に、旧日本軍の兵士たちの御遺骨の収集に数回行っておられたと記憶しています。

関係者と一緒に、実際に御遺骨を探したり収集する作業をなさっておられます。
ざるを使って川の水で泥をすすいで、骨のかけらを探し集める、そういう作業です。

多くの人々が亡くなっているところだからと、お二人は靴を脱いで裸足になって洞窟内などに入り、御遺骨を探されたそうです。

たぶん、何かの手記か、あるいは妃殿下自身がお書きになったものが残っているはずです。

高松宮さまは海軍、今もご健在の三笠宮さまは陸軍と、皇族男子は皆、先の大戦時、実際に戦った軍人でしたから、他人ごとではなかったはずですし、また、皇族として申し訳なさも強く感じておられたでしょう。

まあ、次世代だからしょうがないとはいえ、今の天皇皇后のパフォーマンスはいただけませんね。

かつての悲惨な戦地でさえも、美智子さんの公務でご活躍の「舞台」と化してしまう、平成って妙な時代ですね。


コメントありがとうございます。

やっと喜久子さまの著書の該当箇所を見つけました。

(遅くなってごめんなさい)

遺骨収集は硫黄島でのことです。

昭和46年3月
高松宮殿下は海上自衛隊の飛行機で硫黄島に飛びました。

硫黄島で遺骨収集、戦没者慰霊の催しに参加されました。

案内役は後に総理となる橋本龍太郎厚生政務次官

島には未整理の洞窟があり、遺骨が昭和20年のままの状態のまま散乱していました。

悲惨な死を遂げられた方々です。

阿川弘之氏と喜久子さまとの対談
阿川弘之氏
前もって説明なしに洞窟の前へ立たれた殿下は、ハッとがて息を呑む気配をお見せになり、やがて地べたに正座し、両手をついて首を垂れて、瞑想状態に入られた。一言もいっしゃらないから、何を念じていらっしゃるのか祈っていらっしゃるのか分からないけれど、随行の者みな、電気に打たれたような気分だったと聞いております。大分長い時間そうしていらして、やっと起き上がられたのを、次に、整理の済んでいる壕へご案内した。ここは中に入れます。入れますけど、やはりあちこちに、拾いつくせなかった骨の小片が散らばっているんだそうですよ。仕方がないから、海上自衛隊駐屯部隊の隊員たちでも、みんな靴でそれを踏んで歩くのが普通のことになってしまっている。ところが、殿下はためらわれた。そうして、つと靴を脱ぎ、靴下も脱ぎ、素足になって、骨片が散らばる洞窟内へ入って行かれた。私も知ってますが、硫黄島という名前の通り、あの島の壕の中は地面から硫黄のガスが噴き出しているんです。そこを素足で視察した人は、後にも先に高松宮様お一人だそうです。

(『菊と葵のものがたり』引用)

a01718cefd832051d22f4fcbc38e14ba.png


高松宮殿下も海軍に所属していた軍人でした。

そして昭和天皇の弟です。

今の両陛下も硫黄島へは慰霊に行っていますが、

高松宮さまのお気持ちとはまったく違うと私は思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>今の両陛下も硫黄島へは慰霊に行っていますが、

>高松宮さまのお気持ちとはまったく違うと私は思います。



今の両陛下は、花を献げて黙祷・黙礼するだけです。

立派といえば立派ですが、それ以上のことはしていません。

ただ現場へ行き現場を見ているだけです。

・・・・・お気楽ですよね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR