君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる

bună seara 

ヘカテ―です。

今日は待ちに待った大晦日

紅白ですよ!中島みゆきが出ます。

ドラマ家なき子の主題歌となった名曲「空と君のあいだに」


マッキ―バージョン



これね、実は犬の視点で作られた曲です。

何でも、主題歌を依頼された時、日テレ側から寄せられた情報が

1、カレーのCMに出ていた「具が大きい」と言っていた女の子が主役 
2、犬が出ます

の二つだけ。

どうしたもんかと悩んだ中島みゆきは

「そうだ!犬の気持ちで曲を書こう」と考えました。

それで出来たのがこの「空と君のあいだに」です。

超有名なサビ

空と君とのあいだには 今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら 僕は悪にでもなる


おお、まるでLADY OF TOSHIこと敬宮さまと愛犬の関係みたいじゃないですか!

(海外のサイトでPRICESS AIKO,LADY OF TOSHI と表記されていました)

皇太子ご一家は今まで三匹の犬を飼っています。

敬宮さまが生まれる前から飼われていた

ピッピとまり

a2ba4ec2ea8067c544d70e78c796ac56_201412311704289bc.png


そしてゆり
fc8dafd72bbd95009053459215dff8e1_0.jpg




三匹に共通するのはみんな保護された犬であること


ピッピ(オス)とマリ(メス)

平成7年秋に赤坂御用地内のドラム缶の中で生まれました。

どこからか御用地内に迷いこみ10匹の赤ちゃんを産みました。

宮家の妃殿下が散歩中に見つけました。

母犬と十匹の子犬がねぐらにしていたドラム缶の近くには「通行禁止」の札が立てられ、他の皇族方や職員たちも様子を見ていました。

ある日、母犬が忽然と姿を消しました。

連絡を受けた皇太子ご夫妻はかわいそうな子犬の内2匹を引き取りました。

残った犬は宮内庁の職員や皇宮護衛官に引き取られました。

それがピッピとマリです。

この二匹の犬を雅子さまはこうおっしゃっています。

「この犬がいるというのも夫婦の仲にとって、とても良いように思います。よく夫婦げんかは犬も食わぬと申しますけれど、けんかの種はわりとよく拾って食べてくれます。」
(平成10年12月のお誕生日記者会見でのご発言)


マスコミや国民の一部には「犬を飼ったってことは子どもは諦めているんじゃないかしら」と心配する声もありました。

二匹の犬は後に誕生したプリンセスのお兄さんとお姉さんになりました。

1196503667019458.jpg

ピッピは14歳、マリは13歳で皇太子ご夫妻の元から天国へと旅立ちました。

犬としては長寿です。

大事に飼われてきた証です。



ゆり(メス)

老犬のピッピには若い犬が一緒の方がいいという獣医師の勧めもあり飼われました。

愛犬まりに似た名前の「ゆり」という名前が付けられました。

漢字では由莉(ゆり)です。

敬宮さまにとっては妹のような存在ですね。

ゆりも保護された犬で、獣医師の紹介で皇太子ご一家の家族の一員となりました。

masako-2a.jpg



こんなにおチビさんだったワンコが

こんなに大きくなりました。

ゆりちゃんは足が長い。

柴犬のミックスということは分かりますが、あとはどんな犬なんだろう。

個人的に好きなゆりちゃんの写真

o0450032911069224815.jpg

ゆり「ちょっと、ニンゲン!私もパパがいる真ん中がいい。どいて!」
ニンゲン「だーめー。ここは私のポジション」

という感じに見えます。




すごいよなー。

野良犬からロイヤルドックですよ。

貧乏団地から礼宮の嫁さんになったことよりもすごい。

まさしくシンデレラストーリーです。



さーて、アンチ東宮のあほどもは

ピッピとマリの死を叩く材料にしたりと悪行をやらかしています。

ゆりに至っては雅子さまがゆりちゃんの手でお手ふりをしたとバッシングしています。

おい、アンチ教えてやるよ。

あれはね、”皇太子ご一家命”な那須の人たちが「ゆりちゃーん」と大きな声で声掛けしたので雅子さまがゆりちゃんの手でお手ふりをしたんだよ。

那須の人は誰も「やーね、雅子さまったら私たちのことバカにしているわ」なんて言わなかった。

「キャー、かわいいー」と悶絶していました。


ちなみにアンチの悪行をバッサリ切っていらっしゃる方がいらっしゃるのでブログを紹介させていただきます。
先ちょマンブログ それほど雅子妃殿下が嫌いか



最後に
「おいおいヘカテ―、ロイヤルキャットのニンゲンを忘れているぜ」という方もいらっしゃるでしょうが、

今回は「空と君のあいだに」に沿ってロイヤルドック特集にしました。

ニンゲンちゃんはいつか必ずやります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

我が友かく語りき。

私の友人は言うんですよ。
「皇族が血統書付きの犬や猫、珍しい稀少な動物を飼うなんて、おかしい。あの人達は自身がステイタス(身分、社会的地位)なんだから、保護されたり処分されそうになった動物を可愛がるべきだ」
いかに皇族と言えど、その程度の選ぶ自由はあるでしょう。でも、私の友人の意見はもっともだと思いませんか?
ココ・シャネルは、ある富豪夫人の見事な宝石を見て「お金持ちのくせに本物の宝石をつけている」と呟きました。
「あの方が本物を買えないなんて誰も思わない。そんな人こそフェイクで遊んで、センスを見せて欲しい」
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR