両陛下の慎みの謎

両陛下は軽井沢と草津での静養を取りやめました。

しかし、このお二人は不思議だ。
6月8日に薨去された桂宮さまのたった5日間の喪は「一時的な除喪」というウルトラCを繰り広げた一方で、静養の取りやめはしなくてもいいのにする。


一応どうしても出なければいけない結婚式や会議には神社でお祓いをして一時的な除喪をとる場合があります。
昭和天皇ご夫妻も除喪をしたことがありますが、それは国体などの皇室と関わりがある出席しなければならないご公務でした。

あの2回の除喪は本当に出席しなければならないものだったのでしょうか?

ああいう風に出席すると「両陛下は働き者だ。それに比べて・・・」と言うアンチが出てきます。
そもそも出席する方がおかしいと感じます。

三笠宮ご夫妻に悪いと思わないからこういう行動を取ったと思う国民もいますよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR