昔はこんな感じだった歌会始の儀

968f9563f449101ee0b1a47e63b0d4ec.png
昭和の歌会始の儀はこんな感じでした。

2分23秒から始まります。

[広告] VPS


cbd7380f2dde9ea77160c525f7fb6797.png


bf3252435ea8d8c1386449e5b5526428.png

dabec8676fac4e92a93e184b7fc6a1fe.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今とかなり違いますねぇ

ご出席の皇族方の数が少なくてびっくり。
美智子さんの様子から見て、まだ昭和30年代でしょうか。

両陛下の他に出席なさっているのは、男性皇族では(はっきりとは分かりませんが)明仁皇太子と三笠宮様、そして女性皇族では美智子さんと三笠宮妃の百合子さま、合計たったの4人だけです。

昭和40年代生まれの私が子供のころ見ていた歌会始は、もっとずらっと並んでおられましたから、随分、様子が異なります。


先日、ヘカテー様が紹介してくださった、初期のころの園遊会も、見たところ昭和天皇お一人の行事でした。

結局、昭和の右肩上がりの経済成長に伴って、こうした宮中行事も少しずつ大がかりになっていったということなんでしょう。

もともと、何でもかんでも全員出席するようなものじゃないんですよね。

公務、公務って、馬鹿みたいに言う昨今の風潮が異常です。

この映像の歌会始、勢津子さまや高松宮さま、喜久子さま、常陸宮さまがサボっていたわけじゃないでしょう。
たぶん当時は、皇族が数人出席すればそれでよかったのでしょう。

美智子さんが、公務を仕事のように喧伝した悪影響が大きいですね。

さて、他にも、両陛下と並んで屏風を背にして座っているのが、皇族方ではなく、侍従や女官であるのも、ちょっと驚き。
今とは逆になっています。

古式ゆかしい行事とはいえ、戦後の数十年だけでも、ずいぶんしきたりが変わっているのがよくわかります。
(平成になって、美智子さんによる勝手なルール変更もあったのかも)




プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR