旧皇族について―復帰してもいいことナッシング―

サキ>うーん、でも復帰していいことなんてあるの??

トバモリー>まあデメリットを上げてみるよ
        
①自由が無くなる。傍流宮家の女王のオフの日であっても5人くらいはSPがつく。ファッションも好きなものを着れない。
②本人のみならず、恋人や奥さんの親戚も常に潔白でなければならない。少しの瑕疵も許されない。(小和田ご夫妻のように立派な人がねつ造されてまで叩かれている)
③奥さんは男の子製造マシーンになる。男子を産めなければ病気になるまで追いつめられる。
④当主も大変。男子がいなければその家は取り潰しになるから、「あの宮様は種無し」とささやかれる。
⑤子どもは楽器が弾けて、運動が出来る上に、外国語もできなければならない。その上教養も必要。超大変
⑥女の子はごくつぶし扱いされる。どうせ結婚したら出ていく存在なのにお金がかかるから。
⑦女の子はいじめられてもかばってもらえない。それどころか家庭の教育がなっていないと責められる。




サキ>奥さんはきついね。皇族復帰が決まったら彼女に「あなたと結婚することは男子が産めるまでいじめられることでしょう。そんなの嫌よ」と振られるかもしれない。下手すりゃ離婚だよ。

トバモリー>まあメリットはこれだね
男子を産めば父親も母親も鼻高々でなんでも許される
    
サキ>すでにそういう人いるものね。あときれいなドレスを着て国民からキャーキャー言われる。

トバモリー>ああ、それね。でも雅子さまを見てみなよ。調べたら敬宮さまが生まれる前から何度も同じスーツ着て公務に出ているよ。そして、ご病気になったら、10年間数着のドレスをローテーション組んで着ている。そんなの今時庶民でもしない。これから財政がもっと厳しくなるからさらに衣装代が少なくなる。ちやほやされることは疑問だね。ある日突然プリンスやプリンセスになった人を尊敬できるわけがない。そもそも筆頭宮家だってキャーキャー言われていないことを考えてよ。国民は正直だ。

サキ>うーん。旧皇族案はNGか。

トバモリー>旧皇族と結婚するという案だけは有効かもね。 「僕があなたを全力で守ります」と言えるだけの男なら国民は婿として認めてくれるかもしれない。竹田くんは「誰も女性宮家当主に婿なんか来ない」と言っているけど、そこは自分から「僕はあなたが愛しています。死ぬまであなたを守り続けます。」と言わなきゃダメ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR