皇太子殿下が学習院女子大で講義をされました

皇太子さま、大学で講義

時事通信 1月21日(水)16時54分配信

皇太子さまは21日午後、東京都新宿区の学習院女子大で「オックスフォード大学留学体験記」と題し、約90分間講義をされた。
国際文化交流について学ぶ学生140人を前に教壇に立った皇太子さまは、自身が初めて海外と触れ合った体験として1964年の東京オリンピックを挙げ、写真などを使って当時の状況を説明。83~85年に留学した英オックスフォード大の教育制度やクラブ活動、留学中の生活などについて、エピソードを交えて紹介した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00000079-jij-soci

(このニュースにアンチが大挙してコメントしているのでクリックしないことをお勧めします)


皇太子殿下の講義ってどんな感じでしょうか

ちなみにDAILYMOTIONで見つけた皇太子殿下の世界水フォーラムでの記念講演


皇太子殿下の祈り 世界水フォーラム 記念講演 投稿者 firebirdcooking

約25分あるので時間が或る時にご覧ください。

皇太子殿下がものすごく真面目で頭がいい人だと分かる動画です。



ところで

どっかの宮家の博士号夫婦は大学で講義をしないのでしょうか?

このブログの読者の方から教えていただいた情報によると

学習院女子中等科高等科で久子さまの講演が行われました。

素晴らしい内容で未来へはばたく中高生は勇気をもらったと喜んだそうです。

しかしご存じの通り久子さまは学習院では学んでいません。

あれ、一人いましたよね。

学習院の教授を持った学習院出の宮妃さまが。

あの方は博士号をお持ちとか。

不思議やわ~

先輩として講演してもおかしくないですえ~

「筆頭宮妃さまは講義しています!」という情報をご存知の方は教えてください。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

誇らしい

世界水フォーラムの動画見ました。
ヘカテーさま、ありがとうございます。

殿下の講演を聞きながら、こちらもじっくりと考えさせられました。
水による災害と復興の歴史を知り、未来に繋げていく。
そしてそれは日本国内のみならず、世界と一緒にという視点で語られている。
長年の研究の積み重ねとそこから得てきた知識と情報に裏打ちされた説得力のある言葉。
決して難しい言葉は使っていない。知識人と言われる人達だけに向けて話しているのではなく、私達一般の人間にも理解できるように話していらっしゃる。そして、聞くこちら側にも考えさせる。
こういう講演ができるって、凄いことですよ。

講演冒頭の、フォーラムに出席できなかったことと、東日本大震災への世界各国からの支援に対する感謝のコメントも、きちんと気配りされていらっしゃって素晴らしいと思いました。
そんなこと常識でしょ、という人もいると思いますが、そういう常識であることができない人達もいらっしゃるので。

どんなに偉い肩書を持っていても、これ程の講演をできる方は中々いないですよ。あと、やっぱりお人柄ですね。

クリックしなきゃよかった……(泣)

ニュースクリックして見てしまいました。
アンチだらけで閉口しました…………
もちろんコメント全部に低評価ボタン押しましたよ。
貴重なお話をされてるのに、アンチどもは……
アンチ全員、不敬罪とかでしょっぴかれて欲しいんですが(笑)
私も皇太子殿下の講義聞いてみたいですね。
久子様の講演を聞けるなんて中学生羨ましい。

紀子様は講義をされてませんよね?
されているならとっくにニュースでしかも大々的に取り上げてますよね?
何ゆえ、博士号を取られたのだろうか?
本当、はてなだらけです(-_-;)
博士号を取得されたのなら是非是非生かしてほしいですね。
じゃないと、雅子様が学歴高いのをひがんでるようにとられてもおかしくないですし(笑)

私の知り合いのお父さんなんですが……一度だけ皇太子殿下をお目にかかったのだそうですが、物腰柔らかで、それでいて作った感じがなくて、素晴らしい方だったと申しておりました。
何だか皇室オーラに圧倒されたというより、雰囲気が優しくて驚いたというようなことを言っていたみたいです。

ちなみに私は天皇皇后両陛下をお目にかかったことはありますが
その当時皇室に感心がなかったせいもあってか「ふーん(゜-゜)」くらいしか思えませんでした(笑)私も不敬罪かしら?ww

Re: クリックしなきゃよかった……(泣)


> ちなみに私は天皇皇后両陛下をお目にかかったことはありますが
> その当時皇室に感心がなかったせいもあってか「ふーん(゜-゜)」くらいしか思えませんでした(笑)私も不敬罪かしら?ww

大丈夫大丈夫

私も東京駅で見ましたが、案外ちっちぇーなとしか思わなかった。

内緒話です

私たち夫婦の仲人ご夫妻が叙勲されました。
どのような功績かは伏せさせていただきます。

仲人さんは「両陛下かた直々にお声を賜って…生きてて良かった。本当に良かった。いつ死んでもいい!」と涙を流して、その時の様子を教えてくれたのですが。

仲人奥様は「そうかしら? たいしたこと無かったわ。思ったより普通だったわよ。姑のほうが威厳あったわ。」と.......。



冷静でいると、見えてくるものがあるのでしょうね。

No title

学生時代に、皇太子様が学習院大学で特別講義みたいな感じでお話をされた事があって、立ち見が出るほど人が来たという話を記憶しています。
私は当時あまり皇室関係に関心がなかったので見に行かなかったのですが、今思えば残念な事をしたなーと思います。
しかしながら、秋家の当主様とその奥方の博士号には様々なインチキが見え隠れしていて気分が悪いことです。大体、政治学科を卒業していて基礎研究すらしていないお方が、どうやって生物学関係の博士号を取るんだよって思うし、心理学と結核予防と何のご関係が?アンケート結果だけで論文をおまとめになって博士号ですか・・・彬子女王や久子様のような努力が全く見えてこない。もっとも、理系の学部進学なら常陸宮様という好例もあります。
関係者に博士号を取った人がいるから知っているけど、勉強量は馬鹿にならないし、それは血のにじむ努力をして取っているというのに。腑に落ちないとぼやきたくなりますね。大学院の乱立に寄る修士や博士の粗製濫造もあるけど、秋家の方はそれとは全く関係ないし。あんな方々に博士号なんて腑に落ちないです。

字が違いますが

>「筆頭宮妃さまは講義しています!」という情報をご存知の方は教えてください。

「オラオラ、もっと金よこさんか、わりゃあ!」
「人手も足りねえんだよ、すぐ辞めるから」
「娘たちを早く女性宮家にしてくれってんだ、それを条件にω産んでやったんじゃないか」etc etc

抗議をなさってるという噂はよく聞きますが…

お返事ありがとうございます

ヘカテー様

「ちっちぇーな」とは(笑)
いかん、笑ってしまった。これは体格が小さいという意味なのか、それとも存在感が小さ…おっと、いやいやいや(笑)

私は学生の時、全国植樹祭でお目にかかりました。
その時「やっぱり、皇后様ええ服着とるなぁ」とも思っておりました。ですが、今になって雅子様がドレスとか着回しておられることを考えると「うーん…(-_-;)」と思ってしまいます…

No title

講義すれば偉いのか。
三十年前の黴の生えた留学体験記でも。
しかも、これって確か二度目。
恥ずかしくないのかなあ。
だって、二十代の留学以降、学生たちに語るべき研究も見識も何も得ていないということだよ。
私は皇太子は嫌いじゃない。人柄の良さは多分すばらしいんだろうと思う。そういう人間に、こういう「講義ごっこ」をさせて、その知識の浅さを証明させることはないだろうと思うよ。宮内庁ももう少し公務の在り方を考えろよ、と思う。

Re: No title

だって、留学をテーマに講義してくださいと大学側から言われたんだもの。

拙ブログで過去に

J-STAGE(独立行政法人 科学技術振興機構 [JST])のサイトで皇太子殿下が平成21年に日本アジア協会総会で英語で行われた講演の日本語版が公開されていることを記事にしました。

http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-95.html

英語で論文を書ける方だって理解しとくれやす。

そもそも世界水フォーラムで世界中の科学者や大臣の前で講演できるお方なんだから

何でもかんでも公務にする人

>宮内庁ももう少し公務の在り方を考えろよ、と思う。

あれ?学習院女子大での皇太子さまの講義って公務なんですか?
国連での基調演説ですら「私的ご活動」なのに?

皇太子さまが公務のあり方を考えたいっておっしゃったら、気に入らないらしい勢力の叩きがひどくなりましたよねー。

「公務」っていえば偉いと思ってる人っていますよねえ。

関係ないけど

「とみこ」のHNの元ネタって皇后様のお母さんの「冨美子」さん?

そんなわけないかぁ。
「冨美子」は「とみこ」って読みじゃないものね。

失礼しました。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR