自分はやりたい放題 息子夫婦には我慢強要

前記事に寄せられたコメントから紹介します。

auxiliaさまコメント

「美智子妃」
河原敏明 著   講談社 刊
昭和62年10月12日  第1刷発行

70項

東宮ご一家が住居とする棟は約四百四十坪。
一階が居間、談話室、食堂。それに二つの予備室は予想される皇子室と客室にあてるもの。
二階は応接室、寝室、衣裳室、着替室、化粧室など。
厨房は地下室に設け、調理した品々は超ミニのエレベーターにのせて、すぐ上の食堂に上げるが、居間の隅に小さな調理室を設け、美智子妃が簡単な調理などをできるようにした。

ま だ ご 婚 約 中、二 人 で 新 居 設 計 の 夢 を 語 り 合 っ た と き の 美 智 子 妃 の 希 望 に 添 っ た も の で、

____ 略 ____

皇 太 子 は む ろ ん 大 賛 成で、居間をつめて二、三坪の台所を 追 加 さ せ た の で あ る。

____ 略 ____

御所をとりまく数万坪の庭がまた素晴らしかった。
松、杉、竹、樫、樅など在来の樹木に加え、とくにイチイ、白樺が多く植えられた。
お二人邂逅の地、軽井沢に多い木で、思い出を末永く温めるため 取 り 寄 せ た の で あ る。


*************************

これは昭和の話、すなわち、明仁皇太子と美智子皇太子妃の話で、美智子妃の希望が取り入れられた新しい御所に住むことができたのです。
昭和天皇、香淳皇后よりも先に、新しい御所に住んだのです。

こういう事実を知ると、美智子さまはイジめられていたどころか、大切に大事にされていたと言えるのではないでしょうか。


びっくりするぐらい我侭言いまくってたんじゃん。

何がすごいって、

ここまで好き放題していたのに「私はいじめられました。とっても可哀想でしょ」

と子飼いの皇室ジャーナリストとマスコミ使って主張しているところです。

やっぱり昭和天皇と香淳皇后は優しすぎた。

しっかり者だった貞明皇后が姑だったらよかった。

このブログに定期的に現れるアンチ東宮が

「良子さまは女の子4人続いたけど男子を生むまで耐えられた位メンタルが強い人だった。怠け者のマサコなんて良子さまが姑だったら追い出されていた」とか言っていますが、

良子さまが姑だったら雅子さまは病気になってないわ!

じゃあ、東宮御所はどうなのかと言うと

もう御一方 
カキフライ さまコメント

今上夫妻のわがまま勝手ぶり

東宮御所って、ものすごく古くてボロボロだって、元アナウンサーの久能靖さんが以前テレビで言ってました。
愛子様がお生まれになった後、内装なんは直して多少ましにはなったみたいですが。

上記画像の昭和の東宮御所のコルクボードの壁、それからその上の絵画、平成の皇太子ご一家の映像にもよく見られますよ。今も変わっていません。

絵も変えちゃいけないみたいですね、キッチン同様。
あまり部屋を変えないようにと、美智子さんが指示したそうですね。

昭和天皇は、ご自身の御所を再建するより先に、息子夫婦の新居を作ってお嫁さんを迎えました。

ところが今上夫妻は、代替わりすると、まず、大幅に予算オーバーとなる70億かけて自分たちの新御所を建設、一方で、皇太子殿下結婚時には新築などさらさら考えず、古い東宮御所にそのまま住まわせました。
そして今もずっと変わらず(修繕しながら)住み続けています。

なんでこういうことを週刊誌は書かないんですかね?
良く知っているはずですよ。東宮御所が相当古いことも。

今時、一戸建てでもマンションでも、築50年以上の家に住んでる現役世代なんて、日本では滅多にいないと思うんですが。

とにかく、今上夫妻って、昭和天皇、徳仁皇太子の人の好さにつけ込んで、やりたい放題なんですよ。

この自分たちだけいつも新築、新調ということ、前々からもっと広く知ってもらいたいな、と思ってました。
一方で東宮家は、部屋の様子やキッチンの取り換えすらなかなか好きなようにはできないということも(いくらなんでも、50年以上前のキッチンって・・・)。

こういうことを知っていくと、雅子さまが20年前のスーツをお召しなのも、いろいろ察しがつくというものです。

それにしても、今上夫妻って、皇太子殿下のことがあまり好きじゃないんですね。
嫁はともかく、我が子である長男に対しても本当に冷淡だな、と思います。
今上は、とても、皇太子殿下に嫉妬心があるみたいですからね、昔から。



築50年の家に息子夫婦を住まわせてリフォームもろくにさせない。

内装も自分たちのスタイルを押し付ける。

自分たちは新築の成金趣味の御所を新築

普通逆だろ!

≫なんでこういうことを週刊誌は書かないんですかね?

ほら、平成の始め頃に書いたけど

書いたら美智子さまがヒステリー起こして失声症とかいうものすごーく怪しい病気になって倒れた。

それを知った「右翼」が銃弾を送りつけた。

それ以来美智子さま万歳報道が始まりました。



次代の徳仁天皇の時代には今上夫妻の悪行が明るみになることを祈っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昭和の両陛下が舅姑だったなら

>「良子さまは女の子4人続いたけど男子を生むまで耐えられた位メンタルが強い人だった。怠け者のマサコなんて良子さまが姑だったら追い出されていた」

「女の子は優しくてよいね」とおっしゃった昭和天皇がお舅さんだったら。
自らも女の子が続いた経験を持ってらして、孫を別け隔てなく可愛がられた良子さまがお姑さんだったら。
そして、何よりも新しい世代の考え方を尊重して見守ってくださるあのお二人だったら。
雅子さまは病まずにすんだのではないかと何度思ったことでしょう。

本当にアンチって馬鹿。
週刊誌のでっち上げを信じて、良子さまのことを嫁いびりしていた鬼姑とか言ってる連中です。

No title

我儘言いまくっていた!で妹が言っていたことを思い出しました。

以前、TVで東宮御所にブランコ?か、子供のための遊具を設置した業者さんが美智子さんにこうしてくれ、ああしてくれと指示されたけれど、構造上、無理がある。
子供の遊具であるため危険性も考慮するととても美智子さんの言う通りには作れない。
なので精一杯説明してなんとか、ご納得いただいた。
そんなことを話していた映像があったというのです。

さらに妹が言うには、子供には本物に触れされなければいけないとかで、
作者は忘れましたが、有名画家の絵画が飾ってあるのだとか。
たぶん一枚の訳ないから何枚かあるはずだと。
その金額たるやどんななんだろうねぇ…と時折、思い出したように話しています。

どんだけ我儘言って どんだけお金を使っているのでしょうねぇ。
まだ使う気満々なんでしょうか?
ため息がでますね。

本当に可哀想すぎるよ

上のまる様のコメントのとおり
舅姑が昭和天皇、良子様だったら雅子様も病気にならずにすんだのになーとずっと思っておりました。

以前どっかの週刊誌が「東宮御所は部屋数がたくさんあって、秋篠宮家の方は部屋数がその半分しかない」なんて書いてありました。ようは秋篠宮家が狭い所に住んでおられて可哀想と言いたいんでしょうね。
でも古い東宮御所に我慢して住んでいらっしゃる皇太子殿下たちを思うと悲しくて仕方ありません。週刊誌は何考えてるんだ。

美智子様は嫁ぎ先に恵まれて本っ当によかったですよねー。常に新しい服着て、新しい家に住むことが出来て。

私達の税金が美智子様の着道楽とかじゃなくて東宮御所の改築や雅子様のドレスに使われればいいのに。

ヒットーミヤケも

贅沢三昧しているのは今上夫妻だけではないですよね。ヒットーミヤケでは、宮卑様が交渉上手だそうで。他の宮家のリフォーム予算まで分捕ってプレハブ棟をこしらえたりしているとか何とか。
何故に東宮家や他の宮家がここまで冷遇されなきゃならんのだと思う次第。
皿様やヒットー宮卑さんは生まれから考えれば、ここまで十分贅沢しているじゃないですか。これ以上の贅沢はもうよろしいのでは?

Re: ヒットーミヤケも

> 贅沢三昧しているのは今上夫妻だけではないですよね。ヒットーミヤケでは、宮卑様が交渉上手だそうで。他の宮家のリフォーム予算まで分捕ってプレハブ棟をこしらえたりしているとか何とか。
>何故に東宮家や他の宮家がここまで冷遇されなきゃならんのだと思う次第。

そういうことばーーーっかりしているから華子さまから華麗なる手袋シッシをされるのです。

>これ以上の贅沢はもうよろしいのでは?

「まあ、何をおっしゃっているの。まだまだ私の欲望は序章よ!世界が私に負けるまで私はどこまでも進むわ!」

と筆頭宮妃さまはお考えでしょう。



超豪邸の秋篠宮邸

現在の秋篠宮邸は、ものすごく巨大で、週刊誌でも「威容を誇る」と形容される超豪邸になっていますよ。

新婚当初は、まるで一般の建売住宅のような小さくてささやかな宮邸でしたが、数年後、豪華に新築し、そこに増築を数回重ねています。

確か、ここ1,2年の週刊誌の記事に、宮邸ののべ床面積が書いてあったなと思ってネットで探してみましたが、ちょっと見つかりませんでした。
ただ、どうやって掃除するのかな、職員も大変だな、と思うような広さだったと記憶しています。

東宮御所は、公的な機関としての側面もあり、職員の数が多く、そのためにもある程度の規模、部屋数が必要なのであって、東宮ご一家の生活のためだけの建物ではありません。

自分たち家族だけの住居面積や新しさ、綺麗さという点では、おそらく秋篠宮邸の方が遥かに恵まれてるのではないかと思うのですが・・・。

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR