礼宮の結婚が原因で放火事件

6月9日さまコメント

結婚反対…

秋篠宮殿下の結婚の時は、貴賎結婚だからと右翼の反対で女子部の礼法室が放火されて、重要文化財が焼失したんですよね。
憎むべきは犯罪者ではありますが、常磐会の方もPTAの方もあまり良い顔をしていなかったのは覚えています。
東宮御所にあの変人の父親が怒鳴り込んだ、テレビはあるけどNHKの受信料惜しさに隠している、母親はボロアパート住まいなのに勘違いして皇室みたいな帽子を買って急に気取り始めた、などの話から紀子さんの手術をした病院の名前まで噂が駆け巡っていたようです。



恥ずかしながら存じませんでした。

放火事件は1990年(平成2年)6月16日(土)に起こった事件です。

常磐会も反対したんですか。

まあそりゃそうです。

昭和天皇の喪中に学習院関係者の娘が婚約だもの。

学習院の教授が

「皇族をお預かりしている学習院から宮さまに嫁ぐ人間が出るとはけしからん。」と良い顔をしなかったという噂があります。

(歌舞伎でいえば黒衣に徹するべきで、表に出てはいけないということから)

以前紹介した学習院を卒業したヘカテ―従姉妹のゼミの教授の話では学習院の学生から筆頭宮家夫婦はものすごーく嫌われていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めて聞く話でした。
しかし、このゴキちゃんのいやらしい顔
とても生娘、いや娘と思われない、やり手婆の顔じゃないですか!

こんな結婚を許した今上屁以下、汚点の始まりです。

あの当時ネットがあったら

礼宮とキコさんの婚約当時にネットがあったら、2人は間違いなく嘲笑とバッシングの嵐にあっていたでしょうね。婚約会見時期にも問題があったし、何よりキコさんが終始ニヤニヤしててブリッコ丸出し、でも強かさと下心も感じられる、とにかく気持ちの悪い会見でしたから。「一体、この女は何?」というポカーン状態になった国民は多かったと思います。キコさんの○○のお噂も口コミでドカンと日本中に広まったようですし。おまけにキコさんの両親、特に父親の胡散臭さといったら…とにかく「皇室と関わりたくて必死な家族だな」という印象が強烈でした。

それでも、大半の国民はこの胡散臭いキコお嬢さんのことを忘れてあげてた時期が長かったのです。その眠っていた国民を再び起こしてしまったのは、間違いなくキコさん自身でした。あの男児製造で。

礼宮とキコさんの婚約当時を知らない若い人たちの中には、当時をリアルに生きた人々の記憶とインパクトを軽んじて「そんなことあるわけないじゃん」と言う人々(東宮アンチ連中など)もいますが、ネットがなかった時代を侮るなかれ、と言いたいです。

Re: あの当時ネットがあったら

> 礼宮とキコさんの婚約当時にネットがあったら、2人は間違いなく嘲笑とバッシングの嵐にあっていたでしょうね。婚約会見時期にも問題があったし、何よりキコさんが終始ニヤニヤしててブリッコ丸出し、でも強かさと下心も感じられる、とにかく気持ちの悪い会見でしたから。「一体、この女は何?」というポカーン状態になった国民は多かったと思います。キコさんの○○のお噂も口コミでドカンと日本中に広まったようですし。おまけにキコさんの両親、特に父親の胡散臭さといったら…とにかく「皇室と関わりたくて必死な家族だな」という印象が強烈でした。
>
> それでも、大半の国民はこの胡散臭いキコお嬢さんのことを忘れてあげてた時期が長かったのです。その眠っていた国民を再び起こしてしまったのは、間違いなくキコさん自身でした。あの男児製造で。
>
> 礼宮とキコさんの婚約当時を知らない若い人たちの中には、当時をリアルに生きた人々の記憶とインパクトを軽んじて「そんなことあるわけないじゃん」と言う人々(東宮アンチ連中など)もいますが、ネットがなかった時代を侮るなかれ、と言いたいです。


あの堕胎の噂がここまで広がったのはなぜ?

という疑問に対してこんなうわさ話があります。

ある宮妃が母校の同窓会で喋ったため噂が広まった

あくまでもあくまでもあくまでも噂ですから

あっ、ある宮妃は久子さまじゃありません。

噂が広まったのは

紀子さんの例の噂が広まったのは、医療関係者のネットワークで伝わったからだと聞きましたけどね。

私の友人がインターン時代に、研修先の病院でその話を聞いたそうです。

「赤十字の仕事(公務)なんてよくできるものよね」とか言われてたそうです。



No title

>あの堕胎の噂がここまで広がったのはなぜ?
という疑問に対してこんなうわさ話があります。
ある宮妃が母校の同窓会で喋ったため噂が広まった

それだけではここまで広がりません。
この結婚を良くないと思った人が多かったのでは?
私は医療関係者、学習院OGからと2つのルートから聞きました。

No title

キコさん鯛おろしのお噂は、結婚後間もなくどこからともなく
学習院にも医療関係とも関わりがなかったわたしの耳にまで届いていました。

その後、雅子様入内後しばらくたってのことですが街の(横浜市ですが)パーマ屋さんの話から母の耳にまで入ってきました。

「鯛おろしが厳しく禁じられているカソリックの国のイベントによくものこのこ出て来られるわね〜」とそこの関係者にも噂されていました。

「このお噂はまさか本当だったのね〜」と確信したのは、悠ちゃんが生まれる前に『前置胎盤』を公表したときでした。意味がわからないので調べてみたところ
鯛おろし経験者に発症しやすいと書かれてあったからです。
まさか結婚後も...以下自粛

ヘカテー様が不適切な内容と判断された場合は、このコメントを公表しないで下さいませ。

No title

>あの堕胎の噂がここまで広がったのはなぜ?





私は2つのルートから聞きました。


時期は、婚約発表がされて一週間も経ってなかったと思います。


まずは、東京の大学へ進学した友人からです。


その次は、地方にも弟子を持つ書道の師匠からです。





No title

礼宮とキコさんの堕胎の噂。

私はあの二人の婚約発表時、都内の大学に通う学生でした。
喪中婚約会見から少し経った後、同級生の女の子から聞きました。

「キコさんって、礼宮の子どもを2回中絶したんだってね。
それでお父さんの川嶋教授が
『2回も娘に中絶させやがって、この責任はとってもらう!』って
皇居に乗り込んだんだって。」

それを聞いた時は、学習院ルートからの別の噂で、「浩宮は真面目だけど、礼宮は周囲からもほったらかしにされてて全然違う」と聞いていたので「まあ、そうかもね」と軽く思うくらいだったのですが、
結婚の儀式の時にキコさんが礼宮の汗を拭くような髪をなでるようなしぐさをしているグラビアが大きくどこかに出てたのを見て、二人の肉体関係を確信しました。
その直後に、美智子さまの命令でその写真が差し止め(?)になったと報じられましたしね。

私も学習院の人から聞きました

キコさんと同じ学年の人です。
キコさんは、テレビの前とふだんのしゃべりが全然違うというのも聞きました。

身近な人々からすごく嫌われてたんでしょうね。

今気がついたのですが、皇太子さまのお妃候補に、渋沢肇子さんという女性がいました。

渋沢栄一の子孫にあたる方で、豪邸に住み、保母さんをしている女性でした。


どこで知り合ったのか知らないのですが、秋篠宮さまが渋沢肇子さんを気に入り、ブレスレットをプレゼントしたという話をきいたことがあります


秋篠宮さまの妃には、渋沢肇子さんが良かったのではと思います。


渋沢肇子さんは、皇太子さま結婚後のインタビューで、「数多くのお妃候補の中で雅子さまが一番好きでした。ご成婚パレードの時も旗をふりにいきました。」と語っていました。

この方なら、生まれ育ちもかなり良いし、社会人経験もあるし、雅子さまがお好きなら、何かと相談にのってくれたりして、うまくいったかもしれませんね。

No title

紀子さんと学習院大学で同じ学部学科に在籍し、同級生だった人からその話を聞きました。

手術をしたのも、その方のご親戚の女医さんだったそうです。
2回目の時に、これ以上は身体への負担が大きいという説明をしたということも聞きました。


何が何でも皇族と結婚したいと一生懸命だったそうで、最初は皇太子殿下にアプローチしたものの無視されたことも本当だそうです。

No title

渋沢肇子さんにも選ぶ権利はあると思います(真顔)

まるさまへ

> 渋沢肇子さんにも選ぶ権利はあると思います(真顔)

うはははは、そりゃそうだ!

私が聞いたのは…

「礼宮とキコさんは、至るところで発情して、子供も堕ろして、もうみっともなくて仕方ないんで、天皇皇后は結婚許したんだって~」
習いごとの席で、姉デシさんから聞きました。
聞いた年月日は覚えてないけど、雅子妃はおられない頃でしたよ。
話してくれた姉デシさんは、勤め先で聞いたそうです。
1990年前後に20代30代だった女性なら、どこかで一度は耳にしているカッコワルイ噂。人の噂も七十五日だと言うのに、妊娠6週!と大々的に報じて、寝た子を起こしたのはキコさん自身。えげつない女と思われても「仕方ない」ですね。

私は

当時は友人から聞きましたが、その人が誰から聞いたか知りません。
他にNHKの人から聞いたと言う人からの又聞きも
ネットも無いのに数カ月で全国を駆け巡りました。

随分後からですが、母親自身が近所の人に「またなのよ、嫌になっちゃう」とこぼしてたと聞きました。
でも彼女自身、アヤノミヤが遊びに来ると、二人きりにして外をほっつき歩いてたそうです。
アンチは単なる都市伝説にしたいようですが、限りなくクロです。

今でこそ出来婚は当たり前みたいになりましたが、当時は恥ずかしいことでした。
まして上流のお嬢さんなら尚さらです。
そんな緩い下半身の女性を妃として受け入れた両陛下、頭がどうかしてますね。そもそも鯰のしつけに失敗したわけだけど

こうなったら売り出しキャンペーン中の娘も、ぜひ母親を見習ってさっさと降嫁してほしいものです。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR