皇太子殿下と音楽

YOUTUBEをチェックしていたらこんな動画がありました。

皇太子殿下と音楽についてのものです。





22380f0bd7347616adb75877dec7d1b9.png

この動画の1分45秒から皇太子殿下のソロ演奏のご様子が映っています。

(WWF総裁になった礼宮が皇太子殿下の演奏前にスピーチしているのですが、

「こいつ皇太子殿下なめてんだろ」と不快になりました。)



音楽のいいところは国境がないところだと思います。

例え言葉が通じなくても一緒に楽器を通じて心を通わせることができます。

海外公務でも皇太子殿下はその国の音楽家と演奏されています。

ふと思ったのですが、

美智子さま→ハープとピアノ

今上陛下→チェロ

皇太子殿下→ビオラ

なのに礼宮と紀宮の楽器演奏エピソードがないのはなぜでしょうか?

一応筆頭宮家当主はギターを弾けると聞きましたが、

ホンマでっか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

綺麗な手

ピアノを奏でる皇太子殿下、
ビオラを奏でる皇太子殿下、
その指の長く美しい事!
惚れ惚れします。

ああ、皇太子殿下が早く天皇陛下になりますように!

紀宮も礼宮も楽器が弾けないのは、
根気がないから、センスがないから、これにつきます。
努力すりゃ、何とかなるのが楽器です。でもそれ以上いくにはセンスというか音感が必要。
どちらも持ち合わせてないのでしょうね〜それは物の見事に子供達にも引き継がれたww

大体礼宮は若い頃から髭をはやして金のアクセサリージャラジャラして、外車を運転して偉そうだったわ。
若くして髭を蓄える人は、心理的に見て偉く見られたいという気持ちがあるらしいです。

桂さんに同意です

皇太子様、雅子様、それにお二人の子である愛子様からも、知性、感性が溢れているのがわかります。

もちろん、それは天性の才能もあるでしょうが、たゆまない自己研鑽の賜物です。

それがわからない怠け者は、
雅子様の学歴は詐称、お父様のコネ
を使った、とか
愛子様は自閉症とわめくのでしょうね。
努力を知る人は、その結果に到達するまでの困難を理解しています。だからこそ、そういう努力をされる皇太子様方に尊敬の気持ちをもつのです。

努力を知らないといえば、礼宮はその典型ですね。皇太子様と自分が同じ扱いを受けないのはおかしいとわめく一方で、皇太子様のような根気はなく、自分を尊大に見せようとしたり、上っ面の肩書にしか興味ありません。

皇太子様は、そんな礼宮をそもそもライバルと思っていなかったでしょうから、礼宮は余計腹が立っただろうと容易に想像できます。

秋篠宮一家の安っぽさは、学歴にしろ、発言にしろ、その背景(努力、自己研鑽)が感じられないからでしょうね。
アピールできることは、天皇皇后の真似っこご公務だけ。

私は佳子の学習院中退&ICU入学を知り、逆に学習院の気概に感心しました。
今上から佳子に至るまで、その一貫性に惚れ惚れしました。

川島教授が学長になれなかったのも、学習院では当然の結果だったのでしょうね。

ヘカテー様、雅子様は何か楽器をたしなんでますか?もしあれば雅子様の演奏も是非聴きたいです。
典子様のピアノ演奏も、ご結婚直前にようやく公開され、その腕前にびっくりしましたが、やはり美智子さんがピアノを披露するうちはなかなか厳しいですかね(*_*)

浩宮さま初めての、ヴィオラのソロ演奏の時に。

1988年 5月29日  中日新聞

紀宮さまの日本舞踊の発表会に足を運んだり、
浩宮さまの初めてのビオラのソロを披露されたコンサートにも姿を見せていた



******************

これは、正田富美さんのことを書いた記事です。

「美智子妃は実家とは疎遠だった。」「正田夫妻は表に出る事なく、ひっそりと過ごしていた。」と云う美談が今でも飛び交っていますが、実際には、正田富美さんは足繁く、紀宮さまのみならず浩宮さまの晴れ姿などを見に行っているのです。

本当に実家と疎遠なら、紀宮さまの発表会や浩宮さまのコンサート日時など知らないはず。

でも「足を運んだ」と云う事は「その日時を知っていた」と云う事であり「誰がその日時を教えたのか?」と云う事になります。

実家とは疎遠どころか実家ベッタリで、親離れ子離れしていないからこそ、そういう日時を知っていると考えるのが自然ではないでしょうか。


皇太子さまはとても機転がきく方です。

アメリカご訪問の折、たしかオックスフォード留学からお帰りになる時だったかと思います。
留学中、慰めに弾いておられたヴィオラをご自分でお持ちだったので、記者たちが「ぜひ一曲」とせがみ、「アメリカ・アメリカ」の一節を弾かれたニュースを見た記憶があります。

おしゃれでスマートな方だな、と思いました。

昭和天皇がミッテラン大統領のリターン・バンケットでミュージシャンの誘いに「さくらんぼの実る頃」を口ずさまれたエピソードと同じように、豊かな教養がそれを可能にしているんですよね。

http://file.mrsoakelyfisheer.blog.shinobi.jp/bbdb34f2.jpeg
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR