お出かけ公務を真面目にしていたら何か所も回れない

以前紹介した記事

皇太子殿下が第60回青少年読書感想文全国コンクールにご出席されました

の皇太子殿下のお言葉が宮内庁HPに掲載されていました。

第60回青少年読書感想文全国コンクール表彰式
平成27年2月6日(金)(経団連会館)
第60回青少年読書感想文全国コンクールで本日表彰を受けられた皆さん,おめでとうございます。

この表彰式に私が出席するのは3年ぶり13回目となりますが,毎回,受賞者の皆さんが読んだ本について,笑顔で,生き生きと話してくれたことが,強く印象に残っています。

今回の表彰式に当たり,皆さんの書かれた感想文の幾つかに目を通しました。皆さんが,本を読んだり感想文を書くことを通じて,すばらしい本と出会った感動や,喜びを感じたり,自分の世界を広め成長されていく様子が,しっかりと伝わってきました。

自分が感じ,考えたことを言葉にまとめ,文章にすることは簡単なことではありません。今回受賞された方々だけでなく,多くの皆さんが机に向かい一生懸命感想文を書いている姿が目に浮かびます。

このコンクールは,青少年が良い本に親しむ機会を増やしたい,また,そのための読書指導を盛んにしたいとの思いから始まり,続いてきたもので,第60回という節目に当たる今回,449万編以上の作品が寄せられたと伺いました。学校や家庭,様々な場において,子供たちの読書のための環境を整え,感想文の指導に当たられた多くの方々のご努力にも,心から敬意を表したいと思います。

これからも,若い人々が読書によって豊かな知識を吸収しつつ,驚きや喜びなど様々な感動を経験し大きく成長されることを期待いたします。モンゴメリの著作「赤毛のアン」に,主人公アンの言葉として,「曲がり角をまがったさきになにがあるのかは,わからないの。でも,きっといちばんよいものにちがいないと思うの。」(村岡花子訳)というものがあります。皆さんも学校生活を送る中で,あるいは学校卒業後も,様々な曲がり角に出会うでしょう。けれども,そんなときに,是非,その先にあるものが良いものであるという希望を持って,未知の世界に羽ばたいていっていただきたいと思います。
このコンクールが一層発展していくことを願い,お祝いの言葉といたします。



>今回の表彰式に当たり,皆さんの書かれた感想文の幾つかに目を通しました。皆さんが,本を読んだり感想文を書くことを通じて,すばらしい本と出会った感動や,喜びを感じたり,自分の世界を広め成長されていく様子が,しっかりと伝わってきました。

そうです。
ちゃんと受賞者の作文に目を通しているのです。

このご挨拶に紹介されている赤毛のアンの言葉は村岡花子の訳です。

昨年のテレビ小説で有名になった村岡花子を取り上げているところにご注目。

ちゃんと流行もご存じなのです。

このお言葉を見てしみじみ思ったのですが、

本気で外出公務をするとなるとそんなに回れません。

ちゃんと下調べをして、試行錯誤して挨拶の言葉を考える。

簡単なようで難しいですよ。

毎日日本中をふらふらするなんて不可能

海外公務ならもっと大変です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

池上彰さんの番組で・・・

先日、池上彰さんの番組で「天皇」についてのコーナーがありました。

その時に
「天皇は年に約1000もの書類に署名押印をする。」
という説明があり、昭和帝が毛筆で丁寧に署名されている映像が流れました。
Wikiで調べたら、国璽、御璽ともに3.5kg、3.55kgあるようです。

1000もの書類に、毛筆で署名し、3.5kgはある璽を押す.....けっこうな時間かかると思います。

私も計算してみたところ、1日に約2つか3つの書類ということになりました。
書類を全く読まずに署名押印だけなら短時間で終わりますが、その書類に目を通せば短時間で終わりません。

でも今上は、
>毎日日本中をふらふらする
という公務ばかりです。

今上は皇太子さまのように
>目を通している
ということをしているのでしょうか。

私は、今上は目を通されていないような気がします。

プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR