勉強家でも驕ることがなかった昭和天皇

MK5の気持ちを変えるためにここは一つ偉大なる昭和天皇のエピソードをご紹介します。

(MK5=マジで切れちゃう5秒前)

昭和天皇の専門はヒドロゾアという水中の小さい生物の分類でした。

ヒドロ虫とも言います。

皇居内にある「生物学御研究所」に文献、標本、顕微鏡があります。

研究できる日は月曜の午後、木曜の午後、土曜の午前と午後

一見すると多いように見えますが、

公務が最優先のため月、木、土すべての日が研究できる週は多くはありません。

山本岩雄侍従はこう述懐しています。

「私が侍従となって、陛下のお側に出てまず驚いたことは、陛下が、いつもご勉強をなさっておいでのことである。
交代で吹上御所で当直をする。
朝のお暇な時、公務の終わった夕方や夜、用事があって吹上御所の陛下のお居間にうかがうと、ほとんどお机に向かってご勉強をなさっておいでの陛下の後ろ姿に接する。
寸暇をさいて、夏の間、那須でご調査をなさった植物の記録をご整理、ご検討をなさっておいでである。
「植物は私の専門ではない。趣味だ」と陛下はいつも言われるが、植物の専門の学者も陛下の植物についてのご造詣の深いことには感心している。
「ヒドロゾアの分類にしても、あのようなご研究が、いったいどのような役に立つのか」と尋ねる人もいるが、
陛下は「学問は何かのためにするものではない。ただ真理を追求するものであろう。那須地方の植物の分布にしても、私が何年も丹念に調べておくと、他の人が、それをもとにさらに次の研究を進めるかもしれない。あるいは那須以外の地方の植物の分布を、だれかが調べるであろう。それを集めると、日本全体の植物図が分かるようにもなろうとおっしゃる。


(山本岩雄 「喜寿を迎えられた天皇陛下の健康法」『河出人物読本 天皇裕仁』より)

>学問は何かのためにするものではない。ただ真理を追求するものであろう。


文系の学部を卒業したのに理系の博士号を持つという孫

そしてアンケート結果を纏めただけで博士号をもらった孫の嫁

昭和天皇が知ったら激怒するでしょうね。


皇太子殿下は敬宮さまのご教育に関して次のようにおっしゃっています。

私たちの今後の教育の方針と言っていいか分かりませんが,誠実で人に対する思いやりの心をはぐくむことがとても大切と考えています。また,自分でいろいろと調べてみて,答えが分かったときの喜びや答えが出なかったにしても,そこにたどりつくまでの物事を調べる過程の楽しみを是非体験してほしいと思っています。
(皇太子殿下お誕生日に際しての記者会見(2009年)

昭和天皇の学問に対する思いを受け継いだのは皇太子殿下のようですね。

そしてその心は敬宮さまへと受け継がれていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昔聞いたことを思い出しました

昭和天皇は那須の御用邸がお好きで、と言うか唯一の休息場所にしておられ、長い時は3ヶ月近くいらしたそうです。
そうすると、那須の山にはキノコが出る時季となります。
ご一家でキノコ狩りをされた。
県の偉い人が変に気をまわして、地元の子供らを使い、前もってキノコを植えておいたんです。
昭和天皇は植物に詳しくてらっしゃるから、生えたキノコと植えられたキノコの違いがおわかりになる。
「このようなことは、してもらわなくても結構です。キノコがどこにあるか、探してまわることが楽しいのです」
地元の偉い人にこうおっしゃった。
考えながら、迷いながら、探すことの努力が楽しい。
私は、昭和天皇が浩宮さんと将棋を指しておられる写真を覚えてますよ。

昭和天皇は本当に御立派な方でしたね。
私は昭和に産まれなかったので知らなかったです。

秋篠宮御夫妻はそんな博士号の取り方をして恥ずかしくないのでしょうか…………?
何でも取ればいいってもんじゃないでしょうに…………

愛子様も勉強家で本当によかったです。
昭和天皇のような方になって欲しいです。
きっと天国で昭和天皇と良子様は愛子様の成長をお喜びになってますよね。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR