オックスフォード大学つながり

オックスフォード大学

イギリスの名門大学であり、現存する大学の中では世界で3番目に歴史が古い大学です。

ハーバード、スタンフォードと同じように世界大学ランキング上位校です。

マーガレット・サッチャー、トニー・ブレア、デーヴィッド・キャメロンなどの政治家の母校です。

我が国の皇室とも縁が深く

秩父宮さまから始まり

寬仁親王

皇太子殿下

雅子さま

筆頭宮家当主

彬子さま

が学ばれた大学です。




このブログをご覧の方は

ブログの副題の

I write my will across the sky in stars

て何?

と思っていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

これはですね、

オックスフォード大学を卒業した

トマス・エドワード・ロレンス
Thomas  Edward Lawrence

の詩の一節を少し変更したものです。

トマス・エドワード・ロレンスって誰?

チャタレイ夫人を書いた人?

と思われるでしょう(おしい!)

T・E・ロレンスはアラビアのロレンスです。

彼が書いた『知恵の七柱』の冒頭の献詩

I loved you, so I drew these tides of men into my hands
and wrote my will across the sky in stars
To earn you Freedom, the seven-pillared worthy house,
that your eyes might be shining for me
When we came.


「wrote my will across the sky in stars」を

「I write my will across the sky in stars」に変えたものです。

ロレンス研究で名高い八木谷涼子さんがご自身のサイト「アラビアのロレンスを探して」で

この詩を以下のように訳されていらっしゃいます。

おまえを愛していた だからわたしは あの潮なす人びとをわが手にたぐり寄せ
大空の星くずでわが意志をしるした
おまえに自由を 七つの柱もつ荘厳の館を与えるために
われらが着いたとき
おまえの眼がわたしを見て輝くように


該当ページ http://homepage3.nifty.com/yagitani/tpc_ja12.htm

「大空の星くず」の「星くず」を取って「列外派星くず日記」としました。

私にとってはオックスフォード=皇太子ご夫妻とアラビアのロレンスの出身校というイメージがあります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

雅子様はベイリオルコレッジで学ばれています

以下は、wikiのベイリオルコレッジで学んだ著名人リストです。

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Balliol_College_people

この中には、白熱教室のマイケル・サンデル教授やクリントン元米大統領も含まれていますよ。

え?

アーヤも入れるんですか?
どうしてですか?

Re: え?

> アーヤも入れるんですか?
> どうしてですか?

ウィキペディアに「文仁親王はオックスフォードに留学した」と書いてあったこと、またアンチが「秋篠宮さまはオックスフォード留学したのよ」とうるさいので、

「お前らの秋篠宮さまはオックスフォードからシカトされていますよー。残念でしたー」

とバカにしたかったからです。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR