ベッツィは死ぬ前に会いたいと思ってるよ

『毎日グラフ ロイヤル・ラブ・ストーリー 皇太子さまと小和田雅子さん』

[広告] VPS


浩宮さまの英国留学時代のことを書いているページを詠んだらこんなことが書いてありました。

中世史の研究に没頭しながら、宮さまは英国内やヨーロッパ各国も訪問し、各王室との親交を深めた。
英王室での評判は高く、「殿下は英王室ファミリーの一員」とエジンバラ公(英女王夫君)が語ったほど。


そうか、この時から大切にヨーロッパの王室との関係を培われていたんですね。

それにしても

≫英王室での評判は高く、「殿下は英王室ファミリーの一員」とエジンバラ公(英女王夫君)が語ったほど

平成になって来日しなくなったエリザベス女王

息子のチャールズ皇太子はもちろん、ダイアナ妃も雅子さまに会っています。

年齢を考えるともう来日は無理でしょう。

ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式の招待状を皇太子ご夫妻に送った背景には女王の「死ぬ前にプリンセスマサコに会いたい」という希望があったのかもしれません。

おい、宮内庁

エリザベス女王に雅子さまとの会話を楽しませてあげようよ

かわいがっているプリンスヒロのお嫁さんだもの

絶対会いたいよ。

プリンセスマサコに会わせてあげて!

皇太子殿下の訪英時の動画
雅子さまが敬宮さまを妊娠されていた時のことです。

[広告] VPS


≪追記≫
射手座さまコメント

あなたは私の息子。
覚えてます。
エリザベス女王は、浩宮さんのことを「自分の息子のような気がする」とおっしゃった。
ダイアナ妃は、雅子妃のことを「外国人の英語ではない、本当に身に付いた英語を話す、私の会った中で唯一の外国人」てなことをおっしゃった。
心の狭いどなたかが嫉妬したってわけよ。


不思議です。
皇太子ご一家がここまでヨーロッパのロイヤルに愛される理由って何だろう。
やっぱり裏表のない心と姑息な手を使わない真っ当な御性格でしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

不思議に思うこと

オランダのベアトリクス女王(当時)からの招待で、オランダ訪問された東宮家。
そこにはベルギー皇太子ご夫妻(当時)とルクセンブルグ大公ご夫妻も駆けつけた。

メキシコやモンゴル、ドイツなど「クラウンプリンセス・マサコの病気は知っている。気分転換に我が国に来てみませんか。」と招待したとか。

オランダのウィルへム新国王即位式には「病気なのは分かっている。全ての行事に出席しなくてもいいから来てほしい。返事はゆっくりでいい。」と言って招待された。

東宮ご夫妻には「招待を受けている」という話が多々ある。
雅子妃の病気も知っているけれど「クラウンプリンセス・マサコもご一緒に」という招待がある。



美智子皇后は満身創痍の命がけ。
でも、どこの国からも「こちらで静養されてはどうですか。」と招待されているという話が出てこない。

何年か前に、公式訪問であるとかないとか言いながら、英国訪問された両陛下。
公式行事が無いからこそ英国王室メンバー全員集合するかと思ったら、そうではなかった。
あれほど何回も何回も英国訪問しているのに。

実は両陛下のほうがハブられているのかも。

あなたは私の息子。

覚えてます。
エリザベス女王は、浩宮さんのことを「自分の息子のような気がする」とおっしゃった。
ダイアナ妃は、雅子妃のことを「外国人の英語ではない、本当に身に付いた英語を話す、私の会った中で唯一の外国人」てなことをおっしゃった。
心の狭いどなたかが嫉妬したってわけよ。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR