皇太子殿下が君津市の製鉄所をご訪問されました

556544c331ced808ec5928d65dc9dd2b.png

皇太子さま鋼材加工を視察 千葉の製鉄所
皇太子さまは5日、千葉県君津市の新日鉄住金君津製鉄所を訪れ、溶鉱炉工場や鋼材の加工作業などを視察された。実際に原材料の鉄鉱石も手に取り「重たい石ですね」と驚いた様子だった。

皇太子さまは、赤いヘルメットに紺のジャンパー姿で見学し、溶鉱炉が入る高さ約125メートルもある建屋の前で製鉄工程の説明を受けた。

板状の鋼材を約1200度まで熱して薄く加工する熱延工場を見た後は、移動用のマイクロバスの中で「迫力のあるプロセスですね」と感心していたという。

自動車の燃費を向上させるため、軽くて強い鋼材の研究開発を行う施設は特に興味があったようだ。

2015/03/05 16:39 【共同通信】




実はヘカテ―、ここへ行ったことがあります。

真っ赤な鉄の板が流れて行く様は圧巻ですよ。

昔は人の手でしたが、今は機械の手で行われています。

とにかく広くて、私も敷地内をバスで移動しました。

迷子になったら真っ青になります。

ヘルメットをかぶる殿下のお姿も新鮮ですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

十年以上も……

平成14年以降、皇太子殿下は毎年のように各地の企業を視察されています。

一つの製品開発には、とてつもない時間と労力が注ぎ込まれています。

予算も無尽蔵にある訳ではありません。限られた開発予算の中で技術者は懸命に研究を行い、開発します。

けれど、それで終わりではありません。

工場の生産ラインに乗せるまで、また、乗せた後の品質維持、管理と本当に沢山の人々が関わっています。

日本を支える産業でありながら、あまりメディアでは注目されません。

そんな中で、皇太子殿下は御訪問なされました。

皇太子殿下の御訪問は、技術者、研究者、工場関係者への「励み、力、そして誇り」になります。








殿下を御迎えにあたり

圧延の入口も綺麗に塗装し、見学出来る歩廊にも壁を作り、皆で皇太子殿下を御迎えでき嬉しい思います。

ぐうちゃん様へ

衣(ころも)の下(した)から鎧(よろい)が見(み)えてますよ。

To  ぐうちゃん

× 殿下を御迎えにあたり

○ 殿下をお迎えするにあたり




× 圧延の入口も綺麗に塗装し、

圧延だけでは言葉が足りませんし説明不足です。




× 見学出来る歩廊にも壁を作り、

見学するのに壁を作ったら見学できなくなるのでは?
説明不足が酷すぎますよ。



× 皆で皇太子殿下を御迎えでき嬉しい思います。

入力ミスですか?
「嬉しい思います。」という表現は、日本語が不自由な在日人とか帰化人みたいなので、編集したほうがいいですよ。


プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR