皇族なのにマックで食べろと?

皇太子ご一家が三ツ星レストランで食事をしたという動画がYOUTUBEにアップされています。

三ツ星レストランで食事をするなどケシカランというわけです。

じゃあ、皇太子ご一家にマックやファミレスに行けと言いたいのでしょうか?

やだよ、そんな皇族

公務してないからと言っていますが、

皇族が使う予算は給料ではありません。

皇族としての品位を保つためのものです。

信子さまも長い間公務をされなかった。

じゃあ、信子さまもマックやサイゼに行かなくてはならなくなります。



そもそも、「どうしても言いたい」の管理人さまが仰っていましたが、

雅子さまは税金で生活しない方が贅沢できます。

エリート外交官であったようにご自分で稼げますし、

ご実家も一流デパートの外商員が出入りしてくらい裕福です。

信子さまもご実家はあの麻生家ですから裕福です。



そもそも公務=労働と国民に思わせるようなことをしているのは両陛下と筆頭宮家の人間です。

以前も記事にしましたが、皇族は動き回る方が税金を多く使います。

むしろ少ない回数で如何に結果を残せるかを考えなければならない。

量より質です。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヒットーミヤケの中退娘だって

ヒットーミヤケの中退娘だって、ロイヤルスイートに宿泊して、贅沢なフルコースに舌鼓を打つのです。
皇太子ご一家が三つ星レストランで食事されるのは当たり前です。

それよりも、年6700万ももらっていて、足りないのもっとくれのと乞食みたいなアピールするさもしさをやめなはれ。

ゴコウムやってるなんて、何の言い訳にもなりません。
玉串奉奠ひとつとっても、二回やって二回とも作法を間違えているレベルのゴコウム。
立つか座るかの手順すら間違えるレベル。
そこ行って、きれいなべべ着て、美味しいもの食べてってだけで、何の下準備も努力もせずに遊び歩いているだけでしょーが。

そうそう、ゴコウム関連の衣裳、警備費etcは6700万とは別枠のところからお金が出てるんだよね―
それで、主催者側から数百万の謝礼ももらっている。
ゴコウム、美味しいよね。
国民の血税は湯水のように使われるわけだけど。

何度言ってもわからない。

「公務」とは、天皇と皇太子のみに課せられた憲法の規定です。
宮家の「ご公務」は、報酬の出る小遣い稼ぎ。戦後の混乱期に設けられた政府のお情けなんだよ。
アンチ東宮は、皇族が職業で、公務は仕事。仕事しなけりゃ皇族費って名前の給料やらないぞ!そんな認識なんだね。
内廷皇族と傍系宮家の差もわかってない。
何度指摘されてもわからない。わかろうとしないのか、理解する知能がないのか。
例の少年グループみたいなのかね?
それとも30過ぎの引きこもりで、世の中への不平不満を全て東宮家になすりつけて罵倒し、それで鬱憤をはらしているのか?
日本の社会の仕組みを学びなよ。

誰が言い始めたのか

公務を「お仕事」なんて言い始めたのは一体誰なんでしょうね。
そもそも「公務」の定義と「公務」と「私的おでかけ」の洋服代の出処をはっきりさせてほしいと常々思っています。

「公務はお仕事で、だからその対価を頂いています」とかばっかじゃないのと。
だったら、8歳の悠仁親王に3050万円の1/10が支払われているのはおかしいんじゃないでしょうかねえ。

ついでなので、「皇室経済法施行法」を見てみました。

内廷費はどーんと一括で3億2400万円。
皇族費は個々に計算方式があります。
秋篠宮家の場合だと
文仁親王・・・3050万円
文仁親王妃・・・1525万円
眞子内親王・・・915万円
佳子内親王・・・915万円
悠仁親王・・・305万円
で、6710万円。

ちなみに、この金額が最後に改正されたのは平成8年。

皇太子ご夫妻の結婚が平成5年ですから、雅子さまが入られた後も数年間内廷費は据え置きだったことがわかります。
敬宮さまがお生まれになってからも増えていない。
紀宮の結婚が平成17年。
紀宮のティアラは内廷費で作ったらしいので、昭和の時代からどれだけ分捕ってたんだろうと思います。

そのとおりです

へカテーさんが仰るとおり。

雅子妃殿下は入内されてご病気になられました。
御自分で希望の仕事をされていたらこんな思いをせずにすんでいたのに。

コーゴーさんは服デザイナーと帽子デザイナーと傘デザイナーにご命令されて、質素な物をお作りなのかしら?

ヒットーミヤケは6700万で苦しいなら、どうして子供を3人も作られたの?今さら、コウノトリは持ち出さないでくださいね。
嫁に行く子供の、留学費用、再受験費用、ティアラ費用も必要ないです。

20才で成人したら働けばいいのに。そのほうが家計も潤います。

雅子妃殿下には、テープカットやお飾りで座ってる仕事なんて相応しくありません。
そもそも、いつからそんなのがコームになったか不思議だわ〜。

もう何でも公務になっちゃうの?

よく東宮アンチが「秋篠宮一家はコーム(お務めw)をちゃんとやってるから服の新調も贅沢な食事も静養も許される」ということを方便にしているのですが…

カコさんの伊勢神宮と神武天皇陵参拝は「私的活動」であって「公務」ではないですよね?
カコさんはあくまで私的活動である参拝に伴って、民間の高級ホテルのインペリアルスイートに宿泊し、高級食材を使ったフルコースと数種類のデザートを楽しんだということになります。

また、カコさんは親父さんと一緒に美智子さんの親戚の美術館に行った際にシャネル疑惑スーツを着てましたが、こんな親戚の美術館に遊びに行くことが「公務」になってしまうんでしょうか?招待を受けたのではなくて皇室サイドから依頼して押しかけたらしいですが、こんなものも「公務」になってしまうなら、もう何でもありですね。

また、天皇皇后が御料牧場を「視察」というニュースが出たようです。あれ、御料牧場って皇族の静養先じゃなかったでしたっけ?愛子様や悠仁くんも遊びに行ってましたよね?
え、御料牧場に行くことすら「視察」と称せば静養じゃなくて公務になってしまうんですか?一体どういうことなんでしょう。

余談ですが憲法学では、天皇の国事行為と、祭祀や参拝を含む私的活動は認められても、国事行為にも私的活動にも属さない「公的行為」の法的性質についてきちんと論点となっています。この「公的行為」は法律の根拠がなく、解釈を広げてしまうと憲法が国事行為だけを認めて天皇の活動を制限した意義がなくなってしまうと考えられています。今の天皇はあくまで象徴であり、政治的な権限も責任も持たないためです。
しかし「公的活動」をまったく認めないというのも現実に沿っていないということで、限られた範囲で「公的行為」なるものを認めるべきという説が支持されています(例:おことばを述べる行為など)。

そういう点でも、天皇の公的行為≒公務を広く認めてしまうことは問題が大きいのです。法律に規定すらされていない「公務」をすればするほど偉い!と言われる今の風潮は心底おかしいと思いますし、天皇皇后には公私の区別をつけていただくべき理由がきちんとあるのです。現に平成の時代で公務の範囲を広げ過ぎて利権が多く生まれたことは否定できません。その利権には省庁や自治体、政府なども絡みあっていますしね。

今の天皇には「自分は政治的な責任は一切負わない」というお立場を今一度自覚していただきたいと強く願います。同時に、皇后をはじめほかの皇族方にも公務を強制することは間違っているということも分かってほしいです。

内廷費で作った紀宮さまのティアラ、別に予算を組んで作らせた馬鹿子のティアラ

マコカコ姉妹のティアラ等の作成費用は別に予算が立てられてましたよね?
なんでサーヤは内廷費で作ったんだろう。
昭和天皇が崩御されたあたりのことで、慶事のティアラの予算を計上するどころじゃなかったのかな。
それとも予算を立てるべき、昭和63年のときは昭和天皇ご健在だから、別に予算を立てるってできなかったとか?

平成に入ってから、内廷費・皇族費とは別の所の金額がどっと増えたんだよね。
宮廷費っての?
さかんなゴコウム関連費用、通過儀礼その他の分は、皇族費内廷費だけじゃなくて、大半はそっちの方で処理してるんでしょ。

さすがに、1年半ドブに捨てた学習院の学費とかは、「皇族費」から出すけど。

でも、ICUにAO入試wで合格させてもらった見返りの、食堂立て替えetcの巨額な費用は、文科省とかから私学助成金のかたちでもらうわけでしょ。
一度入学させたことで、今後10年ぐらい?もっと?優遇させるんでしょ、きっと。

ま、秋篠宮の神通力がそこまで続くかどうかはビミョ―だけど。
でも、今生陛下がおわす限りはだいじょうぶって見越したんだろうね。

紀宮のティアラ

内廷費で作られたと知った時は、私もびっくりしました。

ぶっちゃけ、個人資産にしたかったんじゃないですかねえ。
宮廷費で作ると国のものですから。
あれだけ贅沢なことをしていたのに一体どうやって捻出したのだろうと思うのですが、浩宮さまのネクタイは2本しか作らず、紀宮には変なリメイク服を着せて、一生懸命貯めたのかも。

で、今どうなっているのでしょうか、あのティアラ。
あんなもの持って地方公務員の家に嫁に行ってもどうしようもないと思うのですが。
個人の資産なんだから放っとけ?はい。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR