どうして皇太子ご一家が叩かれるのか分かる気がする

非常に興味深いコメントを戴きました。

私も言いたい さまコメント

宮内庁のHPの天皇皇后の日程を見ると、午餐、お茶、夕餐等、会食が異様に多いのが目につきます。人心掌握は会食から、お食事をふるまうのが最大のおもてなしとか思い込んでいるフシがありそうです。

たとえば、宮内庁の部課長とお昼をご一緒するようです。これって、公務じゃないですよね?当然、財源は内廷費ですよね、宮廷費でごちそう食べまくり、なんてはずがありませんよね。

H26.2.14 ご昼餐(部課長(宮内庁御用掛))
H26.2.19 ご昼餐(部課長(書陵部、京都事務所、正倉院事務所))
H26.3. 5 ご昼餐(部課長(賞典職))
H26.4.15 ご昼餐(退職部課長)
H26.4.30 ご昼餐(退職部課長)
H26.5.26 ご昼餐(部課長(東宮職))
H26.6. 6 ご昼餐(部課長(東宮職))

ひっ、何それ? 東宮に放ったスパイと情報交換??

H26.1.30 ご夕餐(長官始め参与等(年始につき))
H26.12.26 ご夕餐(長官始め参与等(歳末につき))
H26.12.26 午餐(皇族・元皇族・ご親族(歳末につき))

皇族より長官参与のほうが大事らしい。宮内庁の部課長以上を最大限にねぎらってる様子、さすがアキンド粉屋の人心掌握術、女社長と言われる所以でしょうか。

パラオでの晩餐会など当然のことと思っているはずです。
たとえ祭祀はさぼっても、パラオには這ってでも行くはずです。


気が付かなかった!

リョーヘーカの予定を見るとご昼餐とご午餐が多い。

>宮内庁の部課長とお昼をご一緒するようです。これって、公務じゃないですよね?当然、財源は内廷費ですよね、宮廷費でごちそう食べまくり、なんてはずがありませんよね。

両陛下とタダで御馳走食えるんだもん。
いろんな意味でおいしい。

飯で人の心を操ろうとするなんてさすが商人の娘


光の日々さまコメント

今度の天皇皇后のパラオ行き、一体総額でいくら費用がかかっていると思いますか?チャーター便、ヘリコプター、巡視船の改造、ペリリュー島の慰霊碑の修繕費、近隣諸国の元首も招待する晩餐会、美智子さんの新調衣装代…正直いって途方もない金額がかかっていると思われます。しかもこのパラオ行きは天皇皇后の我儘によって渋々実現されたもののようです。更に言えば、天皇皇后がパラオに行っている間は一番大きな巡視船がまるまる独占されてしまうので尖閣諸島における中国からの脅威に対応するにも多少の影響が出るかと思います。しかし誰もこのパラオ行きの費用や意義などについて批判や疑問を呈しません。東宮ご一家の国内移動にかかる経費や負担なんかより、ずっとずっと多くの金額と負担が割かれているはずなのに、です。
もちろん、国内の移動においても「お出かけ」の回数が多い分天皇皇后が国民にかける負担は東宮家よりもずっと大きいですね。
秋篠宮一家だって、毎月のように家族でお楽しみ私的旅行をしていますし「公務」と称しているものだってほとんど趣味や観賞系のものであって、その時にかかる経費や負担を考えると莫大な額になると思いますよ。もちろん、多くの国民が秋一家の移動で足止めを食らうことも多いはずです(全員揃うと5人という大所帯なので余計に)。
「皇族方が動けば大なり小なり支障が出て経費がかかる」という当然のことを、東宮ご一家だけが悪いかのように言う連中が多いからおかしなことになるのです。叩くなら天皇皇后と皇族全員を叩くのが筋だし、経費や支障がかかって当然と思うなら東宮ご一家だけを叩くのは間違っています。




宮内庁の役人や関係者は皇族が外出してくれる方がおいしい。

皇族はスイートルームに泊まります。

随員も同じ階に泊まります。

つまりタダでスイートルームに泊まれる。

おまけに出張手当が付くかもしれない。

タダでスイートルームに泊まれる上にお金までもらえる。

そりゃ外出公務を増やしたくなるわ!

その結果、平成になると皇室費は昭和59年の2・6倍になった。

過去記事 皇室費合計金額が76億円!昭和の約2・6倍!

おそろしい!

だから無駄な公務を削ろうとしている皇太子殿下が邪魔になるんだ。

宮内庁の乞食根性の役人からしたら動物園公務入れまくってる秋篠さんを押す




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

たかが昼食、されど昼食

2日間、インターネットを使えない環境にいました。普通に生活していたら、皇室のことなど情報も入ってこないし、話題になることもない。カコチンは日曜朝、ちらっとテレビに映ったので速攻チャンネルを変えました。敬宮様がデンマーク王太子ご夫妻と懇談された、というニュースは知りませんでした。どなたかみたいに、わざわざ「英語で」なんて書かせたりしなくても英語に決まってますね、誇らしいです。皇族はこうでなくちゃ。英語で So nice to see you. ちょっと恥ずかしい。

さて、ヘカテー様にリョーヘーカと宮内庁部課長との昼餐のことを記事にとりあげていただいたので、調子にのって続編、

リョーヘーカ、
地方におでかけの際には、もれなく会食がついています。
平成26年の地方行幸啓に限って見てみます。

1.H26.2.28 伊豆大島(災害お見舞い)
    ご会食(2.28)
2.H26.3.25-3.28 伊勢(参拝)
    昼食会ご主催(3.27)
3.H26.5.21-5.22 栃木・群馬(私的旅行?)
    ご会食(5.21)
ご会食(5.22)
4.H26.5.31-6.2 新潟県(植樹祭)--三大行幸啓
    昼食会ご主催(6.1)
    昼食会ご主催(6.2)
5.H26.6.26-6.27 沖縄県(対馬丸慰霊)
    昼食会ご主催(6.27)
6.H26.7.22-7.24 宮城県(震災お見舞い)
    ご会食(7.23)
    ご会食(7.24)
7.H26.9.24-9.25 青森県(私的旅行?)
    ご会食(9.25)
8.H26.10.11-10.12 (国体)--三大行幸啓
    昼食会ご主催(10.12)
9.H26.11.15-11.17 奈良県(豊かな海づくり大会)--三大行幸啓
    昼食会ご主催(11.17)
10.H26.12.3-12.4 広島(災害お見舞い)
    ご会食(12.4)

「昼食会ご主催」と「ご会食」が区別されています。規模の大きい正式なのは「昼食会ご主催」でしょうか。「ご主催」というからには経費は宮内庁持ちなのでしょう。もちろん、乞食役人もお相伴に預かっているのでしょうね。

それと、並べてみれば、被災地お見舞いは大好きなお出かけの口実のようにしか見えませんね。どこからも呼んでもらえないから私的旅行までして「強いご意思」とやらによるお出かけ。

地方事情視察ということで公務扱にできるでしょ、経費で落としてちょうだい、と女社長。

公と私の区別は限りなくついていないのでしょう。というより、視察、事情聴取、という便利な言葉で昼食でもなんでもかんでも公務にしているのでは? 内廷費のほうはかなり溜め込んでいるとしても不思議とは思いません。平成26年は10ケ所にピン刺し完了。どれだけ税金をお使いのことやら。

皇太子殿下の地方行啓も年10回程度。こちらは大半が前任者から引き継いだ八大行啓。会食もあります。会食も前任者からの引継ぎなのでしょう。「ご昼食」とだけ書いてあります。そりゃ、皇太子殿下ともなれば、関係者が昼食の席を設けるでしょう。たとえば、

H26.10.31-11.2 長崎(全国障害者スポーツ大会)

10.31 ご昼食(知事始め地元関係者)(長崎インターナショナルホテル(大村市))
11.1 ご昼食(大会関係者)(諫早市役所(諫早市))
11.2 ご昼食(知事始め地元,警察関係者)(九十九島観光ホテル(佐世保市))

昔、皇太子殿下が浩宮様だったころ、地方自治体が「来ていただきたいのですが、費用がかかって」と嘆くのを聞かれていた、と記憶しています。ご自分が動くと相手に負担をかける、ということをよくご存知なのです。警備はスマートに、などとおっしゃっていました。最近はおっしゃいません。黙ってご自分の考えを実践しておられるように思います。ご自分の考えを言ったら最後、壮絶ないじめにあう、経済的にも日干しにされている、ということと拝察いたします。

秋さんちは、ご亭主単独、卑殿下単独、母娘同行、父娘同行、娘単独、もちろん夫婦で、と、入り組んでドサ回り。こちらは「ご昼食会」と記載、何も書いてないことも。会場名入りは次の4つ。

H26.4.15  ご昼食会ご臨席(浜名湖ロイヤルホテル(浜松市))
H26.7.23  ご夕食会ご臨席(玄妙庵(宮津市))
H26.10.27  ご昼食会ご臨席(四季料亭助六(岐阜市))
H26.11.1  ご昼食会ご臨席(有燐荘(鳥取市))

ほう、「ご臨席」、天皇でもご臨席とは書いてなかったわ。そこそこ高級なホテルや料亭でのお接待。とすると、会場名なしの昼食会は庁舎の会議室でお弁当かなにか? 何も書いてないのは接待してもらえなかった? と、あほっぽく、いやしく、墓穴を掘る書き方。

こうやってみると、皇太子殿下の「ご昼食」。「ご昼食会」でもご臨席でもなく、あれこれ憶測する隙を与えないスマートな記述。さすがです。

昼食を、公務ととらえているか、昼食ととらえているか、接待ととらえているか。派手好き、質素、たかり好き。三者三様です。

平成はもうイヤだ。
尊敬できるのは皇太子殿下だけです。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR