昭和天皇は数年前のことも覚えていた

敬宮さまのひいおじいさま昭和天皇

そんな昭和天皇の相撲に関するエピソードを一つご紹介


蔵間vs貴ノ花 (昭和53年一月場所)


大の相撲好きで知られた昭和天皇

天覧試合の際には星取表をつけていました。

皇族が観戦する時には理事長もしくは理事長代理が解説を勤めます。

(敬宮さま台覧の際には北の湖理事長でしたね)

関脇蔵間が幕内の新鋭だった頃、

昭和天皇は解説役の春日野理事長に

「蔵間は有望か?」

と聞きました。

理事長はこう答えました。

「はい、蔵間は均整のとれたいい体をしておりますから、将来は必ず大関になるでしょう」


それから数年後の天覧試合

この時も解説役は春日野理事長でした。

蔵間が登場すると

「蔵間、大関にならないね」

と仰いました。

理事長は恐縮して「私は陛下に嘘を申し上げました」と言いました。

(参考文献 『大相撲 おもしろ雑学BOOK』 大陸書房刊)

この後、理事長は理事長室に蔵間を呼び叱責したそうな


よく覚えていたなー。


この蔵間はどうなったのかというと

最高位は関脇で大関にはなっていません。

1995年に42歳の若さで亡くなられています。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

蔵間はね。

蔵間はね、急性白血病だったの。
現役最後の頃は、ほんとにやる気のない相撲を取っていた。池波正太郎が腹を立てるくらい。
でも、その頃から病気だったんだよ。現役引退後はタレントになり、いつも明るい笑顔で活躍した。死ぬまで病気のことを、家族以外には打ち明けなかった。だから死去の報を聞いた時、私は驚いた。
告別式で誰か言ってた。
「蔵間さん、かっこよすぎだろう」
黄泉の国で、昭和天皇のお褒めに預かっていると思うよ。よく我慢した、偉いぞ、と。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR