プロジェクト秋 ―香港へ届けろ 鍵輸送作戦―

今回の記事はいつも以上に長いです


サンデー毎日がすっぱ抜いた「前代未聞の秋篠宮家トランクの鍵忘れちゃったよ事件」をご存じの方もいらっしゃると思います。
真面目なサイトの真面目な管理人の方々が取り上げられています。

私はちょっと趣向を変えて、
「真面目?勤勉?なにそれおいしいの?」「やりたい放題こそ我が家のルール」が家訓の秋篠宮家のレベルに合わせてこの事件のあらましをお伝えします。


プロジェクト秋―香港へ届けろ 鍵輸送作戦―
(田口トモローボイスでお読みください)
(なお、物語に出てくる名前は仮名です)

平成26年6月、秋篠宮夫妻はアフリカの地に降り立った。
美しい自然、人類のふるさと。その地の人たちとの交流―
だがその裏では人知れぬ職員たちのドラマがあった



6月のその日を前に秋篠宮邸では準備に大忙しであった。
数十個にも及ぶスーツケース。
それらの鍵はマスターキーと予備のカギでそれぞれまとめられていた。




6月27日
秋篠宮夫妻とその随行員は成田空港から全日空便で乗り換えのために香港へ飛び立った。
夫妻の進路は香港を経由しCX社の飛行機でアフリカヨハネスブルグへ、さらに乗り換えてザンビアへという旅行計画だった。

その日、夫妻を見送りに来た職員の一人、北条(仮名)の携帯電話に宮邸のスタッフから連絡が入った。
「大変です!スーツケースの鍵が宮邸に忘れられています!」


北条「驚きましたね。まさかそんなことがあるなんて。こりゃなんとかしないとまずいと思いましたよ。」



北条はすぐに指示を出した
「今すぐ車で持ってくるんだ」


12日間の滞在で用意したスーツケースは50個、そのうち紀子さまの数十個のスーツケースの鍵だけが忘れられていた。
自動車での移動は1時間かかる。


しかし、ご夫妻が乗る全日空機には間に合わなかった。


この時対応にあたった職員の一人織田はこの時のことを振り返る
「ご夫妻の耳にはいらずにことを済ませなければならない事情がありましたから必死でした。」


香港での滞在時間は2時間―
宮内庁職員は空港職員に協力を要請した。
目を皿のようにして成田から香港へ行く飛行機を探した。


もうだめだ、諦めかけたそのときだった。
一筋の光が差した。


「CXです。CXなら時間も間に合います」


この日、CXの飛行機は30分遅れていた。


「よし、それで行こう」


CXに経緯を話し、特別に許可を得た。北条たちの熱意がCXに伝わった。午後6時50分までならば運搬可能という返事が返ってきた。
「これで何とかなる」北条は安堵した。

しかし、ここで思いもよらぬ展開を見せた

車が渋滞に巻き込まれていた。

約束の時間が過ぎてしまった―。

CXのグランドホステスからは「もう待てない」と言う宣告を下された。

北条たちスタッフは頭を垂れ、声を上げて縋った。

「お願いです。あと数分待ってください」

それは周りから見れば異様な光景だった。

7時10分、絶望感を職員全員が持ち始めた時だった。

ついに鍵が届いた。

大急ぎで飛行場のスタッフに手渡され、飛行機は空へ羽ばたいていった。

全体で40分の遅れとなった。

北条は語る「人間諦めなければ何でもできます」

そして、感謝の意と謝罪の言葉を述べたのは8月になってからであった。




まあ、こんな感じのことがあった訳です。

しかし、この事件は振り返れば振り返るほどおかしな事件です。

一言でいえば、

秋篠宮家職員によるバカリンピック級のプレーが空港で繰り広げられたということです。

さすが日本のワンダーランドの異名を持つ秋篠宮家です。

もう不思議がいっぱいでお腹がおかしくなりそう今回の事件。

まず、なんでマスターキーと予備の鍵を両方とも忘れちゃったのか?

普通女官さんが管理しているはずですよね。
でも、マスターキーどころか予備の鍵まで忘れてしまった。
女官さんは一人ではなく、複数いるはず。
大人数人が鍵を忘れますか?

その2、12日の日程でスーツケース50個は多すぎだと思います。
記者の名前が記載されている記事ですから、嘘をついていなさそうです。
しかも、ねつ造までされてバッシングされている皇太子ご一家とは違います。
マスコミに圧力かけている宮家のデマを流すとは思えません。

スーツケースの中身が気になります。
数十個と書かれていますが、これたぶん40個くらいは紀子さまのスーツケースではないかと推測します。
一日にスーツケース1つに入る衣装を着るとしてもせいぜい12個。計算に合いません。

まさかミチコ超えを目指して一日に6回衣装替えをしたとか?

その3、なぜ当主夫妻には秘密にしていたのか?
普通は上司に報告しますよね。でもここの宮家はトップである秋篠さん夫婦の耳に入れてはいけないと職員が頑張っている。一般企業なら報告します。でも、秋篠さんはしないところが不思議です。
そんなに怒られると怖いでしょか?やっぱり「氷のミーティング」は本当でしょうか?

その4、なぜ今まで謝罪もお詫びもしないのか?
常識的に考えれば、菓子折り持って本社か支社に伺いますよね。たとえ夫妻にばれなくても迷惑をかけたのだから、するのが大人の対応です。
でも、ここの職員さんたちはしない。宮内庁からCXに連絡が入ったのが8月に入ってから。

紀子さまは年がら年中「うちは皇位継承チケットを持つ男がふたりもいる」という理由で人手と金を要求しています。
現在いる”少ない”スタッフでさえこの状態です。(実際は他の宮家の2倍近くスタッフがいますし、東宮御所よりもリフォームしています)

増員してもバカのディズニーランドに強力なアトラクションが増えるだけです。

紀子さま、あなたどういう社員教育されているのですか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

女官は令嬢ですし。

キコ妃は、女官から徹底的に馬鹿にされている。
それだけの話でしょう。
桂宮のお通夜に、普段使いサイズの皮革バッグ持っても、だあれも注意しない。
お手伝いさんはおろか、狭い団地に居座っていた家の娘を、女主人と思ってないの。

射手座さま

コメントありがとうございます。

>お手伝いさんはおろか、狭い団地に居座っていた家の娘を、女主人と思ってないの。

私はキーコさんのことをBDMと思っております。
(BDM=貧乏(B)団地(D)の娘(M)の略)

BDMなのに、ノリノリで皇室入りした唯一の宮妃です。

雅子さまをはじめ皆様そうそうたる面々なのに、「畏れ多い」と何度も断り、それでもと言われて皇室の一員になられました。

そりゃ、みんなに嫌われても文句は言えないでしょう。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR