続・どうして皇太子ご一家が叩かれるのか分かる気がする 

私も言いたいさまのコメントを記事にしたら、

(過去記事 どうして皇太子ご一家が叩かれるのか分かる気がする

さらに調べた「私も言いたい」さまからコメントを頂戴しました。

リョーヘーカ、
地方におでかけの際には、もれなく会食がついています。
平成26年の地方行幸啓に限って見てみます。

1.H26.2.28 伊豆大島(災害お見舞い)
    ご会食(2.28)
2.H26.3.25-3.28 伊勢(参拝)
    昼食会ご主催(3.27)
3.H26.5.21-5.22 栃木・群馬(私的旅行?)
    ご会食(5.21)  ご会食(5.22)
4.H26.5.31-6.2 新潟県(植樹祭)--三大行幸啓
    昼食会ご主催(6.1)
    昼食会ご主催(6.2)
5.H26.6.26-6.27 沖縄県(対馬丸慰霊)
    昼食会ご主催(6.27)
6.H26.7.22-7.24 宮城県(震災お見舞い)
    ご会食(7.23)
    ご会食(7.24)
7.H26.9.24-9.25 青森県(私的旅行?)
    ご会食(9.25)
8.H26.10.11-10.12 (国体)--三大行幸啓
    昼食会ご主催(10.12)
9.H26.11.15-11.17 奈良県(豊かな海づくり大会)--三大行幸啓
    昼食会ご主催(11.17)
10.H26.12.3-12.4 広島(災害お見舞い)
    ご会食(12.4)

「昼食会ご主催」と「ご会食」が区別されています。規模の大きい正式なのは「昼食会ご主催」でしょうか。「ご主催」というからには経費は宮内庁持ちなのでしょう。もちろん、乞食役人もお相伴に預かっているのでしょうね。

それと、並べてみれば、被災地お見舞いは大好きなお出かけの口実のようにしか見えませんね。どこからも呼んでもらえないから私的旅行までして「強いご意思」とやらによるお出かけ。

地方事情視察ということで公務扱にできるでしょ、経費で落としてちょうだい、と女社長。

公と私の区別は限りなくついていないのでしょう。というより、視察、事情聴取、という便利な言葉で昼食でもなんでもかんでも公務にしているのでは? 内廷費のほうはかなり溜め込んでいるとしても不思議とは思いません。平成26年は10ケ所にピン刺し完了。どれだけ税金をお使いのことやら。

皇太子殿下の地方行啓も年10回程度。こちらは大半が前任者から引き継いだ八大行啓。会食もあります。会食も前任者からの引継ぎなのでしょう。「ご昼食」とだけ書いてあります。そりゃ、皇太子殿下ともなれば、関係者が昼食の席を設けるでしょう。たとえば、

H26.10.31-11.2 長崎(全国障害者スポーツ大会)

10.31 ご昼食(知事始め地元関係者)(長崎インターナショナルホテル(大村市))
11.1 ご昼食(大会関係者)(諫早市役所(諫早市))
11.2 ご昼食(知事始め地元,警察関係者)(九十九島観光ホテル(佐世保市))

昔、皇太子殿下が浩宮様だったころ、地方自治体が「来ていただきたいのですが、費用がかかって」と嘆くのを聞かれていた、と記憶しています。ご自分が動くと相手に負担をかける、ということをよくご存知なのです。警備はスマートに、などとおっしゃっていました。最近はおっしゃいません。黙ってご自分の考えを実践しておられるように思います。ご自分の考えを言ったら最後、壮絶ないじめにあう、経済的にも日干しにされている、ということと拝察いたします。

秋さんちは、ご亭主単独、卑殿下単独、母娘同行、父娘同行、娘単独、もちろん夫婦で、と、入り組んでドサ回り。こちらは「ご昼食会」と記載、何も書いてないことも。会場名入りは次の4つ。

H26.4.15  ご昼食会ご臨席(浜名湖ロイヤルホテル(浜松市))
H26.7.23  ご夕食会ご臨席(玄妙庵(宮津市))
H26.10.27  ご昼食会ご臨席(四季料亭助六(岐阜市))
H26.11.1  ご昼食会ご臨席(有燐荘(鳥取市))

ほう、「ご臨席」、天皇でもご臨席とは書いてなかったわ。そこそこ高級なホテルや料亭でのお接待。とすると、会場名なしの昼食会は庁舎の会議室でお弁当かなにか? 何も書いてないのは接待してもらえなかった? と、あほっぽく、いやしく、墓穴を掘る書き方。

こうやってみると、皇太子殿下の「ご昼食」。「ご昼食会」でもご臨席でもなく、あれこれ憶測する隙を与えないスマートな記述。さすがです。

昼食を、公務ととらえているか、昼食ととらえているか、接待ととらえているか。

派手好き、質素、たかり好き。三者三様です。

平成はもうイヤだ。
尊敬できるのは皇太子殿下だけです。


私も言いたいさま、どうもありがとうございます。

本当なら管理人である私がしなければならないことですね。

それにしても・・・

忙しい国民が公務なんて一々チェックしてないからとやりたい放題してるじゃないか!

皇太子殿下もこりゃ大変だわ。

平成が終わったら東宮職の人たちが宮内庁の中心になります。

そうなれば、血税で肥え太った役人どもはリストラされます。

それまで待ちましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

馬鹿な役人とマスコミ

>もちろん、乞食役人もお相伴に預かっているのでしょうね。

今上夫妻の「公務」と称する「地方旅行」や「海外旅行」、こうした旅行については、訪問ルートやホテルの確認ということで、宮内庁の職員があらかじめ全行程の下見にやってきます(もちろんそうした費用も税金で支出されてます)。

その際も、各地方は、接待に次ぐ接待でもてなすのだとか。
この宮内庁の乞食役人どもも、いわば「ミニ天皇」としての待遇にあずかってるんですよ。
一度やったらやめられないと思いますよ、だから、公務を絶体に減らしたくないのでしょう。
無駄な公務を減らしたい皇太子殿下は、彼らにとって不都合な存在なわけです。


また、宮内庁記者クラブのマスコミも、同行取材ですから、お抱えで同じお召し列車や政府専用機に同乗して、一緒にタダで旅行できます。

今出ている週刊ポストが、皇太子ご一家の3月のスキー旅行について、取材拒否をとても批判していますが、これは、こうした同行取材の機会をマスコミに与えないことへの不満の表れでもあるでしょう。
当然、新規の映像や写真が得られないことへの不満もあるでしょうが。

皇太子ご一家は、比較的マスコミに距離を置いています。
もちろん、嘘ばかり書かれているのだから、愛想が尽きて当然です。
しかしどんなに理不尽なことをされても、マスコミを上手に使って、自分に都合のよい情報をリークして書かせたりすることは絶体になさいません。

こうした東宮家の姿勢への苛立ちが、バッシング記事に繋がっているように思えます。
懇意な記者なんて、絶体におつくりになりませんからね。
だから、全く東宮家に食い込めなくなっており、情報が手に入らない状況なのでしょう。

昨今は、荒唐無稽な嘘記事を書いて、何とか抗議でもいいから東宮家の反応を引き出して、とっかかりを作ろうと必死ですよ。

マスコミも宮内庁の役人も完全に東宮家の信頼を失ってしまいました。

次代には、ぜひ、宮内記者会は廃止してもらいたいと思っています。
これだけの捏造と嘘を書きまくったのですから、当然だと思いますよ。



私も平成が嫌いです

>昔、皇太子殿下が浩宮様だったころ、地方自治体が「来ていただきたいのですが、費用がかかって」と嘆くのを聞かれていた、と記憶しています。

そのようなことがあったのですね。
皇太子殿下は相手の気持ちをよくお考えになるお方だから、この言葉を強く御心にとどめていらしているのでしょうね。

平成四人組は本当に自分のやりたいようにやっているだけじゃないですか。
何が「強いご意志で」ですか。「ワガママ」でしょうが。
昼食会(笑) ご臨席(笑)もう意味がわかりません。
平成四人組でグルメ番組でもやったらいいのに(笑)

宮内庁は本当に両陛下の犬なんですね。その上やることなすことトロい。だから嫌いなのです。

私も少し前に公務のことをチェックしてましたが全く気づかなかった(笑)
私も言いたい様、鋭いですね(^o^;)

忙しい国民だけど

ほんと、私も暇なことをしましたね。(笑)

どうしてパラオへの慰霊の旅で晩餐会をするのか、不思議だったのです。調べてみたら、いつもの行動パターンでしかなかった。自愛様流の、関係者へのねぎらい、ということだったようです。

Re: 忙しい国民だけど

> ほんと、私も暇なことをしましたね。(笑)

いえいえ、何を仰います。
熱意を感じましたよ。
プロジェクトX並の努力ですよ。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR