比べてみよう そうしよう そうそうお見舞いにはお花をもっていくわよねって、あれ?

キーコさま第一子誕生
初孫誕生!
病院へ見舞いにGO

眞子丼誕生


そうそう、花束もっていくよね。


キーコさま第二子誕生
眞子丼お姉ちゃんになる
宮内庁病院へお見舞いに行こうぜ!

佳子ちん


眞子丼よりもちっちゃいけど花束お持ちですね。


雅子さま敬宮さまご出産
宮内庁病院へお見舞いに行こうぜ!

雅子さま女児ご出産 お見舞いのため宮内庁病院に入られる天皇皇后両陛下

敬宮さま誕生


あれ?

美智子さまが手ぶらですね。

なぜ?

ただ一人の御称号をお持ちの内親王誕生ですよ
宮家とは格が違います。

そして親王誕生
ひそひそさま、やだ間違えちゃった悠仁さまとキーコさまをお見舞いする両陛下

19c0168b.jpg

見てよ、この嬉しそうな笑顔

本当に分かりやすいね


まあ、美智子さまは男の子二人を生んだことしか褒めるところがない方ですから。

親王誕生がうれしいのでしょう。

でも、秋篠さんちの姉ちゃんズの時は嬉しそう。

どうしてここまで皇太子ご一家を冷遇するの?

そんなに優秀なご夫婦が気に入らないの?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

申し上げます


申 し 上 げ ま す

こ の 老 夫 婦 は ク ソ ウ ト メ で す











あらあら

ヘーカのスーツ、次女と敬宮さまの時って一緒ですか?ネクタイも。

コーゴーさまは、初孫の時は手袋までしちゃって、ゴコームですか?っていうくらい気合が入ってますね。
ショーライノテンノーの時は、嬉しすぎてバッグの蓋開いちゃってるような。
敬宮さまの時は、髪の毛も服もスチールたわしみたいですね。

東宮家にお生まれになったのが内親王で、両ヘーカは国民はさぞやがっかりしているだろうと思ったって本当ですかね。
だとしたら、日本国民のこと舐めてますよね。
悲しい経験をされて、やっとお生まれになったのが内親王だからって、がっかりするほど日本人は腐ってませんよ。

国民のことを一番信頼してないのがこの二人なのかも。

知らなかった

呆れた・・・・

心なしか顔がひきつっているような・・・

こんな人、絶対に尊敬などできません・・・・

差別しているのが丸わかり。

今、消息不明みたいなヒソヒソ君が生まれた時のリョーヘーカの嬉しそうな顔!
いかにも「ωが生まれました! 超ウレシー!」という笑顔ですよね。

この笑顔でヒソヒソ君と一緒に生中継記者会見でもすればいいのに。

そうすれば国内外にヒソヒソ君アピールできるのにね。

知りませんでした 呆

管理人さま、有難うございます。
まさか、ここまで露骨なことをなさってるとは知りませんでした。
愛子さまのお見舞いの茶皿(この表現を使わせてください)、黒服にしたらお通夜に来てる顔ではないですか。

幼い愛子様を抱っこした写真も見たことがありません。

生まれた子をここまで差別する糞じじい。それが日本の象徴なのですか 嘆

敬宮 愛子様、あなたの父方祖父母がそんな●ソだとしても、嘆かないでください。
母方の祖父母は立派な方です。幸い両親に似ないお父様、お母様もあなたを心から愛してらっしゃいます。
そして多くの国民も愛子様が大好きです。
あなたに捧げられた薔薇を、お菓子を、トマトを、キューピーを、国民の大歓声を思い出してください。


今上陛下、はっきり申し上げます。あなたを徹底的に軽蔑いたします。
皇后陛下、何が慈愛だ、祈りだ!

管理人さま、このような言葉がここへの攻撃を呼び寄せるならアップしないで、一読者の声としてだけ聞いてください。

軽蔑します

天皇皇后がここまで露骨に差別的態度をとる人だとは…いや以前から分かってたことではありますが、改めてこういう画像を見せられると天皇皇后を心底軽蔑します。悠仁くんが生まれた時なんて、あまりにも喜びすぎて美智子さんのバッグのふたがだらしなく開いたままになってますしね。

平成に入ってからすぐ礼宮とキコさんの婚約騒動が起き、天皇皇后がキコさんの実家やそのバックにいる連中から脅されていたという情報もあるようですがこういう場面を見ると、天皇皇后と秋篠宮家・川島家のレベルって同じくらいだししょせん「同類」でしかなかったんだなと思います。ま、いいんじゃないですか?低レベル同士で気が合うようだし仲良くなされば。

高松宮妃喜久子さまのよろこび

http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-176.html

敬宮さまご誕生の日の高松宮妃喜久子さまのご様子、詠まれたお歌、ご意見・・・ヘカテーさまのブログで最も感動した記事のひとつです。

今一度お歌をコピーさせてくださいね。

めでたさを 何にたとへむ 八年(やとせ)へて この喜びに いましあふとは

すこやかに 育ち給へと 祈らるる 我が国民(くにたみ)の ねがひ切なる

あれましし 内親王(みこ)すこやかに 育ちませ 待ちに待ちたる 今日のよろこび


大大叔母さまがこれほどまでよろこび祝福してくださっているのに、祖父母のなんて冷たいこと・・・

Re: 高松宮妃喜久子さまのよろこび


> 大大叔母さまがこれほどまでよろこび祝福してくださっているのに、祖父母のなんて冷たいこと・・・

本当ですよね。
一般家庭ならおじいちゃんの叔母さんなんてほとんど他人ですよ。
わたしゃ、祖父の叔母さんなんて名前さえ知りません。

敬宮さまにとって幸福なことは平成四人組(当時は五人組でしたね。物好きな人にもらわれていったおばさんがいました)以外の宮さま方にとても愛されていること。

喜久子さまは天国で敬宮さまを見守っていらっしゃると信じています。

ショックだわ…………

心が凍りつくようなことですね。

どうして女の子だからといって冷たいのだろう?
両陛下は慈愛以前に人の心はあるのでしょうか?

喜久子様はものすごい喜んでいらっしゃいましたよね。まるで本当に孫が出来たお祖母さんのように。
愛子様のお見舞いに行かれる両陛下の画像、かったるそうに見えますね。
喜久子様のように喜べないなんて…

もし祖父母が昭和の両陛下だったら、純粋に喜んでくださっただろうに。

愛子様は何れだけ肩身の狭いお気持ちでいらしているのだろうか?
世間からも、両陛下からも「なんで女が産まれたんだ」という視線に晒されてきたのだから。

雅子様は「産まれてきてくれてありがとう 」と仰っていましたね。
私は一国民として愛子様を産んで下さってありがとうございますと言いたい。

言葉もない

明仁と美智子は夫婦揃って恥ずかしい日本の象徴です。
そして東宮家におかれましては、ずっと3人で戦って来られたのだと思うと、胸が痛くなります。
そしてとても強い方々なのだと、感動すらおぼえます。
平成は本当に嫌な時代でしたが、次の時代は明るく愛にあふれた時代になると思うのです。

誰かが言った

神保登代さまのコメントで思い出しました。
テンノーコーゴー、野望の宮家、出戻り某黒田夫人の名前を、クソウトメ、義弟夫婦、義妹と変えて事のあらましを書くと誰もがクソだと思う義実家メンツになる。
どこかのまとめサイトで同じような経験をした方が書き込みをして、そのなかでボソッと呟かれるように「まるで今の皇室」といった書き込みを見た覚えがあります。

某巨大掲示板ではこんな義実家メンツはDQN返し、縁切りは当たり前。
そこらの一般市民の間ですら、こんな仕打ちは白い目で見られます。人でなしと言われます。

この二人は、世の女性に「お前らに価値なし」、さらに娘を産んだ女性には「役立たず」と言っているのと同じという自覚はないのでしょう。
むしろ当たり前だと思ってるんでしょうね、じゃなきゃ敬宮愛子さまのときだけ花束持たないなんて差別思いつきませんよ。
かなり譲歩して(本当はこれっぽっちも譲歩などしたくはないですが)テンノーは仕方ないのかもしれない、自分が男である事が今の自分(の身分)を支えているから。
ですが、コーゴーは一体なんなんですか。
あなたは今まさに自分が踏みつけて踏みにじっている女性達と同じ性別ではないですか。
もしかして「アテクシはあんたらとは違うのよ」と慈愛だ祈りだと聖母を気取ってるんでしょうか?

今まで軽蔑していただけですが、侮蔑に値する行いをこんなに堂々としていたんですね。最低最悪。

ちょっと小さくご報告

もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、

ブログ内の写真を入れ替えました。

(よみうり報知写真館の写真)

「うちみたいなサイトなんぞ屁みたいもんだろ」


と思っていたらお噂スレで最近URLを張られたり、「列外派」「ヘカテ―」と書き込む人が増えました。

読者の方より「著作権について心配しています。」というコメントを頂戴し、「うーん、こりゃ真剣に考えんといかん」と思いました。

それですべての記事の総点検をして写真を別のものと変えたり、記事を削除したりしています。

ご心配かけて申し訳ありません。


それからお願いがあります。


ヘカテ―も調べましたが、もしまだ「よみうり報知写真館」の写真が掲載している記事を見つけた際には教えてください。

よろしくお願いします。

とにかく腹立たしい

明仁さんは男だから天皇になれた。美智子さんは男の子を産んだから「アテクシが平民出身という以外に何か気に入らないことがあるんですか」なんて香淳皇后にタンカをきった。
この二人は、男であることないしは男を生んだこと以外には何の意味も見いだせないから、国民が女性の天皇を認めようと動き始めたときに、生命倫理違反のテロ懐妊で妨害した。これは、国民に対する重大な裏切り行為でありませんか。

日ごろ「国民に心を寄せ」とか「国民とともに歩む」とか「日本国憲法を守る」とか言うのは口先だけで、この二人の頭には国民のことなど少しもなくて、ひたすら自分たちの我がままを通したいだけ。

これが日本の象徴夫婦なんだから、腹立たしさ、恥ずかしさの極みです。

それにしても、愛子様の時の美智子さんの頭、汚らしいですね。
こんな頭でよく人前に出られること。

No title

余談ですが…
最近は生花についた土や細菌が病院内で繁殖する可能性があるため生花の持込を禁止している病院が多いです。

No title

>余談ですが…

>最近は生花についた土や細菌が病院内で繁殖する可能性があるため生花の持込を禁止している病院が多いです。

>2015-04-18(02:46) : オッス!オラ名無し URL : 編集



それでも、
皇太子妃殿下雅子さまが出産された時だけ、
天皇家(天皇皇后と東宮家のみ。宮家は天皇家ではない。)の内親王が誕生されたのに、
手ぶらで見舞いなんて酷すぎる。

こういう写真を並べて見ると、
天皇は男性だから(態とかもしれないけれど)気がつかないのかなと思おうと思えば思えるけど、
皇后については、
酷い、冷酷、残忍、孫差別、嫁イビリ婆、だと思えてしまう。


でも皇后って実は、非常識というか馬鹿なのかも。
だって天皇が心臓手術をした後に、ボケの花でしたか? 鉢植えを持ち込みました。

常識ある人間なら、
鉢植えなど病室には持ち込まないし、
なにより、
根付くもの → 寝付くもの ということで、
お見舞い品としては有りえない。

そう思うと、
皇后のこれらの写真を見ると、
皇后って実は馬鹿で非常識なのかも・・・
と思えてきます。

名無し様

>生花の持込を禁止している病院が多いです。

その通りです。花瓶の中の水に菌が繁殖し、水を取り換える時に空気中にばらまかれてしまうからです。その意味ではむしろ鉢植えの方がまだ安全です。
とは言え、根付き=寝つきで鉢植えを見舞いに避けることは日本人の常識です。
それでもフキノトウを鉢植えにして持ち込んだ御方を叩いたマスコミは、1社も有りませんでした。

愛子様が誕生の頃に生花が禁止であれ、それ以外のお見舞い品はたくさんあるでしょう。
現にωくんの見舞いには靴のオブジェをお持ちです。
それより何より、特に管理人さまが削除された写真とω君の見舞いの表情の違い。
愛子様がこれらの写真を見て、自分の誕生は歓迎されなかったと気付かれるのが哀れです。
日本はまだまだ性差別では後進国ですね。象徴たる御方がこれですから。

余談の続き。

フキノトウの鉢植えは、もっといけません。
手術でリンパ腺をいじった病人は、退院後もガーデニングに注意するようリンパ浮腫専門ナースに指導されます。
つまり、生花や土が「病院に持ち込んではいけないもの」と知らなかったのですね。美智子皇后。
それでもあえて、敬宮さんの時には「花なし」。
まあ、なんて意地悪!

NO Title

>最近は生花についた土や細菌が病院内で繁殖する可能性があるため生花の持込を禁止している病院が多いです。

佳子さんのときまではお花は許されていたのでしょうね。多分。
でも眞子ちゃんのときより服装は地味になり、花束も小さくなっていますね。
生花が禁止?になったら敬宮様のときは手ぶらで
しかも服装は会社員が通勤するときのようなグレーのスーツなんて...
悠ちゃんのときは気合いの入った衣装をお召しになりプレゼントを見せびらかすように小さな白い靴?を手に持っていました。

でもおかしいですよね〜、天皇陛下が入院されていたときに
美智子さんはたしかお見舞いに鉢植えを持って行ったと聞きました。
別の病院でしたが、花を持って行くのがOKだったときから鉢植えはNGだった
のでは?
「それは根付く=寝付くということで病院に持って行くのはタブーなんですよ。」と誰か進言できる方がいないのでしょうか?
それとも言ってもきかないんでしょうか?
もし知っていてやってたらオソロシイですが...。


オッス!オラ名無しさん

花束もダメなとこが多くなったんですか。
私は1年半ほど前に出産しましたが、特に持ち込みで禁止されていたのは甘い物とくにケーキなど母乳によくないものだけでした。
小さくはないとはいえ個人病院だったからかなぁ。

でもこの四人の誕生のお見舞いならば、最近に当てはまるとしたら愛子さまからでしょうか。
ならば、愛子さまよりも最近のお生まれのボーヤのときに花束持ってるのはなぜ?

実はおバカさんな皇后

>皇后って実は馬鹿で非常識なのかも・・・

はい、その通りだと思いますw

「入院している天皇に鉢植えを持っていく」だけでなく、
「卵かけご飯って何?」
「ジェラートって何?」
「野球の試合のスコアの“×”って何?」
とのたまうような婆さんです。
そのくせ「これが初音ミクちゃんね」という無駄な知識は無駄に披露したがる。

あと、「皇子」の意味を間違えて歌を詠んでたこともありましたっけ。
三笠宮殿下の次男である桂宮様は「皇子」には当たらないのに。

パラオの慰霊碑への献花の時も、花の向きを逆(茎を手前)にしてて慌てて向きを変えてるように見えなくもないですね。もしかしたら美智子さんってカコさんの「逆さ玉串」の作法間違いにも気付いてないかもしれません。

皇室のことも何も知らなければ、一般常識すら危うい頭の良くない方ですね、美智子さんって。
しかし美智子信者は「皇后なんだから世間や庶民のことには疎くて当然!」と庇ってやるんでしょうね、アホくさ。

すみません

皆様のコメントを読んでよくよく見てみたらボーヤのときに持ってるのって花束じゃないですね。
すみません。

原様

生花禁止は大病院など、体力の落ちた老人、感染症、術後の患者さまの多い所で実施されているようです。
産科も新生児のことを考えたら、あまり良くないかもしれませんね。
食べ物も腎臓病、糖尿病など制限のある方もいるし、お見舞いの品は難しい。やはり何かと物要りだし、現金が一番と思われます。

というか、入院と聞いてすぐ見舞いに駆けつけねばと反射的に考えるのはどうでしょう。
特に女性は風呂にも入らず化粧もしない姿を人に見られたいか。
痛みや苦痛のある方もいる。
点滴や導尿の管を繋いでる人もいる。
敢えて見舞いに行かないのも思いやりです。

悠仁さま誕生に美智子さまがお持ちなのは、陶器の靴の飾りものだったと思います。
生まれたら持って行こうと用意されてたのでしょう。
男児であることは最初からわかっていましたから。

下問が無ければ教えられない

美智子さまは日本女性のトップの地位の方
「お見舞いの品は何がいいかしら」とかご下問になれば「今はお花は禁止です。鉢植えは縁起が悪いとされます」とお教えできますが、訊かれないのに「あ、それは失礼にあたります」なんて言えません。
(私は鉢植えがお見舞いに良くないとは十代で知ってたけど)

それでも「このままでは皇后さまが全国に恥を晒される。たとえ首になってもお止めしなければ」という女官がいそうなものですが
「注意して聞く人でなし。勝手に恥をかけばいいわ」と思われているのか。

野球の×に関しては、スコアボード見て点数を計算すればすぐ判るはず。
思っているより●●な方かもしれませんね。

オタンコナス様

大病院は色んな年代の方や病気の方が集まるから禁止なのですね。
もしどなたかのお見舞いに行くときは、オタンコナス様のアドバイス通り現金にしようと思います。
ご丁寧な説明に重ねてありがとうございます!

ヘカテーさま何度も何度もすみませんm(_ _)m

No title

美智子さんが持つ花束よりも、美智子皇后の服に目が行く。

4着とも全て違う服。
美智子さんは質素で服を着回して……ないじゃん!

眞子ちゃん誕生から悠ちゃん誕生まで10数年ほど空いてるけど、この4着の服が他の行事で着ていたことあったかしら?

雅子妃は十数年前の服を今でも着ているのに。


美智子さんって・・・・嫌な感じ。

生まれる前に

陶器ではありません。

生・ま・れ・る・前・からちゃ~んと「男児用」の靴をオーダーで注文してましたよ!

ホワイトとブルーの2足ね。←たとえばホワイトとイエローあたりなら横目で見られずにすんだのに、詰めが甘いと言おうかおバカと言おうか(笑)

だからその業界では「生まれる子は男児に決まってるんだ!?やっぱりね!!」」と話はぱぁ~っと広まりました。

Re:生まれる前に

>生・ま・れ・る・前・からちゃ~んと「男児用」の靴をオーダーで注文してましたよ!


それは初めて知りました。
ホワイトとブルーの靴ですか。 呆れますね。

生まれる前に注文されたベビーカーも男児用だったとか。

好き勝手に闇に葬り、好き勝手に仕分ける・・・・おぞましすぎる!

ベビーカーも。

悠仁親王は、予定日より早く生まれた(切り出した)はず。
夏になる前、ブルーのベビーカーを用意したと読みました読みました。秋篠宮家。週刊誌ネタだから、完全に信用できないですけどね。
事実だとしたら、男児が生まれることは確信していたのですね。
愛育病院院長の女性週刊誌インタビューは、美容院で読みました。佳子内親王出産直後に紀子妃が、
「男児が生まれる方法はあるか」
と質問したことも載ってました。院長は「あります」と答えたことも。
しかし、皇室のように千年以上近親結婚を繰り返してきた血縁集団では、障害を持つ存在を誕生させない為に、自然はY 遺伝子を淘汰するのですよ。
そんな中で、男児の誕生を望むのは無謀です。スペイン、ハプスブルグ王家の最期を知らないのでしょうか。

ふきのとうの鉢植え

生花持ち込みを禁じている病院がどれぐらいあるかは知りませんが、最近はお花は持って行かない傾向はあるように思います。だって、花粉が飛び散るし、花瓶が倒れたり、場所をとったり、いろいろ厄介じゃないですか。

でも、まあ、生花ならまだいいのです。
天皇が入院したとき、この婆さん、あろうことか、ふきのとうの鉢植えを持って行ったのです。陛下に春の訪れを感じていただきたいとかで。

鉢植えは見舞いに持って行ってはいけない、なぜなら、植木鉢の花の「根づく」というイメージが「寝付く」という意味を連想させるから。「病院に寝付いてください」「いつまでも退院しないでください」などと、誤解させる場合があります、と私は母から教わりました。

鉢植えでおまけにふきのとう、当時、「寝付きの不帰の父さん」とか揶揄されてましたわ。

常識をろくに身につけないまま、人のアドバイスも聞くことなくマイルールを押し付ける、痛い老人になった、というところでしょうか。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR