このお二人が敬宮さまのおじいさまとおばあさまだったらと思うと・・・

011_201504211935314a6.jpg

1306492919116.jpg

AS20140930000148_commL.jpg

l_4b4d78d41482e77ce194ba93241acec33d5a6bda.jpg

華子さまはお嫁入りされた時愛犬モアナも一緒でした。

華子さまと言えばこのブログではの伝説の手袋シッシですね。

(1分50秒位に嫁いで20年以上もなるのに立ち位置を覚えず、足の悪い常陸宮さまの邪魔をした筆頭宮妃を華子さまが手袋でシッシと払い、その後雅子さまに笑顔で話しかけるという一連の流れが映っています)


[広告] VPS
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

89番目のネコ

「89番目のネコ」 国士社 小学校中学年より

作 エレノア・二ルソン

訳 常陸宮華子

絵 大竹玲子

「ベリーおばさんがひろってきた宿なしネコは、全部で89ひき。
近所にすむ動物好きの少女サンディが、このネコたちを守るために
大活躍します。筋書きのおもしろさに、いっきに読んでしまいますが、作者と訳者の優しい心が行間ににじみでて、ほのぼのとした読後感が胸に残ります。子どもさんはもちろん。家族みんなに読んで欲しい本です。上野動物園元園長東京動物園協会理事 中川志郎」

本当に温かく、素晴らしい作品です。べりーおばさんとサンディは沢山のネコたちの世話をし、そして家族までも見つけていきます。

最後に華子様のあとがきがあります。
大型のフランダース犬は「リサ」、小さなダックスフント犬は「ココ」。
宮様と華子様、「リサ」「ココ」のエピソードも微笑ましいです。

私もそう思います( ̄ー ̄)

私も両陛下じゃなくて常陸宮ご夫妻だったらよかったのにといつも思っておりますよ。そうだったら皇太子ご一家への心ないバッシングはなかったと思います。

常陸宮ご夫妻と皇太子ご一家の交流のエピソードはあまり聞いたことがないのですが、あったら知りたいですね。なにぶん資料や情報が乏しいもので…………(泣)

手袋シッシッ事件の動画ははずせませんね(笑)
この動画いつみても「おぉ~o(^o^)o」となります。
秋篠宮信者は「紀子様をいじめてる!」なんて騒いでますが、立ち位置もろくに覚えられない宮妃についてどう擁護するつもりでいるのてしょうね?

万葉の心

こんにちは

学習院女子部の同窓会文集(25年前に発行の物)のトップに掲載されている、常陸宮妃殿下御歌からです。

「何気なく犬は元気かと問い給ふ 昭和天皇今はいまさず」

「泣きし日も笑いし日も有り君にそひて 25年は夢と過ぎたり」

最初の歌は、昭和天皇の崩御の悲しみを詠ったもので、さりげないのに、なんとも暖かい昭和天皇の在り方が良く伝わってきます。とってもしみじみいたします。
次の歌は、銀婚式を迎えてのものです。すなおな歌で、だけどご夫婦の仲の良さが伝わってきて、お姫様らしいなと感じます。

皇室の歌は「万葉の心」じゃないといけないと、どこかで読んだことがあります。飾らず、心をすなおに歌うべきだと。
「良くできたでしょワタクシを褒めて!」みたいな過剰な演出(美智子節)や、「笑みさかえくる」というような野心と下品さ(紀子節)は、皇室のものではないと思います。

(「小ざくら」「ふかみどり」などの文集を、長い年月で、ほとんどどこかにしまい無くしてしまい、情けない気持ちです。探し出したいなあ。)

週刊誌天皇制=美談ギブギブ皇族(時には銃弾で脅す)、という愚かしく恥ずかしい現在の皇室の姿も、昭和天皇・香淳皇后→常陸宮ご夫妻→東宮ご一家が、正統な流れであると考えれば問題無しなんですよね。

犬を見れば飼い主がわかると言いますが、常陸宮家の犬もいいお顔をしていますね。かわいがられているのがよくわかります。お2人ともお人柄がすばらしいのでしょう。そういえば、いつか見た清子さんに連れられた紀州犬「千代」の写真、衝撃的でした。あきらかに、いやがっていた。

常陸宮様と皇太子様の話なら知っています。
浩宮さまの初めての公務がボーイスカウトの大会出席だったので、ボーイスカウトに詳しい常陸宮様に教えてもらいに行ったのだそうです。まあ、それで、今上がなぜ自分に聞きに来ないかと不愉快に思ったらしい。

なにかで読んだ話ですが、なにで読んだか記憶のない話ですみません。出典があきらかではない、記事にはできない話です。コメント欄の気安さで反射神経で書いています。

1980年7月29日付け朝日新聞によれば、宮さまがデビューする場にふさわしいとして宮内庁も積極的に準備を進めたが、プログラムの中に「戦車を知ろう」という企画があったため、デビューは中止になったようです。

愛犬の名はシャネルから

華子様の愛犬のお名前の「ココ」というのは、ココ・シャネルからとったものだそうですね。

華子様がシャネルファンだったからだと聞きました、もうだいぶ昔のことです。

はっきりとはわかりませんが、シャネルのバッグかな?と思しきものをお持ちのことがありますよ。

あと、高松宮殿下記念世界文化賞の授賞式でイギリスに行かれた時も、たぶんディオールのバッグを持っておられたと思います。

皇族がブランド物を持たないなんて、大嘘ですよ。


真の筆頭宮家と言うべきお2人

本当に、常陸宮ご夫妻が天皇皇后であったら、皇室はもっと穏やかで優しい空気をまとっただろうに…とつくづく思います。こう言っては不敬かもしれませんがいつ見ても何となく可愛らしく癒しの存在である常陸宮殿下、いつも背筋をキリッと伸ばして気高く毅然とした華子様、お2人こそ筆頭宮家にふさわしいように感じるのです。
今上天皇は弟宮である常陸宮殿下があまりお好きではないと聞きましたが、自分よりも頭も人柄も良く人望があった弟宮に対して嫉妬があるんでしょうか。
父上である昭和帝、姉上である照宮様、弟である常陸宮殿下、長子である皇太子殿下と悉く比較されいつも低い評価を受けてきた今上天皇の心中は、我々が想像する以上に荒んでいるのかもしれません。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR