おばあちゃんと僕

良子さまと浩宮さま

おばあさまの笑顔

おばあさまと浩宮さま

昭和天皇も優しい顔されていますね。


一本眉さまとショーライノテンノー

52cfd69b8584e5d810d5005479d30385.png

敬宮さまを抱っこした写真は一枚もない

敬宮さまは真ん中に座られた正月用の集合写真が一枚もありません。

眞子丼佳子ちんが両陛下の間に座っている写真はあります。

(敬宮さまが生まれるまでずっとそうでした)

敬宮さまは赤ちゃんの時から端っこでした。

たった一人のご称号を持つ孫なのに

平民に例えればたった一人の内孫なのに

皇太子殿下と雅子さまは傷ついたことでしょう

なのに、「愛子さまはご優秀」と報道されたら「愛子は私に似ている」と言い出す。

平成ってやっぱり変!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

たぶんですが

本当に賢い乳児は親をしっかり認識しているだけに祖父母でも抱かれません。ギャン泣きします。逆にそれほどでもない乳児はまだ親と他人の区別がつきかねるので機嫌よく抱かれてることが多いようです。ですから雅子さまから離れられない愛子さまは真ん中に映ることはあり得なかったのかもしれません。悠仁坊やはいたって平凡な坊っちゃまなので、笑顔さえ向けてくれれば他人でも平気で抱かれたのでしょう。
御三家中学に居る生徒たちのほとんどが、人見知り親への後追いが酷かったといいますよ。
つまり愛子さまは物心つく前から親と他人を区別でき、だからこそ警戒心もあり、慈愛の?精神で関わろうとした皇后陛下にさえ抱かれたくなかったということだと思われます。

風の噂です。

まだ幼稚園児の頃の敬宮さんが、あまり信用のおけない職員に対して、
「ありがとうって言わないもん」
そうおっしゃったと、風の噂に聞きました。信憑性はありませんが、あの宮さんならいくらお小さくてもそれくらいおっしゃると思った記憶があります。
だから、なつかないのよ。父方祖父母に。

正月写真の意味

正月用の集合写真で、誰がどこに座るか(立つか)を決めるのは美智子皇后で、その配置を見ただけでも美智子皇后が雅子妃殿下をいじめてるのがわかる、というような内容の記事をどこかで読んだことがあります。
その記事を書いたのは、たしかジャーナリストの上杉隆氏でした。
記事の中で上杉氏は「雅子妃はこれだけ頑張っているのですから、皇后陛下、認めてあげてください。」という意味の文も書かれていました。

上杉氏は秋篠宮家の親王取材に関する報道規制を告発した方ですね。その後ほどなくジャーナリストを休業する宣言をされました(怖いですね)が、今はまた活躍されています。(最近、『文藝春秋』に報道ステーションに関する記事を執筆されました。)

美智子皇后の正月用写真における愚かなイジメは、公式なものとして後世に残る決定的な証拠です。美智子さんは自ら稀代の性悪皇后として名を残してしまいましたね。

この写真の構図の変遷を知ったら、ほとんどの方は、両陛下が雅子さまと愛子さまに敵意を持っていることを感じるはずです。

クソウトメ

天皇誕生日には、お祝いとか祝賀とか、一般参賀とか、諸行事が続くのですが、宴会の儀と茶会の儀というのがあるようです。

宮内庁のHPに、「宮内庁における主な支出先の公表」という、情報公開のページがあります。

http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/yosanshikko/shishutsusaki/shishutsusaki.html

平成19年度と平成20年度のデータしかありませんが・・・

平成20年度の主な支出先49位に「株式会社紀文食品」
 祝宴料理・祝宴箱詰料理(天皇誕生日)  10,458,388円
 祝宴料理(新年祝賀行事)         9,712,080円
   合計                20,170,468円

というのがあったので、天皇誕生日の祝宴って、どんなかな?と思って見てみたら・・・

平成25、26年の場合、わかったこと:

  その1.宴会の儀と茶会の儀がある。
      宴会の儀は三権の長や親族、関係者
      茶会の儀は各国の外交使節団の長等が出席

  その2.皇太子妃は宴会の儀には出席、茶会の儀は欠席


以下は日程:

平成26年12月23日(火)

天皇皇后両陛下    宴会の儀(内閣総理大臣等)(宮殿)
天皇皇后両陛下    茶会の儀(各国の外交使節団の長等)(宮殿)


皇太子殿下      天長祭の儀(宮中三殿)
皇太子同妃両殿下   天皇誕生日祝賀の儀,皇后陛下祝賀,お祝 酒,宴会の儀,茶会の儀(皇太子殿下のみ)(宮殿)
皇太子同妃両殿下   天皇誕生日一般参賀(宮殿)
皇太子同妃両殿下並びに愛子内親王殿下
          祝賀(愛子内親王殿下),お祝御膳(皇太子同妃両殿下)(御所)


宴会の儀(皇太子同妃両殿下)
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/photo1/photo-20141223-4120.html


茶会の儀(皇太子殿下のみ)
http://www.kunaicho.go.jp/activity/gonittei/01/photo1/photo-20141223-4121.html


ちょっと、このお写真 ↑、見てください。
宴会の儀には、雅子妃殿下は出席されています。茶会の儀は欠席です。

宴会には出させるのに、茶会は欠席させるんだ。外国大使の前には絶対に出させないということですか。気分が悪くなって熱にうなされそうです。

正月写真に見える皇室ヒエラルキー。

正にタイトル通りです。
年頭の皇室写真が、その時点での皇室内の権力と勢力を現し、映し出す鏡となってしまいました。
誰がどの位(位置ではない。位です)にいて、どれだけ権勢を持っているか。正月写真一枚でハッキリわかるのです。
企業内の出世争いではあるまいし。
平成の皇室は、なんと浅ましい記録を後世に遺すのでしょう。
これは平成となってからの現象です。
これは平成となってからの現象です。
もう一度書きます。
これは平成となってからの現象です。

色々読みとれますね

「私も言いたい」さまの指摘で、「宴会の儀」と「茶会の儀」の違いを知り、雅子様が茶会の儀の方には出席されていないことも改めて知りました。同じように大勢の人の前に出てくる行事であることに変わりはないのに、なぜ各国の外交使節団の長等が出席する方の茶会の儀は欠席なのでしょうか。「元外交官」という雅子様の経歴を考えますと、雅子様こそ茶会の儀に出るにふさわしい方だと思います。
やはり、雅子様は体調不良で行事を欠席されているのではなく、天皇皇后(特に美智子さん)の気まぐれや指示(命令)で独断的にあっちの行事は出てもいいけどこっちは駄目よ、みたいな感じで出欠を決められてしまっているとしか思えません。おそらく園遊会も雅子様は「出席させてもらえない」というのが正しいでしょうね。そういえば先日出たばかりの週刊誌の記事タイトルが「雅子様 叶わなかった園遊会出席」みたいな内容でした。この「叶わなかった」という文言に、本当は出席できるのに誰かの意思で出席を阻止されているという事情が読みとれてしまうのです。

それから「通りすがり子」さまのコメントで上杉隆氏について触れられていますが、上杉氏が「悠仁くんに対する報道規制」という事実を暴露してくれたお陰で、秋篠宮家のやりたい放題や悠仁くんが他人に見せられない状態であるということを知ることができたと思います。上杉氏はなぜか2chでは叩かれていることが多い人ですが、こういう皇室の裏側を躊躇なく暴露してくれる人なので上杉氏の行動を不都合と感じる連中がいるのは確かだと思います。
プロフィール

ヘカテー

Author:ヘカテー
皇太子ご一家大好きの神奈川生まれの神奈川育ちの神奈川県民。昭和生まれの平成育ち。真っ当な日本が好きなだけだにゃ~
↑悪いナマズを踏みつけている招き猫
メールアドレス retsugaiha@excite.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR